飼い主に抱っこされているアメリカンショートヘア

銀色に黒の渦巻き模様の毛並みで懐こそうなまん丸な目を持つアメリカンショートヘア。日本では略称「アメショ」、「アメショー」と呼ばれ大人気ですが、アメリカなどの外国でも大人気の猫です。そんなアメリカンショートヘアの魅力や性格についてご紹介します。






アメリカンショートヘアの性格って?3大特徴としつけ方法


1)アメリカンショートヘアの紹介

(1) 原産地

「アメリカンショートヘア」は、その名の通りアメリカ原産の猫です。その直系の祖となるのがイギリス原産の「ブリティッシュショートヘア」という猫になります。この「ブリティッシュショートヘア」は「ヨーロッパヤマネコ」がイギリスで変化したものといわれ、移民と一緒に船でアメリカに運ばれました。

その後のアメリカでさらに異種猫との交雑によって誕生したのが現在の「アメリカンショートヘア」の前身となる「ドメスティックショートヘア」です。アメリカでは1895年にキャットショーデビューを果たしています。その後の1906年にアメリカの愛猫団体・CFAが創設され、短毛種猫の一括りで「ショート」として登録されました。さらにその後、愛好家によって品種改良が行われ、1966年に現在の呼称そして容姿の「アメリカンショートヘア」となりました。日本に入ってきたのは1980年代以降とされているようです。

(2) 平均体高・平均体重

平均体高はオス・メス共に約24~25センチです。平均体重は、オスが約4.0kg~7.0kg、メスが約3.0kg~6.0kgで、オスの方が一回り大きくなっています。

(3) 日本で飼育されている数・名前のルーツ

日本での猫の飼育頭数は、平成27年に約1000万頭とされています。その中でも「アメリカンショートヘア」は一番人気の猫なので、日本で飼育されている数はかなりの数に上ることでしょう。名前のルーツは、アメリカで交雑・品種改良された短毛種のショートなので「アメリカンショートヘア」ですが、日本では略されて「アメショ」や「アメショー」と呼ばれています。

原産地のアメリカでは、ネズミを捕獲する意味の「マウサー」と呼ばれることもあります。その理由は、アメリカに害虫駆除目的でやってきた直系の祖でイギリス原産の「ブリティッシュショートヘア」が、特にねずみ取りを得意としていたことに由来します。当時は「ワーキングキャット」と呼ばれることもあったそうです。

(4) 気をつける病気

多くの猫との交雑から生まれた「アメリカンショートヘア」は、遺伝疾患がほとんどない丈夫な猫と言えます。しかし、かかりやすい疾患があります。それはワクチン接種時の反応によって起こりやすいワクチン肉腫です。原因はまだ解明されていないのですが、症状としてはワクチン接種によってできた繊維肉腫から、機能障害が起こるということです。進行も早いので、手遅れにならないために手術が必要となります。

他にも中年以降に多いとされる肥大型心筋症や急性腎不全、脂漏性皮膚炎、食べ過ぎによる肥満やそれに伴って発症する糖尿病や関節疾患などがあげられます。日ごろから飼い主さんによる健康チェックを行い、年齢・体重に合わせた1日分の給餌量を与えましょう。また、異常があればすぐに動物病院を受診するようにしましょう。

(5) 平均寿命 

平均寿命はオス・メス共に約10歳~13歳と言われています。愛情深く接すればかなり長生きする子もいます。

2)知っておこう!アメリカンショートヘアの性格の3大特徴

(1)明るく元気で好奇心旺盛

アメリカンショートヘアは、祖先にあたるブリティッシュショートへアの性格を引き継いだところがあります。ブリティッシュショートへアはねずみなどの害虫駆除として活躍したほど何に対しても好奇心旺盛で、やりすぎなくらいのやんちゃぶりを発揮しますが、アメリカンショートヘアはこの性質をうまく受け継いでいます。運動量も半端なく、ほったらかしていても元気に遊び回るくらいのやんちゃさです。明るい性格なので小さなお子様や犬、他のペットたちとすぐに仲良くなれます。

(2)懐きやすいが抱っこが苦手

飼い猫として改良されたため、とても素直で人に懐きやすい性格です。撫でられたりするのは好きですが、抱っこは嫌いな子が多いようです。抱っこ嫌いはブリティッシュショートへアの性格でもあり、アメリカンショートヘアはこの性質を受け継いでいるようです。あまりしつこくされるのを嫌がるため、自由気ままに過ごさせるといいようです。

(3)賢い

人を魅了する明るい性格や毛並み・容姿を持ったアメリカンショートヘアですがまだあります。それは賢さです。人との生活では、しつけが大事になります。しつけを理解できる賢さがあれば、安心して一緒に過ごせます。アメリカンショートヘアは、賢さを兼ね備えているため覚えも早く、初めて飼う方でも安心して飼うことができます。

じゃれ合う2匹の猫

3)違いはあるの?オスとメスでの性格の違い

(1)オス

オスは外の世界を自由に歩きまわっていた名残か、警戒心が薄く人懐こい上にたいへんな甘えん坊です。とにかく人と一緒にいたがるので、気づけば隣で一緒に寝ていた、なんてこともあります。アメリカンショートヘア特有の甘えん坊で活発で明るく元気でやんちゃな性格をそのまま表しているのがオスといえるでしょう。

(2)メス

オスと比べると子育てをする性であることから、子猫を守り育てるという母性が強く、警戒心がやや強いのがメスです。

4)種類の違いは?アメショーの代表的な2種類

アメリカンショートヘアは、猫の中でも特に毛色のバリエーションが豊富です。その数は70種類以上あるとされ、正確な数がわからないほどです。この中で代表的な毛色は「シルバークラシックタビー」と「ブラウンクラシックタビー」の2種類となります。毛色は遺伝子から現れますが、性格もそれぞれ遺伝子で決まってくるようです。

(1)「シルバータビー」

日本でアメリカンショートヘアとしてなじみ深いのは銀色に黒の渦巻き模様をした「シルバータビー」です。この「シルバータビー」は陽気で明るい性格です。

(2)「レッドタビー」

クリーム色に茶色の渦巻き模様をした「レッドタビー」では甘えん坊で少し怖がりというように毛色ごとに性格の違いがあります。

child little girl with glasses reading a books

5)どんな人が向いている?飼う人に向いているポイント

(1)初めて猫を飼う人

明るく元気、人懐こく賢い猫なので、比較的飼いやすい品種です。初めて猫を飼う人でも安心して飼うことができます。

(2)時間の自由が利く人

猫も生き物です。感情もあります。自分よりも猫に対して時間を割ける人なら、健康管理含めて飼育できる人とだいえます。

(3)愛情を持って接することができる人

一緒に生活をしていく上で、しつけや掃除、体調管理など、責任を持って行える人が適しています。また運動量が激しいので、愛情を持って適度に遊んであげることができれば、アメリカンショートヘアも満足して過ごせるでしょう。

6)ここがポイント!しつけの4つのコツとは

(1)根気よく場所を教える

素直で甘えん坊、明るく元気いっぱいアメリカンショートヘアですが、物覚えが早いのでしつけも負担になりません。トイレの場所やご飯の場所、爪とぎの場所を根気よく「ここだよ」と教えていくだけです。

(2)必要以上に叱りつけない

失敗したからといって叱りつけるようなことはしないでください。猫が怯えてしまいトラウマで懐かなくなります。

(3)殴る蹴る叩くといった体罰を行なわない

悪いことをした時にモノで叩いたり蹴ったりするような体罰を行なわないでください。信頼関係が崩れてしまいます。

(4)名前で叱らない

名前を呼んで叱ると、普段でも名前を呼ばれる度に叱られていると勘違いしてしまうので絶対にやめましょう。「だめ」など同じ言葉で叱ります。

猫に聴診器を向けるドクター

7)要注意!飼育する場合に特に気をつけること

(1)猫がゆっくりすごせる環境をつくる

猫は自由奔放です。構われ過ぎても嫌になってしまうので、猫がゆっくりできる場所をつくってあげましょう。

(2)清潔な環境

猫はきれい好きです。寝る場所、トイレ、食器類などこまめに掃除を行いましょう。不衛生だと病気につながりやすいので、清潔な環境を保つようにしましょう。

(3)キャットタワーや遊び道具を用意する

アメリカンショートヘアは好奇心旺盛でしつこいくらいにちょっかいを出したり、走ったりといったことが多い品種です。運動不足やストレス発散ができるよう、キャットタワーや遊び道具を用意して遊ばせましょう。

(4)ブラッシングは一日一回

短毛種で皮膚も厚いためブラッシングは1日1回行えば充分です。

(5)必要以上におやつやフードを与えない

アメリカンショートヘアは、ご飯の食べ過ぎで太りやすい体質です。かわいいからといって1日の適正給餌量を超えてフードやおやつを与えてしまうことは絶対に避けましょう。特に猫用おやつは多種多様なものが販売されています。基本的に総合栄養食と表示されたフードであれば、既定の1日の給餌量を与えるだけでよく、おやつは必要ありません。おやつをどうしても与えたいときは、フードをその分減らして給餌します。フードの量を減らさずにおやつを与えてしまえば簡単にカロリーオーバーで、肥満になってしまいます。肥満になればダイエットが難しく、いろいろな疾患にかかりやすくなります。気をつけましょう。

(6)夏は涼しく冬は暖かく室内の温度調節を行う

夏は人間同様に熱中症・熱射病にかかりやすいため、新鮮な飲料水をたっぷりと用意し、室内温度をクーラーで下げておきます。もしも体が異常に熱くハアハと呼吸が荒くなるなど普段と違う症状を起こしたら熱中症の可能性があります。タオルを濡らして体を冷ます、氷枕を使うなど体の温度を下げて、すぐに動物病院に連絡を入れましょう。冬は寒くなることで猫も風邪を引きやすくなります。暖房で室内を適温に暖めましょう。

8)飼い主としての喜び・・アメショーを飼う魅力とは?

元気いっぱいで好奇心旺盛、人懐こく甘えん坊なアメリカンショートは、小さな子供のようなかわいらしさがあります。疲れて帰ってきても「おかえり!さびしかったよ!」と言わんばかりのスリスリする姿を見れば、疲れなんて吹っ飛んで嬉しくなってしまいます。頭も賢く教えればすぐ覚えてしまうので、猫を初めて飼う方にも飼いやすい品種です。ぜひお気に入りの子を見つけてみてください。






今回のまとめ

1)アメリカンショートヘアの紹介

2)抑えよう!アメリカンショートヘアの性格の3大特徴

3)違いはあるの?オスとメスでの性格の違い

4)種類の違いは?アメショーの代表的な2種類

5)どんな人が向いている?飼う人に向いているポイント

6)ここがポイント!しつけの4つのコツとは

7)要注意!飼育する場合に特に気をつけること

8)飼い主としての喜び・・アメリカンショートヘアを飼う魅力とは?