ミニチュアダックスフンド

ミニチュアダックスフンドは意外と寿命が長い、というのをご存知でしょうか。平均寿命は14〜17歳です。

くりくりとした丸い目と、短い足でちょこちょこと元気に遊ぶ姿がかわいらしくて、とても人気のあるミニチュアダックスフンドの、寿命と長生きのコツについて解説します。



ミニチュアダックスフンドの寿命解説!健康寿命の5つのコツ

 1)ミニチュアダックスフンドの紹介

1. 原産地

ドイツ

2.平均体高

21~24cm・平均体重:4~6kg

3.日本で飼育されている数

21,404頭(2015年現在)

4.歴史・名前のルーツ

16世紀頃には既にダックスフンドの原型である、「背が低い犬」「穴を掘る犬」などの資料が残されています。体型を生かして地中の穴に入り込み、獲物を捕らえるという、人間の狩りの手伝いをしていました。

ドイツ語の”dachs”(アナグマ)と”hund”(犬)の言葉からダックスフンドという名前になったとのことです。

 2)ミニチュアダックスフンドの3つのタイプ

1. スムースヘアード

硬く短い、滑らかな毛質で、光沢があります。手入れが楽で、飼いやすいのですが、少し神経質な面もあります。毛色はチョコレートブラウンやブラック、イエローなどがあります。

2. ロングヘアード

少し波打ったような毛は柔らかく、ツヤがあります。とてもゴージャスな雰囲気を持ち、性格も温厚です。毛色はスムースと同じです。

3. ワイヤーヘアード

毛質は短く粗い剛毛です。テリア系の血筋を引いているので、活発な性格です。毛色はスムースと同様の色の他に、ごま塩色などがあります。

 3)ミニチュアダックスフンドの平均寿命

1.平均寿命

ミニチュアダックスフンドの平均寿命は14歳から17歳です。

2.ミックス犬

大型犬より小型犬の方が寿命は長いのですが、小型犬は大型犬に比べると心肺機能が強いのが理由です。

また小型犬の中でもパグ(平均寿命12~15歳)や柴犬(平均寿命13歳前後)と比較しても平均寿命が長いのは、ミニチュアダックスフンドがミックス犬だからということが起因しています。

ダックスフンドはスパニエル系やテリア系、ピンシャー系やパピヨン系など様々な犬種との交配で品種改良されています。

純血種同士の似た遺伝子の掛け合わせよりも、異なる遺伝子の掛け合わせにより、個体としての強さや寿命の長さがもたらされたと言えます。

そして人間同様に、オスよりもメスの方が、わずかに長生きするという研究結果があります。

ミニチュアダックス

 4)ミニチュアダックスフンドの寿命が短い3つの原因

1. 椎間板ヘルニア

ミニチュアダックスフンドは銅の部分が長いために、椎間板ヘルニアになりやすい犬種です。ヘルニアになると、運動ができなくなって体重が増えて、ますます動けなくなり、寿命が短くなると考えられます。

2. 過不足な食事

栄養のバランスが崩れると、体重増加になるだけでなく、骨や筋力も弱くなります。間食などを摂り過ぎても太る原因となって、運動不足や短命につながってしまいます。

3. 運動不足

室内でも十分な運動量を確保することはできますが、散歩に出かけて外の空気に触れることが大事です。ストレスは短命の一番の原因です。

 5)ミニチュアダックスフンドの寿命が長い・短い決定的な2つの違い

1. 生活の違い

寿命が長い場合と短い場合の決定的な違いは、やはり健康的な生活を送っているかどうかです。バランスの良い食事と適度な運動が重要です。

2. 飼育の違い

飼い主の愛情あふれるケアは寿命を長くする重大なポイントです。日々の体調の変化にすぐに気づいて対応してあげることが大事でしょう。

 6)ミニチュアダックスフンドの選び方の5つのポイント

1. 目が生き生きと輝いている

2. 耳の中がきれい

3. 歯茎や舌の色はうすいピンク色をしている

4. 背骨が真っすぐで、骨格や関節がしっかりとしている

5. ブリーダーの衛生管理状態が良い

Closeup on medical doctor woman explaining something

 7)健康的に寿命を延ばす食事の3つのコツ

1.良いドックフード

価格ではなく、栄養バランスのとれたドッグフードを選ぶのが大事です。あげ過ぎても少なすぎても良くありません。適正量を守りましょう。

2. 人間の食べ物

人間の食べ物は与えないのが賢明です。虫歯や肥満の原因になります。

3. ビタミン・ミネラル

骨や筋肉を丈夫にするビタミン類や、ミネラル分も必要に応じて与えましょう。どんなものをどれだけ与えたら良いのか分からない時には、獣医師など専門家に相談するのも一つの方法です。

 8)ミニチュアダックスフンドの健康の為にできる5つのポイント

1. 睡眠

「寝る子は育つ」の通り、犬でもよく眠ることは健康の為に必要です。子犬や成犬の場合は約12時間、老犬になると約18時間が平均睡眠時間と言われています。

2. 環境

質の良い睡眠をとるための安眠場所の確保や、適度に運動できるような部屋の家具配置にも気を配ってあげましょう。

3. しつけ

基本的な「噛む」「吠える」などのしつけはもちろんのこと、もともとは狩猟犬であったために、穴を掘るのが好きな犬種なので、「掘る」という欲求を満足させてあげるためのしつけが必要です。

掘っても良い場所を与えてあげるとともに、掘った後は穴を埋めて元に戻す作業を飼い主さんは忘れないようにしましょう。

4. 飼い方

愛犬の健康状態は毎日変化します。食事・睡眠・運動など細やかなケアを心掛けましょう。

また、ミニチュアダックスフンドは耳が垂れ下がっているために、耳の中が蒸れて中耳炎などの耳の病気にかかりやすいのです。耳の中の様子をこまめに見て、清潔を保ちましょう。

5. おすすめグッズ

犬は飼い主と遊ぶ時間が一番嬉しいものです。おもちゃはボールやぬいぐるみなど犬用のものなら何でも良いですが、間違って呑み込んでしまわない大きさや、ボタンなど飾りのないものを与えましょう。



今回のまとめ

1)ミニチュアダックスフンドの紹介

2)ミニチュアダックスフンドの3つのタイプ

3)ミニチュアダックスフンドの平均寿命

4)ミニチュアダックスフンドの寿命が短い3つの原因

5)ミニチュアダックスフンドの寿命が長い・短い決定的な2つの違い

6)ミニチュアダックスフンドの選び方の5つのポイント

7)健康的に寿命を延ばす食事の3つのコツ

8)ミニチュアダックスフンドの健康の為にできる5つのポイント

このページに関連する記事


こちらのページでは、当サイト「ペットナビ」で紹介している犬の「しつけ」や「悩み」「病気」に関する記事をまとめています。 また、犬種別のしつけや性格の記事もありますので、気にな