ラグドール

ぬいぐるみのようなふわふわとした長い毛と、人なつっこい性格から飼いやすさでも人気の猫、ラグドール。

今回はラグドールの基本データ、性格や特徴、寿命や飼育のポイントについてご紹介します。かかりやすい病気についても紹介しています。






ラグドールの性格の3大特徴!飼育のコツとは


1)ラグドールの紹介 

(1)原産地

原産地はアメリカ合衆国です。

(2)平均体高

体高は大型です。ラグドールは骨格ががっしりとしており、筋肉質でもあります。

(3)平均体重

体重はオスで5~7kg、メスで4~5kgほどに成長します。大きいオス猫だと10kgを超えることもあります。

(4)名前のルーツ

ラグドールは英語で「ぬいぐるみ」という意味の名前です。

(5)歴史 

ラグドールは1960年代、アメリカのカルフォルニア地方で飼われていたシールポイントがベースとなっているといわれています。

その後、ペルシャ猫やバーミーズなどとの交配を重ね、改良がされてきました。CFA(アメリカの猫種登録協会)に公認されたのは2000年と、比較的新しい猫種なのです。

(6)平均寿命

寿命はおよそ14年前後だといわれています。

2)ラグドールの3つのタイプ 

(1)目と毛の特徴 

吸い込まれそうな青い瞳を持ち、白をベースとする豊かな長毛に、クリーム色やブラウン、レッドやブルー、チョコレートなどのポイントカラーが特徴です。 

(2)耳の特徴 

耳と耳の間がやや離れていて、耳の間が平らになっている頭もかわいいですよね。 

(3)体つきと尻尾の特徴 

大きく丸みのある体つきや骨太な脚、長くてふさふさしたしっぽ、ポイントカラーは猫というよりもタヌキやアライグマを連想させます。 

3)ラグドールの性格の3大特徴 

(1)大人しい

抱っこをしても、本物のぬいぐるみのようにじっと大人しくしています。

(2)人なつっこい

おおらかで人なつっこい性格をしており、抱っこされると喜んでくれます。これは他の猫にはなかなか見られない特徴です。

小さな子供にちょっかいをかけられても、根気よく接する優しさ、懐の深さを持ち合わせています。

(3)狩りや運動への関心は低い

狩りや運動への関心は比較的低く、爪を立てたり引っ掻いたりもほとんどしません。家具などを不用意に傷つけることも少ないので安心です。

ラグドール

4)ラグドールのオスとメスでの性格の2つの違い 

(1)オスのほうが活発

オスとメスとでは、オスのほうが活発です。

(2)オスのほうが人なつっこい

人なつっこいのも、オスのほうが多いと言われています。メスは少し神経質になることが多く、気分屋だったり、攻撃的になって爪を立てることもあるようです。

避妊や去勢の手術をすることで、極端な攻撃や活発性は少なくなると言われています。繁殖を望まないのであれば、手術も検討しましょう。 

5)ラグドールを飼う人に向いているポイント 

ラグドールの毛並みはシルクのようにフワフワとしており、何時間でも触っていたくなるほどです。

飼い主に抱っこされてなでられるのが好きなので猫とたくさんスキンシップを取りたい方にオススメの猫種です。

6)ラグドールのしつけの重要ポイント 

飼う場合に特に気をつけるべき点とはして、グドールは「帰巣本能」の強い猫といわれており、家に迎え入れた時や引っ越しの時は神経質になりがちな傾向があります。

ペットケージやハウスなどで安心できる場を作り、新しい環境に慣れるまではあまり構いすぎず、そっと見守るようにしましょう。

7)ラグドールの健康上の注意点

(1)特にかかりやすい病気

 ・毛球病

長毛種なので、毛球病のリスクは高いです。毛球病は、猫が日常行う毛繕いの中で飲み込んでしまう毛をうまく排出することができず、体内に毛玉がたまって胃や腸等の壁を傷つけてしまう病気です。

症状としては食欲不振を起こしたり便秘や嘔吐することもあります。ひどくなると命を失うこともあります。 

・肥大性心筋症

この猫種の特に雄は、肥大性心筋症という病気にかかるリスクがとても高いです。これは、心筋壁が肥厚して心臓に血栓ができて動脈が詰まってしまう病気です。

症状は、呼吸が荒くなり、起き上がれなくなったり、呼吸困難に陥り心停止してしまう場合もあります。迅速な処置が必要で、少しの遅れが命取りになります。

猫の呼吸が荒くなったらすぐに獣医さんに連れて行きましょう。

対処としては絶対安静で、呼吸困難を起こしている場合は酸素吸入を行います。薬で血栓を除去したり、手術が必要になることもあります。

・尿結石

この猫種は尿結石にもかかりやすいです。これは、腎臓や尿管、膀胱、尿道などに石や砂ができる病気です。

症状としては、血尿がでたり、頻回にトイレに行くけれど、尿量が少ないとか、排尿時に痛がることがあります。

重症になると尿が出なくなり、食欲もなくなります。ひどくなると命に関わることもあります。原因としては水をあまり飲まなかったりビタミン不足、抵抗力の低下などであると言われています。

軽ければ薬で石を溶かして流しますが、石が大きくなっている場合は手術が必要になります。 

(2)病気に対する予防方法とは

毛球病は日常的にブラッシング等のケアを丁寧にしてあげましょう。肥大性心筋症は定期的な診察によって、ある程度予防できる病気です。 

Closeup on medical doctor woman writing in clipboard

8)ラグドールを飼育する場合の6つの重要ポイント 

(1)お部屋

ラグドールのポイントは室内で飼うことです。いつもゆるりとリラックスし、鈍感な性格をしているので、室外での危険に機敏な対応ができないからです。

室内でも重たい物を高いところにおいておくなど、危険な場所ができないよう気配りをしてあげてください。

・食事

食事はよく食べてくれます。筋肉のもととなる高タンパクなもの心がけて与えてあげてくださいね。肥満には注意してくださいね。

食事量は体が大きいので多めに必要ですが、あげ過ぎて肥満にならないように注意。成長し切るまでは高カロリーのキャットフードを食べさせてあげてください。

・睡眠

他種より睡眠時間が長いです。

(2)環境 

またラグドールは、帰巣本能の強い猫といわれており、家に迎え入れた時や引っ越しの時は神経質になりがちな傾向があります。

ペットケージやハウスなどで安心できる場を作り、新しい環境に慣れるまではあまり構いすぎず、そっと見守るようにしましょう。

(3)手入れ

やや抜け毛は多いですが毛は絡みにくく、お手入れは楽なほうです。長毛種なので毎日丁寧にブラッシングしてあげてくださいね。

9)ラグドールを飼う場合の2つの心構え 

(1)抱っこをしてあげる

ラグドールはとても大人しい猫なので、遊ぶよりは抱っこしてあげる方が喜ぶかもしれません。もちろん、運動は必要なので適度に遊んであげればいいです。

(2)室内飼いにする

体が大きいので遊ぶスペースは広めに取りましょう。ちょっと鈍いので、外に出てケガをしないように基本は室内飼いにしましょう。






今回のまとめ

1)ラグドールの紹介 

2)ラグドールの3つのタイプ 

3)ラグドールの性格の3大特徴 

4)ラグドールのオスとメスでの性格の2つの違い

5)ラグドールを飼う人に向いているポイント 

6)ラグドールのしつけの重要ポイント 

7)ラグドールの健康上の3つの注意点とは 

8)ラグドールを飼育する場合の6つの重要ポイント  

9)ラグドールを飼う場合の2つの心構え