Cute colorful budgies in cage, outdoors

セキセイインコはとても愛らしくて人気のあるペットです。寿命が短いと言われているセキセイインコですが、飼い方によっては、長生きすることができるのです。

そこで今回は、セキセイインコの平均寿命や健康寿命についてご紹介したいと思います。






セキセイインコの寿命解説!健康の8つのコツ


1)セキセイインコの4つの特徴

(1)大人しい

セキセイインコは「比較的大人しい性格」で、鳥かごの中にいるときはほとんど「止まり木に止まってじっとしている」ことが多いです。

鳴き声もインコの中では小さい方なので、隣近所を気にせずに飼うことができるでしょう。

なので、初めてペットを飼う人でもお世話が簡単なので、飼育しやすいでしょう。しかし、インコにもそれぞれ「個性」がありますので、中にはやんちゃな子もいます。

(2)人間との相性がいい

セキセイインコは人間によく懐きやすく、とても相性がいいと言われています。名前を呼ぶと返事をしてくれたり、肩に乗ってきたりしてくれます。

特に「雛から飼育する」と、より懐きやすいでしょう。

(3)喋るのが大好き

セキセイインコは「お喋りがとても得意」で、人間の言葉を真似します。音を真似たり、短い言葉だけではなく、長い言葉を覚えさせることも可能です。

特に、雌より「雄のインコの方がお喋りが得意」です。何故、インコはお喋りをするのかと言うと、「人間とコミュニケーションをとりたいから」だと言われています。

言葉を覚えることは、人間の事が大好きな証拠です。

(4)カラフルで綺麗な模様

「ブルー」、「グリーン」、「イエロー(ルチノー)」、「レインボー」など、色々な種類があり、カラフルでとても綺麗な模様が注目されています。

同じ色の種類でも、同じ模様はいないほどです。また、「鼻の色が白っぽいと雌」、「青っぽいと雄」のように、鼻で性別の区別がつきます。

しかし、「大きくなってから鼻の色が変わる」為、「雛のうちは性別の区別」がつかないので注意です。

2)セキセイインコの平均寿命

(1)平均寿命は7~8年

セキセイインコの平均寿命は一般的には「7~8年」と言われています。しかし、まれに「10年以上長生きする子もいる」のです。

大きい生き物は寿命が長く、小さい生き物は寿命が短いということです。

(2)セキセイインコの年齢

セキセイインコの寿命の7~8年は、人間の年齢で言うと、「58~61歳」になります。10年で、「80歳」にもなります。

こうして表すと、年齢的の寿命は「人間と同じ」なのがよくわかります。

Blue budgie

3)セキセイインコの寿命が短い場合の3つの原因

(1)病気

セキセイインコで一番多く見られる死因の原因は、病気です。

「精巣腫瘍」や「感染症」など、にもさまざまな病気がありますがその中でも予防できる病気が沢山あります。

(2)事故

これは、飼い主の不注意などによる事故です。

その中でも、最も多いのが踏んでしまったり、お湯や油の中に入ってしまったり、窓を開けた際に飛んで行ってしまうケースです。

(3)栄養失調

セキセイインコは主食の殻類の他に、「カルシウム」や「ビタミン」、「野菜」をとらなければなりません。

カルシウム不足などで栄養失調になるケースも多いです。

4)寿命が長い・短いセキセイインコの決定的な3つの違い

(1)日光浴

セキセイインコは日光浴をすることによって、「ビタミンD」を体内で作ります。ビタミンDは健康な体を作るのに欠かせません。

また、「体の殺菌消毒」にもなります。寿命が長いセキセイインコは日光浴もさせてあげています。

日光浴をさせる際には、直射日をあびさせるのではなく、「カーテン越しに」させてあげてください。

直接日光をさせてしまうと、日射病などの原因になりますので、注意してください。

(2)放鳥

基本的には、セキセイインコはゲージの中で飼育します。しかし、1日中ゲージの中に居ると、「ストレス」が溜まったり、「運動不足」になってしまいます。

これらを予防する為に、「1日1時間」程度、放鳥の時間を作ってあげてください。

(3)健康診断は1年に1~2回行う

セキセイインコは病気になっていても、「健康なふり」をします。

飼い主さんにはわからくても、病気になっている可能性もありますので、定期的に健康診断に行くことが大切です。

5)寿命が長そうなセキセイインコの選び方のポイント

(1)人なつっこい

人なつっこい子セキセイインコは比較的に飼い主に懐きやすいので、なつっこい子を選ぶのがよいでしょう。

主に、「臆病ではない子」「追ってくる子」がよいでしょう。

(2)健康状態

これは一番大切な事で、主に「体を膨らませていないか」「口の周りが汚れていないか(嘔吐などで)」「元気に動いているか」「下痢をしていないか(お尻が汚れていないか)」「足をひきずっていないか」「体全体は綺麗でツヤはあるか」をよく観察しましょう。

また、最も重要なのが、「体格」です。店員さんにお願いして触らせてもらいましょう。手に乗せてみて、軽い子よりも重い子の方が健康です。

Closeup on medical doctor woman writing in clipboard

6)健康寿命を延ばす食事の2つのポイント

(1)皮付き餌・皮なし餌

シードには皮付き餌と皮なし餌があります。皮付き餌は、生きている餌(植えると芽が生える)、皮なし餌

は、死んでいる餌(芽が生えない)です。皮付き餌は、皮なし餌に比べると、「栄養がとても高い」ので、成鳥には皮つきをあげましょう。

(2)栄養バランス

セキセイインコの主食は、主に「殻類」です。ですが、殻類だけを与えつづけると「お米だけを食べているのと同じ」で、必用な栄養がとれません。

殻類の他に、副食として「青菜」、「カルシウム」、「ビタミン」、「ヨード剤」を与え、栄養バランスの良い食事をさせてあげてください。

7)健康寿命を延ばす為にできる8つの予防ポイント

(1)体重管理

セキセイインコの平均体重は「35~40g」と言われています。「痩せすぎていないか」、「肥満ではないか」をチェックしましょう。

また、きちんと餌を食べているかもわかります。体重の変化で「病気の早期発見」もできるので、定期的に体重を計りましょう。

(2)噛みぐせ

セキセイインコは物を噛むことで「ストレスを解消」しています。しかし、人間の指を噛むことがあります。インコの噛む力は意外と強く、非常に痛いです。

それを辞めさせるために、「しつけ」をしなければなりません。

指を噛まれたら、セキセイインコの顔にフッと息を吹きかけてあげてください。そうすることによって、「指を噛むと嫌なことが起こる」と学習し、徐々に噛まなくなるでしょう。

かわりに、「おもちゃ」やストレス解消の「おやつ」もありますので、それを与えてストレス解消させてあげてください。

(3)餌・水は毎日取り替える

長い期間、餌、水をいれっぱなしにしていて、餌や水が古くなってくると「カビ」や「殺菌」などが増え、「感染症」などの病気を引き起こす可能性が高くなります。

衛生管理に気を付けて、餌が余っていても「1日1~2回」は取り換えましょう。

(4)散歩

基本的にはセキセイインコは散歩はさせませんが、させても問題はありません。しかし、「外には危険がいっぱい」なのです。

とくに、「猫」や「カラス」などに食べられてしまう、というケースも多いです。また、セキセイインコは逃げるという意識がなくても、広い大空見たら飛びたくなってしまい、「ほとんど帰ってくることはない」でしょう。

外に出すときは、「カゴに入れたまま、短時間だけ」しにましょう。

(5)放鳥の時間は安全かどうかを確認してから

セキセイインコを室内で放鳥するときは、必ず、安全を確かめてからにしましょう。「窓を閉めているか」、「食べたら危険な物(針、化粧品など)はないか」、「ストーブやガスコンロは切ってあるか」などを確認しましょう。

た、セキセイインコは、窓ガラスを認識できないため、窓ガラスに激突して怪我をしてしまう可能性があります。

なので、「カーテンを閉めておくと安全」です。放鳥の時間は、「事故防止」の為に目を離さず見ていてあげてください。

(6)爪のお手入れ

セキセイインコの爪が伸びていると、布に引っかかりパニックになってしまい、骨折などの原因になりとても危険です。

しかし、セキセイインコの爪を切るのはとても大変です。やはり、じっとしていてと言ってもできません。そこで、お勧めのグッズがあります。

スドー サンドパーチカバーと言うグッズです。こちらのグッズは、ヤスリ状になっていて普段使っている止まり木に付けるだけで、セキセイインコの爪が自然に爪が短くなり、滑らかにしてくれます。

(7)寒い冬はペット用ヒーターをつける

セキセイインコは「寒さにとても弱い」生き物です。あまりにも寒いと、死んでしまう危険性が高まります。

ゲージの中の温度は「27~28度」に保ってあげましょう。ペット用ヒータをゲージに付けてあげて、寒さ対策をしてあげてください。

(8)発情の予防

セキセイインコは年に2回「発情期」があります。発情期はとても体に負担がかかり、行き過ぎた発情をすると寿命が縮んでしまう恐れがあります。

発情により、引き起こしてしまう病気は、メスとオスで違います。メスの場合は、「卵秘」、「卵詰まり」、「カルシウム欠乏症」などです。

オスの場合は、「餌の吐き戻しによる衰弱」、「精巣腫瘍」などです。これらを予防する為には、発情を抑えてあげる必用があります。

予防法は、「巣箱などの狭い空間は作らない」、「おもちゃや鏡を取り除く」、「背中を撫でない」、「カルシウムを与える」。です。こちらはメスの場合です。

また、「高カロリーの食べ物を与えすぎない」、「昼間の時間を長くしない」です。こちらはオスメス共通です。

これらを意識し、発情を抑えてあげることで、長生きに繋がります。






今回のまとめ

1)セキセイインコの4つの特徴

2)セキセイインコの平均寿命とは

3)セキセイインコの寿命が短い場合の3つの原因

4)寿命が長いセキセイインコと短いセキセイインコの決定的な3つの違い

5)寿命が長そうなセキセイインコの選び方の2つのポイント

6)健康寿命を延ばす食事の2つのポイント

7)セキセイインコの健康寿命を延ばす為にできる8つの予防ポイント