アレルギーのワンちゃんに配慮した、大豆・小麦・とうもろこしを一切使わないドッグフード「ル・シアン」について成分・特長などを調べてまとめてみました。ドッグフードを購入する際の参考になれば幸いです。

・ル・シアンの特徴

寝てるキャバリア

容量/価格 1.8kg/2,400円(amazon参照)
1kgあたり 1,333円
カロリー 350kcal以上/100g
給仕量 約95g(体重4kgの場合)
一袋あたり 約19日分(体重4kgの場合)
メイン食材 ポークミール、米粉
原産国 日本
穀物
酸化防止剤 ◎未使用
着色料・保存料 ◎未使用
対応年齢 全年齢対応
販売元 イースター株式会社
オススメ購入サイト Amazon

ル・シアンは獣医師の指導の下に作られた、国産のグレインフリードッグフードです。

グレインフリーとはアレルギーの原因となる大豆や小麦、とうもろこしを一切使用していないことを言います。

これらの穀物は犬の体にとっては負担になるばかりでなく、食物アレルギーの原因にもなるため、犬の健康を考えるとよくありません。

ル・シアンは穀物不使用なのでアレルギーが心配な犬でも安心して食べることができますよ。

その主原料はポークとフィッシュの2種類からなり、愛犬の健康状態別にフードの種類が分かれているので、愛犬の健康が気になる飼い主さんにも人気を集めています。

ル・シアンは、いつまでも愛犬に元気でいてほしいという飼い主さんの願いをかなえてくれる、そんなプレミアムドッグフードです。

・原材料と安全性

主な原材料としてはポークがメインのものと、フィッシュがメインのものと、大きく2つあり、それらに加えてお米が主原料になっています。

犬によって食いつきがちがうことがあるので、味を2種類そろえてくれているところがル・シアンの良いところです。

ほかにも、ビール酵母やアルファルファミール、DHA、オリゴ糖、アガリクス、月見草オイル、ビタミン、ミネラル、アミノ酸など、とにかくいろんな成分が贅沢に配合されているところもル・シアンならではといえます。

さすがプレミアムドッグフードだけあって、配合成分もふつうのドッグフードとは異なりますね。

安全面では国内の工場で生産されているので、品質管理にも十分配慮されています。

着色料や保存料が入っていないので安心して食べさせることができますよ。

・ル・シアンを選ぶメリットとデメリット

▲メリット

・グレインフリーである

国産のドッグフードの中で、グレインフリーで作られているドッグフードは少ないので、とても注目度が高いドッグフードといえます。

・フードの種類が多い

プレミアムドッグフードの場合、種類が1種類しかないことが多いですが、ル・シアンは健康状態別にフードの種類が豊富なので愛犬に合ったドッグフードが見つかりやすいでしょう。

▲デメリット

・完全に無添加ではない

ル・シアンは完全に無添加のドッグフードではありません。
配合成分の中にはビートパルプや動物性油脂、植物性油脂などが含まれているため、これらが気になる人もいるかもしれません。

・取り扱い店舗が少ない

ル・シアンは取り扱い店舗が少ないこともややネックです。
ネットではアマゾンなどで買うことができますが、実店舗で買おうとするといろんなお店を探さないと手に入りにくいです。

・ル・シアンの口コミ評判は?

ここでは実際にル・シアンを利用している飼い主さんの口コミをいくつか紹介していきたいと思います。

<良い口コミ1>

いろんなドッグフードをためしても食物アレルギーがなおらず困っていたのですが、ル・シアンにしてからはお腹の湿疹や耳の腫れや赤みが引いていきました。
ずっと悩んでいたアレルギーがだいぶ改善されたので、ル・シアンにして本当によかったと思いました。

<良い口コミ2>

うちの子を飼いはじめたときからドッグフードはこのル・シアン一筋です。
毛づやが良くなり、フードの性質上なのかわかりませんが適度に堅くて歯垢もたまりにくいところが気に入っています。

<悪い口コミ1>

アレルギーが改善されるかもと思ってル・シアンに変えてみたのですが、どうやらうちの子には合わないようで便がゆるくなってしまいました。
少しずつ量を加減しながらあげてみたいと思います。

・ル・シアンはどんな犬にオススメ?

・食物アレルギーがある犬に

ル・シアンはなんと言ってもグレインフリーなので、穀物による食物アレルギーに悩んでいる犬にはとてもおすすめです。

しかし、ドッグフードを変えたからといってすぐにアレルギー体質から改善されるわけではないので注意が必要です。
大体3ヶ月間くらいは様子を見ながら与えてみるのが良いでしょう。

・国産のドッグフードをさがしている飼い主さんに

ドッグフードは外国産と国内産がありますよね。
正直どちらが良いのかはっきりしないところもありますが、国産のドッグフードは長距離移動による輸入という工程がないため、ドッグフード自体が外国産に比べて劣化する心配が少ないところが魅力です。

・食が細い、好き嫌いが激しい犬に

ル・シアンは栄養価が高いので、愛犬が食が細い、好き嫌いが激しくてなかなか食べてくれないなどのお悩みをもっている飼い主さんは一度、このル・シアンをためしてみる価値があるかもしれませんよ。

・関節、眼、腎臓の健康を維持したい犬に

ル・シアンは関節や眼、腎臓の健康に特化したフードもそろっているため、毎日の食事から健康を維持していきたい犬にもおすすめできるドッグフードです。

どこも病気になっていなくても犬種によってはかかりやすい病気があるので、あらかじめ予防の意味もかねていつも食べているドッグフードに混ぜてあたえてみるのも良いでしょう。

・まとめ

ここまでル・シアンについて紹介してきましたが、総合的にみても国産のドッグフードの中ではかなり優秀なドッグフードと言って良いでしょう。

グレインフリーで、食物アレルギーの心配がないところがル・シアンの一番の魅力ですね。

また、ほかの国産のドッグフードだと原材料の安全性が気になるところですが、ル・シアンなら比較的安心して食べることができます。

口コミでは特に、アレルギーが改善されて良かったという口コミが多いのが印象的でした。

食物アレルギーは治りづらく、改善策もさまざまなので困っている飼い主さんも多いのではないでしょうか?

食物アレルギーで悩んでいる犬の飼い主さんは一度、ル・シアンをためしてみるのもいいかもしれませんよ。