ヘラクレスヘラクレス

ヘラクレスヘラクレスはその巨大な姿は男の子のあこがれで、図鑑やゲームで見て知っている方も多いのでは無いでしょうか。正に甲虫の王様とも言えるような大きさと姿をしています。そんなヘラクレスヘラクレスを飼育する際の注意点を知っておきましょう。






ヘラクレスヘラクレスの飼育方法!給餌・病気・注意点とは


1)ヘラクレスヘラクレスの紹介

(1)ヘラクレスヘラクレスとは

ヘラクレスヘラクレスは、世界最大の甲虫類です。オスの成虫には長く直線的な頭角と胸角が伸び、その長さは体調とほぼ同じ長さに達する場合もあります。メスには角がありません。前翅は黄褐色を帯びているという特徴もあります。

(2)原産地・平均体高・平均体重

ヘラクレスヘラクレスの原産地はカリブ海のグアドループ島西部のバステール島とドミニカ島沿岸です。オスの平均体長は46ミリメートルから180ミリメートルくらい、平均体重は50グラム前後になります。メスは50ミリメートルから80ミリメートルくらい、平均体重は40グラム前後です。

(3)簡潔な歴史・名前のルーツ

グアドループ島が原産ですが、この島のヘラクレスヘラクレスは2006年に保護生物に指定されたため、採取や島外への持ち出しが禁止されました。そのため現在購入できるヘラクレスヘラクレスは繁殖で増やされたものになります。以前は品薄で入手困難でしたが、最近は比較的流通量が増えてきました。ヘラクレスヘラクレスの名前は、その大きな体からイメージしてギリシャ神話のヘラクレスに由来して付けられました。

(4)平均寿命 

ヘラクレスヘラクレスの平均寿命はおおよそ1年前後です。上手に飼えば1年半くらいまで生きることもあります。

2)種類の違いはあるの?主な3つの種類と特徴とは

(1)ヘラクレスヘラクレス

ヘラクレスヘラクレスは、最も大型の種類です。オスの頭角の先端は湾曲し、先端は尖っています。非常に長い胸角を持っています。

(2)リッキー

リッキーはヘラクレスヘラクレスの亜種で、南アメリカ大陸の北東部に生息します。長い頭角の先端は板状になっています。

(3)エクアトリアヌス

エクアトリアヌスは南アメリカ大陸のアンデス山脈東部からアマゾン川上中流域に生息する亜種です。頭角は細くあまり湾曲しないという特徴があります。

3)こんな人に向いている!飼育に適している人とは?

ヘラクレスヘラクレスは比較的高価です。そのため、十分に予算に余裕を持ちながら飼育できる人が向いています。万が一飼育に失敗しても、ショックを受けない程度の予算を準備するようにしましょう。

4)お金の面は?飼育する場合の初期費用と方法

ヘラクレスヘラクレスは昆虫を取り扱っているペットショップで購入できますが、他にもヘラクレスヘラクレスのブリーダーから購入するという方法もあります。ヘラクレスヘラクレスのオスのの成虫は120ミリメートルくらいのサイズで1匹12000円前後、160ミリメートルを超える大型のサイズになると1匹10万円を超える値段が付きます。

メスは1匹5000円から7000円で販売されます。幼虫の場合は1匹700円から1000円程度ですが、成虫になるまでヘラクレスヘラクレスであるかどうか区別が付きづらいため、信頼の置けるところで購入しましょう。

happy family mother child little girl reading  book

5)グッズを整えよう!飼育に必要な4つのグッズ

(1)飼育ケース

成虫を飼育する場合、110センチサイズの飼育ケースを用意してください。窮屈な飼育ケースはヘラクレスヘラクレスのストレスになり、寿命を縮めてしまいます。

(2)マット

飼育ケースには1/3程度の厚さにマットを敷き詰めます。マットはあまり湿度が高すぎるとカビが生えたり衛生的に良くないため、若干乾燥気味の状態を保つようにしましょう。また排泄物が溜まると不衛生になってしまうため、こまめに取り除いてください。

(3)止まり木

飼育ケースには止まり木を設置します。止まり木はヘラクレスヘラクレスがひっくり返ってしまった時などの手がかりにもなります。

(4)幼虫用マット

幼虫を飼育する時には幼虫の大きさに合わせた飼育ケースにカブトムシ専用マットを敷いて飼育します。26度前後の温度を維持して飼育するようにしましょう。

6)給餌方法の紹介!主な2種類の餌とその方法

(1)カブトムシ用ゼリー

成虫には餌としてカブトムシ用ゼリーを与えます。ヘラクレスヘラクレスは食欲旺盛であるため、大きめのゼリーを与え餌切れに注意してください。

(3)幼虫用マット

幼虫は飼育用のカブトムシ専用マットがそのまま餌になります。2ヶ月から3ヶ月経ち古くなったマットは、新しい物に交換してください。

7)要注意!ヘラクレスヘラクレスに多い2種類の病気とは

(1)ブヨブヨ病

ブヨブヨ病は幼虫がかかる病気です。この病気にかかった幼虫の体は半透明になり、死んでしまいます。古いマットを使い続けたり、加湿をし過ぎたりと飼育環境が悪化することが原因です。予防のためにマットは3ヶ月程度で交換するようにします。

(2)衰弱

ヘラクレスヘラクレスは比較的丈夫な種類ですが衰弱で死んでしまうことがあります。衰弱の原因の多くはダニの発生です。ダニの繁殖を防ぐには、飼育環境を衛生的に保つ必要があります。古い餌が放置されていないか、加湿をし過ぎていないか注意してください。

8)要チェック!飼育で特に注意すること

ヘラクレスヘラクレスを元気な状態で長く飼育するには温度管理に気を付けるようにしましょう。飼育環境は幼虫の場合も成虫の場合も26度前後の温度を保つようにします。特に真夏は温度が高くなりすぎるため、クーラーで質問を適切に保つようにしてください。

※ヘラクレスヘラクレスは甲虫の王様と言えるほどの大きさと強そうな姿をしており、そのかっこいい姿が飼育する魅力です。






今回のまとめ

1)ヘラクレスヘラクレスの紹介

2)種類の違いはあるの?主な3つの種類と特徴とは

3)こんな人に向いている!飼育に適している人とは?

4)お金の面は?飼育する場合の初期費用と方法

5)グッズを整えよう!飼育に必要な4つのグッズ

6)給餌方法の紹介!主な2種類の餌とその方法

7)要注意!ヘラクレスヘラクレスに多い2種類の病気とは

8)要チェック!飼育で特に注意すること