三毛猫

平成25年の猫飼育実態調査によると、約9700頭の猫が日本国内で飼育されています。10世帯中1世帯が猫を飼っている計算になります。

その猫の中でも、小説などに登場し日本人に身近な三毛猫の性格の特徴やしつけの重要ポイントを紹介します。






三毛猫の性格の3大特徴!飼育の4つのコツとは


1)三毛猫の紹介

(1)原産国

三毛猫の原産国は、主に日本になります。海外では、三毛柄が非常に珍しいとされておりわざわざ日本まで来日し自分の好きな三毛柄を探す方もいます。

(2)平均体高・平均体重

平均体高は26~27CM、平均体重は33.5~4.5KGと言われております。一般的な猫の大きさですが、三毛猫の特徴として骨格がしっかりしています。

(3)日本で飼育されている数・名前のルーツ

三毛猫の飼育されている数は、全体の約4%(約40万匹)になります。これほど飼われている三毛猫ですが、一般的には 白 黒 茶色の三色をバランスよく持つ猫のことを指します。

持つ色、柄によって3色の毛を持っていても縞三毛、キジ三毛と呼ばれています。

(4)歴史

日本古来の猫は、大事な書物をネズミなどから守るために中国から輸入したのが始まりと言われておりますが、三毛猫は雑種になり昔貿易船などから逃げ出した猫たちが繁殖して生まれた猫だと言われています。

(5)平均寿命・気をつける病気

平均寿命は純血種よりも約2年長い、14年程と言われております。混合した血種の三毛猫は純血種の猫よりも病気になりにくいと言われています。しかし、尿の異常が多いと言われています。

尿路結石(尿道や膀胱壁にカルシウムやマグネシウムでできた結晶ができてしまう病気)、膀胱炎(大腸菌や結石により膀胱が炎症する病気)、膵腎病(尿路の通路障害によって、腎臓がうっ滞しておこる病気)の3つの病気に対し動物病院での定期健診や食事でのケアが大切です。

2)三毛猫の3つの種類

三毛猫は、毛の色の種類や、柄の形の2つで名称や性格も変わってきます。

(1)一般的な三毛猫

一般的に三毛猫と呼ばれるのは白、黒、茶色のバランスが取れた柄の猫をいいます。運動神経がよく、雌猫が多く、プライドが高く、甘えたり、暴れたり、ツンデレな性格です。

(2)縞三毛の三毛猫

縞三毛は、黒、赤、白色で、黒色の部分に縞の模様があります。性格は三毛猫よりもおとなしく、穏やかな性格に一見みえますが、怒ると強い猫が多い性格です。

(2)キジ三毛の三毛猫

キジ三毛も同様、他の猫と色も柄も違います。性格は気をすごく使うタイプで気を許せる相手が非常に少ないのが特徴です。

このように、3種類の毛の色、その毛の柄の特徴の2つによって性格が変わってきます。

child little girl with glasses reading a books

3)三毛猫の性格の3大特徴

(1) プライドが非常に高い

これは、三毛猫自体に雌猫が非常に多く雌猫の性格が三毛猫の性格だとも言われています。お嬢様のような立ち振る舞いをする猫が多く、飼い主より自分の方が偉いと思っています。

(2)とても気分屋さん

決まった餌をあまり食べ続けない。自分が今日はあまり食べたくないと思うといつもの御飯だとあまり食べません。いつもと違うものをあげると、気分が変わり食べてくれます。

他にも、普段あまり甘えてきませんが甘え始めると、とことん甘えだします。ツンデレな性格の持ち主でもあります。

(3) 頭が賢く要領がいい

外で飼っている猫ですと、どこでも探検をしにいきます。飼い主さんに見せたいも、自慢したいものがあるとお土産持ち帰ってきたりします。人を恐れないで、自分から近づいてきます。

普段から人にふれあっているので学習し、人が怖くないと思います。しかし、一回怖いことなどあるとそこから避けるような態度をとります。1つ上でも書きましたが味覚もしっかりあり毎日同じ食事だと満足しません。

4)三毛猫のオスとメスでの性格の違い

三毛猫自体が9割がメスなので、三毛猫が雌猫の性格となります。やはり、女性なので雄猫に比べるとおとなしく、プライドが高い、決定的な違いは女性なので母性本能が強いです。

三毛猫の雄猫は非常に珍しいですが、雌猫に比べると自立心が低く雌猫よりも手がかかると言われています。おもちゃなどで遊びを楽しんでくれるのも、雌猫にみられる傾向です。雄猫はあまり興味持ってくれません。雌猫の方が、猫らしい性格をしています。

5)三毛猫を飼うのに向いている2つのポイント

(1)毎日きれいにできる人

三毛猫は、きれい好きです。毎日ブラッシング。エサをあげる容器も清潔に保ってあげられる人が向いています。ブラッシングも猫もきれいな方がいいと自分でも認識しています。

きれいにしてあげることが雌猫には非常にうれしいことでスキンシップもはかれます。エサの容器きれいにしてあげないと食べなくなってしまいます。きれい好きな三毛猫は汚いことは理解できます。綺麗にしてあげることが1つ目のポイントです。

(2)去る者追わず、来る者拒まずの人

基本的に、三毛猫は気分屋です。自分が1人の時は1人にしてほしいタイプです。しかし、甘えたいときには飼い主さんにとことん甘えてくるタイプです。

1人になりたそうなとき、家の上の方に1人で座っていたりする時はそのままにしてあげましょう。逆に、甘えてきたときはとことん甘えさせてあげましょう。そうすることで、ストレスも感じにくくなり、トイレの失敗や病気にも強くなります。

Closeup on medical doctor woman explaining something

6)しつけの2つの重要ポイント

(1)トイレ

外でも飼っていても部屋の中のどこがトイレなのか教える必要があります。三毛猫は、気分屋です。自分がしたいと思ったときがチャンスです。トイレに行きたくなると、外に向けて鳴きはじめたりします。

その時に、トイレ用の砂の上に連れてってあげましょう。無理にすると、暴れるのでしたいときに連れていって教えてあげるのがポイントです。

(2)プライドが高い点

あまり上から押さえつけないよう注意するのがポイントです。賢いので、教えたことはすぐに覚えてくれます。プライドが高いので、怒ったりすると猫も非常に音に敏感です。猫も飼い主さんが怒ったと理解してしまいます。

7)三毛猫を飼育する場合の4つの注意点

(1)散歩の必要なポイント

紐をつけたりなど、自由です。三毛猫は活発で運動神経もいいです。後、自分の胃にたまった毛玉を処理するために雑草を食べる習慣があります。それに代わるものを用意していない場合は散歩してあげましょう。

(2)食事のポイント

三毛猫は、グルメな猫です。同じ食事だと飽きてしまいます。2週間に1度など様子を見て缶詰の食事などに変えてあげることがポイントです。

(3)睡眠のポイント

大人の猫で14時間ほど睡眠が必要です。人の約2倍必要です。なので、しっかり睡眠をさせてあげることが重要ですし、寒がりなので21度~23度ぐらいのあったかいベランダなどを用意してあげることが大切です。

(4)ペットとしての魅力

三毛猫は、人に愛情をもらうとそれを同じぐらい飼い主になついてくれます。

性格を理解してあげて、それに合うしつけの仕方をしてあげることでペットとも意思疎通ができます。お互いに理解しあえるは同じ動物としての魅力です。






今回のまとめ

1)三毛猫の性格は、プライドが高く、人になつきやすい性格

2)三毛猫は、非常に気分屋であまり怒ってしつけしてしまうと逆効果になってします

3)三毛猫は、賢い動物です。食事だったり飼い主さんの声なども聴いています

4)三毛猫の9割は雌。雌猫の性格が三毛猫だと言われてもいる

5)日本で、三毛猫は約40万匹飼われている