セントバーナードの家族

アニメ「アルプスの少女ハイジ」でヨーゼフのモデルにもなったセントバーナード。広大な自然の中を走り回ったり、そっと人間の側に静かに寄り添ったりと、優しくも風格溢れる魅力がたくさんのセントバーナードですが、今回はその性格についてご紹介します。



セントバーナードを紹介!性格の6大特徴としつけのコツ


1)セントバーナードの紹介

(1)セントバーナードとは

セントバーナードは筋肉質で力が強く、均衡のとれた大きな体格をしています。また、その力強さから深い雪の中を何キロも進むことが出来る能力を備えています。逞しさのわりに表情は穏やかで、子犬の頃はやんちゃでも大人になるにつれ落ち着いた性格になっていきます。現在では人間の伴侶動物として飼われていることが多いですが、元々は使役動物だったため、しつけさえしっかりと出来ていれば人間に対して従順で冷静な状況判断を下すことが出来ます。

(2)原産地・平均体高・平均体重

原産地:スイス

平均体高:65cm~90cm

平均体重:50kg~91kg

(3)名前のルーツ・簡潔な歴史

セントバーナードは、ローマ時代のモロシアンタイプの犬種に起源があるとされ、1660年から1670年にかけて本格的に改良され始めました。当時アルプスのスイスとイタリアの国境付近にある宿泊施設「サン・ベルナール修道院」で、主に荷車を引いたり番犬として働いていましたが、深い雪の中を進める能力に僧侶たちが気付いた頃から、遭難者の救出という役目で活躍するようになりました。ここで活躍していた大型犬が、後にセントバーナード(サン・ベルナールの英語読み)と呼ばれるようになりました。

(4)気をつける病気

悪性リンパ腫(リンパ肉腫)・胃捻転

(5)平均寿命

7年~8年

2)どんな種類があるの?2つのタイプと特徴の違い

(1)スムースタイプ

セントバーナード本来のタイプはこちらの短毛種です。短毛がぎっしりと硬く密集しており、寒さにも耐えられるようになっています。

(2)ロングタイプ

改良された後に生まれたタイプで、個体によって直毛だったり、ややウェーブがかったほどほどの長さの毛だったりと、さまざまな長い毛で覆われています。

3)理解してあげよう!セントバーナードの性格の6大特徴

(1)子犬の頃はやんちゃ

大人になると落ち着いてきますが、子犬の頃はやんちゃで遊ぶことも大好きです。そのため、時間を見つけてかまってあげましょう。

(2)静かで落ち着いている

大人になったセントバーナードは、きちんとしつけが出来ていれば特に問題を起こすこともなく、のんびりと静かに過ごすことの多い犬種です。

(3)忍耐強い

子どもの近くにいる時などは特に、温和で忍耐強い性格をしています。そのため体格は大きいですが、小さな子どもとも上手に生活していくことが出来ます。

(4)基本はマイペース

特に遊び好きというわけでも、極端に飼い主にベタベタと甘えてくるということもありません。甘えん坊ではありますがしつこ過ぎず、普段はのんびりと落ち着いて過ごしています。

(5)時々頑固になる

特別セントバーナードだけに見られるわけではありませんが、時々は頑固になったりもします。しつけが納得いかなかったり、興味のないことにはしらんぷりすることもあります。

(6)家族に献身的

元々は使役犬として飼われていたこともあり、家族に対して非常に献身的で、家族を喜ばせることに一生懸命になります。

セントバーナードとカップル

4)知っておこう!オスとメスの違いはあるの?

(1)オスの特徴

オスはメスよりも甘えん坊で、遊ぶのがやや好きな傾向にあります。

(2)メスの特徴

メスも甘えん坊ではありますが、オスほどではないようです。また、オスよりもマイペースな面が強い場合もあります。

5)どんな人が向いている?飼う人に向いているポイント

(1)子どものいる家庭

セントバーナードは子どもに対して温和で忍耐強い性格をしています。そのため、小さな子どものいる家庭でも飼いやすいです。

(2)毎日適度に時間のとれる人

太り過ぎないよう毎日適度に歩いたり、走ったりの運動をさせる必要があります。毎日きちんと時間のとれる人や、家族で交代で面倒を見れる家庭がおすすめです。

(3)牧場などを営んでいる家庭

元々使役犬として働いていた歴史がありますので、牧場などで働かせるには向いている犬種です。

(4)屋外飼育が可能な家庭

屋内飼育よりも、屋外飼育が向いている犬種です。そのため、ある程度の広さの庭がある家庭で、屋外で飼育するのが理想的といえます。

(5)寒い地域に住んでいる人

セントバーナードは暑さにはやや弱いですが、寒さには強い犬種です。寒い地域での飼育には適しています。

セントバーナードの子ども

6)ここを抑えよう!しつけの3つの重要ポイント

(1)しつけは正しく行う

セントバーナードは賢い犬種ですので、しつけのやり方で納得いかないことがあると頑固になったりします。そのため、しつけを行う際には犬側にもしっかりとその意図が伝わるように行う必要があります。

(2)メリハリをしっかりとつける

セントバーナードは状況判断能力に優れ、また忍耐強い性格でもあります。そのため、しつけがしやすい犬種でもありますが、だからといって厳しくし過ぎないようにしましょう。しつけ以外の時間はたくさん可愛がって、甘えん坊の欲求を十分に満たしてあげましょう。

(3)まずはプロに手ほどきをしてもらう

セントバーナードをはじめ、大型犬種は小型・中型に比べしつけが難しいです。なまじ賢い分きちんとしつけを通して主従関係を作っておかないと、体が大きくなってから大変なことになってしまいます。また、体重管理も難しいため、初心者がいきなり飼うことはあまりおすすめは出来ません。もし大型犬を飼い慣れていない場合には、まずは必ずプロにしつけの方法を教わるようにしましょう。

7)セントバーナードを飼う魅力や心構えとは

セントバーナードは子どものいる家庭でも飼いやすいですし、温和な性格なのでしつけさえしっかりと出来ていれば献身的に家族に寄り添って生活してくれる犬種です。しかし、大型犬を飼うには毎月の費用がかなり掛かりますし、また生半可なしつけでは制御出来ません。家族として一緒に暮らしていくのであれば、理想だけではなく、きちんとしつけが出来るのか、毎月の費用は大丈夫なのかをきちんと考えた上で飼うようにしましょう。



今回のまとめ

(1)セントバーナードは、遭難者の救出に活躍していた大型犬です。

(2)セントバーナードの長毛種は、短毛種を改良して生まれたタイプで、直毛やウェーブのかかった個体もいます。

(3)セントバーナードの性格はのんびりと忍耐強く、家族に対して献身的ですがあまりベタベタと甘えてはこずに落ち着いています。

(4)セントバーナードのオスは甘えん坊で遊び好きですが、メスはマイペースな面があります。

(5)広い庭のある家庭や毎日きちんと運動させる時間のとれる人がセントバーナードの飼育に向いています。

(6)セントバーナードはとても賢い大型犬ですので、しつけはしやすいでしょう、厳しくしすぎずしつけ時間以外は可愛がってあげましょう。大型犬初心者の方は難しいのでプロにしつけてもらうのがいいでしょう。

(7)セントバーナードは温和で家族に寄り添ってくれる犬種ですが、毎月かかる費用と、しつけがちゃんと出来るかどうか、よく考えて飼うようにしましょう。

犬に関する関連記事