ドッグフード、ドクタープロの口コミ評判!
ドクタープロはペット用品を中心に扱うニチドウという会社が販売しているドッグフードです。
可愛い愛犬にドクタープロを与える前に、成分や評判をしっかりと見ていき、愛犬に適しているか判断しましょう。

・ブランドの特徴

容量/価格 2.4kg/3,024円(amazon参照)
1kgあたり 1,260円(税抜)
カロリー 362kcal/100g
給仕量 (トイプードル1歳4kgの場合)
一袋あたり 日分(トイプードル1歳4kgの場合)
メイン食材  チキンミール
原産国  アメリカ
穀物 〇 米、玄米
油脂 × 動物性油脂
酸化防止剤 〇 ローズマリー抽出物
着色料・保存料 ◎ 不使用
対応年齢 ◎ 全年齢対応
販売元  株式会社ニチドウ
オススメ購入サイト  Amazon

ドクタープロは全国のペットショップや動物病院を中心に販売されており、一度は手に取ってみたことがあると思います。

今のところ、コンビニでは見かけたことはないですが、大きいドラッグストアなら置いてあるかもしれません。それぐらいメジャーなドッグフードです。

勿論、ネットショップでも販売があり、楽天やアマゾンやヤフーなどでも検索すれば出てきます。

ドクタープロは種類も豊富で、愛犬に合わせたものも販売されています。

子犬用とか、高齢犬用などがあり、さらには犬種に合わせたトイプードル要、チワワ用等のドッグフードもそれらに合わせた原材料を配合しています。

この辺りはメーカーのこだわりの部分であり、自分の愛犬に合わせたものを選びやすくとても親切だと思います。

・ドクタープロの原材料と安全性

ペットショップのミニチュアダックスの子犬

結論から述べますと、安全性・原材料はあまりよくありません
実際にドクタープロの原材料を総合的に見ていきます。

ドクタープロのほとんどが初めの方にチキンミールやラームミールという原材料を使っています。
ミールというのは様々な部位を粉々にしたものという意味です。

チキンミールだと鶏の様々な部位を粉々にしたもの、ラームミールはラム(羊)の様々な部位を粉々にしたものという意味です。

結局どこの部位を使っているのか判断するのは極めて困難なので、何が入っているかわからないのです。

次に多く使っている原材料が玄米やブリューワーズライスなどの穀物です。玄米やブリューワーズライスはまだいいですが、小麦やトウモロコシが多く入っている場合は要注意です。

ドクタープロには含まれていませんが、こういった穀物が初めの方に書いてあるということはそれだけ多く含まれているということです。

ワンちゃんが主として食べないといけないのは肉類です。こういったところからも不安要素になります。

次に動物性油脂ですが、使われている動物が不透明なので、ここも不安要素になります。

その次にまたオートミール、ターキーミールなどのミール系が記載されています。

良いドッグフードは何を原材料に使っているかきちんと記載されています。

・メリット・デメリット

唯一メリットと言えるのが天然由来の添加物を使用している所です。酸化防止剤はローズマリー抽出物ですし、天然香料を使用しています。

ドッグフードに使われる酸化防止剤も重要項目の一つですので、しっかりと記載されている原材料を確認しましょう。

他にも天然ものでいうと、アスコルビン酸ミックストコフェロール(ビタミンE)、これらが記載されていれば天然由来の酸化防止剤を使用していると判断して良いでしょう。

反対に合成の酸化防止剤は、エトキシキンBHABHTと記載されている事が多いです。

ドッグフードは長期保存することが多いので、この酸化防止剤はどうしても入っている製品が多いのですが、先ほども書いたように天然由来の物を使っているのが望ましいです。

合成の物を摂取していると、発がん性の確立があがります。なので、ドッグフードを選ぶときの重要項目なのです。

ドクタープロは天然由来の成分を使っているので、安心できそうです。

ですが、その他の原材料が良くないので、ここがデメリットと言えるでしょう。

デメリットは、原材料があまり良くないことです。これにつきます。

・ドクタープロの口コミ評判は?

カニンヘンダックスフンドの子犬

これもはっきりと分かれます。

食いつきがよく食べるワンちゃんもいれば、全く食べないワンちゃんもいます。

こればっかりは与えてみないと分からない部分が多いですが、若干食いつきが良く食べるワンちゃんの方が多いようです。

但し、先ほども述べたように、原材料や安全性からみると与えない方が良いかもしれません。
悪い評価の中にドクタープロを与えてから下痢になったことがあるワンちゃんもいます。

消化が悪い穀類関係や動物性油脂の影響が出ているのかもしれません。

普段からお腹の調子が良くないワンちゃんや、高齢犬も避けた方が良いと思いますし、(高齢犬用のものもあり矛盾している部分はありますが)消化機能が良くない犬種には最初から与えない方が賢明だと思います。

・どんな犬にオススメ?

空と芝とパグ

悪いことばかり書いてしまいましたが、メーカーのコンセプトにワンちゃんのアレルギーや家禽類の給餌を控えたい場合に着目し作られた製品ですので(メーカーのコンセプト上)、アレルギーに悩んでおり、医療食の代わりにドクタープロを進める動物病院やブリーダーの方もいるそうです。

食いつきが良いので(あくまでも一部の評価ではありますが。)躾の時、またはご褒美の時にアクセントのようなイメージで与える方が良いかもしれません。

そういった事から考えるとしつけの時期に差し掛かっているワンちゃんや、遊び盛りのワンちゃんにお勧めです。

飼い主とワンちゃんのコミュニケーションツールとして役立ってくれるそんな位置づけにドクタープロは役立つかもしれません。

・まとめ

原材料や安全性からみていくと、あまり品質の高いドッグフードではありません。

値段も特に安いわけでもありません。総合的に見ていくと購入するまでもないドッグフードの部類に入ると思います。

せっかくなら品質も高く安全性も高いドッグフードを買った方が良いと思います。(ドッグフード代が高くついてしまいますが。)

ワンちゃんも人間と一緒で、健康体は食物からなんです。栄養のあるものをきちんと正しく摂取することによって、病気にかかりにくい健康体になるのです。

しかし、ドクタープロに変えると食いつきが良くなった等実際にドクタープロが合っているワンちゃんもいます。

主としたドッグフードとしては不安ですが、おやつとしてや、ご褒美として与えるのはアリなのかなと思います。