・メディファスの特徴

容量/価格 1.4kg/1,100円(amazon参照)
1kgあたり 786円(税抜)
カロリー 約380kcal/100g
メイン食材 × 穀類(とうもろこし、コーングルテンミール)
原産国 日本
穀物 × とうもろこし、コーングルテンミール
酸化防止剤 △ 油脂類(動物性油脂)
着色料・保存料 ◎ 不使用
対応年齢  成猫
賞味期限 開封後:ヵ月目安
販売元 ペットライン
オススメ購入サイト  Amazon

「メディファス」はブランド卵「ヨード卵・光」で知られるNOSANのグループ会社「ペットライン」が製造・販売するキャットフードです。

猫ちゃんのライフスタイル・ライフステージに合わせたキャットフードの提供を目指し麻布大学獣医学部と共同研究で開発されたキャットフード「メディファス」は、大切な家族の一員である猫ちゃんの愛猫の健康維持に高い効果の期待できるフードです。

味と栄養、そして高い健康効果も兼ね備えたメディファスがあれば猫ちゃんは幸せな毎日が過ごせるでしょう。

・メディファスの原材料と安全性

メディファスには猫ちゃんの健康維持と毎日の活力を与えられるように栄養たっぷりのプレミアムブランド卵「ヨード卵・光」が配合されています。

鶏卵にはタンパク質を始めとした豊富な栄養素がタップリと含まれていますが、プレミアム卵「ヨード卵・光」は通常の鶏卵を上回る豊富な栄養素が含まれています。

完全食品と言われることもある鶏卵の中でもさらに栄養価の高い「ヨード卵・光」を使用しているので栄養素は十分。

さらに健康維持に気を配りながらさまざまな原材料を厳選して使用しているので、美味しさと栄養バランスを高いレベルで兼ね備えています。

代表的な原材料として使用されているのは毎日の活動を支えるエネルギー源となる穀類、しなやかな体を作り健康を維持するために欠かせない肉類、毛づやを改善しいつまでも若々しい体を維持する魚介類など猫ちゃんの健康維持に必要な原材料が厳選されて使用されています。

すべての製品は国内でも有数の規模をもつ専門の研究開発センターで開発が行われています。

ペットの健康や栄養学など多数の専門家の確かな知見に基づき開発されている製品は確かな効果が期待できるものばかりです。

味に関してもペットフードのプロが厳重なチェックを行っており、原材料の味わいをいかし猫ちゃんが喜ぶ味に仕上げているので準備をするだけで猫ちゃんが飛びついてくるほどの美味しさです。

製造に関しても国内工場で一括した品質管理の下で生産されているので安全性には信頼がおけます。

厳選された原材料を使用し細心の注意をはらって開発・製造されているメディファスは猫ちゃんに安心して与えられるキャットフードです。

・メディファスのメリット・デメリット

メディファスのメリットは高い健康維持効果です。

メディファスがめざすのは猫が問題を抱えやすい下部尿路の健康維持です。

猫は腎臓下部尿路に問題を抱えやすく、安全性の高いキャットフードのみを与えていても下部尿路の病気が発生してしまうケースが多く見られます。

特に多い病気が尿路結石で、年令を重ねるごとに尿路結石のリスクは高まります。

尿路結石ができると命にかかわる可能性もあり、大切な愛猫にいつまでも健康に過ごしてもらうには尿路下部のケアが欠かせません。

尿路結石にはマグネシウムとカルシウムの摂取量が大きく影響します。

猫に必要なマグネシウムとカルシウムの摂取量は年令によって変動するため同じフードを与え続けていると栄養バランスが崩れてしまい尿路結石のリスクが高まってしまいます。

下部尿路の健康維持をめざすメディファスは、猫の年齢や成長段階によって微妙に変わるマグネシウムとカルシウムの必要摂取量を対象年齢ごとのフードを提供することで解決しました。

1歳用、1~10歳用など対象年齢に合わせて栄養素が適切なバランスに調整されたフードを与えることで適切なミネラルバランスを維持し、下部尿路の健康維持を実現しています。

年齢に合わせて適切なフードを与えるだけで下部尿路の健康維持ができるのは大きなメリットです。

大切な猫ちゃんがいつまでも健康的にすごせるだけでなく医療費負担も軽減できるので、猫ちゃんにもお財布にも優しいキャットフードといえるでしょう。

デメリットが懸念されるのが穀物使用量です。

一部の猫は穀物アレルギーを発症する可能性があるため、穀物を多く含むメディファスをあまり与えないほうがよいという声も聞かれます。直ちにリスクがあるわけではないのですが、アレルギーリスクを回避するためにも猫ちゃんの様子を見ながらフードを与えるとよいでしょう。

もうひとつデメリットといえるのが油脂の多さです。

メディファスはうまみ凝縮で猫が喜ぶ美味しさですが、油脂が多めに仕上がっているので長期保存には向きません。

分包タイプなのである程度保存はできますが、安全なフードを与えるためにも開封後は早めに使いきりましょう。

・メディファスの口コミ評判は?

椅子の上のアビシニアン

メディファスの口コミ評判で多いのが尿路の健康維持の高さです。

「子猫の頃からメディファスを与え続けているので高齢になっても尿路結石を発症しなかった」「尿路疾患を患った愛猫のフードをメディファスに切り替えたら症状が改善した」「獣医にすすめられてフードをメディファスに変えたおかげで手術を回避できた」などメディファスの効果で猫の下部尿路の問題が改善したという声が多数寄せられています。

健康効果と並んで多くの声が寄せられているのが味に関する口コミです。

「メディファスを与えたら夢中で食べるようになった」「食の細さに心配していたがメディファスだと喜んで食べてくれるので一安心」「一番のお気に入りフードで食べっぷりが違います」「美味しく食べてくれて健康にも効果があるので安心して与えられる」といったように猫が喜んで食べてくれることに安心する飼い主の声が目立ちます。

一方で期待はずれだという声もあり「健康維持効果があまり実感できない」「好みに合わなかったようであまり食べてくれない」といった口コミも寄せられています。

メディファスの口コミ評判は猫との相性がイマイチという声も聞かれますが、全体的には好評価が多く見られます。

・メディファスはどんな猫にオススメ?

困った顔の猫

メディファスがオススメなのは腎臓や尿路下部に問題を抱えている猫です。

尿路下部の健康維持を掲げて開発されたメディファスは、美味しく食べられて尿路下部の健康維持にも効果のあるフードです。

毎日の食事をメディファスに切り替えるだけでも高い健康維持効果が期待できるでしょう。

尿路下部の健康維持は問題発生前の健康なうちから始めたほうが高い効果が期待できるので、現在腎臓や尿路下部の病気を発症していない猫にもおすすめです。

特に1歳未満の子猫のうちからメディファスを与えておくと高齢になっても尿路下部の病気リスクを大きく下げられるので、長生きしてもらいたいすべての猫におすすめのフードです。

・メディファス・まとめ

メディファスは尿路下部の健康維持を第一の目的として開発されたキャットフードです。

メディファスを与えることで猫につきものの腎臓や尿路関係の病気リスクを下げ、大切な愛猫が高齢になっても元気に過ごせます。

メディファスは健康維持効果だけでなく美味しさにも定評があるので食の細い猫に与えるのもオススメです。

大切な家族の一員である猫ちゃんといつまでも一緒に過ごしたいのならメディファスを選びましょう。