パピヨンの家族

パピヨンは小型犬の中でも頭が良く、性格は人懐こいなどと非常に飼いやすいワンちゃんとして大人気です。良いペットライフを送るためにパピヨンの性格を知ることそして、しつけのポイントやおすすめのドッグフード、オススメのペット保険をご紹介します。

今回は、そんなパピヨンの性格からしつけのポイントまでご紹介します。



パピヨンの性格の4大特徴!しつけのポイント

1)パピヨンの紹介・解説

1.パピヨンの原産地

パピヨンの原産地は「フランス」です。スペインやイタリアでは繁殖およびパピヨンの輸出入の本拠地とされていました。

2.パピヨンの平均体高・平均体重

パピヨンの平均体高は20〜28cmです。

次に平均体重ですが、4〜5kgです。
オスとメスで体格に大差はありません。

3.名前のルーツ

パピヨンというのはフランス語で「」という意味を表します。

特徴的な耳の形をしていることからそう呼ばれるようになりました。

4.パピヨンの歴史

16世紀ごろ、中世のヨーロッパで宮廷や貴族の間で「富の象徴」として寵愛をされていた「ドワーフ・スパニエル」が起源とされています。

過去には、フランスのルイ14世もパピヨンを寵愛されていたことも記録に残っています。

5.パピヨンの平均寿命

パピヨンの平均寿命は13~15年です。

清潔な環境が増えたことや医療技術の進歩などから中には20年近く生きる犬もいます。

6.ペットショップでの購入価格

パピヨンは個体差が大きく、価格にも幅があるようです。大体10万~20万台の価格が多いようです。

価格差の要因として、血統や見た目、オスかメスの性別、などによります。

メスはオスに比べて2万円くらい高くなっています。

パピヨンの正面写真

2)パピヨンの3つのタイプ

パピヨンの毛色はもともと単色でしたが、現在では大きく分けて3種類の毛色のパピヨンがいます。

ここからは毛色についてそれぞれ説明をしていきます。

1.ホワイト・ブラウン

日本で人気が高い毛色として、白と茶色の組み合わせのパピヨンは優しい印象を与えてくれます。

2.ホワイト・ブラック

海外で人気が高い毛色として、白と黒色の組み合わせのパピヨンは優雅な印象を与えてくれます。

3.トライカラー

通常パピヨンは2色での構成に対して、白黒茶と3色の構成が特徴です。

また、目の上の茶色の眉毛模様が特徴的で、ここ数年で人気が急上昇しています。

布団に座ったパピヨン

3)パピヨンの性格の4大特徴

1.人懐っこい

もともと、フランスの貴族の間で寵愛を受けていた種類であるため、社交的な性格です。

小型犬の中でもしつけをするのが簡単であるため、人間に対して困った行動をすることはほとんどありません。

2.神経質

パピヨンは成犬になると警戒心が強くなる傾向があり、中には慣れていないことや物に対して過敏な反応をします。

これを防ぐためには、仔犬のうちから飼い主以外の人間や他の犬との触れ合い持たせてあげましょう。

3.活発的

パピヨンは好奇心旺盛で、見た目とは裏腹に大胆で活発的な一面を持っています。

毎日の散歩や室内での遊びなど、適度に刺激を与えることが重要です。

4.頭がよい

パピヨンは300種以上の中で8番目に頭が良い犬として認定されています。

特に小型犬の中ではプードルに次いで知能が高いです。

child little girl with glasses reading a books

4)パピヨンのオスとメスでの性格の2つの違い

1.オスの方が子供っぽい

オスはメスと違い、子供を産まないこともあり大人になっても子供っぽい仕草を見せることがあります。

ただし、メスでも子供を産まない避妊手術をしたワンちゃんでもこの傾向はみられます。

2.メスのほうが気が強い

中世の貴族は圧倒的にメスを選んでいた傾向がありました。

理由はオスに比べ、ツンとしていて気品があるからです。

実際に飼っている人からの感想でもオスはおっとりで、メスは気が強いという話をよくききます。

白いパピヨン

5)パピヨンを飼う人に向いている3つのポイント

1.室内飼いができるかどうか

パピヨンは外で飼うには適さない犬種です。

愛玩犬ですので、環境による体調の変化も懸念されるため、室内飼いができない場合は諦めたほうが良いでしょう。

2.運動量の多い環境であるかどうか

パピヨンは小型犬にもかかわらず、運動量はかなり多いです。

したがって、毎日の散歩はもちろん室内でたくさん運動させる環境が整えるかどうかが重要になります。

運動不足は怪我の原因だけではなく、ストレスを大きくためてしまうため普段の行動にも悪い意味で表れてきます。

3.しつけをしっかり行えるかどうか

パピヨンに限らず他の犬種にでもいえることですが、しっかりとしたしつけができるかは重要です。

日頃からしっかりしつけして、飼い主との主従関係をはっきりさせておきましょう。

しつけができてないと、トラブルの元です。

横を向いたパピヨン

6) パピヨンのしつけの3つの重要ポイント

1.お座り

2.待て

3.伏せ

基本的なことですが、飼い主との主従関係を築くためには上の3つができないとその他の応用となるしつけができないといえます。

子犬のパピヨン

7)パピヨンの健康上の4つの注意点

1.膝蓋骨脱臼 しつがいこつだっきゅう

膝のお皿が正常な位置からずれてしまう状態のことをいいます。

つまり、靭帯の機能が果たせないため足が地に着きません。

原因は先天性なものだと遺伝子による骨や靭帯の構造の異常。もしくは、落下や打撲さらには肥満も原因として考えられます。

予防法としましては、足に負担をかけない環境づくりが重要になります。

したがって、過度の運動やフローリング床などは滑らない工夫をしていくことが良いでしょう。

2.逆さまつ毛

まつ毛が目にあたり、目やにや涙が増えてしまい、ひどくなると「角膜炎」や「結膜炎」などになってしまします。

原因は、パピヨンは長毛種であるため毛が伸びると目に入ることがあります。

予防法としましては、伸びた毛が目に入らないように定期的にその部分をカットしてあげるのが効果的ですし、定期検診を受けることで早期に発見することができます。

骨折

パピヨンは骨が細いため、骨折しやすい犬種といわれています。

膝蓋骨脱臼同様、高いところからの落下や飛び降りに注意しましょう。

ソファーに登らせない、抱っこの時の保定をきちんとするなどの対処が必要です。

脱毛症

ストレスやノミ・ダニ類、ホルモン異常など何らかの原因で脱毛症を発症することがあります。

10円程度の大きさの局所的な脱毛であったり全身に見られる脱毛など、脱毛の範囲や部位は様々で、痒みや炎症を伴います。

上記のような症状が見られた場合は、すぐに動物病院での診察を受けてください。
早期発見・早期治療を心がけましょう。

Closeup on thoughtful medical doctor woman in office

8)パピヨンにオススメのペット保険

パピヨンは小さいのに活発、でも骨が細いので、ちょっとしたことケガをしがちな犬種です。

そのため、ペット保険に入るのは必須といえます。

ただし、パピヨンのペット保険選びには『安さ』以外に注意点が一つあります。

パピヨンがかかりやすい病気に「膝蓋骨脱臼」がありますが、多くのペット保険では膝蓋骨脱臼は保険の対象外なんです。

膝蓋骨脱臼になりやすいのに保険の対象外では保険に入る意味がありません。

そこでオススメなのが『PS保険』です。

ペットサポートのPS保険

『PS保険』では膝蓋骨脱臼がしっかり保険対象!

しかも他の保険のように診断書や血統書、体毛といったものがなくても、インターネットで簡単に申し込めるのもポイントです。

月々の保険料も安いので、『PS保険』が気になった方は公式サイトでぜひ資料をご請求ください。

PS保険の公式サイト  


9)パピヨンを飼育する場合の3つの重要ポイント

1.散歩

もともと、活発な性格ので毎日30分の散歩を習慣づけるのがオススメです。

2.お部屋

ジャンプ力も高いので、ケージは屋根付きのものがオススメです。

運動量が多いので、お部屋も遊べる環境が整っているとなお良いです。

また、滑りやすい床は怪我の元になりますので、その点は対策を取るようにしてください。

3.食事

太りやすい犬種ですので、市販されているペットフードに人参やキャベツなどの野菜を与えるなど工夫をするか、カロリーが低いタイプのフードを食べさせて、肥満にならないよう配慮していくことが重要です。

10)パピヨンにおすすめのフード

パピヨンにおすすめのドッグフードは「モグワン」です。

動物性のタンパク質が50%も含まれていて、パピヨンのように小さいのに運動量が多い犬種にぴったりです。しかも栄養価が高いのでパピヨンの毛艶も良くなります。

値段は少し高いですが、安いドッグフードのような合成添加物も使っていないので、安心して食べさせてあげることができます。

それに高タンパク質のわりにカロリーが低いので、肥満のコントロールがしやすいところもオススメ!

モグワンの画像

原材料は、人間が食べても大丈夫な高品質のものを使っていて、原材料の品質、栄養バランスともに最高クラスですよ。

(安いフードは人間の食品では禁止された添加物や材料が使われていて、病気の原因となります。)

モグワンは量販店やAmazon、楽天では売っていないので公式サイトから購入してください。

 

『モグワン』の公式サイト  

獣医師も推薦する!モグワンドッグフードの口コミ評判まとめ

11)パピヨンを飼う場合の3つの心構え

1.狂犬病のワクチンを毎年打つ

狂犬病のワクチンは国で定められているため必要となります。また、狂犬病は治療法もなく死亡率が100%とかなり危険ですのでワンちゃんのことを考えるといずれにしても必要になります。

2.換毛期と抜け毛

パピヨンは基本的に被毛がシングルコートなので、一般的には抜けにくいといわれています。
しかし、中にはダブルコートのパピヨンもたまにいるので、ダブルコートだと抜け毛が多くなります。ダブルコートだと春と秋に換毛期、毛がかなり抜ける時期があります。

3.お手入れ

カット犬種ではありませんが、足の裏や爪は毛がずっと伸びます。また、衛生的にお尻周りを綺麗にすることで肛門系の病気の対策にもなります。

10)ペットにする喜び、パピヨンを飼う魅力とは

1.外見の優美さ

フランス語で蝶という意味の「パピヨン」はその名の由来の通り蝶のような立派な毛で飾られています。
その姿はとても繊細で優雅で気品のある印象を受けます。

2.明るく社会的で人懐っこい

とても人懐っこい性格でよく懐きます。他の犬に対してもとても友好的なので多頭飼いにも向いています。そして、人間に対しても困った行動をほとんどすることがありません。

3.頭が良い

犬の中でも頭の良い犬種です。特に小型犬の中ではプードルに次いで頭がいいといわれています。
そんなパピヨンは物覚えもいいのでしつけやトレーニングも比較的行いやすいです。



今回のまとめ

1)社交的で、人懐っこい面を持っている

2)成犬になるにつれ、神経質になるので仔犬のうちから対策を行う

3)活発的なので、適度な運動をしストレスを溜めさせない

4)頭がよい種類なので、しつけを早めに覚えさせることが重要

関連記事