狆(ちん)の写真

江戸時代に大奥でお座敷犬として寵愛されていたといわれる狆(チン)。シルクのような美しい毛が、気品に溢れており、愛玩犬として広く愛されています。

今回はそんなちんの性格としつけのコツについて紹介します。



狆(チン)の性格の3大特徴って?しつけのコツと注意点とは

1)ちんの紹介

1. ちんとは

狆の原産地は日本。
英語名は「ジャパニース・チン (Japanese Chin)」ですが、以前は「ジャパニーズ・スパニエル (Japanese Spaniel)」と呼ばれていました。

愛玩犬 あいがんけんとして長い歴史があり、貴族や大名などの上流階級の人々に可愛がられてきた犬種です。

顔は平面的で額が広く、離れ気味の大きな目が特徴。
飾り毛」と呼ばれるまっすぐで長い毛が、首、もも、尻尾を覆っています。

2. 平均体高・平均体重

ちんの平均体高は、オス25cm前後、メスはそれよりやや小さめです。
平均体重は2~3kgの小型犬です。

3. 名前のルーツ・簡潔な歴史

ちんの名前のルーツですが、「ちいさいいぬ」がつまって「ちいぬ」となり「ちん」となったようです。

732年に朝鮮から日本の宮廷に献上された犬が、狆の祖先。
徳川綱吉の時代に江戸城で飼われたという記録があるように大名や貴族に愛好され、後年には吉原の遊女達の間でも流行しました。

海外へは1613年にイギリス人のキャプテン・サーリスによって持ち帰られており、1853年にもペリー提督に数頭が持ち帰られ、うち2頭がヴィクトリア女王に献上されています。

狆:wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/狆)

4. 日本で飼育されている数

日本で飼育されているちんの数ですが、血統書を発行しているジャパンケネルクラブの2016年の犬種別犬籍登録頭数を調べてみると583頭です。

犬全体の登録数が300,470頭なので、狆の割合は約0.2%と日本産の犬種であるにも関わらず、現在ではマイナーな犬種といえるでしょう。

5. 狆が気をつける病気

眼瞼内反 がんけんないはん
眼瞼内反は、まぶたのフチが眼球の内側に入り込みやすくなり、まつげが眼を刺激して炎症を起こしてしまうものです。
簡単に言えば、眼瞼 がんけんとは逆さ睫毛 まつげのことで、まつ毛が目に入る状態です。

涙の量が増えたり、目をかいたり痛そうにしていたら要注意です。

膝蓋骨脱臼 しつがいこつだっきゅう
膝蓋骨脱臼は小型犬に多い病気で、ひざひじの関節が緩くてはずれやすくなります。

関節に無理な負荷をかけないよう、しっかり運動をさせて関節周りに筋肉をつけることが必要です。
また定期的な検査をするのも大切です。

乾性角結膜炎 かんせいかくけつまくえん
乾性角結膜炎はいわゆるドライアイのことで、目の表面が乾いて、角膜と結膜に炎症が生じた状態になることです。

乾性角結膜炎は、ちんのように眼球面積の大きな犬種がなりやすく、また遺伝的な要因がある場合もあるといわれています。

6. 平均寿命

ちんの平均寿命は12~14年くらいで、小型犬の平均的な寿命といえます。

7. ペットショップでの購入価格

ペットショップでの購入価格の相場は、毛色、性別などにより幅があり、8~25万円くらいです。

2)種類の違いはあるの?狆の2つの毛色のタイプ

ジャパンケネルクラブでは、狆の毛色は2種類が認められています。
顔のブチは目の周囲から耳全体にかけて左右相対が好ましく、特にマズルから頭頂にかけて幅広い白のブレーズがあることが望まれています。

1. ブラック&ホワイト

白地に黒のブチが入っています。白と黒のコントラストが、狆を抱いたときに、どんな着物にも合い、着物が映えるという理由で定着した色だそうです。

2. レッド&ホワイト

白地に赤(茶っぽい赤)のブチが入っています。ブラック&ホワイトに比べると数は少ないです。

レッド&ホワイトのチン

3)理解してあげよう!狆の性格の3大特徴って?

1. フレンドリー

狆は長く愛玩犬として飼われていたため、人懐っこく友好的で、他人や他のペットとの相性も良いです。

2. おとなしい

おとなしく利口で、飼い主にも忠実なため、しつけもしやすい犬種といわれています。
よく猫のようだといわれることがあります。

3. 臆病な面も

基本的には人見知りしない犬種ですが、まだ十分に社会性の訓練がされていないときには、神経質で臆病なことがあります。

4)性格の違いはあるの?オスとメスでの性格の違い

1. オス

オスはメスに比べてより愛情深く、従順な傾向にあるといわれています。

2. メス

個々の差はありますが、メスはオスに比べて、プライドが高く、忠実ではない傾向があるようです。

child little girl with glasses reading a books

5)どんな人が向いている?狆を飼う人に向いている3つのポイントとは

1. 室内で飼いたい人

狆は、室内犬として改良されてきた犬種です。臭いも少ないので、室内で飼うのに適しています。訓練された狆は、あまり吠えることがないため、集合住宅の飼育にも向いています。

2. 運動量の少ない犬が欲しい人

あまり散歩ができない人でも、運動量としては室内で遊ばせるだけでも十分です。
ただし、気分転換や社会性を養うためには、なるべく外に出かけたほうがいいでしょう。散歩の時間は短くて問題ありません。

3. 長く一緒にいられる人

狆は、いつも誰かと一緒にいることを好みます。撫でられたり、たわむれて遊んだり、かまってもらうことが大好きです。
家を長く空けることが多い人には、向いていないといえます。独りになると、精神的に不安になって、問題が起こることがあります。

6)ここがポイント!狆のしつけの3つのコツとは?

1. 社会性

幼いころから人に慣れさせて、社会性を養いましょう。室内にいるだけではなく、公園などに連れて行き、多くの人や犬なと触れさせることが大切です。

2. 甘やかしすぎない

狆のしつけは、一般的には褒めながら気長に行うのが良いとされています。しかし、甘やかしすぎると、わがままになってしまうことがあります。
信頼関係を築きながら、適切なしつけを行うようにしましょう。

3. 遊び感覚で

人と遊ぶことが好きな狆は、遊び感覚でしつけを行うのが良いでしょう。「お手」「おすわり」「待て」などは、オヤツを使ってゲームのように楽しく教えてみましょう。

シェルティの飼育に関しての注意事項とは?

7)要注意!飼育する場合に特に注意する3つのこと

1. 温度管理

室内犬の狆は、寒さと暑さに弱いため、季節にあわせて室内の温度管理を行うことが必要です。
一般的に、犬を飼う場合の適温は、25℃前後で 湿度は40~60%といわれています。個々の差がありますので、様子を観察して適温に調整してあげてください。

2. ブラッシング

狆の毛は、細くて絡まりやすく手玉になりやすいので、定期的なブラッシングやコーミングが必要です。
こまめにお手入れをすれば非常に美しく手触りの良い毛質になります。

3. 段差

膝や肘に負担をかけないために、家の階段や段差をなるべくなくすようにしましょう。
滑りやすいフローリングの床にも、怪我防止のために、滑り止めのマットを貼っておきましょう。

下を出したチン

8)ペットにする喜び・狆を飼う魅力とは

1. 優美な飾り毛

ちんの特徴的な「飾り毛」は、優美な見た目と、細くてシルクのような触り心地が魅力的です。

2. 理想的な愛玩犬

狆はその歴史から人の膝の上にのって遊んだりするのが大好きで、人懐っこく愛嬌があります。
その上行儀もよく、利口な犬種です。
まさに理想的な愛玩犬といえるでしょう。



まとめ

1)狆の原産地は日本で、体高はオス25cm前後、メスはやや小さめ、体重は2~3kg。

2)狆のタイプ2種類の毛色タイプは、ブラック&ホワイト、レッド&ホワイト。

3)狆の性格の3大特徴は、フレンドリー、おとなしい、臆病。

4)狆のオスとメスでの性格の違いは、オスはより愛情深く、従順な傾向、メスはプライドが高く、忠実ではない傾向がある。

5)狆を飼う人に向いている3つのポイントは、室内で飼いたい、運動量の少ない犬が欲しい、長く一緒にいられる人。

6)狆のしつけの3つの重要ポイントは、社会性、甘やかしすぎない、遊び感覚で。

7)狆の飼育に関しての3つの注意点は、温度管理、ブラッシング、段差。

8)狆を飼う魅力とは、優美な飾り毛と、理想的な愛玩犬。

関連記事

小型犬に関する関連記事