散歩中の2匹のフレンチブルドック

CMなどで人気のフレンチブルドッグは、大きな立ち耳で愛嬌のある顔と小柄な体が特徴です。その風貌からたいへん人気も高く、飼育するオーナーさんも増えています。

今回は、そんなフレンチブルドックの飼育を考える方に向けて、性格・飼育法・多い病気などについてお伝えしします。



フレンチブルドッグの性格の3大特徴!しつけのコツとは

1)フレンチブルドッグの紹介

1.フレンチブルドックの原産地

フレンチブルドッグは筋肉隆々で引き締った体のブルドッグの仲間ですが、ブルドッグの故郷・イギリスではなく「フランス」が原産地です。

2.フレンチブルドックの平均体高・平均体重

元のブルドッグと比べると、フレンチブルドッグの体高は、オス・メス共に平均28~33cmです。

平均体重は約13kgと小柄な犬種となっています。

3. フレンチブルドッグの簡潔な歴史・名前のルーツ

フレンチブルドッグは、19世紀イギリスで闘犬として闘っていたブルドッグがルーツ。

ブルドッグの闘犬が法律で規制となると、職を失ったレース職人たちがその中の体重11㎏以下の小型ブルドッグを連れてフランスに移住したといわれています。

ブルドッグの闘犬としての荒い性格では家庭犬には向かないため、小型の「パグ」や「テリア」との交配が行われ「ブルドッグ・フランセ(フレンチ・ブルドッグ)」と名付けられました。

イギリスではコウモリのような大きな立ち耳の「バッド・イア(こうもり・耳)」が不評でしたが、フランスの女性には好評で、19世紀後半には上流階級家庭で飼育されるほど大人気となりました。

この頃にフランスに来訪していたアメリカ人がフレンチブルドッグを気に入って持ち帰り繁殖が行われました。

フレンチブルドッグの耳の形論争が盛んとなり、そのころにアメリカン・ドッグが設立され、1898年にフレンチブルドッグのショーが開催されるとアメリカ中にブームが起こりました。

1913年にはショードッグとなり、フランス同様にアメリカでも上流階級家庭で飼育がされるようになったのです。

日本には大正時代に紹介されると昭和初期にかけて人気となりました。
その後2000年代に入ってから再び人気犬種として飼育するオーナーさんが増えています。

4.フレンチブルドックが気をつける病気

フレンチブルドッグは、皮膚にシワが寄り鼻(マズル)の高さがなく口が大きいため、鼻腔狹窄(びくうきょうさく)や口蓋裂といった呼吸に影響のある病、体格と足の関係からくる股関節形成不全や膝蓋骨脱臼、また眼瞼内反症、白内障といった目の病や、まれに聴覚障害が発症することもあります。

特に暑い夏場は、体高が低く鼻が短いフレンチブルドッグは呼吸も精いっぱいで、下からの熱をもろに受けやすく熱中症にもたいへんな注意が必要となります。また寒さにも敏感なので寒さにも注意が必要です。

5. フレンチブルドックの平均寿命

人間と同様に犬も長生きとなってきましたが、残念ながら人間よりも寿命は短くフンチブルドッグは平均寿命が9~11歳といわれています。

しかし、あくまでも平均寿命ですので、健康管理をしっかりと行って愛情深く接していけばもっと長く生きることも可能でしょう。

6.ペットショップでの購入価格

フレンチブルドッグの購入価格は20~50万です。

フレンチブルドッグの出産は子犬の頭が大きく、帝王切開になることが多いため、手術費用が高くなることからフレンチブルドッグの価格は高くなっています。

フレンチブルドッグの子犬

2)フレンチブルドッグの性格の3大特徴

フレンチブルドッグは、その愛くるしい風貌だけではなく、多くの人に愛される性格を持っています。

1.人懐こくて甘えん坊

フレンチブルドッグは人懐っこくて甘えん坊です。

この性格は闘犬だった気性の荒いブルドッグから家庭犬として改良のために行われた、パグやテリアとの交配によって受け継いだ気質からきているのでしょう。

2.家族を喜ばせることが大好きで遊び好き

こちらも上記と同じ理由から、人間との関わりや遊んでもうらうのが大好きです。

家族が寝ていればそばに来て添い寝したり、抱っこされることを喜びます。

明るく陽気で愛情深いフレンチブルドッグ。どこかから「このくらいが丁度いい」という声が聞こえてきそうです。

3.学習能力が高く記憶力がいい

フレンチブルドッグは学習能力が高く記憶もよいので、しつけはしやすいのですが、反面悪いことも憶えてします。

犬にとって良いか悪いかの判断はできません。飼い主がしっかりとしつけることで教えてあげましょう。

child little girl with glasses reading a books

3)違いはあるの?オスとメスでの性格の違い

このように愛されるフレンチブルドッグですが、オスとメスでは性格に違いがあるのでしょうか?

これについては個体差や育った環境によるものが大きいようです。

1.オス

体格ではオスのフレンチブルドッグのほうが、大きめで顔つきもしっかりとしています。

また、仔犬時代特有のやんちゃさが落ち着くのは、メスに比べてやや遅い傾向があるようです。

オスは1歳ぐらい(成犬)からマーキングをするようになります。
マーキングとは縄張り意識からくるもので「ここはオレの縄張りなんだぞ!」という主張のために行う行為で、片足をあげておしっこで匂い付けをするというものです。

2.メス

比べてメスのフレンチブルドッグはやや小さめで、やわらかい顔つき、おっとりとした性格です。

メスはマーキングがないためおしっこをするときはしゃがんで行います。

またメスは妊娠・出産のための人間同様の生理があるため、それを望まないのであれば避妊手術を行うことになります。
この差で飼う時の性別を検討してみてはいかがでしょうか。

こっちを見つめるフレンチブルドッグ

4)種類の違い・・フレンチブルドッグの2つのタイプ

フレンチブルドッグには、当初コウモリのような大きな立ち耳の「バッド・イア(こうもり・耳)」と、パグやブルドッグに見られる耳が後方に巻き込まれた「ローズイヤー」があり、アメリカでも論争になったほどです。

しかし、アメリカン・ドッグがアメリカで設立されてからは、正式なフレンチブルドッグは「バッド・イア(こうもり・耳)」である、となっていきました。

そのため現在のフレンチブルドッグは「バッド・イア(こうもり・耳)」が主流となっています。

顔を出したフレンチブルドッグ

5)フレンチブルドッグの飼育に向いている人のポイント

1.いつでもそばに入れる人

フレンチブルドッグは、その性格から外飼いよりも室内飼いが向いています。

そのため、いつもそばにいられて相手ができる器量のある人に向いた犬種です。

2.スキンシップが取れる人

またデリケートな体質ゆえに、マメにスキンシップがとれて面倒見がよい人であれば、体調の変化を見逃しませんからフレンチブルドッグの健康管理がきちんと行えます。

このようなタイプの人であれば、フレンチブルドッグと仲良く過ごせる最高の飼い主でありパートナーとなることでしょう。

French bulldog on the beach of Baltic sea

6)飼育のコツ!しつけの2つの重要ポイント

フレンチブルドッグは「人懐こくて甘えん坊!家族を喜ばせることが大好きで遊び好き!学習能力が高く記憶力がいい!」とご紹介しましたが、初対面の人には打ち解けにくいという性質を持ち合わせています。

1.距離を少しずつ縮めたスキンシップを

そのため、いきなり馴れ馴れしく接すれば拒絶反応を起こしやすくなります。つまり嫌われて敵意が生まれてしまいます。これを避けるためにも、距離を少しずつ縮めていくやり方でスキンシップをとっていきましょう。慣れてきたらトイレの場所を覚えさせるトイレトレーニングからはじめ、散歩、いたずらをさせないなど人と暮らすためのルールを教えていきます。

2.飼い主が主導権をしっかりと握る

どの犬にも共通することでもありますが、そこで大事なのは飼い主がリーダーだと認識させることです。

かわいいからと犬の言いなりになってしまえば、犬は自分がリーダーだと錯覚して飼い主を下に見てしまい、命令を聞かなくなってしまいます。注意しましょう。

タキシードのフレンチブルドッグ

7)健康に注意!フレンチブルドッグに多い2種類の病気

1.膿皮症

膿皮症(のうひしょう)とは、皮膚が湿って膿んでしまっているような状態です。

梅雨の時期に起こりやすい皮膚病で、フレンチブルドッグは特に多いと言われています。

もしなってしまった時は、マラセブシャンプーなどの薬用シャンプーで患部だけ洗ってあげたり、人間用の消毒液をコットンに含ませてパタパタと叩いて消毒してあげると治りが早いです。

最近は犬専用の化粧水など、便利アイテムがありますので、そういったものを上手に使って清潔にしてあげてください。

最新の特許技術が使われた犬用の化粧水はこちら

2.熱中症

先程フレンチブルドッグは寒さに弱いとお話しましたが、じつは暑さにも弱い犬種です。

短頭種(鼻が短い犬種)は暑さに弱いので、人間がちょうどよい温度でも犬にとっては暑い時があります。

ハァハァ言っていたり、暑そうにしていたら、温度か湿度を下げると楽にしてあげられるので試してみましょう。

犬の熱中症に注意!熱中症の症状や対策、治療について

3.鼻腔狭窄症(びくうきょうさくしょう)

鼻腔狭窄症 びくうきょうさくしょうは、気道がせまくなってしまい呼吸がしにくくなる病気です。

フレンチブルドッグのような鼻が潰れた短頭種は鼻腔の構造上、もともと気道がせまくこの病気になりやすい傾向があります。

先天性の遺伝でなることがほとんどなので、フレンチブルドッグのイビキが常にうるさかったり、ちょっとした運動でも呼吸が乱れる場合は、この病気の可能性があります。

4.膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)

膝蓋骨脱臼 しつがいこつだっきゅうは小型犬に多い病気で、ひざひじの関節が緩くてはずれやすくなります。

関節に無理な負荷をかけないよう、しっかり運動をさせて関節周りに筋肉をつけることが必要です。

また定期的な検査をするのも大切です。

8)フレンチブルドッグにオススメのペット保険

フレンチブルドッグは、短頭種に多い病気にかかる可能性があるので、できればペット保険に入っておきたいところです。

ただ、フレンチブルドッグのペット保険選びには『安さ』以外に重視したい点があります。

フレンチブルドッグがかかりやすい病気に「膝蓋骨脱臼」がありますが、多くのペット保険では膝蓋骨脱臼は保険の対象外なんです。

膝蓋骨脱臼になりやすいのに、保険の対象外では保険に入る意味がありません。

そこでオススメなのが『PS保険』です。

ペットサポートのPS保険

『PS保険』では膝蓋骨脱臼がしっかり保険対象!

しかも他の保険のように診断書や血統書、体毛といったものがなくても、インターネットで簡単に申し込めるのもポイントです。

月々の保険料も安いので、『PS保険』が気になった方は公式サイトでぜひ資料をご請求ください。

PS保険の公式サイトはこちら  

業界最安クラスの保険料の「PS保険」口コミ評判まとめ

9)要注意!飼育する場合に特に気をつけること

1.室内飼い

フレンチブルドッグは室内飼いになるため、こまめな部屋の掃除が必要になります。

誤飲も危険ですし、犬の害になる薬品の使用は避けましょう。

2.食事は計画的に

フレンチブルドッグは食欲がとても旺盛で、無計画に与えると必要以上に食べてしまいます。
1日の食事量をきちっと守って与えるようにしましょう。

3.しっかりとした管理

フレンチブルドッグは体格の問題があるため、極端な高低のある場所に行かせないようにしてください。
また、暑い夏の昼間の散歩をしない、熱中症や寒さ対策を行うなど、しっかりとした管理を行うようにしましょう。

4.体のメンテナンス

フレンチブルドッグの鼻の周りにあるしわは細菌が繁殖しやすいです。
食事を終えたら鼻の周り、そして顔全体を綺麗に拭きとって清潔に保ってあげましょう。

黒と白のフレンチブルドッグ

10)フレンチブルドッグにおすすめのフード

フレンチブルドッグにおすすめのドッグフードは「モグワン」です。

動物性のタンパク質が50%も含まれていて、フレンチブルドッグのように被毛の多い犬種にぴったり。栄養価が高いのでフレンチブルドッグの毛艶が良くなります。

値段は少し高いですが、安いドッグフードのような合成添加物も使っていないので、安心して食べさせてあげることができます。

それに高タンパク質のわりにカロリーが低いので、肥満のコントロールがしやすいところもオススメの理由です。

モグワンの画像

原材料は、人間が食べても大丈夫な高品質のものを使っていて、原材料の品質、栄養バランスともに最高クラスですよ。

(安いフードは人間の食品では禁止された添加物や材料が使われていて、病気の原因となります。)

モグワンは量販店やAmazon・楽天には売っていないので、公式サイトから購入してください。

『モグワン』の公式サイト  

獣医師も推薦する!モグワンドッグフードの口コミ評判まとめ

11)フレンチブルドッグを飼う魅力

フレンチブルドッグを家族に迎えれば、愛嬌のある顔つきや愛らしい行動は見ているだけで毎日楽しく、疲れやイライラも癒されていきます。

フレンチブルドッグという小さな子供、そしてパートナーとの生活は、これまで以上に発見があり、潤いのあるものになることでしょう。

ご自身に合った子を見つけられると良いですね。



今回のまとめ

1)フレンチブルドッグの紹介

2)フレンチブルドッグの性格の3大特徴

3)違いはあるの?オスとメスでの性格の違い

4)種類の違い・・フレンチブルドッグの2つのタイプ

5)どんな人が向いてる?飼育に向いている人のポイント

6)飼育のコツ!しつけの2つの重要ポイント

7)要注意!飼育する場合に特に気をつけること

このページに関連する記事


こちらのページでは、当サイト「ペットナビ」で紹介している犬の「しつけ」や「悩み」「病気」に関する記事をまとめています。 また、犬種別のしつけや性格の記事もありますので、気にな