マンチカンの子猫

「マンチカン」と聞いて何だかすぐに分かりますか?じつは猫の種類のひとつで、短足で愛らしい姿と他の猫には無い珍しい特徴を持っています。

今回はそんなマンチカンの性格やしつけについてご紹介します。



マンチカンの性格の3大特徴!しつけのポイントとは

1)マンチカンの紹介

1. 原産地

マンチカンはイギリスやアメリカを原産地とする突然変異から生まれた猫の種類です。
足が短いことが特長であるため、「短足猫」と呼ばれることもあります。

2. 平均体高・平均体重

マンチカンの平均体高は16〜20cmくらいで、平均体重は3〜5kgくらいです。

オスとメスで平均体高と平均体重に差はありません。

3. 歴史・名前のルーツ

マンチカンのように突然変異で足が短くなった猫は、1894年のイギリスや1953年のロシアなどで、その存在が報告されていました。

その後、1983年にアメリカのルイジアナ州でも足が短くなった猫が発見され、これをきっかけに育種が始まりました。

マンチカンが新種としてCFA(アメリカの猫種登録協会)に公認されたのは最近のことで、1995年になります。

ちなみに「マンチカン」という名前は、「オズの魔法使い」に登場するヨチヨチと歩く小人にちなんで付けられました。

4.気をつける病気

椎間板 ついかんばんヘルニア

マンチカンは足が短いという特徴を持っています。
そのため足に負担がかかりやすく、足が体重を支えきれないと「椎間板ヘルニア」になってしまいます。

椎間板ヘルニアは背骨の間にある椎間板 ついかんばんがつぶれて、変形してしまっている状態です。

椎間板ヘルニアを発症すると激しい痛みを伴うため、それまで元気に動いていた子が急に動かなくなってしまいます。

・毛球症

猫は自分の毛を舐めて毛繕いしますが、その時に毛を飲み込んでしまっています。

飲み込んだ毛は通常は「毛玉」として上手く排出するのですが、何らかの原因で毛が排出されず、体内で毛玉が大きくなって消化器官に溜まってしまう状態を「毛球症」といいます。

毛球状態をになると、急に食欲がなくなったり便秘になったりします。

特にロングヘアーのマンチカンで注意が必要です。

・外耳炎

垂れ耳や折れ耳のマンチカンは、耳の病気になりやすい遺伝子を持っています。
そのために、外耳炎に注意が必要です。

外耳炎になると、耳を柱にこすりつけたり、後ろ足でかいたりと耳をかゆがる様になります。

5.平均寿命

マンチカンの平均寿命は10〜13年くらいです。

中には15年以上生きる長生きな場合もあります。

6.日本で飼育されている数

日本で飼育されているマンチカンの数ですが、アニコム損害保険の「人気品種ランキング」によると平成29年度の調査結果では2578匹です。
マンチカンの割合は約11.2%で、猫全体では第3位と大人気の猫です。
一アニコム損害保険調べー

7.マンチカンの購入価格

マンチカンの価格は7~30万円くらいです。

一般的に「子猫」であるほど市場価格が高く、足が短いほど人気があります。

他に、血統、毛色、顔、月齢、体の大きさなどによって変動します。

空を見上げるマンチカン

2)マンチカンの性格の3大特徴

1.好奇心旺盛

マンチカンは好奇心旺盛な性格を持っています。
そのためじっとしておらず、あちこち活発に動き回りたがります。

2.人なつっこい

マンチカンは他の猫とは比べものにならないくらい、人なつっこい性格をしてます。
飼い主に対してはくっつき、べたべたと甘えたがります。
また社交的な性格をしているため、多頭飼いにも適しています。

3.臆病

マンチカンは臆病な性格を持っています。
そのためしつけの際に強く怒りすぎると、恐怖心を抱いてしまいます。

常に優しく接するように心がけましょう。

マンチカンとスフィンクスのミックス

3)マンチカンの4つのタイプ

マンチカンは純血種とともに、他の猫種との交配により生まれたマンチカンミックスと呼ばれるものもおり、様々な個性的なタイプが存在します。

1.純血種

マンチカンは純血種でも毛の長さや、体の大きさ、そして特徴である足の長さまで様々な種類があります。

毛色もホワイト、レッド、ブラック&ホワイト、ブルーミンクなどバラエティーに富んでいます。

実は短い足のマンチカン同士の交配は、遺伝的な病気を発症する可能性が高くなることから認められておらず、短い足と長い足のマンチカンで交配させます。

2.メヌエット

「マンチカン」と「ペルシャ」とのミックスです。

短い足と、長い毛が特徴で、綿菓子のようなフワフワもこもことした外見が特徴です。

3.キンカロー

「マンチカン」と「アメリカンカール」のミックスです。

短い足と、カールした耳が特徴になります。

4.スクークム

「マンチカン」と「ラパーマ」のミックスです。

柔らかくカールした毛並みが特徴です。

ブラッシングは丁寧にするようにしましょう。

マンチカンの顔アップ

4)性格の違いはあるの?オスとメスでの性格の違い

1.オス

マンチカンはオスのほうが穏やかで優しい性格をしてます。
接しやすく飼いやすいので初心者にオススメながオスのマンチカンです。

2.メス

逆にマンチカンのメスは、オスに比べて活発な子が多いようです。

child little girl with glasses reading a books

5)マンチカンを飼う人に向いているポイントとは?

1.優しく接することができる

マンチカンは人なつっこい性格です。

ほったらかしにせず、時間を取ってコミュニケーションを取れる人が向いています。

なお体の構造上、椎間板ヘルニアを発症したいため、優しく接することを心がけましょう。

2.きちんと世話ができる

マンチカンは清潔な環境を好みます。

また小さい体に短い足をしているため、マンチカンを飼う部屋の中もケガをしないようにきちんと片付けた状態にしましょう。

マンチカンが快適に暮らせる環境を保てるようにし、きちんと世話ができる人が向いています。

3.狭い部屋でも大丈夫

マンチカンは体が小さいため、その飼育には大きな部屋を必要としません。

そのため、部屋が狭くて大きなペットを飼えない人にも向いていると言えます。

woman with cat and doctor at vet clinic

6)マンチカンのしつけの3つの重要ポイント

1.強く叱らない

マンチカンは臆病な性格をしています。

強く叱ると飼い主を敵だと勘違いしてしまうことがあります。

叱るときでも優しく声を掛け、軽く鼻先を弾く程度にしましょう。

2.無理なしつけをしない

マンチカンが人なつっこいとはいっても猫は猫です。
飼い主をボスとして認識するわけではありません。

無理なしつけはせず、パートナーとして接するようにしましょう。

3.トイレはキレイに

マンチカンはキレイ好きな猫です。

トイレが汚れていると、その場所を嫌ってトイレで排泄をしなくなります。

トイレは常に清潔な状態にしておきましょう。

デオトイレ 1週間消臭・抗菌デオトイレ フード付き本体セット (アイボリー)

新品価格
¥1,680から
(2017/8/19 14:22時点)

7)マンチカンを飼育する場合に特に気をつける3つのこと

1.肥満

マンチカンは足が短いため、体の構造上どうしても足に負担がかかってしまいます。

特に体重が増えてしまうと、足にかかる負担も大きくなってしまうため、肥満にならないよう気をつけましょう。

そのためにも食事が重要です。

キャットフードは、メーカーによっては年齢別の商品が発売されていますが、じつは栄養価が足りなかったり偏っていたり添加物が多かったりします。ですから、猫の健康を真剣に考えるならプレミアムキャットフードがオススメです。

マンチカンの健康に気をつけてる飼い主さんの93.9%が継続!グレインフリー・生肉使用のプレミアムキャットフード『モグニャン』

2.コミュニケーション

マンチカンは甘えん坊な性格のため、愛情たっぷりとコミュニケーションを取ることを心がけましょう。

コミュニケーションが少ないと、ストレスを溜めてしまいます。

3.病気

マンチカンは、体の小さい猫です。

そのため病気になってしまった際の抵抗力は、体の大きな猫に比べると弱いといえます。

マンチカンにいつもと違う様子がある場合には、すぐに動物病院に連れて行くようにしましょう。

白いマンチカン

8)マンチカンを飼う魅力とは

マンチカンを飼う一番の魅力は、その愛らしい姿です。

小さい姿でよちよちと歩く様子を見るだけで癒やされてしまいます。

また穏やかな性格をしており、人間だけでなく他の猫にも優しいため、複数の猫を一緒に飼うことができます。

更には賢くて聞き分けが良いため、外出時に留守番させるのも安心です。

このように、マンチカンは非常に飼いやすい猫種であることも魅力です。



今回のまとめ

1)マンチカンの紹介

2)マンチカンの性格の3大特徴

3)マンチカンの4つのタイプ

4)マンチカンを飼う人に向いている3つのポイント

5)マンチカンのしつけの3つの重要ポイント

6)マンチカンを飼育する場合に特に気をつける3つのこと

7)マンチカンを飼う魅力とは

マンチカンに関連する猫

  • ペルシャ猫の性格の3大特徴!しつけのコツと注意点とは
  • アメリカンカールってどんな猫?性格の5大特徴を解説

他の猫について気になりませんか?

美しいグレーの毛並みと緑色の瞳に気品を感じさせるロシアンブルー。おとなしく頭も良いことから、ペットショーの常連でもあり、世界的に大人気の猫種です。 今回は、そんなロシ

猫に関する関連記事