シェルティの性格の3大特徴って?しつけのコツと注意点とは

笑顔のシェルティ

シェルティはコリーに似た外見ですが、環境にあわせてより小型化された犬種です。ふさふさの美しいコートに、均整の取れた体、優しい顔つきをしています。

今回はそんなシェルティの性格としつけのコツについて紹介します。



シェルティの性格の3大特徴って?しつけのコツと注意点とは


1)シェルティの紹介

それではまずシャルティについて、詳しくご紹介します。

1.シェルティとは

原産地はイギリスのスコットランド地方です。

正式名は「シェットランド・シープドッグ」で愛称が「シェルティ」です。

2.平均体高・平均体重

一般社団法人ジャパンケネルクラブでは、シェルティの理想体高をオス37センチメートル、メス35.5ンチメートルとしています。
平均体重はオス、メスともに10キログラム前後の小型犬です。

他の小型犬の性格やしつけについてはこちら

3.名前のルーツ・簡潔な歴史

名前のルーツは、原産地スコットランド地方のシェトランド諸島に由来しています。

スコットランドの牧羊犬のボーダーコリーやラフコリーの先祖と、クジラ漁の漁師が連れていたサモエドなどのスピッツのタイプが起源と言われています。

4.日本で飼育されている数

日本で飼育されているシェルティの数ですが、血統書を発行しているジャパンケネルクラブの2016年の犬種別犬籍登録頭数を調べてみると2,037頭です。

犬全体の登録数が300,470頭なので、シェルティの割合は約0.6%で少しマイナーな犬種といえるでしょう。

5.ペットショップでの購入価格

シェルティのペットショップでの購入価格の相場は、12~25万円です。またブルーマールブラック&ホワイトなどの珍しい毛色の場合は30万円を超えることもあります。

6.平均寿命

シェルティの平均寿命は12-15年くらいで、小型犬の中では比較的長いほうです。

7.コリーとの違い

シェルティはコリーが小型化されただけではなく、性格もコリーとは異なるため飼育方法も異なるといわれています。

またコリーよりも活動的ですが、警戒心が強くやや神経質な傾向にありますので、コリーとは違う犬種という認識をしたほうが良さそうです。

寝そべるシェルティ

8.気をつける病気

・特発性てんかん

比較的若い時期からも発症し、原因不明のけいれん発作を起こす病気です。全身のけいれん、意識消失、失禁、よだれなどを起こす全身発作などがあります。

犬のてんかんの4大原因!症状・対処・治療法とは

・甲状腺機能低下症

老犬に発症することが多い病気で、のどにある甲状腺ホルモンの機能が弱まることで起こります。
不活発、むくみ、脱毛などの症状がみられます。発症した場合は投薬治療が必要になります。

・コリーアイ症候群

目の遺伝性の病気で、眼球の外側にある強膜の一部が拡張して起こります。
病状が進行すると失明につながることもあります。

2)種類の違いはあるの?シェルティの5つの毛色のタイプ

ジャパンケネルクラブではシェルティの5つの毛色のタイプが認められています。
ブラック&タンのものを除き、ブレーズ、カラー、胸、フリル、脚、尾先の全てまたは部分的にホワイト・マーキングが見られるのが好ましいとされていますが、なくても欠点とはみなされません。

1.セーブル

あざやかな茶の毛色で、薄いゴールドから濃いマホガニーまでが好ましいとされています。

セーブル柄のシェルティ

2.トライカラー

ボディがブラックで、濃いタン・マーキングが好ましいとされています。

トライカラーのシェルティ

3.ブルーマール

きれいなシルバー・ブルーで、大理石のようにブラックが散らばっています。シェルティの中でも人気が高いです。

ブルーマールのシェルティ

4.ブラック&ホワイト

ブラックとホワイトの毛色をしています。

ブラック・ホワイトのシェルティ

5.ブラック&タン

ブラックとタン(茶)の毛色をしています。

ブランクタンのシェルティ

3)理解してあげよう!シェルティの性格の5大特徴って?

シェルティの性格の大きな5つの特徴をご紹介します。

1.愛情深い

シェルティは飼い主に愛情深く、温厚で優しい性格です。
繊細な面もあるため見知らぬ人にはやや打ち解けにくいです。

2.忠実

シェルティは飼い主に献身的で忠実な性格です。

3.明朗活発

シェルティは活動的で遊び好きな性格です。まさに明朗活発で子供との相性も良いです。

4.忍耐強い

忍耐強く物覚えが良いので、適切に行えばしつけもしやすいと言えます。

5.警戒心が強い

見知らぬ人には臆病になることがあり、吠えることもあります。

シェルティのオスとメスの違いについて勉強中

4)性格の違いはあるの?オスとメスでの性格の違い

1.オス

シェルティのオスとメスでは、個々の性格にもよりますが、オスはより優しい傾向にあります。

2.メス

メスはオスに比べて、自立心が強く、やや支配的な傾向にあることがあります。

5)どんな人が向いている?シェルティを飼うのに向いているポイント

1.一緒に過ごす時間が持てる人

シェルティは小型のわりには運動量が多いため、毎日1時間程度の散歩が必要です。
十分に一緒に過ごす時間が持てる人に向いています。

遊びが好きなので遊びを取り入れながら運動をさせましょう。

シェルティと遊ぶ子供

2.元気で活発な犬が欲しい人

シェルティは運動が好きで非常に活発なため、外で跳んだり走ったりして遊ぶような、アクティブな活動が向いています。フリスビーなどのトレーニングをするのに適しています。

3.吠えてもあまり気にしない人

シェルティはもともと牧羊犬という性質上、動くものを追いかけたり、よく吠えることがあります。こういった性質をあらかじめ理解し、鳴き声にあまり神経質にならず、気にし過ぎない人に向いています。

6)ここがポイント!シェルティのしつけの3つのコツとは?

1.信頼関係

信頼関係があれば、シェルティは従順な性格ですのでしつけがうまくいきます。
人と関わることが大好きなのでなるべく室内で飼育して、話しかけたり遊んであげたりしましょう。

多くの時間を一緒に過ごすことによって、さらに良い関係を築くことができます。

2.適切なしつけ

シェルティはまじめで賢いため、適切で一貫性のあるしつけでなければ受け入れてくれないことがあります。
叩くなど、恐怖を与えるようなしつけは適切ではありません。

また褒めたり、叱ったりする言葉は一貫性を持たせることが大切です。

3.吠え癖・噛み癖

もともと牧羊犬は、羊に吠えたり足に噛みついたりして群を誘導していました。
シェルティにもこの名残が強くあります。

幼いころから知らない人に触れられて社会性を養ったり、褒める叱るのメリハリをつけたしつけを根気よく続けましょう。

噛み癖は、噛む玩具やおやつをうまく使って、噛んで良いものとそうではないものの境目をはっきりさせておくことが大切です。

ただし、退屈で運動不足が原因で吠え癖・噛み癖が出る場合があります。しっかり遊んであげてください。

シェルティの飼育に関しての注意事項とは?

7)要注意!飼育する場合に特に注意する3つのこと

1.運動

シェルティはもともと寒い地方で生まれた犬種なので、他の犬種に比べて脂肪が付きやすい傾向があります。
毎日散歩をさせないとすぐに肥満になってしまうでしょう。

2.食事

1で紹介したように肥満になりやすい犬種ですから食事のバランスも大切です。
シェルティの肥満は、人間と同じく病気のリスクが高くなってしまいます。
普段の散歩で痩せない場合は、ローカロリーで高タンパクな食事で調整しましょう。

3.ブラッシング

シェルティの長くて美しいダブルコートは、仔犬のうちは毎日ブラッシングが必要です。そうすれば部屋が毛で汚れることもあまり無くなります。ブラシを軽く持って行ってください。皮膚病の予防にもなります。トリミングは不要とされています。

夕日にたたずむ二匹のシェルティ

8)ペットにする喜び・・シェルティを飼う魅力とは

1.バランスがとれている

シェルティは愛情深くて賢く、扱いやすい大きさに、明るくて活発な性格が魅力的です。

見た目、性格、大きさ、全てにバランスがとれています。

2.つぶらな瞳

シェルティの優しくてつぶらな瞳は、何とも言えず可愛くて魅力があります。愛らしい姿に一目ぼれをしてしまう飼い主さんが多いようです。

つぶらな瞳のシェルティ

今回のまとめ

1) シェルティの原産地はイギリスのスコットランド地方、理想体高はオス37センチメートル、メス35.5センチメートル、平均体重はオス、メスともに10キログラム前後。

2) シェルティの5つの毛色のタイプは、セーブル、トライカラー、ブルーマール、ブラック&ホワイト、ブラック&タン。

3) シェルティの性格の5大特徴は、愛情深い、忠実、明朗活発、忍耐強い、警戒心が強い。

4) シェルティのオスとメスでの性格の違いは、オスはより優しく、メスは自立心が強く支配的な傾向。

5) シェルティを飼う人に向いている3つのポイントは、一緒に過ごす時間が持てる、元気で活発な犬が欲しい、吠えてもあまり気にしない人。

6) シェルティのしつけの3つの重要ポイントは、信頼関係、適切に、吠え癖・噛み癖。

7) シェルティを飼育に関しての3つの注意点は、肥満、ブラッシング、コリーとの違い。

8) シェルティを飼う魅力とは、見た目、性格、大きさ、全てにバランスがとれていて、つぶらな瞳が可愛い。

関連記事

小型犬に関する関連記事