花粉の季節になるとクシャミや鼻水が止まらない、特定の食べ物を食べると蕁麻疹 じんましんが出てしまう、金属アレルギーを持っていることからピアスやネックレスを身につけることができないなど、アレルギーを持っているという人は多く存在します。

ですが、こういったアレルギーは人間だけのものではありません。

ペットとして買われている猫にもアレルギーが起こるのを知っていますか?ペットのケガや病気でお世話になる動物病院には、なんらかのアレルギーによって様々な症状が起こっている猫が来院しています。

そこで今回は、猫に起こるアレルギーにはどんなものがあるのか、その原因や治療法、普段からできる予防法などを紹介します。



猫にもアレルギーが起こる?その症状や原因、治療法は?

1)猫のアレルギーのメカニズムは人間と同じ

人間の場合、体の免疫システムが特定の無害な物質に対して過敏に反応してしまうことでアレルギー症状が起こります。

人間に起こるアレルギー症状としては、

  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 喘息
  • 皮膚のかゆみ
  • 嘔吐
  • 下痢

などがあります。なんらかのアレルギーを持っているという人は心当たりのある症状も多いのではないでしょうか。

反応している物質をできるだけ早く体外に排出しようとすることで、くしゃみや咳、その他の症状が出てしまいます。

では猫の場合、アレルギーを起こすとどんな症状を起こすのでしょうか。

2)猫にみられるアレルギー症状

アレルギーを発症する可能性はどの猫にもあり、ある日突然アレルギーになるというケースも珍しくありません。

猫にみられるアレルギー症状として多いのが以下のものです。

  • 湿疹やかゆみを伴う皮膚炎
  • 脱毛
  • 下痢
  • 嘔吐
  • 食欲の低下
  • お腹が鳴る
  • お腹が張る
  • 発熱
  • 外耳炎

咳やくしゃみ、鼻水が出るという場合もありますが、猫の場合は、皮膚や消化器官などに症状が出やすい傾向にあります。

3)猫のアレルギーは大きくわけて4種類

人間と同じように猫も様々な物質によってアレルギー反応を起こすことがわかっている中で、猫のアレルギーは大きくわけて4種類あります。

1.食物アレルギー

食物アレルギーは、特定の食物によってアレルギーが起こるものです。

猫の場合、牛乳や卵、穀物類や豆類、肉類などのタンパク質が含まれている食物がアレルギーの原因になることが多くあります。

食物アレルギーでは、かゆみを伴う皮膚炎脱毛嘔吐下痢くしゃみ鼻水などの症状が多くみられます。

食事の後に口元をかゆがったりする場合には注意が必要ですし、かゆみがひどいことでひっかいて皮膚炎を起こしてしまうこともあります。

また直接口から接種していることで消化器官にも症状が出やすくなります。

キャットフードのカサ増しのために含まれている麦や大豆などの穀物類は、じつは猫がもともと消化できない食べ物なので、アレルギーの原因になりやすいです。

2.吸入で起こるアレルギー(アトピー)

花粉やダニ、カビやハウスダストなど、普段生活している中で環境中に漂っている物質を吸い込んでしまうことでアレルギー反応が起こるものです。

症状としては強いかゆみのある湿疹皮膚炎などが挙げられます。

またアトピー体質の猫がいるのも事実で、こういった吸入系のアレルギーによってアトピーが出る場合は、6ヶ月から3歳ぐらいまでの比較的若い猫に症状が出やすくなっています。

3.ノミアレルギー

猫などの体毛がある動物にとって害虫となるのがノミです。

ノミそのものにアレルギーを起こすというよりも、ノミの唾液に対して強いアレルギーを起こすことが多くなります。

噛まれた部分だけではなく、全身をかゆがる場合もあり皮膚炎などに発展します。

また、かゆがってかきむしってしまうことで、脱毛なども起こりやすくなります。

4.接触性のアレルギー

金属や薬品、石鹸や洗剤、毛布やじゅうたんなどに接触することで起こるアレルギーです。普段の生活の中で身の回りにあるものに接触してアレルギーを起こしている場合もあります。接触性の場合は、アレルギーの原因となる物質に触れた部分に皮膚炎や湿疹などの症状がみられます。

4)猫のアレルギーの治療は可能なの?予防できる?

なんらかの原因で猫にアレルギー症状が見られる場合、まずはアレルギーの症状を抑えるためにステロイド剤や抗ヒスタミン剤などが投与されます。

ですがこれはあくまでも起こっている症状を抑えるための治療となるので、アレルギー自体を治すことはできません。

薬の投与はあくまでもアレルギー症状を抑えるためのものなので、アレルギーそのものを治療するとなるとアレルギーの原因を特定しなければ始まりません。

1.原因が特定できる場合

アレルギーの原因が特定できる場合は、まずは第一にアレルゲンを近づけないことです。

アレルギーの原因となるアレルゲンを避ける生活を続けることで、元気な毎日を送ることができます。

食物によるアレルギーの場合は、猫の食物アレルギーに対応したフードが販売されているので変えてみる。
ノミやダニなどが原因になっている場合は、室内飼いを基本にしてノミの駆虫薬を動物病院で処方してもらう。
室内を清潔に保つなどでアレルゲンを排除していきます。

2.原因が特定できない場合は予防も含めて対策

食物やノミ、ダニ、ハウスダストや花粉、その他に身近にあるものなど、アレルギー物質と一言で言っても多くあることから原因の特定が難しい場合がほとんどです。

人間でもアレルギーの原因の特定は難しい場合が多いので、言葉をしゃべることができない猫だとなおさらではないでしょうか。

アレルギーの原因が特定できない場合は、まずは室内環境を清潔に保つ、猫の免疫力を低下させないために環境の変化をできるだけ避ける、騒音や留守番、多頭飼いなど猫のストレスや疲れの原因になることを避けるなど、予防を含めた対策をしましょう。

5)アレルギーを特定する検査もある

動物病院によっては、何に対してアレルギー反応を起こしているのかを知ることができる検査をしている場合もあります。

1.湿疹や脱毛、目や口の周りに痒み出たら検査を検討しよう

湿疹や脱毛、痒みなどが出たら、早めに検査をしてアレルギー物質を特定することで、早期治療をすることができます。

2.食物アレルギーの場合

猫のアレルギーが食べ物によるものとわかっている場合に選択できる検査です。

肉類や豆類、乳製品や卵、穀物類など、特定の食物を排除しながら確認していく方法です。

一種類ずつ確認して、どの食物を抜くとアレルギー症状が出なくなるのかを調べるので、反応を見るために1種類ごとに1ヶ月程度かかります。

3.アレルギー全般に対応できる血液検査

動物病院のほとんどでアレルゲンを特定するために行われているのが、血液検査です。

多くの血液検査では、食物やカビ、ハウスダストなど92種類のアレルゲンについて調べることができます。

血液採取後、2週間程度で結果を知ることができ、陰性もしくは陽性かでアレルギーの有無を知ることができます。

アレルゲン特定のための血液検査にかかる費用は、動物病院にもよりますが、2万円前後となることが多いようです。

高額な費用がかかることが多いペットの医療費ですが、ペット保険によってはアレルギー検査も補償対象にしている場合もあるので、あらかじめ調べて加入しておくことで負担を軽くすることができます。



■まとめ

人間と同じように猫もアレルギーを起こすことがわかっている中で、動物病院では様々な対処をしています。

また猫を家族の一員として飼う飼い主も、猫のアレルギーについての知識を高めて、早期発見、早期治療を行うことで、大切な家族である猫が毎日元気に暮らすことができるのではないでしょうか。