もみじの葉を持つ猫

人間と違って首を横にブルッと振る猫のくしゃみ。1回や2回で終わるときは心配する必要はないのですが、くしゃみがなかなか止まらない、鼻水が止まらないなんてことになると病気のサインかも。

そんな猫のくしゃみの原因や対処方法、病気の可能性をお伝えします。






猫のくしゃみの3大原因!考えられる5つの病気とは


1)猫のくしゃみの2つの代表的症状

(1)病気の可能性がないくしゃみ

鼻の中にほこりが入ったり、鼻がむずむずするときには人間と同じように猫もくしゃみをして鼻の中の異物を外に出そうとします。

数回くしゃみをした後に平然としているようであれば、生理現象のくしゃみと思ってかまいません。

(2)病気かもしれないくしゃみ

朝から止まらずに何日も続く場合や、くしゃみだけでなく、鼻水や発熱がある場合には病気の可能性があります。

2)猫のくしゃみの3大原因とは

(1)ほこり・刺激臭

猫の鼻の粘膜にほこりがついて、刺激になるとくしゃみがでます。他にもあまりにも臭いの刺激が強すぎたり、気温の変化でもくしゃみがでます。

(2)アレルギー

人間に起こる猫アレルギーは有名ですが、猫自身もアレルギーを発症することがあります。ノミ・ダニや花粉、ハウスダストが原因でくしゃみや鼻水がでます。

(3)猫風邪

人間の風邪の時と似た症状を出す猫風邪。発熱やくしゃみ、鼻水などの症状があります。

この猫風邪というのは、「猫風邪」という病気があるのではなく、実際にはカリシやヘルペスなどのウイルスや細菌が原因で起こる感染症の総称です。

3)猫のくしゃみで考えられる5つの病気

(1)鼻炎

アレルギーや乾燥、煙やガスを吸い込んだりと鼻炎の原因はいろいろありますが、鼻炎になるとくしゃみと水っぽい鼻水が出てくるようになります。

(2)副鼻腔炎

猫の花の奥にある副鼻腔が炎症を起こしてしまう病気。くしゃみのほかに鼻筋が盛り上がって見えたり、鼻がつまることで息苦しそうという症状があります。

(3)猫クラミジア感染症

くしゃみと一緒に、目やにがたくさん出てきます。生後1年未満の子猫に発症しやすいです。感染力が強いので、多頭飼いをしている場合には隔離するなど注意が必要です。

(4)猫カリシウイルス感染症

くしゃみのほか、鼻水や発熱の症状が現れます。とても感染力が強く、接触感染以外にも空気感染もするので、生後1年未満の子猫は特にかかりやすいといわれています。

また、冬は空気が乾燥しているのでウイルスが繁殖しやすいため注意しましょう。

(5)猫エイズウイルス感染

猫のウイルス感染の中でもかなり厄介なのがこの猫エイズウイルス感染症。交尾や怪我などで体液に触れて感染することが多く、発症するとくしゃみや下痢、嘔吐なども頻繁に表れます。

Cat in veterinarian clinic

4)猫のくしゃみへの2つの対処方法

(1)どんなくしゃみをしているか観察する

くしゃみと同時に他の症状が出ていないかチェックしましょう。

(2)何日か続くようであれば病院へ

くしゃみを止めるためには、原因となる病気の改善が必要です。原因を突き止めるためにも病院できちんと検査してもらいましょう。

病院に行かなくても代表的なウイルス感染の薬を購入することができますが、確実性がない時には与えないようにしましょう。

5)猫のくしゃみが続く場合にすべき2つの検査方法

(1)血液検査

猫風邪かどうかもわかりますし、猫がアレルギーを持っているかどうかの検査することもできます。血液検査の中に草や虫、食べ物・ハウスダストなど90種類の物質に対するアレルギー検査という項目があります。

費用は20000円ほどです。

(2)X線検査

鼻炎や副鼻腔炎の可能性があるときにはレントゲン検査をすることで鼻腔内を確認することができます。費用は1枚につき3000円から4000円ほどです。

Stethoscope in hands

6)猫のくしゃみが続く場合にすべき2つの治療方法

(1)消炎剤や点眼薬、点鼻薬などを投与する

ねこのくしゃみから判明する病気である猫風邪では、ウイルスに直接効く薬はありません。消炎剤や点眼薬などは、症状を緩和させるためのものです。

(2)インターフェロンを投与する

これを投与すると免疫力を高めることできます。

7)猫の病気への2つの予防ポイント

(1)掃除をする

くしゃみの原因にもなりうるほこりなどは、毎日掃除をすることで抑えることができます。さらに猫のお気に入りのソファーやじゅうたんはハウスダストが潜んでいることもありますので、念入りに掃除をしましょう。

(2)ワクチンをきちんと打つ

猫風邪などの原因にあるヘルペスウイルスとカリシウイルスは、三種混合ワクチンに含まれています。

発症してしまうと手の打ちようがない猫風邪ですが、事前に防ぐ事が出来るので、きちんとワクチンは打ちましょう。






今回のまとめ

1)猫のくしゃみの2つの代表的症状

2)猫のくしゃみの3大原因とは

3)猫のくしゃみで考えられる5つの病気

4)猫のくしゃみへの2つの対処方法

5)猫のくしゃみが続く場合にすべき2つの検査方法

6)猫のくしゃみが続く場合にすべき2つの治療方法

7)猫の病気への2つの予防ポイント