服を着たイタグレ

イタリアン・グレーハウンドは、まるくて可愛い目に、すらりとした体型、優れた運動能力が特徴的な小型犬で、世界的に人気の犬種です。

今回はそんなイタリアン・グレーハウンドの性格としつけのコツについて紹介します。



イタリアン・グレーハウンド(イタグレ)の性格の3大特徴って?しつけのコツと注意点とは

1)イタリアン・グレーハウンドの紹介

1. イタリアン・グレーハウンドとは

イタリアン・グレーハウンドの原産地はイタリアです。

グレーハウンドを小型化して細身にした犬種で、日本では「イタグレ」という愛称で呼ばれています。

2.平均体高・平均体重

イタリアン・グレーハウンドの平均体高は、オス、メス共に32~38cmです。

平均体重は、オス、メス共に5kgの小型犬です。

3. 名前のルーツ・簡潔な歴史

イタリアン・グレーハウンドの歴史については、古代エジプトでファラオの宮廷に、既に小型のグレーハウンドが存在していました。

また、ルネッサンス時期のイタリアでは、貴族の宮廷で飼われており、有名な絵画の中にも一緒に描かれています。

ちなみに、「イタリアン・グレーハウンド」の名前のルーツもそのイタリアに由来しています。

視覚を使って高速で走って獲物を捕まえる、「視覚ハウンド」のグループにあたります。

4.日本で飼育されている数

日本で飼育されているイタリアン・グレーハウンドの飼育数ですが、血統書を発行しているジャパンケネルクラブの2016年の犬種別犬籍登録頭数を調べてみると2,306頭です。

犬全体の登録数が300,470頭ですから、全ての犬種に占めるイタリアン・グレーハウンドの割合は約0.7%と、どちらかというとマイナーな犬種ですが、国内外に多くの愛好家がいます。

5.気をつける病気

イタリアン・グレーハウンドの飼育の際に、気をつけるべき病気をご紹介します。

・骨折

イタリアン・グレーハウンドは、骨折が多い傾向にあります。

遺伝的なものかどうかは不明ですが、ドッグランや室内でのジャンプの着地などで骨折してしまうことがあります。

また、麻酔に対して弱いことがあるため、手術の際は注意が必要です。

膝蓋骨脱臼 しつがいこつだっきゅう

膝蓋骨(しつがいこつ)とは後ろ足ののお皿のことで、遺伝または外部から大きな力が加わることにより、ヒザのお皿がずれてしまう病気です。発症した場合、外科治療が必要になります。

骨折とあわせて日ごろから気をつけて観察しましょう。

・てんかん

何らかの原因によってけいれん発作を起こす病気です。

手足・顔・全身のけいれん、意識障害、失禁、よだれなどの症状があります。そのような症状があれば、命にかかわることもありますので病院につれていきましょう。

犬のてんかんの4大原因!症状・対処・治療法とは

6.平均寿命

イタリアン・グレーハウンドの平均寿命は12~15年くらいです。

小型犬の中では比較的長い部類になります。

7.ペットショップでの購入価格

イタリアン・グレーハウンドのペットショップでの購入価格は、血統や毛色により幅があり12〜30万円です。

2匹のイタグレ

2)種類の違いはあるの?イタリアン・グレーハウンドの2つのタイプ

イタリアン・グレーハウンドの毛色は、ブラック、グレー、レッド、ブルー、フォーン、シール(やや赤茶色の黒)、イザベラ (ペールイエローのようなベージュ)などがあります。

ジャパンケネルクラブの基準によると、ソリッドと呼ばれる単色が好ましく、ホワイトの模様が入る場合は、胸と足のみ許容されています。

それとは別に、産地によってヨーロッパタイプとアメリカタイプに分かれます。

1. ヨーロッパタイプ

イタリアを始めとするヨーロッパで生まれたタイプです。
アメリカタイプより小柄で、立ち姿は背中のアーチが強く、足と背中が曲がって見えます。

2. アメリカタイプ

ヨーロッパタイプからアメリカに渡った後、アメリカで繁殖されたタイプです。
背中のカーブがほとんどなく、足を伸ばして立っているように見えます。

日本で飼われているイタリアングレーハウンドは、大半がアメリカタイプです。

アメリカンタイプのイタグレ

3)理解してあげよう!イタリアン・グレーハウンドの性格の3大特徴って?

1.愛情深い

イタリアン・グレーハウンドは、とても愛情深い性格をしています。

一緒に遊んだりするのが大好きで、家族に対しても深い愛情を示してくれます。

2.遊び好き

イタリアン・グレーハウンドは、アクティブな遊びが好きな性格です。

運動神経抜群ですので、訓練すればフリスビーや障害物競技などもこなせるようになるでしょう。

3.繊細

イタリアン・グレーハウンドは、繊細で神経質、少し頑固な性格をしています。

周囲の状況に敏感に反応し、ストレスをためやすい傾向にあります。また、警戒心も強く突発的な行動に出ることがあります。

広場で寝転ぶイタグレ

4)性格の違いはあるの?オスとメスでの性格の違い

1.オス

イタリアン・グレーハウンドのオスは、メスに比べてフレンドリーで、愛情深い傾向にあるといわれています。

2.メス

イタリアン・グレーハウンドのメスは、オスに比べて独立心が高いですが、支配的ではなく従順な傾向にあります。

child little girl with glasses reading a books

5)どんな人が向いている?イタリアン・グレーハウンドを飼う人に向いている3つのポイントとは

1.控え目で友好的な犬がほしい

イタリアン・グレーハウンドは、やんちゃで落ち着きがない面もありますが、基本的にはおとなしく、誰に対してもお行儀よくしています。また、無駄吠えも少ない犬種です。

控え目で友好的な犬がほしい人に向いています。

2.温暖な場所に住んでいる

イタリアン・グレーハウンドは、短毛で皮膚が薄く、寒さにとても弱いです。
そのため室内で飼うことが好ましい犬種で、マンションには適しています。

寒い地域や寒暖の差が激しい場所での飼育には、あまり向いていないといえるでしょう。
寒いと散歩に行くのも嫌がります。

3. 手入れが簡単な犬がほしい

短いイタリアン・グレーハウンドの被毛は、比較的手入れが簡単です。

汚れた場合は、濡れたタオルでふき取ってあげましょう。

毎日のようにブラッシングする必要はなく、シャンプーも簡単で、抜け毛も少ないほうです。

猫とイタグレ

6)ここがポイント!イタリアン・グレーハウンドのしつけの3つのコツとは?

1.早くからの社会化

イタリアン・グレーハウンドは、臆病で人見知りな傾向があるため、なるべく早いうちに外に連れだし、他人や他のペットに慣れさせておく必要があります。

生後4ヶ月までに、外部からの刺激や音などに慣れさせることで、ストレスを感じにくくなります。

2.怒鳴らない

しつけをする際に、感情的に怒鳴ったりすることはよくない方法ですが、イタリアン・グレーハウンドは特に敏感なため注意が必要です。

しつけによっては、極端に繊細で臆病な性格になってしまうことがあります。

落ち着いた一貫性のある態度で行ってください。

3.オヤツと優しい態度

イタリアン・グレーハウンドは、明るい気持ちにさせてくれるような態度や、オヤツなどのご褒美がないと、しつけに応じてくれないことがあります。

ご褒美を使って、上手く出来たときには、優しく褒めてあげてください。

シェルティの飼育に関しての注意事項とは?

7)要注意!飼育する場合に特に注意する3つのこと

1.温度調節

イタリアン・グレーハウンドは、寒さに弱く、室内でも暖房と毛布などで温度調節が必要です。フカフカの犬用ベッドに包まれているのが好きなようです。

寒いときの散歩は、服と靴などで防寒する必要があるでしょう。

また、エアコンが強すぎると寒がりますが、極端な暑さもよくないので、夏場の温度調節にも気をつけてください。

2.ストレス

イタリアン・グレーハウンドは活発で、散歩は朝夕2回それぞれ1時間程度が適正といわれています。時々広い場所でも遊ばせましょう。

走るのが速く、ドッグランで追いかけっこなどをして遊ぶのが好きです。運動不足だとストレスがたまってしまいます。

また平和を好むため、家族が喧嘩をしたりするとストレスを感じやすいので注意してください。

3. 怪我

イタリアン・グレーハウンドは、家の中で動き回ってジャンプしたりすることがあります。

骨折などの怪我を防ぐために、危険な場所を囲んであげたり、床にクッション材を敷くなどの対策をしましょう。

外で遊ばせるときも、ドッグランのような走りやすくて、体に負担のかからない場所で遊ばせることが好ましいです。

家の中のイタグレ

8)ペットにする喜び、イタリアン・グレーハウンドを飼う魅力とは

1.スタイリッシュ

寒がりなイタリアン・グレーハウンドは、おそらく犬用の服が必需品になるかと思います。

服を着せるとますますスタイリッシュになり、色々揃えてみたくなるかもしれません。

普段は愛犬に服を着せない派の人でも、季節にあわせてオシャレを楽しんでみてはいかがでしょうか。

2. 独特の魅力

イタリアン・グレーハウンドは、家族と一緒にいるのが大好きで、愛情たっぷりで可愛い性格をしています。

また、居心地の良いベッドで動かないかと思えば、機敏に動き回ったりするような、独特の魅力を持っています。

2匹の服を着たイタグレ



まとめ

1)イタリアン・グレーハウンドの原産地はイギリスで、体高はオスメス共に32~38cm、体重は5kg。

2)イタリアン・グレーハウンドの2種類のタイプは、ヨーロッパタイプとアメリカタイプ。

3)イタリアン・グレーハウンドの性格の3大特徴は、愛情深い、遊び好き、繊細。

4)イタリアン・グレーハウンドのオスとメスでの性格の違いは、オスはフレンドリーで愛情深く、メスは独立心が強く従順な傾向。

5)イタリアン・グレーハウンドを飼う人に向いている3つのポイントは、控え目で友好的な犬がほしい、温暖な場所に住んでいる、手入れが簡単な犬がほしい人。

6)イタリアン・グレーハウンドのしつけの3つの重要ポイントは、早くからの社会化、怒鳴らない、オヤツと優しい態度。

7)イタリアン・グレーハウンドの飼育に関しての3つの注意点は、温度調節、ストレス、怪我。

8)イタリアン・グレーハウンドを飼う魅力とは、スタイリッシュ、独特の魅力。

関連記事

小型犬に関する関連記事