猫と餌

猫や犬などの動物を飼っている人は餌を食べずに悩んだ経験はあるでしょう。病気の不安も出ませんか。確かに猫は餌を分けて食べるような気まぐれさはありますが、それが続くと飼い主は心配になるものです。

今回は猫が餌を食べない原因や解決策などについてお伝えをします。






猫が餌を食べない3大原因!3つの対処方法


1)猫が餌を食べない3大原因 

(1)食欲不振から来る病気

一番心配な要因といえます。人間同様体調が悪い時には食事に対して否定的になりますよね。それと同じことです。軽度から重度までその域は様々です。他の症状も併せて見る必要があります。 

(2)餌に対する好み

猫は味にうるさい部分があり、微妙な変化で食欲が左右することがあります。フードの匂いや食感などです。さらに飼い主にはそれが分かりにくい点が難しいです。 

(3)季節的な問題

繁殖期や、暑さ、ワクチン接種などが挙げられます。人間にも当てはまることはあるでしょう。 猫も同じように外界の変化によって食欲が左右されます。 

2)餌を食べない状況へ!病気以外の3つの対処法 

(1)餌の匂いに気を付ける事

賞味期限切れや、痛んでいるものをうっかり出していませんか。例えば夏場などは容器から悪臭が漂うこともあります。猫はとても敏感なので、飼い主がしっかりと注意する必要があります。 

(2)同じものだと飽きる

猫の好き嫌いは食事の高い安いでは判断できないことがあります。しかし、同じものを食べ続けると飽きることは良くあります。

可能な限りローテーションしてみることも大切な手です。それにより、食欲が増す可能性も出てきます。 

(3)ウェットフードを使う

ドライフードだけを試している中で、ウエットフードが効果を発揮することもあります。

匂いが強いため猫の鼻を刺激することがあります。しかし、メインはドライフードであり続けるようにするのが基本です。 

3)餌を食べない状況とセットで現れる病気のサイン

(1)むら食い

基本的に餌は食べるが、途中での食べ残しが増えたときにはむら食いの可能性があります。とりわけそれが長く続くようなら注意深く見る必要があります。

しかし、これらは成長過程の一環とも言えます。生理期などにも言えます。

(2)嘔吐と下痢 

食事中にこれが見られたら餌を食べない以上に心配が必要になります。猫の気分なのではない体調への不安が心配されます。

特に普段食事に関しては手がかからない猫に対してはこれらの不安は一層感じる必要があります。 

Veterinary by listening to a cat

4)猫が餌を食べないことが続く場合に考えられる3つの病気 

(1)寄生虫症

肉眼では見える虫から、顕微鏡の世界になってしまう虫まで幅広く該当します。皮膚から内臓系に至るまで幅広いところまで影響が出てきます。餌を食べないような問題以外にも原因が考えられます。 

(2)肝炎・肝硬変

人間でも聞いたことがある病名かもしれません。肝臓に急な炎症が起こった状態や、硬くなってしまった状態です。

ビタミンやホルモンの分解や消化酵素の形成など肝臓は多くの役割を担っています。原因は食生活にも考えるべきポイントが出てきます。 

(3)ガン

一番怖い病気とも言えます。乳がん、口腔がん、骨髄のがんなど一口にガンと言っても様々あります。見た目では分からないです。

これらの心配が過ったら早めに検査をしましょう。餌を食べないだけの問題から大きな病になるのは防止させたいものですよね 

5)気になる場合にすべき2つの検査方法 

(1)ワクチン検査

感染症の防止です。食欲不振が続く場合には摂取を忘れてしまうことも考えられます。 

(2)検便検査

寄生虫などの様々な原因を探ることが出来ます。ノミやダニなどが猫に寄生している危険性も探れます。体調に悪い傾向が見られた際には便が大きな手掛かりになるかもしれません。 

Closeup on medical doctor woman writing in clipboard

6)検査後の2つの治療法 

(1)投薬治療

一度くらいは猫の餌に薬を混ぜて、与えたことがあるでしょう。まさにそれです。抗生物質などもそれに当てはまります。

獣医が示した薬以外を無理に与えてしまうと危険です。昔残った薬を再度利用することも危険です。 

(2)注射

注射と言いましても、感染予防とは違い治療目的で行うことです。食欲不振から注射までの連想はし難いかもしれませんが、回復させる上では有効な手段と言えます。

7)日常生活からできる健康な食生活への2つのポイント 

(1)飼い主がストレスを貯めない事

猫は敏感で、周りの環境を感じ取ります。一度たまたま餌を食べなかったことで飼い主が不機嫌になったとしたらその印象をしっかり覚えています。

それを小ばかにして猫が生意気な態度を続けたり逆に委縮したりすることもなります。なるべく冷静でいましょう。 

(2)原因も食べ物だけに向けない

確かに食生活の悩みはそこだけに目を向けがちですが、他の環境がいかがですか。

騒音などで 猫が寝られていないことや、常にトイレが汚い状態など考えられることはいくつも挙げられます。そこにも目を向けましょう。 






今回のまとめ

1)猫だけの責任にしないように、飼い主がしっかりと受け止める必要があります

2)一つだけの原因に絞らずに、他にも挙げられることを考えていきましょう

3)普段取らないような行動をとった際には一層注意が必要です

4)薬などが関わる問題は獣医の話をしっかり聞くようにしましょう