手の上に乗るハリネズミ

ハリネズミは、ペットとしての歴史が浅く、わからない点が多くあります。針でおおわれた背中やボールのようにまるまるなど外観や行動はとてもユニークです。

今回はハリネズミの寿命について、また健康寿命のポイントについてお伝えします。






ハリネズミの寿命解説!健康の5つのポイント

1)ハリネズミの種類

1.ハリネズミ属

・ナミハリネズミ

頭胴長23~28cm、尾長1.5~3cm、体重400~1200gで西ヨーロッパおよび中央ヨーロッパに生息しています。

・マンシュウヘリンズミ

頭胴長20~30cm、中国、朝鮮半島に生息しています。

2.アフリカハリネズミ属

・ヨツユビハリネズミ

頭胴長18~22cm、尾長2~2.5cm、体重300~500gでアフリカに広く生息しています。ピグミーヘッジホッグと呼ばれることもあります。

現在飼育されているハリネズミの多くは、このヨツユビハリネズミです。

・ケープハリネズミ

頭胴長15~20cm、体重155~555gで南アフリカ、西ジンバブエ、レントのの一部に生息しています。外観上の特徴として額を横切り、肩口や腕までに及ぶ白のラインがあります。

3.オオミミハリネズミ類

・オオミニハリネズミ

頭胴長17~30cm、尾長1.5~5.5cm、体重240~500g地中海東岸からアジア南西部、南は、西パキスタン、東ウクライナからモンゴル、中国にかけての半砂漠、乾燥した草原、標高2500mまでの低山のステップ地域に生息します。

ほかのハリネズミより耳が大きくて長く、他のハリネズミと違い、頭頂部に針の分け目がありません。

4.インドハリネズミ類

・エチオピアハリネズミ

頭胴長140~230cm、体重400~700g、アラビア半島のほぼ全域に生息しています。

・インドハリネズミ

頭胴長14~23cm、尾長1~4cm、体重300~5600g、パキスタンと北西インドに生息する南アジア固有の種類です。

現状では、ヨツユビハリネズミ以外は、生態系に被害を及ぼす疑いのある未判定外来生物と指定されています。そのため輸入する場合は、届け出が必要です。

2)ハリネズミの平均寿命

ハリネズミの雄は、生後6~8カ月、雌は、2~6カ月ほどで性成熟して大人になります。繁殖させることを考える場合は、1歳半までに出産を経験させておかないと難産になる可能性が高まります。

平均的な寿命は4~6歳と言われています。しかし8~10歳生きる場合もあります。

ハリネズミ

3)ハリネズミの寿命が短い場合の10の原因

毎日の世話と健康チェックでハリネズミの病気の早期発見、早期治療が重要です。健康チェック項目は次のようなものがあります。

1.食欲はありますか

2.排泄物の状態に変化はありますか

3.行動に変化はありますか

4.皮膚や被毛、針、爪の状態に変わりはないですか

5.目はいきいきとしていますか

6.呼吸の状態に変化はありませんか

7.しこりや腫れはありませんか

8.目や鼻に分泌物や汚れはありませんか

9.体重の変化はありませんか

10.何かいつもと違いことはありませんか

このような健康チェックを行い記録をつけつことにより軽い状態で病気を知ることができ早期治療が可能となり寿命が延びることになります。

なおハリネズミに多い病気は、ダニ症、腫瘍、歯周病、肥満があります。

4)寿命が長い・短いハリネズミの決定的な5つのポイント

長く健康にハリネズミを飼育するには、健康な個体を選び、ハリネズミの生態である夜行性や食虫性を理解し適切な飼育方法をすることにが重要となります。

1.ハリネズミの生体習性を理解する

2.適切な環境を作る

3.適切な食事を与える

4.毎日、食事の食べ方や排泄などの健康チェックを行う

5.あらかじめ診察可能が動物病院を探しておいて、気になることがあるときは、動物病院で診察を受ける

5)寿命が長そうなハリネズミの選び方の10のポイント

次のようなチェックポイントがあります。

1.目:目ヤニがなく、しょぼしょぼさせず、腫れや傷がない。

2.鼻:風邪のような症状がなく、少し湿っている。

3.耳:傷がなく、汚れていない。

4.歯:欠けてなく、そろっている

5.四肢:傷がなく指爪がそろっている。

6.針・被毛・皮膚:抜け代わり以外で針が抜けておらず、傷やフケがなく、かゆがっていない。

7.腹部:皮膚に荒れがなく、肛門や生殖器に汚れがない

8.体重:手に持ったときずっしり感がある。

9.便:下痢をしていない。

10.行動:ふらつきがなく、元気で好奇心がある。

Closeup on medical doctor woman explaining something

6)健康寿命を延ばす食事のポイント

ハリネズミは、自然界では、昆虫類などの動物を食べています。そのため動物性たんぱく質を充分に含む食べ物を主食とする必要があります。

主食として市販のハリネズミ専用フードとし、副食として昆虫類などの動物質の食材を与えてください。

1.ハリネズミ専用フード

動物性の材料が多く含まれているものを選びます。タンパク質30~50%、脂肪分は、10~20%以下が目安となります。できれb繊維質が5%程度含まれるとよりいいです。

2.副食(動物性食材)

主食以外のできるだけ多くの食材を与えます。肉類として鶏のささみ肉、レバーやハツを細かく刻んで与えます。生食用であっても軽くゆでて与えます。

チーズとして高たんぱく、低脂肪カッテージチーズを与えます。鶏卵やウズラの卵はゆでて与えます。ペット用のミルクも与えます。

栄養価が高く消化がいいヤギミルクがお勧めです。ハリネズミ用フード以外では、キャット用低脂肪フードも適しています。

3.副食(昆虫類)

ミルワーム、コオロギなど市販されている生き餌を与えます。栄養的にも重要ですが、本来食べている昆虫類をたべることによって精神的な満足感もえることができます。

4.副食(野菜、果物)

野菜としては、ニンジン、サツマイモ、キャベツ、小松菜を細かく刻んでゆでて与えます。果物としてリンゴ、バナナなどを刻んで与えます。

果物については、肥満防止のため与え過ぎないことが重要です。

7)ハリネズミの健康寿命を延ばす為にできる予防ポイント

年齢に応じた健康管理を行うことによって寿命を延ばすことができます。

若いときの健康チェック

1.幼いときは、食事や温度管理を入念に行います。

2.成長期にはこまめな体重管理を行い肥満を防止します。

3.ストレス軽減のため、人や環境に慣れさせる。

高齢のときの健康チェック

1.温度管理を行い、穏やかな環境を整える。

2.食事内容を見直し、食事を残さず食べているかなどを確認し、必要であればふやかしたりする。

3.体調変化を見逃さず、不調な場合は、早めに動物病院の診察を受診します。

ハリネズミがペットとして注目を集めて、多くの人に飼育される様になったのはごく最近のことです。その生態はまだまだ知られていないことが多くあります。

つぶらな瞳や愛くるしい表情に癒されることもあるかと思います。愛情を一杯注ぎ、責任を持って飼育していただきたいと思います。






今回のまとめ

1)ハリネズミの種類

2)ハリネズミの平均寿命とは

3)ハリネズミの寿命が短い場合の原因

4)寿命が長いハリネズミと短いハリネズミの決定的な5つのポイント

5)寿命が長そうなハリネズミの選び方の10つのポイント

6)健康寿命を延ばす食事のポイント

7)ハリネズミの健康寿命を延ばす為にできる予防ポイント