「あんしんペット保険」の口コミ評判まとめ

あんしんペット保険は年齢をかさねても保険料の増加がゆるやかで掛け続けやすい保険です。そんなあんしんペット保険の特長をさらに詳しく調べ、まとめてご紹介します。保険選びの参考になれば幸いです。

 

「あんしんペット保険」の保険料

全犬種、猫・1歳の場合

プラン名 小型犬 中型犬 大型犬
Sペット手術保険
補償80%
(免責あり)
月払 580円 690円 910円 480円
年払 6,600円 7,860円 10,400円 5,470円
保証限度額(年間) 1回につき50万円(最大100万円)
Mペット医療保険
保障70%
(免責あり)
月払 950円 1,270円 1,440円 750円
年払 10,830円 14,500円 16,460円 8,560円
保証限度額(年間) 70万円
Lペット医療保険
保障70%
(免責なし)
月払 2,400円 2,810円 3,090円 1,830円
年払 27,700円 32,640円 39,450円 21,190円
保証限度額(年間) 70万円
割引など 年払い(クレジットカード払い・コンビニ払い):4%割引

「あんしんペット保険」の基本情報

あんしんペット保険Mプラン

加入可能なペット 犬・猫
加入可能年齢 0歳から10歳11か月まで
更新可能年齢 20歳まで
補償対象の病気 ガン
補償対象 通院・入院・手術
保障割合 70%
支払限度回数 なし(無制限)
年間補償限度額 70万円
免責金額 14,000円(1回につき)
生涯保険料 306,100円
例)トイプードル0~15歳インターネット申し込みの場合
特約 ペット賠償責任特約:年間500万円まで補償
窓口清算 なし
引受保険会社 もっとぎゅっと少額短期保険株式会社
公式サイト  https://www.anshinpet.co.jp/

「あんしんペット保険」は日本全国すべての動物病院での病気・ケガによる診療費用が補償対象の保険です。

また、申し込みは書面のほか、パソコン、タブレット、スマホからも可能で、必要なものは写真のみです。

健康診断書や犬・猫の体毛の提出や血統書・血統書番号の申告は不要のため、申し込みがとても簡単です。

S、M、Lの3つのプランがありますが、ここでは特にお手頃な価格である手術費用に特化したSプランについてご紹介します。

【月々の金額】は、【犬】570円/月〜(小型犬0歳の場合)
【猫】460円/月〜(0歳の場合)です。

【特約(オプション)】はペット賠償責任特約があり、80円/月、または900円/年です。

ペットが他人にケガをさせたり、他人の物を壊したりして、法律上の損害賠償責任が生じた場合、1事故500万円の範囲内で補償してくれます。

【補償内容】は手術・入院(※)です。※手術を含む連続した入院

【補償割合】は80%で、かなり自己負担額を減らすことができそうです。

手術補償は1回あたり50万円までで、支払限度回数は年2回、年間で最大100万円の支払いを受けることができます。

「あんしんペット保険」の口コミ

あんしんペット保険の口コミをご紹介したいと思います。

「保険金の請求をしたら、ビックリするほど早く入金されたので、大助かりです。」

このレベルの保険料で、通院・入院・手術のすべてをカバーできる保険はここだけだと思います。」

高齢になった時の保険料もお手頃なうえに、補償内容もしっかりしているので乗り換えました。」

保険料の安さに魅力を感じている声が多いようです。

保険を検討されるときの参考にされてください。

「あんしんペット保険」のメリット

「あんしんペット保険」には、様々なメリットがあります。

ここでは、4つのメリットをご紹介したいと思います。

1.更新時に条件変更がない

他社のペット保険では、契約を更新する際に、保険金の請求実績などから特定の傷病が補償対象外になるなど、条件付けされる場合がありますが、「あんしんペット保険」は更新時に条件をつけることなく更新できます。

2.月々の保険料が手頃で、補償割合が高い

月々の保険料を抑えつつ、万一の際に備えたい場合はピッタリの保険と言えるでしょう。

普段は通院等の必要がない、補償は高額な金銭が必要になる万一の時だけでいい、という方にオススメです。

3.ペットの年齢による保険料の値上がり幅が少ない

ほかのペット保険では、ペットの年齢とともに保険料が上がる割合が大きいものも多いようです。

一般的に、ペットも加齢とともにケガや病気などのリスクが高まるため、歳をとっても保険料が手ごろな価格であることは大きな魅力です。

4.加入が比較的容易にできる

こまごまとした書類の準備などが必要なく、スマホやパソコンでもすぐに申し込みができるところもメリットの一つです。

「あんしんペット保険」のデメリット

「あんしんペット保険」のデメリットは、Sプランを含むLプラン以外のプランでは一度の動物病院との往復ごとに(※)免責金額というものが設定されていることです。

※免責金額とは、補償対象となる治療費用から差し引く金額のことで、契約者(被保険者)の自己負担となる金額のことをいいます。

この金額が、14,000円以下の場合は、補償の対象外になり、支払いを受けることができません

また、手術、それに伴う連続した入院に特化した補償プランなので、その後の通院なども補償対象外になります。

補償条件に合致するものであれば、高い補償率での保険金を受け取ることができますが、ペットの病状などによっては、
必ずしもそうとは限りませんので、この場合は自腹で治療費を払わなければならなくなってしまいます。

そのため、これらの入院・通院・手術を幅広く補償してほしい場合は、Mプラン、Lプラン、または、ほかの保険を検討する必要があると言えます。

しかしながら、免責金額については、一般的に手術を伴う治療の場合は比較的医療費が高額になることが多く、14,000円を超えることが予想されるため、補償を受けられるケースが多くなりそうです。

どんなペットにオススメの保険?

日常的な通院や、14,000円以下の比較的少額の手術などは補償対象外ですが、高額の手術や入院の際には手厚い補償を受けることができることから、普段はほとんどケガや病気をせず、治療を必要としないペットに向いている保険です。

また、比較的年齢による月々の保険料の増額幅は少ないとはいえ、ペットの年齢とともに保険料はあがっていく料金体系のため、年齢が若いペットのほうが、保険料を抑えることができるでしょう。

特に、犬に比べて猫の保険料は他社と比較しても、かなり安いようです。

それにもかかわらず、補償割合などは見劣りしていないので、猫を飼っている方でペット保険を探している方には、かなりお得な保険です。

前述のように、病気をしづらい丈夫な犬・猫の種類であったり、年齢が若く比較的健康な犬や猫の飼い主さんで、最低限の保険として高額治療の時だけは補償を受けられるようにしておきたい場合は、オススメの保険です。

まとめ

以上のように、「あんしんペット保険」は、日常的な通院や治療などを幅広くカバーするものではなく、手ごろな保険料で高額な入院費用など、万一の出費に備えるタイプの保険です。

「基本的にケガや病気はしないけど、万一に備えておきたい」、「保険料は毎月そんなに払えないけど、もしもの時が心配」という方がペット保険デビューするにはオススメの保険です。

これを機会に、愛するペットのための備えについて考えてみませんか?

今回紹介した「あんしんペット保険」以外にも、多数の企業が様々な補償内容、保険料のペット保険を出しているようです。

「あんしんペット保険」はもちろん、他にも手軽に加入できるペット保険はいろいろとあると思うので、検討してみてはいかがでしょうか。