柴犬

柴犬は、日本古来から山岳地帯で活躍していた、小型の土着犬です。東南アジアに分布したバリア犬の系統をひいている犬種で、北方系の秋田県とはまた違う性格です。

今回はそんな柴犬の性格の特徴や、しつけのコツ、飼育の注意点をお伝えします。






柴犬の性格の2大特徴!飼い方のポイントとは


1)柴犬の紹介

(1)原産地

原産地は日本です。昭和9年に、「日本犬標準」が制定されました。「日本標準犬」は日本犬をサイズ別に大型・中型・小型と分類するもので、小型にあたるのが柴犬です。日本犬にもとても厳密な規格があるんですね。

(2)平均体高・平均体重

オスとメスで差があり、体高に関しては、オスが38~41センチ、メスが35~38センチです。体重は、オスが9~11キロ、メスが7~9キロで、オスの方が少し大きめになっています。

(3)日本で飼育されている数・名前のルーツ

犬種名は、刈り取った柴の色に被毛の色が似ていることから柴犬と呼ばれたという説や、柴の中を巧みにくぐり、獲物を追ったことに由来するとの説、シバとは「小さいもの」を意味する言葉で後に柴の文字をあてたなど諸説あります。

日本で飼育されている頭数は、12470匹いて、JKCに登録されている順位では5位と、上位にランクインしています。日本犬として、人気があることが分かりますね。

(4)歴史

猟犬としての柴犬は日本のほとんどの地域に分布していましたが、交通の不便な山岳地方で長く純性を保っていました。新潟、山梨、長野、岐阜、島根など地方ごとに異なる性質を持つ個体としても知られていました。

昔から、柴犬は長い歴史を持っている日本が誇りに思う犬種ですね。

(5)平均寿命・気をつける病気

柴犬の平均寿命は15歳と言われています。健康でストレスも少なく生活ができれば15歳を越えて、20歳まで生きる柴犬もいますので、元気でいてくれることが最低条件になってきます。ですが、柴犬ならではの問題も隠れているので注意しないといけません。

柴犬ならではの問題は性格に隠れているので、後でしっかり解説しますね。柴犬はほかの純血種の犬に比べて犬種特有の病気が圧倒的に少ない犬種なんです。

これは実は日本犬ファンの間では有名な話でもあります。柴犬は縄文時代から日本で生活しているので、日本の風土や気候が身体に合っているんです。なので、ストレスが少なく過ごすことが出来るので、病気になりにくいと考えられています。

このような背景から、特有の病気というのが少ないという特徴があります。ですが、だからと言って病気にならない訳ではないので、比較的なりやすい病気について説明していきます。

柴犬は皮膚病には注意しましょう。これは、日本が衛生的に環境が整っているので、なんらかの菌に免疫が弱いという原因から、皮膚が影響を受けてしまうのです。

皮膚に関しては早期発見が大切なので、日々のブラッシングが大切です。コミュニケーションも兼ねて、ブラッシングを欠かさないようにしましょう。

2)柴犬の6つの種類

柴犬の毛色は下記の6色に分類されます。

(1)

(2)黒褐色

(3)黒胡麻

(4)

(5)赤胡麻

(6)しろ

実は白の柴犬もいるのですが、白い柴犬は犬種的に認められていない色なので、血統書は発行されない被毛の色となっています。

3)柴犬の性格の2大特徴

(1)とにかく我慢強い

柴犬はとっても我慢強いということです。しつけなどに関しては我慢強いのはとても良いことですが、身体に異変があった時にもぐっと我慢してしまうので、病気の発見が遅れてしまうことが結構多いんです。

(2)頑固・譲らない

日本県の特徴として、頑固な性格が挙げられます。なので、「絶対に弱いところを見せないんだ」とか、「飼い主さんに心配かけないんだ」と決心したら、絶対に曲げない性格をもっています。

これは、本来日本で唯一生活していた犬の世界の中に、外国からどんどん新しい犬種がやってきて、「自分が日本の犬だぞ」という気持ちが育まれた為と考えられています。なので、本能的に頑固という性格が特徴として残っています。

child little girl with glasses reading a books

4)柴犬のオスとメスでの性格の違い

(1)オス

オスとメスを比べると、オスのほうが断然競争心が旺盛ということです。これは、縄張りを守る本能からきていると言われています。

日本でいう九州男児みたいな、男気あふれる感じの犬といったところでしょうか。言い換えると、あまり友好的ではないんです。「とにかく自分がしっかりするんだ」という意識が強いのがオスです。

(2)メス

オスに比べるとメスはおとなしいですが、共通しているのは、メスもあまり友好的ではありません。

これは、近代に入って外国から違う犬種が入ってきた時に、日本犬だけでしばらく生活してきたことからなかなか他犬種を受け入れられなかった背景が今も残っていると考えられています。

柴犬は洋犬と全く違う性格ということを理解しておきましょう。

5)柴犬を飼う人に向いているポイント

(1)どんな人が飼い主に向いているか

どんな人でも飼い主さんとして大丈夫ですが、しいてあげるならば初めて犬を飼う方は、上記の性格を受けて、避けた方が良いかもしれません。

(2)その理由とは

理由は、これまで話してきた「頑固」がポイントです。犬は言葉を話さないので、頑固な部分を読み取ってあげる必要があります。なので、犬初心者は、この犬の気持ちを読み取るまでに時間がかかってしまい兼ねません。

もちろん、初心者の飼い主さんでもOKですが、飼い主さんにストレスがかかってしまい、それが犬に伝わる悪循環が出来てしまう恐れがあるので、犬との関係に慣れた方が向いているポイントになります。

Closeup on medical doctor woman explaining something

6)柴犬のしつけの2つの重要ポイント

(1)とにかく褒める

先ほどもお話ししましたが、柴犬はとにかく頑固と言われていますので、飼い主さんとバチバチ気持ちがぶつかってしまうしつけはNGです。心がけることは、褒めること。

これは、どの犬種にも言えることなのですが、柴犬の場合は特に「褒める」ことを大切にしてください。少しの進歩でも褒める、少しの変化でも見逃さないという飼い主さんの姿勢が大切です。

(2)程よくしつけの中断

しつけをしている中でどうしてもうまくいかない時が出てくると思います。その時は、気持ちを入れ替えるためにしつけを中断してください。

犬自身も飼い主さんも気持ちを入れ替えてから再度しつけをするようにしましょう。飼い主さんの「あぁしつけ、うまくいかないなぁ」という気持ちは犬に伝わります。

飼い主さんが少しでも「う~ん」と思ったら、気持ちを入れ替える時間を作りましょう。

7)柴犬を飼育する際の4つの重要ポイント

(1)お散歩

お散歩は1日に2回、30分程度を目安にしましょう。

(2)オススメは外で飼うこと

お部屋は室内でも可能ですが、中型犬に分類される犬種なので、外で飼うことがおすすめです。夜だけ部屋に入れるなど、出来るだけ広い空間にいさせてあげるようにしましょう。

(3)食事頻度

食事は1日2回、フードによって量が異なるので、愛犬の身体や好みに合ったフードの摂取量を参考に食べさせてあげてください。

(4)安心な睡眠環境

睡眠は浅い睡眠を繰り返していることが多いので、安心して寝られる所を作ってあげることが大切です。安心する場所があるだけで、ストレス緩和になって、健康にも役立ちます。






今回のまとめ

1)柴犬の紹介

2)柴犬の6つの種類

3)柴犬の性格の2大特徴

4)柴犬のオスとメスでの性格の違い

5)柴犬を飼う人に向いているポイント

6)柴犬のしつけの2つの重要ポイント

7)柴犬を飼育する際の4つの重要ポイント