散歩中の2匹のフレンチブルドック

CMなどで人気のフレンチブルドッグは、大きな立ち耳で愛嬌のある顔と小柄な体が特徴です。その風貌からたいへん人気も高く、飼育するオーナーさんも増えています。ここでは飼育を考える方に向けて、性格・飼育法・多い病気などについてお伝えしします。






フレンチブルドッグの性格の3大特徴!しつけのコツとは


1)フレンチブルドッグの紹介

(1) 原産地

筋肉隆々で引き締った体のブルドッグの仲間であるフレンチブルドッグは、ブルドッグの故郷・イギリスではなく、フランス原産です。

(2) 平均体高・平均体重

元のブルドッグと比べるとフレンチブルドッグは、オス・メス共に平均体高約28~33センチ、平均体重は約13㎏とたいへん小柄な犬種です。

(3) 簡潔な歴史・名前のルーツ

フレンチブルドッグは、19世紀イギリスで闘犬として闘っていたブルドッグがルーツ。ブルドッグの闘犬が法律で規制となると、職を失ったレース職人たちがその中の体重11㎏以下の小型ブルドッグを連れてフランスに移住したと言われています。

ブルドッグの闘犬としての荒い性格では家庭犬には向かないため、小型のパグやテリアとの交配が行われ「ブルドッグ・フランセ(フレンチ・ブルドッグ)」と名付けられました。イギリスではコウモリのような大きな立ち耳の「バッド・イア(こうもり・耳)」が不評でしたが、フランスの女性には好評で、19世紀後半には上流階級家庭で飼育されるほど大人気となりました。

この頃にフランスに来訪していたアメリカ人がフレンチブルドッグを気に入って持ち帰り繁殖が行われました。フレンチブルドッグの耳の形論争が盛んとなり、そのころにアメリカン・ドッグが設立され、1898年にフレンチブルドッグのショーが開催されるとアメリカ中にブームが起こりました。

1913年にはショードッグとなり、フランス同様にアメリカでも上流階級家庭で飼育がされるようになったのです。日本には大正時代に紹介されると昭和初期にかけて人気となりました。その後2000年代に入ってから再び人気犬種として飼育するオーナーさんが増えています。

(4) 気をつける病気

フレンチブルドッグは、皮膚にシワが寄り鼻(マズル)の高さがなく口が大きいため、鼻腔狹窄(びくうきょうさく)や口蓋裂といった呼吸に影響のある病、体格と足の関係からくる股関節形成不全や膝蓋骨脱臼、また眼瞼内反症、白内障といった目の病や、まれに聴覚障害が発症することもあります。

特に暑い夏場は、体高が低く鼻が短いフレンチブルドッグは呼吸も精いっぱいで、下からの熱をもろに受けやすく熱中症にもたいへんな注意が必要となります。また寒さにも敏感なので寒さにも注意が必要です。

(5) 平均寿命 

人間と同様に犬も長生きとなってきましたが、残念ながら人間よりも寿命は短くフンチブルドッグは平均寿命が9~11歳と言われています。しかし、あくまでも平均寿命ですので、健康管理をしっかりと行って愛情深く接していけばもっと長く生きることも可能でしょう。

2)フレンチブルドッグの性格の3大特徴

フレンチブルドッグは、その愛くるしい風貌だけではなく、多くの人に愛される性格を持っています。

(1)人懐こくて甘えん坊

(2)家族を喜ばせることが大好きで遊び好き

(3)学習能力が高く記憶力がいい

という3つが特徴的でしょう。家族が寝ていればそばに来て添い寝したり、抱っこされることを望んだり、といった具合です。この性格は闘犬だった気性の荒いブルドッグから家庭犬として改良のために行われた、パグやテリアとの交配によって受け継いだ気質からきているのでしょう。明るく陽気で愛情深いフレンチブルドッグ。どこかから「このくらいが丁度いい」という声が聞こえてきそうです。

child little girl with glasses reading a books

3)違いはあるの?オスとメスでの性格の違い

このように愛されるフレンチブルドッグですが、オスとメスでは性格に違いがあるのでしょうか。これについては個体差や育った環境によるものが大きいようです。体格ではオスの男の子の方が大きめで顔つきもしっかりとしていますが、仔犬時代特有のやんちゃさが落ち着くのは女の子に比べてやや遅い傾向があるようです。

比べてメスである女の子はやや小さめでやわらかい顔つき、おっとりとした性格であるようです。オスである男の子は1歳ぐらい(成犬)からマーキングをするようになります。マーキングとは縄張り意識からくるもので「ここはオレの縄張りなんだぞ!」という主張のために行う行為で、片足をあげておしっこで匂い付けをするというものです。

メスである女の子はマーキングがないためおしっこをするときはしゃがんで行います。またメスである女の子は妊娠・出産のための人間同様の生理があるため、それを望まないのであれば避妊手術を行うことになります。この差で飼う時の性別を検討してみてはいかがでしょうか。

4)種類の違い・・フレンチブルドッグの2つのタイプ

フレンチブルドッグには、当初コウモリのような大きな立ち耳の「バッド・イア(こうもり・耳)」と、パグやブルドッグに見られる耳が後方に巻き込まれた「ローズイヤー」があり、アメリカでも論争になったほどです。

しかし、アメリカン・ドッグがアメリカで設立されてからは、正式なフレンチブルドッグは「バッド・イア(こうもり・耳)」である、となっていきました。そのため現在のフレンチブルドッグは「バッド・イア(こうもり・耳)」が主流となっています。

5)どんな人が向いてる?飼育に向いている人のポイント

フレンチブルドッグは、その性格から外飼いよりも室内飼いが向いています。そのため、いつもそばにいられて相手ができる器量のある人に向いた犬種です。

またデリケートな体質ゆえに、マメにスキンシップがとれて面倒見がよい人であれば、体調の変化を見逃しませんからフレンチブルドッグの健康管理がきちんと行えます。このようなタイプの人であれば、フレンチブルドッグと仲良く過ごせる最高の飼い主でありパートナーとなることでしょう。

French bulldog on the beach of Baltic sea

6)飼育のコツ!しつけの2つの重要ポイント

フレンチブルドッグは「人懐こくて甘えん坊!家族を喜ばせることが大好きで遊び好き!学習能力が高く記憶力がいい!」とご紹介しましたが、初対面の人には打ち解けにくいという性質を持ち合わせています。

(1)距離を少しずつ縮めたスキンシップを

そのため、いきなり馴れ馴れしく接すれば拒絶反応を起こしやすくなります。つまり嫌われて敵意が生まれてしまいます。これを避けるためにも、距離を少しずつ縮めていくやり方でスキンシップをとっていきましょう。慣れてきたらトイレの場所を覚えさせるトイレトレーニングからはじめ、散歩、いたずらをさせないなど人と暮らすためのルールを教えていきます。

(2)飼い主が主導権をしっかりと握る

どの犬にも共通することでもありますが、そこで大事なのは飼い主がリーダーだと認識させることです。かわいいからと犬の言いなりになってしまえば、犬は自分がリーダーだと錯覚して飼い主を下に見てしまい、命令を聞かなくなってしまいます。注意しましょう。

7)要注意!飼育する場合に特に気をつけること

まず室内飼いになるため、こまめな部屋の掃除が必要になります。犬の害になる薬品の使用は避けましょう。フレンチブルドッグは食欲がとても旺盛です。1日の食事量をきちっと守って与えましょう。体格の問題もあるため、極端な高低のある場所に行かせない、暑い夏の昼間の散歩をしない、熱中症や寒さ対策を行う、力が強いためリードを短くして持ち短時間の散歩、小さな子のそばに行かせない、顔のシワの間を拭くなど体のメンテナンスをしてあげる、といったことに気をつけてあげましょう。

フレンチブルドッグを家族に迎えれば、愛嬌のある顔つきや愛らしい行動は見ているだけで毎日楽しく、疲れやイライラも癒されていきます。パートナーであり、小さな子供との生活は、これまで以上に発見があり潤いのあるものになることでしょう。ご自身に合った子を見つけられる良いですね。






今回のまとめ

1)フレンチブルドッグの紹介

2)フレンチブルドッグの性格の3大特徴

3)違いはあるの?オスとメスでの性格の違い

4)種類の違い・・フレンチブルドッグの2つのタイプ

5)どんな人が向いてる?飼育に向いている人のポイント

6)飼育のコツ!しつけの2つの重要ポイント

7)要注意!飼育する場合に特に気をつけること