犬の虫歯を確認する

「犬でも虫歯になるの?」そんな疑問を持つ人もいるかと思います。たしかに昔は「犬は虫歯にならない」「歯磨きの必要がない」といわれていましたが、それもいまや都市伝説。犬の歯疾患のうち、5~6%を占める犬の虫歯。

今回はそんな犬の虫歯の症状や治療法をチェックしましょう。



犬の虫歯の4大原因!症状・対処・治療法とは

1)犬が虫歯かどうかの2つのチェック項目

まずは犬が虫歯になっているかどうかの2つのチェック項目をご紹介します。

1. 口臭

本来、犬に口臭はありません。口が臭う場合は、虫歯を含め口内 こうないの病気の可能性があります。

2. 色

犬の歯はきれいな白が基本です。
しかし、あなたの家の犬が黄色や茶色、黒色をしているのなら、歯垢 しこう歯石 しせきまっている状態なので注意が必要です。

色が変わっている部分は虫歯によってもろいので、穴があいてしまうのです。

2)犬の虫歯の3つの代表的症状

それでは次は虫歯の代表的な3つの症状をご紹介します。

1. 歯に穴があく

犬の虫歯には、歯の表面に小さなくぼみができる小窩裂溝齲蝕 しょうかれっこううっしょく、歯の横側にある平たい部分にできる平割面齲蝕 ひらわりめんうっしょく、歯の根っこにできる後面齲蝕 こうめんうっしょくの3種類あります。

2. 食事が遅くなる

犬も虫歯の痛みは人間と同じです。
食べ物や水が染みるため、食事を嫌がったり、食べるのが遅くなったりします。

3. 食事中に頭を振る

食事をしている最中に痛みを感じると、嫌がる声をだしたり頭を振ることがあります。

3)犬の虫歯の5大原因とは?

次は犬の虫歯について、大きく分けて5つの原因を紹介します。

1. 食事

もともと虫歯になりにくい犬に虫歯ができる原因の多くが、人間と同じように、甘いものや歯に詰まりやすいものを食べていることが原因です。

また、ドライフードよりウェットフードのように柔らかい食べ物も、虫歯の原因になる歯垢を作りやすいので注意が必要です。

2. 歯磨きをしていない

ドッグフードを食べている現代の犬は、口内の汚れを除去しないと虫歯の原因である歯垢や歯石が溜まっていく一方になります。

3. 歯周病にかかっている

老犬であれば80%がかかっているといわれる歯周病。歯周病で歯茎と歯の隙間ができてしまったりすると歯垢が溜まりやすくなるので汚れを落としにくく、虫歯にもつながります。

4. 歯が折れている

傷ついたり折れた歯の隙間から細菌が入ってしまうと、歯の神経が炎症して歯髄炎 しずいえんになり、そこから虫歯に発展してしまう事があります。

5. 小型犬

犬種によって虫歯になりやすいというのはないのですが、やはり口が小さく歯磨きがしにくい小型犬のほうが虫歯になりやすい傾向があります。

Veterinarian checking teeth of Maltese dog

4)犬の虫歯への2つの対処方法

1. 病院へ連れていく

歯の病気に関して家庭内のケアだけではどうにもなりません。
また、自宅のケアで症状がよくなるということもありませんので、病院へ早めに連れていくようにしましょう。

2. 専門か虫歯治療できる病院を探す

じつは動物病院は、全体的な治療を見るところであり、歯の病気について専門的知識や技術があるわけではありません。
むしろ、きちんと虫歯治療できる動物病院は少ないのです。

ですから、犬猫の歯科治療を専門に行っている近くの病院を事前にチェックしておきましょう。

5)犬の虫歯にすべき2つの検査方法

1. 歯科用レントゲン

通常のレントゲンの撮影よりも小さく撮影できるレントゲンで、顎骨、歯の形、歯根部分が重なることなく撮影できます。
それにより虫歯がどこまで進行しているのかチェックできます。

費用は平均4000円ほどかかります。

2. 血液検査

歯を治療するためには、犬がじっとしていなくてはいけないため、基本的には全身麻酔をかけます。
ですから、麻酔をしても大丈夫かどうかを判断するために、先に血液検査を行います。

だいたい費用は3000円ぐらいです。

6)犬の虫歯が続く場合にすべき3つの治療方法

1. 虫歯の部分を削って埋める

虫歯を削って埋めるのは初期段階に行われる治療です。
基本的には全身麻酔を含めるため、費用は30000円ほどかかります。
全身麻酔をしない場合には10000円以下になることもあります。

2. 神経を抜く

虫歯が表面だけでなく神経にまで届いているときには、歯の神経「歯髄 しずい」を除去します。
抜髄治療 ばつずいちりょうはとても高度な技術が要るため、費用も高く平均で50000円ほどかかります。

3. 抜歯

虫歯の症状が重症化して、歯冠部が削られている場合には抜歯します。
1本5000~10000円の費用が掛かります。

Vtrinaire et chien

7)犬の虫歯へ日常からできる5つの予防ポイント

1. 歯磨きを習慣化する

歯垢のもとになる菌膜が歯垢になるまでには24時間かかります。
つまり、歯垢になる前に歯磨きをすることで口内を清潔に保てるわけです。

なお、人間の歯磨き粉に入っているキシリトールは犬にとって有害なので、絶対に使わずにやわらかい布や歯ブラシで1日1回磨いてあげるとよいでしょう。

ちなみに、歯垢が2~3日経つと歯石になります。

2. 口移しをしない

人間の構内にある虫歯菌 むしばきんは、犬にも移ります。
ですから、犬に対してキスしたりするのも、できるだけやめましょう。

3. デンタルガムをあげる

あなたの犬が歯磨きが苦手であれば、デンタルグッズを使うのもポイントです。
たとえば、デンタルボーンやデンタルロープなどの硬すぎないもので遊ばせることで、唾液がたくさん出て口内をきれいにしてくれます。

4. 年に1回は病院へ

病院で歯と歯肉のチェックをレントゲンでしてもらいましょう。

5 .虫歯菌を減らす

犬の虫歯の原因である虫歯菌や歯周病菌を減らすことができれば、虫歯は予防できます。

人間が口移しをしないことで予防できますが、すでに虫歯菌がいる場合は、歯磨きをつづけることで虫歯菌を減らすことができます。

ただ、犬によっては歯磨きを嫌がり、なかなか歯磨きができない犬もいます。

そんな犬にオススメなのが、虫歯菌を減らすことができる犬用サプリです。
虫歯菌を抑制する乳酸菌を配合することにより、虫歯菌や歯周病菌をやつけることで、虫歯になるのを防ぐことができるのです。

獣医師が認めた虫歯菌を減らすサプリがありますので、ご紹介しておきます。

獣医師がオススメする犬用の虫歯予防サプリはこちら⇒



今回のまとめ

1)犬の口の中の歯の色や口臭で虫歯かどうかをチェックしましょう。

2)虫歯になると、歯に穴があき、痛みから食事が遅くなることもあります。

3)犬が虫歯になる原因は、歯磨き不足や食事、歯周病になっているかどうかなどがあります。

4)犬の虫歯がわかったら専門病院を探し連れていきましょう。

5)虫歯の治療をするために血液検査と、レントゲンが必要です。

6)虫歯の治療は初期であれば患部を削り埋めるのですが、進行するにしたがって歯の神経を抜いたり、最終的には抜歯することがあります。

7)普段から歯磨きを習慣化して、愛犬を虫歯から守り予防しましょう。