Fotolia_61507626_Subscription_Monthly_M

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは「キャバリア」のニックネームで知られるスパニエル種の犬。飼い主の性格に合わせる柔軟性を持っており、社交性も秘めていることから小型愛玩犬のカガミのような犬種です。

今回は、そんなキャバリアの性格・しつけのコツ、なりやすい病気やおすすめのペット保険、フードについてご紹介します。



キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの性格の3大特徴!しつけのコツとは

1)キャバリアの紹介

1.キャバリアの原産地

キャバリアの原産地は「イギリス」です。

2.キャバリアの平均体高・平均体重

キャバリアの体高は、平均で31〜33cmです。

体重は5〜8kgで、オスとメスによる個人差もほとんどありません。

3.キャバリアの名前のルーツ

キャバリアの正式名称は「キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル(Cavalier King Charles Spaniel)」です。

「キャバリア」には「騎士」という意味であり、、”チャールズ国王に付き従う犬”という意味のその名が命名されました。

また、女性への礼を尽くすという意味もあるようです。

4.キャバリアの歴史

キャバリアの先祖犬である「トイ・スパニエル」は16世紀頃からイギリスの貴族たちの間で人気に愛玩犬でした。

そのトイ・スパニエルに「パグ」や「」などを交配し生まれた犬種が、より小柄で口吻の短い「キング・チャールズ・スパニエル」で、こちらも貴族達の間で人気を博します。

1920年、アメリカの富豪「ロスウェル・エルドリッジ」がヴァン・ダイク作の絵画「キング・チャールズ2世」に描かれているような口吻の長いキング・チャールズ・スパニエルを賞金をかけて探しました。

それを期にブリーダーらが「キング・チャールズ・スパニエル」から時折産まれる、先祖犬の「トイ・スパニエル」に似たタイプの犬を集め繁殖します。

その後、1945年にはユニークな犬種とみなされ、元の犬種と区別するために「キャバリア」をつけて区別するようになったものが「キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル」です。

5. 日本で飼育されている数

日本で飼育されているキャバリアの数ですが、血統書を発行しているジャパンケネルクラブの2016年の犬種別犬籍登録頭数を調べてみると4,246頭です。

犬全体の登録数が300,470頭なので、キャバリアの割合は約1.4%で犬種別ランキングでも15位に位置しており、なかなか人気の犬種といえるでしょう。

6.キャバリアの平均寿命

キャバリアの寿命は9〜11年前後が平均で、他の犬の平均が約13歳であることに比べると少し短命な犬種です。

7.ペットショップでの購入価格

キャバリアのペットショップでの購入価格は大体10~20万円になっています。価格は血統・毛色・性別によって大きく変わってきます。
性別はメス、毛色は「ブラック&タン」「ルビー」が高くなる傾向にあります。

草原に座ったキャバリア

2)キャバリアの4つのタイプ

キャバリアの毛のタイプは長毛のシルク状で、わずかにウェーブがかかったタイプもいます。

毛色は4つのタイプに分かれていますが、じつは「キャバリア」の名前が正式に認められるまで、4つのタイプは別々の犬種として扱われていました。

1.ブレンハイム

白地に赤褐色の班の2色の毛色のキャバリアは「ブレンハイム」または「ブレナム」と呼び、一般的にイメージされる様式です。

この色のキャバリアは、以前は「ブレンハイム・スパニエル」と呼ばれていました。

ちなみに、ブレンハイムの由来はブレンハイム(ブレナム)地方を治める「マールボロ公」が飼っていたスパニエルの毛色にちなんでいます。

2.トライカラー

赤褐色と黒と白の3色です。

トライカラーのキャバリアは、「プリンス・チャールズ・スパニエル」と呼ばれていました。

3.ブラックタン

黒と赤褐色の2色の毛色のキャバリアです。

もともとは、この毛色のスパニエルのみを「キング・チャールズ・スパニエル」と呼んでいました。

これはチャールズ国王が飼っていた犬がこの色だったことに由来しています。

4.ルビー

赤褐色のみの毛色です。

鮮やかなチェストナット・レッドの毛色のキャバリアは「ルビー」と呼ばれていました。

寝てるキャバリア

3)キャバリアの性格の3大特徴

1.攻撃性が無い

キャバリアは争い事を好まず、温和な性格です。

子供やお年寄りなどと遊ぶことにも危険は伴いません。また複数飼いたい方にもオススメできます。

2.活発さもある

キャバリアは遊ぶことがとにかく大好きです。

またとても人懐っこい性格をしているので、見知らぬ犬や人とも仲良くできます。

そういった意味でも番犬には不向きです。

3.寂しがり屋

キャバリアは上記のように人懐っこい性格をしており、寂しがり屋です。

なるべくお留守番を少なく、家族で構ってあげる必要があります。

child little girl with glasses reading a books

4)キャバリアのオスとメスでの性格の違い

キャバリアはオスとメスで他の犬種ほど性格の違いはありませんが、比較すると以下のような違いがあります。

1.オス

オスのキャバリアは、メスに比べて楽天的でおおざっぱな性格をしています。

2.メス

反対にメスのキャバリアは、繊細で甘えん坊という性格がみられます。

5)キャバリアを飼う人に向いている2つのポイント

犬好きであるとか、飼う責任を持つことは当たり前ですが、キャバリアを飼うのに向いている方には下記のポイントがあります。

1.可能な限り犬と長い時間いられる

キャバリアは甘えたがり性格ですから留守番が多い家庭は不向きです。

普段でも飼い主に甘えることが多いため、飼い主の姿が見えないだけですぐに寂しがります。

そういった意味でも、家にいることが多く、犬に甘えてきて欲しい方が向いているといえます。

2.犬を飼うのが初心者の方

キャバリアは活発で穏やかな性格は飼っていて楽しく、家族の一員として愛くるしく振舞います。

犬を飼いたいと思っていた人にとって、キャバリアとの生活は非常に満足できるものとなるでしょう。

このように、初めて犬を飼う人にとってピッタリの犬だといえます。

6)キャバリアのしつけの2つの重要ポイント

1.ほめて伸ばす

ほとんどの犬に共通しているかもしれませんが、わがままにさせないようにすることが必要です。

大きな声で叱らず、褒めてしつけるようにしましょう。

おもちゃなどを使い、遊びとともにで覚えさせることも大切です。

2.人や他の犬との触れ合いを繰り返す

キャバリアの持っている社交的な性格を大きく生かすために、なるべく多くの人や犬とふれあいの機会を作ることが大切です。

もしそれが難しい場合は、できるだけ飼い主が側にいてあげてください。

Stethoscope in hands

7)キャバリアの健康上の2つの注意点とは

1.耳への注意

キャバリアはたれ耳であるため外耳炎が懸念されます。
痒そうにしていたり、赤くなっていたりする場合は早めに動物医院で診てもらいましょう。

また10日に一度は耳の手入れをしてあげてください。早期発見につながります。

2.膝蓋骨脱臼 しつがいこつだっきゅう

膝蓋骨脱臼は、キャバリアに限らず小型犬に多い病気ですが、ひざの皿が脱臼して歩行が困難になる病気です。

後ろ足を痛がる素振りやスキップをするような素振り、つま先立ちの様な歩き方をしていたら受診してもらったほうが良いでしょう。

3.心疾患

キャバリアがかかりやすい病気に遺伝由来による心臓疾患があります。

キャバリアの人気が高まった時期に、一部のブリーダーによって近親交配が頻繁に行われるようになり、図らずも致命的な心臓疾患の発生率を高める一因となってしまいました。

キャバリアの寿命が他の犬種に比べて高いのも、この重大な疾患の発生率の高さによるものでしょう。

キャバリアを迎えたら、まずは心臓に疾患がないかしっかり検査をしておいてください。

犬の心臓病の4大原因!症状・治療法・予防習慣とは

布に座ったキャバリア

8)キャバリアにオススメのペット保険

キャバリアは小さいのに活発な犬種で、ケガをしやすい犬種です。

また「心臓疾患」の危険もあるため、ペット保険に入るのは必須といえるでしょう。

ただ、キャバリアのペット保険選びには『安さ』以外に注意点が一つあります。

キャバリアがかかりやすい病気に「膝蓋骨脱臼」がありますが、多くのペット保険では膝蓋骨脱臼は保険の対象外なんです。

膝蓋骨脱臼になりやすいのに保険の対象外では保険に入る意味がありません。

そこでオススメなのが『PS保険』です。

ペットサポートのPS保険

『PS保険』では膝蓋骨脱臼がしっかり保険対象!

しかも他の保険のように診断書や血統書、体毛といったものがなくても、インターネットで簡単に申し込めるのもポイントです。

月々の保険料も安いので、『PS保険』が気になった方は公式サイトでぜひ資料をご請求ください。

PS保険の公式サイト  


9)キャバリアを飼育する場合の3つの重要ポイント

1.ブラッシング

耳やつめの手入れを大切ですが、キャバリアの毛並みは綺麗です。その毛の割に手入れはとても簡単です。一日数分のブラッシングを行うだけで、毛玉やほつれの防止が出来ます。

マッサージやスキンシップの効果もあるので、念入りに行いましょう。

2.食事

キャバリアは運動も豊富なので、ご飯を与える量に戸惑うほど食べることがあります。

いっぱい食べるからと食べさせすぎるのは要注意。じつは太りやすい犬種なのです。

フードは食べたがるだけ与えず、適量を守って与えるようにしましょう。

3.散歩・運動

活発で運動好きなキャバリアは外に出すと大喜びします。

室内での過ごすことにも不満を持たない性格ですが、外での自由遊びが大好きです。

飼い主も一緒になり遊ぶとより喜びますよ。

草原とキャバリア

10)キャバリアにおすすめのフード

キャバリアにおすすめのドッグフードは「モグワン」です。

動物性のタンパク質が50%も含まれていて、キャバリアのように小さいのに運動が大好きな犬種にぴったりです。しかも栄養価が高いのでキャバリアの毛艶も良くなります。

値段は少し高いですが、安いドッグフードのような合成添加物も使っていないので、安心して食べさせてあげることができます。

それに高タンパク質のわりにカロリーが低いので、肥満のコントロールがしやすいところもオススメ!

モグワンの画像

しかも原材料は、人間が食べても大丈夫な高品質のものを使っていて、原材料の品質、栄養バランスともに最高クラスですよ。

(安いフードは人間の食品では禁止された添加物や材料が使われていて、病気の原因となります。)

モグワンは量販店やAmazon、楽天では売っていないので公式サイトから購入してください。

 

『モグワン』の公式サイト  

獣医師も推薦する!モグワンドッグフードの口コミ評判まとめ

11)キャバリアをペットにする2つの魅力とは

1.性格にメロメロ

吠えない、噛まない、怒らない、攻撃性が無い。そのような性格を持っているため非常に幸せな気分になります。白目が見える割合が多いため表情も分かりやすいです。

2.気遣い上手

飼い主に忠実で甘えてくる可愛さに虜になってしまうかもしれません。一緒に散歩をする際には、べったりと甘えてくる可愛さもあるでしょう。



今回のまとめ

1)キャバリアは忠実で甘え上手である

2)初心者でも飼いやすい犬種としての魅力が備わっている

3)飼い主がどれだけ犬に寄り添えるかが、満足いくペットライフを送れるかのカギになる

このページに関連する記事


こちらのページでは、当サイト「ペットナビ」で紹介している犬の「しつけ」や「悩み」「病気」に関する記事をまとめています。 また、犬種別のしつけや性格の記事もありますので、気にな