子犬の柴犬

丸いクリッとした目に、可愛らしい仕草、しっぽを振ると一緒に動くおしり、やんちゃな一面も持つ柴犬を好きな方は少なくないでしょう。

今回はそんな大人気の柴犬の飼い方性格・しつけのコツ・グッズのことまでご紹介します。






柴犬の飼い方解説!性格・グッズ・飼育のコツとは


1)柴犬の紹介

(1)原産地・平均体高・平均体重

柴犬は日本原産の日本犬の一種です。オスは体高38センチ~41センチ、メスは35センチ~38センチが平均と言われています。

平均体重は9~11キロといわれています。

(2)名前のルーツ・歴史

日本古来の土着犬。「シバ」とは元来「小さなもの」「小さな犬」を意味しています。柴犬は日本海に面した山岳地帯に生息し、小動物や鳥の猟犬として飼われていました。

1934年に社団法人日本犬保存会のスタンダードが制定され、1936年に天然記念物に指定され、繁殖、改良されて今日知られる犬種となりました。

(3)日本での飼育数

現在日本ではおよそ1万頭ほどの犬が飼育されているといわれています。その中でも柴犬の人気は根強く3位以内にはいるほどです。

(4)平均寿命

現在獣医療もどんどん発達してきていることで、犬全体の平均寿命が延びているといわれています。柴犬の平均寿命は15年程と言われています。

2)柴犬の3つの種類と特徴

柴犬の毛色は、赤、黒褐色、胡麻、黒胡麻、赤胡麻という種類があります。また、柴犬の種類としては以下のように分けられています。

(1)キツネ顔

柴犬には、キツネ顔と呼ばれる柴犬がいます。柴犬のルーツは縄文時代まで遡ります。当時発掘された骨が日本犬の形や大きさに似ていたのでそれが日本犬の先祖だといわれています。

この当時の日本犬に顔のかたちが似ている柴犬のことを縄文柴、いわゆるキツネ顔と呼びます。いうなれば昔風の顔つきをした柴犬をいいます。

特徴としては顔は面長で細い顔、まさにキツネの形に似た顔をしています。また体つきは、全身が引き締まっていており、すらっとした細身の身体をしています。

(2)タヌキ顔

柴犬には、キツネ顔に対して、タヌキ顔と呼ばれる柴犬がいます。キツネ顔と比べると顔がまるっこい印象でタヌキのような顔をしています。

また体つきは、筋肉質のがっしりとした体つきをしていますし、首も太くなっています。

(3)豆柴

豆柴とは、愛玩犬として、通常の柴犬よりも小型の系統のものを選んで交配し、繁殖させたものを言います。あくまでも小柄な柴犬であり独立した犬種ではない、とされていました。

しかし一部の団体では豆しばを固定化が認められたとして2008年豆柴犬を独自に公認しています。

3)柴犬の性格の3大特徴

(1)忠実

柴犬は飼い主に対してとても忠実であるといわれています。

あまり小さい子供とキャッキャとはしゃいだりすることはありませんが、飼い主にはとても可愛い姿を見せてくれます。

(2)警戒心が強く・勇敢

柴犬はとても賢く警戒心の強い犬種ですので番犬などに適しています。

(3)運動が大好き

猟犬であったこともあり、柴犬は運動をするのが大好きです。たくさん遊んであげましょう。

子犬の柴犬

4)柴犬の飼育に適している人の特徴

(1)しっかりしつけに取り組むご主人様タイプ

柴犬はとても賢い犬種です。しつけを怠ると、まったく言うことを聞かないわがままな子になってしまう可能性があります。

甘やかすだけでなくしっかりしつけに取り組める方が飼育に向いているといえます。

(2)子供より大人

柴犬はとても気位が高いことでも有名です。小さい子供に1日中追いかけまわされたり、撫でまわされるのは時にストレスになることがあるようです。

適度なスキンシップを心がけましょう。

(3)犬の抜け毛にストレスを感じない方

柴犬はとても抜け毛の多い犬種です。一年通して毛が抜けます。毎年春ごろの換毛期になるとごっそり抜けます。掃除がストレスにならない方が向いているでしょう。

5)柴犬を飼う場合の初期費用と方法とは

柴犬は毛色によって若干の生体価格に変化があります。

(1)赤色:78、000~180、000円

(2)黒色:98、000~190,000円

(3)白色:98,000円~

(4)胡麻:98,000~190,000円

上記が平均的な生体価格でしょう。それに加えて初期のワクチン代に5000円ほど、また保険に入ることを希望すればその保険に合わせて費用がかかります。

6)柴犬の飼育に必要な7つのグッズ

(1)食器類

ごはんと水を与えるために食器を用意しましょう。

プラスチックの容器は可愛く軽く使いやすいように思えますが、小さいうちは噛んで傷だらけにしてしまうので衛生上よくありません。

ステンレス製か、陶器が望ましいです。またペットショップや、ブリーダーで給水器を使用していた場合は用意してあげても良いでしょう。

(2)フード

フードは柴犬がもともと食べていたものを用意すると良いでしょう。

急に違う種類のフードに変えてしまうとお腹を壊したりするので、フードを違うものに変えたい場合ば徐々に新しいものを混ぜていき、様子を見ながら変えていきましょう。

(3)クレート

犬は狭くて暗い場所の方が落ち着く習性をもっています。成犬になったときに中でUターンできるぐらいのちょうどよい大きさのものを選びましょう。

(4)トイレとトイレシート

大きくなってからも使えるように大き目のものを選びましょう。

(5)おもちゃや犬用ガム

おもちゃやガムはただ遊ぶためだけでなく、ストレス発散や、歯垢の蓄積を防ぐ効果があります。

(6)寝床

寝床はクレートに毛布やタオルを入れてあげるのも良いですし、ベッドを用意してあげても良いでしょう。

(7)首輪とリード

お散歩やお出かけのために、サイズの合ったものを選んで用意しましょう。

7)柴犬の飼育で特に大変な3つのこと

(1)抜け毛の掃除

柴犬は1年中毛が抜けます。春ごろの換毛期ではごっそり抜けるので、カーペットや洋服についた抜け毛のおそうじが大変です。

(2)しつけ

柴犬はとても賢い犬種です。上手にしつけることができれば良いですが、裏を返せば、悪いことを1度覚えたら悪いことだって忘れないのです。

柴犬のしつけはプロに協力してもらうのが成功の秘訣ともいえます。

(3)動物病院が嫌い

柴犬は動物病院が嫌いな子がとても多いです。とても賢く、感覚が鋭敏なので、動物病院でなにをされるかすぐ覚えてしまいます。

動物病院に慣れさせる練習をしている柴犬は緩和されますが、動物病院嫌いの犬種1位は間違いなく柴犬でしょう。連れていくのも一苦労、診察台にのせるのも一苦労、という飼い主さんは意外と多いはずです。

Closeup on thoughtful medical doctor woman in office

8)柴犬の主な2種類の餌とその方法

(1)ドッグフード

柴犬の月例に合わせて、好きなメーカーのドッグフードを与えると良いでしょう。ドッグフードにはカリカリとよばれるドライフードと、水分が多く含まれるウェットフードなどがあります。

ドッグフードにはそれぞれ適した給餌量が明記されていますのでそれを参考に与えましょう。

(2)手作りフード

柴犬の成犬に適した食餌となると、脂肪分の少ない牛肉、馬肉、豚肉やレバーなどや、卵、魚肉、野菜、米などです。

動物性たんぱく質に加えて植物性のたんぱく質の大豆などを加えてやると動物性たんぱく質になりアミノ酸を補うことができて理想的です。

9)柴犬に多い2種類の病気

(1)アトピー性皮膚炎

柴犬は遺伝的にアトピー性皮膚炎になりやすいといわれています。

カビ、ダニ、花粉、ハウスダストなど様々な原因によっておこります。症状としては皮膚炎をおこし、体を引っかいたり、顔をこするなどがあります。

(2)膝蓋骨脱臼

柴犬のような中型犬は膝蓋骨の外方脱臼が多いといわれています。

膝が脱臼してしまう病気です。症状は、脱臼してしまった足を引きずったり、足を曲げたまま3本足であるいたります。

10)柴犬をペットにする魅力とは

(1)飼い主に忠実・出迎えは大喜び

飼い主にとても忠実な柴犬は、飼い主が帰宅すると全身で喜びを表現してくれます。

自分が帰宅したことでこんなにも喜んでくれるのか、と思うほどです。こんなに喜んでくれる柴犬にメロメロになること間違いありません。

(2)可愛い見ため

日本犬の代表ともいえる柴犬は、三角のたち耳にくるっと巻いた尻尾、小柄なの凛としたその風貌、可愛さは日本犬好きにはたまらないでしょう。

毛色も様々あり、好きな毛色の柴犬を家族に迎えるのも楽しみのひとつですね。






今回のまとめ

1)柴犬の紹介

2)柴犬の3つの種類と特徴

3)柴犬の性格の3大特徴

4)柴犬の飼育に適している人の3つの特徴

5)柴犬を飼う場合の初期費用と方法とは

6)柴犬の飼育に必要な7つのグッズ

7)柴犬の飼育で特に大変な3つのこと

8)柴犬の主な2種類の餌とその方法

9)柴犬に多い2種類の病気

10)柴犬をペットにする2つの魅力とは