ペットの日本スピッツ犬

ふわふわの白い毛と、ピンとした耳、つぶらな目が可愛い日本スピッツ。高度成長期に大流行し、日本人が理想とする家庭犬として定着しました。現在はヨーロッパをはじめとする世界でも人気の犬種です。

今回はそんな日本スピッツの性格の3つの特徴としつけと飼い方のコツについて紹介します。



日本スピッツの性格の3大特徴!しつけのコツと注意点

1)日本スピッツの紹介

1.日本スピッツとは

スピッツの原産地は、「日本」です。
正式名は「日本スピッツ」ですが単に「スピッツ」と呼ばれることが多いです。

中型犬の「サモエド」に外見が似ており、良く比較されることがあります。

日本スピッツの散歩

2.日本スピッツの平均体高・平均体重

スピッツの平均体高は、30~38cmほどで、平均体重は9~11kgです。

小型犬に分類されます。メスはやや小さめになります。

3.日本スピッツの 簡潔な歴史

日本スピッツの祖先は1920年頃にシベリア大陸を経由し、中国東北地方から日本に渡来した大型の白い「ジャーマン・スピッツ」であるといわれています。

1921年頃、東京で開催されたドッグショーに初めて出陳されました。

その後カナダから2組の白いスピッツが輸入され、1936年頃までカナダ、アメリカ、オーストラリア、中国から輸入された子孫によって改良繁殖が行われてきました。

4.名前のルーツ

スピッツ( Spitz)とは、ドイツ語で尖ったという意味です。

尖ったマズルに小さめの立ち耳、寒さに強い被毛の「ポメラニアン」「シベリアン・ハスキー」「日本犬」などを含むイヌの系統のことを言います。

日本スピッツの英語表記では「Japanese Spitz」となります。

5.日本で飼育されている数

日本で飼育されている日本スピッツの飼育数ですが、血統書を発行しているジャパンケネルクラブの2016年の犬種別犬籍登録頭数を調べてみると960頭です。

犬全体の登録数が300,470頭ですから、全ての犬種に占めるスピッツの割合は約0.3%と、日本原産のわりには少なく感じますが、国内外に熱狂的な愛好家がいる犬種です。

6.日本スピッツの平均寿命

日本スピッツの平均寿命は10~16年くらいで、改良を重ねて犬の平均よりも寿命が少し長くなりました。

7.ペットショップでの購入価格

日本スピッツのペットショップでの購入価格の相場は20~25万円ほどです。

2)日本スピッツの毛色のタイプ

ジャパンケネルクラブによると、日本スピッツの毛色は純白のホワイトのみが認められています。

3)日本スピッツの性格の3大特徴

1.人懐っこい

日本スピッツは人懐っこい性格で、家族に甘えるのが好きです。
家族の言葉を良く理解するので、コンパニオンドッグとして最適で、家族の一員のようになれます。

2. 遊び好き

日本スピッツは明るく好奇心旺盛で、遊び心のある性格をしています。
家族と一緒に出かけたり外で活発に遊ぶことを好みます。

3. 賢い

日本スピッツは賢く忠実な犬種です。多少警戒心が働くこともありますが、飼い主には従順なのでしつけしやすく飼いやすい犬種と言えるでしょう。

日本スピッツの散歩

4)日本スピッツのオスとメスでの性格の違い

1.オス

日本スピッツのオスは、メスに比べて甘えん坊で、やんちゃな傾向にあります。

2.メス

メスの日本スピッツは、オスに比べると比較的落ち着きがあり、おとなしい性格をしています。

child little girl with glasses reading a books

5)日本スピッツを飼う人に向いている3つのポイントとは

1.一緒に遊びたい人

日本スピッツは活発で遊び好きな性格なので、一緒に出かけて遊びたい人や家族で飼いたい人に最適です。
外でフリスビーで遊んだり走ったりするのが得意で、子供や他のペットとの相性も良好です。

2.丈夫な犬が欲しい

日本スピッツは小さく優雅な印象の見た目をしていますが、他の犬種に比べてかかりやすい病気が少なく、健康面で丈夫な犬種といえます。

初心者にもオススメ出来る犬種です。

3.涼しい地域に住んでいる人

日本スピッツは暑さに弱く、寒さには強い犬種です。
夏場はエアコンの効いた室内で飼育することをオススメしますが、散歩などを考えると涼しい地域に住んでいる人のほうが飼いやすいといえます。

日本スピッツを抱く女性

6)日本スピッツのしつけの3つのコツとは?

1. 社会化

日本スピッツは警戒心が強く神経質な一面がありますので、なるべく早いうちから外に連れ出して慣れさせておくと良いでしょう。

他の人やペットとふれあいながら学習し、あまり人見知りしない落ち着いた性格になっていきます。

2. コミュニケーション

日本スピッツはもの覚えが良く賢い犬種ですので、落ち着いて一貫性のあるしつけをある程度行えば覚えてくれるはずです。
また、日ごろからコミュニケーションを図っておくのも大切なことです。

3. 無駄吠え

日本スピッツは「うるさくてキャンキャン吠える」イメージを持っている人も多いかと思いますが、現在は改良によって非常におとなしい性格となりました。
しかし個体差によって無駄吠えをしたり、適切にしつけされていないと問題行動が起こりがちなのは他の犬種と同じで注意が必要です。

ウエストハイランドホワイトテリアの飼育に関しての注意事項とは?

7)日本スピッツの飼育の3つの注意点

1.被毛の手入れ

日本スピッツの白くて綺麗な被毛を保つにはそれなりの努力が必要です。

ダブルコートで長毛なので抜け毛も多く、ブラッシングは最低でも週に3~4回、換毛期には非常に抜け毛が多く毎日のブラッシングが必要になります。

2.暑さに弱い

日本スピッツは暑さに弱い犬種ですので、夏はクーラーを使って室内の温度管理を行ってください。
また、散歩も熱中症の恐れがありますので、朝の早い時間や夕方涼しくなってからなど時間帯も考慮してください。
犬の熱中症に注意!熱中症の症状や対策、治療について

3.運動

日本スピッツの散歩は1日2回30分程度が適切とされています。それほど多くの運動量は必要ありませんが、時々ドッグランで遊ばせたり、家の中でも一緒に遊んでストレスを発散させてあげてください。

日本スピッツ 犬の散歩

8)日本スピッツ気をつける病気

日本スピッツの飼育の際に、気をつけるべき病気をご紹介します。

1.膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)

ruby 膝蓋骨脱臼 しつがいこつだっきゅう]は小型犬に多い病気で、膝ひざや肘ひじの関節が緩くてはずれやすくなる病気です。関節に無理な負荷をかけないよう、しっかり運動をさせて関節周りに筋肉をつけることが必要です。

2.アレルギー性皮膚炎

日本スピッツは肌が敏感で、アトピーやノミ、食べ物などによるアレルギー性皮膚炎にも注意しましょう。

シャンプーやブラッシングで皮膚を清潔に保ち、ストレスを溜め込まないようにしてください。

3.流涙症(りゅうるいしょう)

流涙症 りゅうるいしょうとは本来鼻へと抜けていくはずの水分がうまく抜けていかず、過剰分泌されて目から涙が溢れている状態になります。
そのため目の周りが赤茶っぽく変色する涙やけという症状が起こってしまいます。

横を向いたスピッツ

9)日本スピッツにオススメのペット保険

活発な日本スピッツは、骨折や脱臼などの怪我にしやすい犬種です。

怪我をしやすいということは、ペット保険に入るのは必須といえます。

ただし、日本スピッツのペット保険選びには、『安さ』以外に重視したい点があります。

日本スピッツがかかりやすい病気に「膝蓋骨脱臼」がありますが、多くのペット保険では膝蓋骨脱臼は保険の対象外なんです。

膝蓋骨脱臼になりやすいのに保険の対象外では保険に入る意味がありません。

そこでオススメなのが『PS保険』です。

ペットサポートのPS保険

『PS保険』では膝蓋骨脱臼がしっかり保険対象!

しかも他の保険のように診断書や血統書、体毛といったものがなくても、インターネットで簡単に申し込めるのもポイントです。

月々の保険料も安いので、『PS保険』が気になった方は公式サイトでぜひ資料をご請求ください。

PS保険の公式サイトはこちら  

業界最安クラスの保険料の「PS保険」口コミ評判まとめ

10)日本スピッツにおすすめのフード

日本スピッツにおすすめのドッグフードは「モグワン」です。

動物性のタンパク質が50%も含まれていて、日本スピッツのように小さいのに運動量が多い犬種にぴったりです。しかも栄養価が高いので日本スピッツの毛艶も良くなります。

値段は少し高いですが、安いドッグフードのような合成添加物も使っていないので、安心して食べさせてあげることができます。

それに高タンパク質のわりにカロリーが低いので、肥満のコントロールがしやすいところもオススメ!

モグワンの画像

しかも原材料は、人間が食べても大丈夫な高品質のものを使っていて、原材料の品質、栄養バランスともに最高クラスですよ。

(安いフードは人間の食品では禁止された添加物や材料が使われていて、病気の原因となります。)

モグワンは量販店やAmazon、楽天では売っていないので公式サイトから購入してください。

『モグワン』の公式サイト  

獣医師も推薦する!モグワンドッグフードの口コミ評判まとめ

11)日本スピッツを飼う魅力とは

1. 日本の家庭犬として最適

扱いやすい大きさで適度な運動量、上品で優雅な見た目、おとなしく飼い主には従順な日本スピッツ。
まさに日本の住宅事情も考慮した家庭犬として最適と言えるでしょう。

2.「うるさい犬」の汚名返上

日本スピッツは、以前は「吠えてうるさい犬」というイメージがありましたが、今では改良が進んで吠えなくなり、毎日被毛のメンテナンスを行えるのであれば、とても飼いやすい犬種になりました。



まとめ

1)スピッツの原産地は日本で、体高はオスが30~38cm、体重は9kg~11kg、メスはやや小さめ。

2)スピッツの被毛タイプはホワイトのみ。

3)スピッツの性格の3大特徴は、人懐っこい、遊び好き、賢い。

4)スピッツのオスとメスでの性格の違いは、オスは甘えん坊でやんちゃ、メスは比較的落ち着きがあり、おとなしい傾向。

5)スピッツを飼う人に向いている3つのポイントは、一緒に遊びたい、丈夫な犬が欲しい、涼しい地域に住んでいる人。

6)スピッツのしつけの3つの重要ポイントは、社会化訓練、コミュニケーション、無駄吠え。

7)スピッツの飼育に関しての3つの注意点は、被毛の手入れ、暑さに弱い、運動。

8)スピッツが気をつける病気は、膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)、アレルギー性皮膚炎、流涙症(りゅうるいしょう)。

9)スピッツ飼う魅力とは、日本の家庭犬として最適、「うるさい犬」の汚名返上。

このページに関連する記事


こちらのページでは、当サイト「ペットナビ」で紹介している犬の「しつけ」や「悩み」「病気」に関する記事をまとめています。 また、犬種別のしつけや性格の記事もありますので、気にな