猫の診察

猫も人と同じように「コホッコホッ」と咳をすることがあります。咳には心配のいらない咳、病気が隠されている咳が出る理由は様々です。可愛い愛猫が咳をしていたら少し心配になってしまいますね。

今回はそんな猫の咳の原因・病気・対処方法などをご紹介します。






猫が咳をする3大原因!病気・対処・治療法とは


1)猫の咳の2つの種類と特徴とは

(1)数回で収まる心配のいらない生理現象の咳

まず咳とは「鼻や気管や肺などの呼吸器官に侵入した異物を取り除こうとして起こる生理現象」のことをいいます。猫は頭を下げてケホケホと咳をします。

ゴミを吸い込んだりすると咳をすることがありますが、異物がとり除かれてしまえば咳はおさまります。この咳は心配はいらない咳といえます。

(2)なかなか止まらない、ゼーゼーしてしまう病気の隠されている咳

猫の咳は通常数回ほどすればおさまります。

しかし、咳がなかなか止まらない場合や、日常的に咳をしていたり、咳と合わせて「ゼーゼー」という音が聞こえる場合、痰が絡んでいる咳などは感染症や心臓病などが隠れている恐れがあります。

2)猫が咳をする3大原因とは

(1)異物が入ってしまったことによる咳

人もホコリなどを吸い込むと咳が出るように、猫も異物を吸い込んでしまったり、喉に食べ物が閊えたりするとそれを押し出そうとして咳をします。

この咳は数回で収まることがほとんどです。

(2)興奮してむせこんでしまったことによる咳

遊びやびっくりしたりすることでむせこんで咳をしてしまうことがあります。興奮が収まれば咳もおさまるため心配はいりません。

(3)病気が原因で起こる咳

咳がなかなか止まらない、ゼーゼーと音がする、痰がからんでいるような湿った咳をしている場合は病気が原因で咳をしていることがあります。

ほかにも元気がなかったり、苦しそうにしていたりと色々な症状が合わせておこります。

3)病気チェック!咳と一緒に現れる症状

(1)発熱や鼻水

咳と同時に発熱や鼻水などの症状が現れることがあります。

(2)苦しそうに呼吸をしている

咳をしながら、頭を低くして苦しそうに呼吸したりすることがあります。

(3)咳をしているときゼーゼーやヒューヒューという音がする

咳と同時にゼーゼー、ヒューヒューという音がしてくる場合があります。

(4)元気がない

咳だけでなく猫の元気がなくなってしまうことがあります。食欲がなくなってしまう猫もいます。

Veterinary

4)猫の咳が続く場合に考えられる6種類の病気

(1)猫上部気道感染症(猫風邪)

鼻水やくしゃみ、咳や目ヤニ、そして発熱などの症状が現れる病気です。ウイルス性鼻気管炎、カリシウイルス、クラミジアなどのウイルスや細菌が原因で起こります。

(2)喘息

喘息はアレルギーを引き起こす原因物質などが気管支を収縮させ、咳や呼吸困難を起こす病気です。喘息は悪化して喘息の発作が重度になると命にもかかわる怖い病気です。

(3)トキソプラズマ症

トキソプラズマという寄生虫が感染しておこる病気で、咳や息が荒い、嘔吐や発熱などの症状のおこる病気です。トキソプラズマ症は人獣共通感染症で人も感染に注意が必要です。

(4)心筋症

心臓の筋肉が薄くなったり、厚くなったりするなどの異常がおこり、心臓の働きが弱くなってしまう病気です。元気がなく疲れやすい、咳がでる、息が荒い、食欲不振などの症状が現れます。

(5)リンパ腫

リンパ腫はとても恐ろしい病気で予後があまりよくありません。リンパ球がガン化してしまう病気で、猫白血病ウイルスの感染が関与しているといわれています。

咳をする、息が荒い、痩せてしまうなどの症状が現れます。

(6)巨大食道症

食道の一部分が異常に広がった状態となり、そこに水や食べ物が溜まってしまう病気です。

発症すると食べ物を胃へおくることができなくなり、食事をするとすぐ吐いてしまったり、体重がどんどん減ってしまう、咳をするなどの症状が現れます。

5)猫の咳への3つの対処方法

(1)どんな咳をしているのか観察する

猫の咳がどんな咳なのかを観察しましょう。咳はどれくらい続いていますか、どんな時に咳が出ますか、ヒューヒューと音がしていませんか。

咳の様子を観察することがスムーズな病気の診断につながります。

(2)咳の他に変わった様子がないか観察する

咳をしている他にいつもとかわった様子はありませんか。元気はありますか、食事はとれていますかなどほんの少しの変化を見逃さない様にしましょう。

猫の様子を観察することがスムーズな病気の診断につながります。

(3)動物病院を受診する

咳が続く場合は動物病院を受診しましょう。喘息や心筋炎などはどんどん症状が進行する病気で、大丈夫だろうという安易な判断が猫の命にかかわることがあります。

早め、早めの動物病院の受診をおすすめします。

6)咳が続く場合にすべき検査方法

(1)血液検査

猫の全身状態を把握するために、全血球計算やスクリーニング生化学検査、原因の特定のためにウイルスの抗体価検査などを行います。

それぞれ猫の状態を見て検査項目を決めますが、費用は一般的に10000円からと考えておきましょう。

(2)X線検査

心臓や肺、気管の状態を観察するためにX線検査をすることがあります。費用は一般的に1枚5000円ほどです。

(3)エコー検査

心臓の様子を観察するにはエコー検査が用いられます。費用は一般的に5000円ほどです。

Stethoscope in hands

7)咳が続く場合にすべき治療方法

咳の原因別に治療法方をご紹介します。

(1)猫上部気道感染症(猫風邪)

気管支拡張剤や解熱剤、整腸剤などを用いて対症療法を行い、新たな感染防止のために抗生物質を投与して治療を行います。

(2)喘息

喘息の治療はステロイドや気管支拡張剤、抗炎症剤などの薬を用い治療を行います。

重症の場合は入院して酸素吸入や点滴などが必要となってしまうこともあります。喘息は完治の難しい病気です。喘息の発作をできる限り少なくすることが重要です。

咳が一時的におさまったからといって薬をやめると悪化の原因になります。

(3)トキソプラズマ症

トキソプラズマ症は様々な抗菌薬を併せて治療を行います。発熱や下痢などの症状がある場合は解熱剤、整腸剤などを用いて対症療法も行います。

免疫力、体力の落ちている猫の場合、命にかかわることもあります。

(4)心筋症

心筋症を完治させることは残念ながらできません。そのため心筋症の症状に合わせて、血管拡張剤やβ受容体遮断薬、利尿剤、などを用いて症状の軽減を図ります。

(5)リンパ腫

リンパ腫は主に抗がん剤を用いた化学療法がおこなわれます。また放射線療法を併せておこなうこともあります。また、嘔吐や下痢などその他の症状が現れている場合、対症療法を行います。

(6)巨大食道症

現在先天性の巨大食道症には有効な治療法はなく、予後はあまりよくありません。

しかし、鼻から胃へ直接チューブを通しそこから栄養を与えたり、胃チューブといって胃に直接チューブをつけたりして栄養を与えます。

また誤嚥性肺炎などには特に注意が必要です。

8)日常生活からできる猫の咳への予防習慣

(1)ワクチン接種

ワクチンを接種をすることで猫の上気道感染症や、リンパ腫に関係していると言われている猫白血病ウイルス感染症を予防することができます。

(2)完全室内飼い

外にはたくさんの病原菌やウイルスなどがあります。現在では猫の完全室内飼いが推奨されています。

(3)猫の生活スペースを清潔にたもつ

アレルギー物質などとの接触を防ぐためにも、猫の生活スペースを清潔にたもちましょう。






今回のまとめ

1)猫の咳の2つの種類と特徴とは

2)猫が咳をする3大原因とは

3)病気チェック!咳と一緒に現れる症状

4)猫の咳が続く場合に考えられる6種類の病気

5)猫の咳への3つの対処方法

6)咳が続く場合にすべき検査方法

7)咳が続く場合にすべき治療方法

8)日常生活からできる猫の咳への予防習慣