<25周年を迎えた老舗キャットフードブランド「モンプチ」を特集します!>

・「モンプチ」の特徴

寝転ぶ猫

容量/価格 600g/428円(amazon参照)
1kgあたり 713円(税抜)
カロリー 368kcal/100g
メイン食材 穀類(米、コーングルテン、とうもろこし等)
原産国 オーストラリア
穀物 × 米、コーングルテンミール、とうもろこし、小麦、シリアルブラン等
酸化防止剤  動物性油脂
着色料・保存料 × 着色料(食用赤色2号、食用赤色102号、食用青色1号、食用黄色4号、食用黄色5号)
対応年齢  成猫
賞味期限 開封後:製造から18ヵ月目安
販売元 ネスレピュリナペットケア
オススメ購入サイト  Amazon

「モンプチ」はネスレが運営しているキャットフードブランドの名称で、長い間多くの飼い主から親しまれている事でも有名です。

「モンプチ」では現在食感と素材別に様々な商品を展開しており、代表的な物には以下の製品があります。

1「たっぷりとろとろソース」・・猫が食事に飽きないように食感を工夫した製品です。
2「あらほぐし」・・手作りを感触を再現したややワイルドな製品です。
3「角切り」・・猫に食感を楽しんでもらう為に作られた製品です。
4「粗挽き」・・角切りよりも小ぶりなサイズでまとめられた製品です。
5「あらほぐし野菜入り」・・彩り野菜と贅沢ソースが特徴の製品です。
6「ゼリー仕上げ」・・素材を厳選して極上の味わいを追求した製品です。
7「テリーヌ」・・しっとりとした食感をもたらすテリーヌ仕立ての製品です。
8「ドライ」・・特別に厳選した粒と厳選したトッピングが特徴の製品です。
9「スープ」・・特製のレシピで作られたモンプチこだわりの製品です。

この他にも「プチリュクス」「ラ・キュイジーヌ」「ピューレKISS」「クリスピーキッス」など合計で13種類の製品が展開されているので、飼っている猫の年齢や好みの食感で製品を選んで与える事が出来ます。

公式ホームページには「年齢別」「用途別」「食感別」で製品を絞り込める検索機能があるので、どれにしようか迷った際はこの検索機能を利用すると便利です。

・「モンプチ」の原材料と安全性

ここでは例として「たっぷりとろとろソース」シリーズの「ビーフ・オーブン焼き風」の原材料を見ていきます。

まず肉類としてポーク、チキン、ビーフの3種類が使用されており、穀類として「小麦グルテン」、魚介類には「魚」、豆類に「大豆」、「加工でんぷん」で作成された「増粘安定剤」、「ミネラル類」と「ビタミン類」、「アミノ酸類」と「香料」、そして「着色料」が含有されています。

保証成分は「たんぱく質」が9%以上、「脂質」が2%以上、「灰分」は3%以下「水分」82%以下となっており、100グラムあたりの総カロリー数は78キロカロリーです。

本製品の生産国はアメリカとなっていますが、原材料の肉類・魚介類・豆類の個別産地は特に記載されていません

少し気になるのは「着色料」の含有です。

「着色料」が猫に与える影響や害については現在もハッキリとした研究結果が出ていない為、一概に有害と断定する事は出来ませんが、猫にとっては全く不必要な成分なので、この辺が気になる方は気に留めておいた方が良いでしょう

・「モンプチ」のメリット・デメリット

マンチカンの顔アップ

メリット

「総合栄養食」を掲げる「モンプチ」のキャットフードは、猫の1日に必要な必須栄養素を満たすように開発されています。

また、猫が本来様々な食感を好む事を考慮している「モンプチ」は、異なる食感を持つ製品ラインナップを複数展開している為、猫がキャットフードの食感に飽きて食べなくなってしまうという「食細り」の現象を回避できる可能性があります。

「モンプチ」の製品ラインナップを日替わりで猫に与えた場合、毎回違う食感に満足し、その結果コンスタントにキャットフードを食べ続けてくれる可能性が高まるという点が一番のメリットだと言えます。

デメリット

しかしその一方でキャットフードに使用されている各種原材料の出所が明らかになっていない点や、見た目しか効果がない着色料を含有している点は明らかなデメリットです。

猫の体調管理や健康面を気にする飼い主さんの場合、どこの肉や魚を使っているのか分からないキャットフードを与える事には大きな抵抗を覚えるかもしれません。

「モンプチ」の良い点は食感によって猫の食細りが改善する事が期待できるという事で、悪い点は飼い主の不安を引き起こしかねない着色料を使用している事だと言えます。

・「モンプチ」の口コミ評判は?

それではここで実際に「モンプチ」を猫に与えている飼い主さんの口コミを見てみましょう。

「市販のキャットフードの中では質が良いから、と獣医さんから「モンプチ」を勧められました

「近所のスーパーに必ず置いてあるから「モンプチ」を選んでいます」

「クリスピーキッスみたいなおやつは、ネコ友とのオフ会の時にネコたちのお土産として使わせてもらっています」

「保護ネコだった我が家の猫を預かってくれていた方に「モンプチは良いよ」と教わりました」

「うちの場合は缶詰中心ですが、味のバリエーションが豊富なのが気に入っています」

口コミの中で大きなウエイトを占めていたのが「友人・知人からの勧め」です。

猫を飼っている飼い主さんのネットワークで自然と「モンプチ」が浸透していった事が伺えます。

さらに比較的入手が容易であるという点も飼い主さんには好評を博しているようです。

飼い猫にとってキャットフードは大切な食事なので、それを途切れる事なく購入して与えられる「モンプチ」の存在は頼りになっているようです。

・「モンプチ」はどんな猫にオススメ?

公式ホームページに「子猫向け」「成猫向け」「シニア猫向け」「全ての年齢向け」という4種類の製品検索機能がある「モンプチ」のキャットフードは、全年齢の猫に向けて幅広い製品ラインナップを展開しています。

「モンプチ」は飼い猫にどのような食事を与えるべきか分からないという初心者の飼い主さんには心強い味方となる事でしょう。

また、「総合栄養食」である「モンプチ」を与える事で1日に必要な栄養素を全て補う事が出来るので、飼い猫の栄養管理に気をつけたい場合には重宝します。

猫は何よりも食感を大切にするので、最近飼い猫が食事をだんだん食べなくなってしまってお困りの場合、異なる食感を持つ「モンプチ」の各シリーズ製品を与える事で、以前のように食欲が復活する可能性があります。

従ってモンプチは栄養を必要とする成長期の猫や、食欲不振で元気が無くなってきた猫には特にオススメのキャットフードだと言えます。

・まとめ

いかがだったでしょうか。25周年を迎えた「モンプチ」は、今まで多くの飼い主さんから支持を得てきた実績があるキャットフードです。

公式ホームページでは「フォトコンテスト」など様々なイベント企画が催されており、現在も飼い主さんたちのネットワークが広まっています。

また、「モンプチ」では公認オフィシャルキャットを認定する制度があり、選ばれた猫は「モンプチ」の商品パッケージに写真で掲載されるなどの特典があるので、自慢の愛猫で応募してみるのも面白いでしょう。

飼い主と猫の関係を考え、記念となるイベントを数多く主催している「モンプチ」は、愛猫と飼い主が共に幸せな時を過ごせるブランドだと言えるのではないでしょうか。