猫の診察を行う医者

いつも通りに猫のトイレ掃除をしていると「おしっこが赤い。血尿かな・・。」「なんとなく元気がない・・。」となやう事はないでしょうか。

今回は猫の血尿の代表的な症状・原因・対処方法などをお伝えいたします。






猫の血尿の3大原因!症状・対処・治療方法とは


1)猫の血尿の2つの症状!チェック項目とは

(1)おしっこの色が赤い

血尿とは「尿の中に赤血球が混入している尿」のことを言います。普段の黄色やオレンジ色っぽい尿とは違い、赤い尿や、濃いオレンジ色の尿が出たら要注意です。

猫のトイレに砂を入れている方が大半だと思いますが、その場合猫砂の色に注意してみましょう。猫砂の色が赤くなっていないでしょうか。

(2)排尿痛

血尿が出ている多くの場合、排尿痛が伴うことが多いです。

何度もトイレへ行っていないでしょうか・トイレでずっと排尿の姿勢をとっていないでしょうか・トイレでニャーニャーと鳴いていないでしょうか。

上記に挙げたものは排尿痛の代表的なサインです。

2)猫の血尿の3大原因とは

(1)尿路結石

猫はもともと乾燥地帯で暮らしていたため、水をあまり飲まなくても良い体の仕組みをしています。そのため、少ない水分に老廃物を濃縮した濃い尿をします。

この仕組みは結石を作りやすく、猫はもともと尿路結石になりやすいのです。

またミネラル分の多いドライフードを与えられるなどの食餌の影響によっても、尿の中に結石ができやすくなってしまうこともあります。

また、特に雄猫の尿道は細くて長く、先端がさらに細くなっているため結石がつまりやすく、尿路結石にかかりやすくなります。

尿路結石が詰まると血尿のほかに、排尿痛、何度もトイレに行くが尿がでない、食欲不振などの症状がみられます。

(2)膀胱炎

膀胱炎のほとんどが細菌に感染して起こります。

血尿、おしっこをしても頻繁にトイレに行く、お腹を触ると痛がる、発熱している、このような症状が出たら膀胱炎のサインです。

(3)中毒症状

意外と知られていないのがこの中毒症状です。猫はたまねぎや長ネギなどを誤って食べてしまうと中毒症状を起こしてしまいます。

体重1キログラムあたり28グラムほどの摂取で中毒を起こしてしまう、と言われています。中毒症状では血尿のほかに、ひどい貧血、ふらつき、黄疸、嘔吐、下痢などもみられます。

Orange Cat lying down outdoors

3)猫の血尿への2つの対処方法

(1)猫の様子を観察する

猫が血尿をしたら猫の様子を観察しましょう。

ご飯は食べているか・血尿の頻度・量はどれくらいか・元気はあるか・排尿痛はあるか

以上のようにいつもと違うこと些細なこともよく観察し、獣医師に伝えましょう。

(2)動物病院を受診する

血尿をしたらやはり自己判断は控え、動物病院を受診しましょう。

尿を病院へ持っていくことができれば良いですが、猫の場合は多くの家庭でトイレに猫砂が敷かれているため難しいでしょう。

そういった場合はどの程度の赤い尿だったのかを伝えるため携帯電話などで写真を撮って獣医師に見せるととても参考になります。

血尿の原因が尿路結石で尿路閉塞を起こしている場合、閉塞を解除せず放置してしまうと、膀胱に尿がたまり腎臓に悪影響を及ぼします。

最悪の場合、膀胱破裂などの重症に陥ってしまうこともあります。

4)猫の血尿が続く場合にすべき3つの検査方法

(1)尿検査

血尿の原因を探るために尿検査を行います。費用は一般的に1000円~2000円程です。尿のPH、潜血、顕微鏡を使用して結石・結晶の有無を調べます。

(2)エコー検査

エコーにより膀胱などの観察を行います。費用は一般的に3000円~5000円程です。

エコー検査により炎症の有無、結石、結石になる前の砂状の結晶がどれくらいあるのかを調べることができます。

(3)血液検査

血液検査では、一般的な血球の検査に加え、炎症の数値、腎臓などの数値を確認します。猫の状態により検査項目は変わりますが、費用は一般的に10000円~と考えておきましょう。

どの検査も数分から数時間の当日にできてしまう検査です。

Veterinarian examining a cat

5)猫の血尿が続く場合にすべき3つの治療方法

(1)尿路結石の治療方法

カテーテルを尿道口から入れて尿道を洗浄し、結晶を外へ洗い流します。

血尿の原因となった結石を取り除いても、膀胱の中に結晶が残っている場合が多いので、しばらくは治療を続けなければなりません。

また重度の尿路結石では、「一般に1センチを越える結石の場合」は外科的な除去、手術が適用されます。

上記の他には療法食が処方されることが多いでしょう。

(2)膀胱炎の治療方法

膀胱炎の多くの原因は細菌感染によるもののため、動物病院で抗生物質の投与をし経過を見ていきます。

(3)中毒症状の治療法方

吐き気や、下痢を止める内科的な治療に加え、貧血の治療を行います。貧血の程度により点滴による治療から、輸血を行うまで様々です。

重症の時は回復するまで1~2か月かかることもあります。

6)猫の血尿へ日常からできる3つの予防ポイント

(1)水を多く飲ませる

普段からきれいなお水を置いておいてあげましょう。半日ほどたったら交換してあげるのも良いでしょう。

ミネラルウォーターはミネラル分が多いのでやめましょう。水をあまり飲みたがらない猫にはウェットフードを合わせてあげると良いでしょう。

(2)トイレをいつも清潔にしておく

猫はとてもきれい好きな動物です。トイレを清潔に保つことはとても重要なのです。また猫の頭数×2つ分のトイレを用意しておくと尚良いでしょう。

(3)たまねぎや長ネギを触ったり食べたりできないように保管する

猫はとても好奇心旺盛な動物です。誤ってなんでも口に入れてしまいがちです。袋に入れておく、冷蔵庫に入れておくなどの対策をしましょう。

また調理後のたまねぎであっても危険です。たまねぎの入った料理や煮汁なども注意しましょう。

中毒を起こすものはたまねぎや長ネギだけではありません。人間の食べているものを安易にあげないことが大切です。






今回のまとめ

1)猫の血尿の2つの症状!チェック項目とは

2)猫の血尿の3大原因とは

3)猫の血尿への2つの対処方法

4)猫の血尿が続く場合にすべき3つの検査方法

5)猫の血尿が続く場合にすべき3つの治療方法

6)猫の血尿へ日常からできる3つの予防ポイント