横向きシャルトリュー

シャルトリューは4つの異名を持つフランス生まれの猫。

まるで羊毛を思わせる美しいシルバーブルーの毛皮を持つ優雅な姿は、シャルル・ドゴール元フランス大統領が愛した猫として有名です。

まるっとした愛らしい姿と、細くて繊細な鳴き声、いつでも微笑んでいるような表情、がっしりとした見かけとは裏腹の従順でおとなしい性格が人気の秘密です。

■シャルトリューってどんな猫

シャルトリューは唯一のフランス原産の猫です。

ロシアンブルー、コラットと並んで「世界三大ブルー」といわれる美しい毛並みを持っています。

体は大きくてがっしり。

足や首は短めで体に比べると細く見えます。

シルエットはモコモコとした羊のようです。

頭の形は丸く、鼻先がキュッとしていて、目がまん丸で口元が緩やかに上がっているためいつも微笑んでいるように見えます。

性格はとても穏やかで協調性があり、とても飼いやすい猫種です。

○シャルトリューはたくさんの「ふたつ名」の持ち主

フランス人はシャルトリューを心から愛し、その風貌と歴史からいくつもの異名を与えています。

・微笑みの猫

口元がモナ・リザのような笑みを浮かべているように見えるためこの愛称がつきました。

・マッチ棒を刺したジャガイモ

日本語にするとちょっとひどい呼び名ですが、フランス人特有のエスプリです。

ずんぐりした体と短い首。

手足が細いシルエットがジャガイモに棒を刺したように見えたのでしょう。

・犬猫

知能が高く飼い主のいうことをよく理解します。相手の立場に立って行動することができるため「犬のような猫」といわれています。

・ベアキャット(クマ猫)

大きな頭にずんぐりの体格、短い手足。

このスタイルで後脚だけで立ち上がることが得意です。

その姿が「まるでクマのようだ」ということでつけられた異名です。

・フランスの宝またはフランスの記念碑

フランス原産の猫はシャルトリューだけです。

シャルトリューはフランスの代名詞だといわれてきました。

女流作家で舞台女優のシドニー=ガブリエル・コレットは第二次世界大戦でドイツに占領されたパリでシャルトリューを飼いつづけ愛国心を示しました。

フランスを代表する大統領シャルル・ドゴールはシャルトリューを生涯愛したといいます。

フランスを現すアイコンとして「フランスの宝」「フランスの記念碑」と尊敬をこめて呼ばれています。

○身体測定と寿命

シャルトリューは猫としては大型の部類に入ります。

体重は

・オス:4〜7.5kg

・メス:3〜5kg

成長は一般の猫よりも遅く、オスは成熟するのに2年ほどかかります。

寿命は平均13〜15年といわれていますが、平均寿命を上回って元気に暮らしている子も珍しくありません。

■シャルトリューの歴史

シャルトリューはフランスとイタリアの国境付近で生まれたといわれています。

その起源についてハッキリとして記述は残っていません。

・カトリック教会・シャルトリュー派の修道士が北アフリカから持ち込んだ

・十字軍が遠征先から連れてきた

・シリア原産の猫が交配して生まれた

など、諸説あります。

16世紀の文献にブルーグレイで目がカッパー色の猫についての記述が残っているのがもっとも古い文献です。

古い肖像画にも描かれてますからかなり前にフランスに入ってきたことは確かです。

シャルトリューという名前の由来も

・カトリック教会の修道士に伝えられているリキュール『シャルトリューズ』からきている

・体毛の特色から18世紀前半のスペインの羊毛の名前が元

と、こちらも限定されていません。

唯一のフランス原産猫として大切にされてきましたが、第二次世界大戦時には猫の飼育自体が難しくなった上、その毛が羊毛のかわりに使えることから毛皮としても使用され、絶滅の危機に陥ってしまいます。

生き残った頭数だけでは種の存続は無理となった状況の中、ペルシャとブリティッシュ・ショートヘアーを交配相手にすることでなんとか個体数を増やすことができました。

現在ではその子孫たちが世界中で愛されています。

■シャルトリューの性格は?

眠るシャルトリュー

シャルトリューは体が大きく、首が太くてぎょろっとしたドングリ眼(まなこ)のため、一見強面の印象を受けるのですが、「まるで犬のような猫」という異名からもわかるとおり、とても賢くて、飼い主のいうことを聞いてくれる飼いやすい猫です。

性格は優しくて穏やかです。

神経質ではない上に鳴き声も繊細。

集合住宅でも近所に迷惑をかけません。

北欧の厳しい自然環境、人為的な絶滅の危機に耐えてきたせいか我慢強い性格をしています。

他の猫や小さい子どもがちょっかいをかけてきても、ちょっとやそっとでは動じません。

ねずみ取りの名人といわれているくらい素早い一面があり遊び上手です。

ベタベタと甘えるタイプではありませんが協調性も高く人のそばにいるのが大好きです。

仲間ともうまくやれるので多頭飼いにも向いています。

○シャルトリューの体の特徴

・毛……シャルトリューの毛色はブルーグレイです。短い毛が体に密生しているため水をはじきます

・目……大きくてまん丸。色はゴールドかカッパー(深い銅色・オレンジ)

・顔……丸い輪郭。頬は丸々ふくっりとしている。マズル(口先)は尖っている

・首……大きめの頭を支えるため短くてガッシリ

・体型……肩幅が広く胸板も厚い。ずんぐりとした筋肉型お相撲さんタイプ

・手足……短め。ガッシリしているが体が大きいので細めに見える

・尾……毛が密集しているので重量感がある。長さは普通

○シャルトリュー オトコノコとオンナノコ

シャルトリューのオスとメスで性格はあまり変わりありません。

成長すると体の大きさや首回りの肉の付き方に大きな違いが見られるようになります。

■シャルトリューと暮らすポイント

体が大きくて活発なシャルトリュー。

人が大好きな性格なので1日の多くの時間を猫とのふれあいに割くことができる人に向いています。

○仔猫の選び方

元気な子を選ぶのはもちろんですが、ブリティッシュブルーと混同されていることがありますので信頼できるブリーダーから手に入れるのが確実です。

・毛……柔らかくて明るいブルーグレー

・顔……丸々とした頭部

・体……仔猫の時は手足が太く見えます。骨太でガッシリした印象です。

○特徴にあわせた飼い方

・食事……体が大きい上に運動好きなので、高タンパク、高カロリーのごはんを与えます。

・居住空間……運動好きで動くものに素早く反応します。

大きな図体に似合わず身軽で高い所も大好きです。

キャットタワーなど立体的に運動できる環境を用意してください。

7kgを超える体重になる子もいるので、遊具はしっかりとした作りのものでなければいけません。

・トリミング……ブラッシングは1週間に数回。

シャンプー体臭が気になったらで充分です。

○しつけ

頭のいい子なのでトイレなど日常のしつけは楽です。

他の猫には苦手な「待て」や「おいで」など飼い主の指示に従うことも覚えてくれます。

○健康上の注意点

成長と体を維持するために高カロリー、高タンパクの食事が必要です。

それだけに運動量が足りないと肥満になりやすい体質です。

ごはんの量で調整することも大事ですが、充分な運動量を確保することはもっと重要です。

○気をつけたい病気

感染症に対する注意はどの猫にもあてはまりますが、シャルトリューが先天的に持ってしまっている病気もあります。

それは「のう胞腎」です。

のう胞腎にかかっていると、腎臓に水の入った膨らみがいくつもできてしまい、腎臓がきちんと働かなくなります。

かかっていることがわかった、ときは飲み水を絶やさない、トイレを我慢させないようにして腎臓に負担をかけないことが大切です。

医師に相談して病気と気長につき合っていく必要があります。

毛が密集しているので暑いのは苦手です。

夏場はエアコンなどを活用して熱中症を予防しましょう。

■シャルトリュー向けのゴハン

大きな体と運動量にあわせた食事が必要です。

量を与えなくてはいけないので猫に向いていない素材が主成分のキャットフードは避けるべきです。

猫は元々肉食動物です。

体の維持と活動のためのエネルギーの両方を動物性タンパクからとることができます。

その消化器官は植物性の食べ物の主成分である食物繊維を消化吸収できるようになっていません。

シャルトリューにはグレインフリーのキャットフードを与えるようにしてください。

穀物主体のフードは腎臓にも負担をかけます。

手作りする場合も肉や魚といった動物性タンパクをメインにして、野菜や穀類は控えめにしてください。

■ペット保険の必要性

ペットの医療費は全額飼い主の負担になります。

薬ひとつとっても数千円請求されるのが当たり前です。

手術となれば入院費と合わせて数万円の出費は覚悟しなくてはいけません。

また、純血が強い猫ほど動物病院のお世話になることが多いのです。

いざという時のために「ペット保険」に加入しておくことをお奨めします。

加入の際は通院・入院・手術すべてをカバーするプランを選んでください。

■ペットローン

シャルトリューのお値段は平均で17万円です。

「飼ってみたいけど手持ちが……」という方はペットローンの利用を考えてみてください。

生き物をローンで買うなんて、と思うかもしれません。

でも、その子を飼えるのはあなただけかもしれません。

出会いがあって、飼える環境にあるなら、是非、その子を手に入れてください。

それは正しい選択です(ただし、ご利用は計画的に)

■まとめ_飼い主に求められるもの

シャルトリューは、賢くて協調性もあり、攻撃的でなくて鳴き声も小さい、家飼いの猫としてはパーフェクトだといえます。

でも、忍耐強いだけに体調を崩すまでストレスをため込んでしまうこともあります。

タップリと遊んであげる時間を作りましょう。

ベタベタと絡みついてくる性格ではありませんが、振り返るといつもいる、シャルトリューはそんな猫です。

シャルトリューが目を覚ますとあなたが視界の中にいる、

そんな風に暮らしたい人にピッタリの猫がシャルトリューです。