ぬいぐるみとトイプードル

小さくてぬいぐるみのように愛らしいトイプードル。近年の犬種ではダントツの人気を誇っています。

今回はそんなトイプードルの性格としつけのコツ、なりやすい病気やおすすめのペット保険、フードについてご紹介します。



トイプードルの性格の3大特徴って?しつけのコツと注意点とは

1)トイプードルの紹介

1. トイプードルとは

トイプードルの原産地は、ドイツまたはフランスなどの中央ヨーロッパです。

スタンダード・プードルを小型化した犬種で、略して「トイプー」とも呼ばれています。

2.トイプードルの平均体高・平均体重

トイプードルの平均体高は、オス、メス共に24~28cm(理想は25cm)です。

平均体重は、オス、メス共に3~4kgの超小型犬です。

3. トイプードルの名前のルーツ・簡潔な歴史

トイプードルの原種はスタンダードプードルで、カモなどの獲物を回収する鳥猟犬として活躍していました。

品種改良を重ね、16世紀頃から小さいトイプードルが作られるようになり、フランス上流階級で愛玩犬 あいがんけんとして人気となりました。

トイプードルの名前のルーツは、トイは「Toy(小型の)」、プードルはドイツ語の「Pudel」水中でバチャバチャと音を立てるという意味が語源といわれています。

4.日本で飼育されている数

日本で飼育されているトイプードルの飼育数ですが、血統書を発行しているジャパンケネルクラブの2016年の犬種別犬籍登録頭数を調べてみると76,393頭です。

犬全体の登録数が300,470頭ですから、全ての犬種に占めるトイプードルの割合は約25.4%で、日本ではダントツで1番人気の犬種です。

5.トイプードルの平均寿命

トイプードルの平均寿命は12~16年くらいです。

飼育環境によってはもっと長く生きることがあり、純血種の犬の中でも長寿の部類に入ります。

6.ペットショップでの購入価格

トイプードルのペットショップでの購入価格は、血統や性別、年齢などにより幅があり、15〜30万円です。

トイプードル

2)種類の違いはあるの?トイプードルの3つのタイプ

プードルは体型によって以下の3タイプに分かれます。

成長につれて変化するため、仔犬のうちから体型を判別することは難しいようです。

1. ドワーフタイプ

ドワーフタイプは胴が長くて足が短い体型で、人気のタイプです。

テディベアカットがよく似合い、可愛らしい見た目です。

2. ハイオンタイプ

ドワーフタイプとは逆に、脚がすらっと長いタイプです。

美しくスレンダーな体型で、正統派のプードルカットが似合います。

3. スクエアタイプ

足と胴の長さが同じくらいなのがスクエアタイプです。

ドワーフタイプとハイオンタイプの中間で、ハランスがとれているため理想の体型とされています。

3)トイプードルの毛色別の性格のタイプ

トイプードルの毛色の基本色はホワイトブラックブラウンですが、他にもシルバークリームアプリコットなどがあり、1番人気はレッドです。毛色によって体質や性格にも違いがあるといわれています。

1.レッド

レッドは、ぬいぐるみのような「テディベアカット」が似合う1番人気の色です。

他に比べて細くて足が長く、体臭はあまりありません。

レッドのトイプードルの性格は、明るく活発ですが、気が強く、協調性が少ない傾向にあります。

2.アプリコット

アプリコットはレッドに似た色で、薄い黄色がかった色素です。

皮膚がやや弱く、毛の量が少なく細いので、こまめなケアが必要です。

アプリコットのトイプードルの性格は、レッド同様、明るく活発ですが、協調性が少ない傾向にあります。

3. ホワイト

色素が薄いので、皮膚が弱い傾向があります。

汚れが目立ってしまうため、こまめな被毛の手入れが必要です。

ホワイトのトイプードルは、体臭は少なく、頭が良くて友好的で甘えん坊な性格です。

4.ブラック

ブラックは、皮膚や骨が丈夫で、毛の量が多く、体臭が強い傾向にあります。

ブラックのトイプードルの性格は、賢くて運動能力が高く、やんちゃな子が多いです。

5.ブラウン

ブラウンの毛質は硬めで、カールが強いです。

色素が薄く、茶色のアイラインや鼻が特徴的です。また汚れが目立たないので被毛の手入れは楽です。

ブラウンのトイプードルの性格は独立心が旺盛で、気が強い傾向です。

6.シルバー

シルバーは、最初は黒っぽく徐々にシルバーへと変化します。

シルバーのトイプードルの性格は、協調性がありませんが飼い主には従順な傾向があるといわれています。

7.クリーム

クリームは、年齢と共にホワイトに近づきます。

体臭は少なく、性格は個性的でマイペースな傾向にあるようです。

クリームのトイプードルはホワイト同様、汚れが目立ちやすく、こまめな被毛のケアが必要です。

トイプードルの寝顔

4)トイプードルの性格の3大特徴って?

1.賢い

トイプードルは賢く、飼い主のいうことをすぐに理解し、予測ができます。

プードル種は、犬種の中でボーダー・コリーに次いで2位の知能を持っているといわれています。

2.活発

トイプードルは、遊び好きで活発な性格をしています。

とても小さいのに、アクティブで運動神経が良いため、トレーニングすれば障害物競技なども得意で、サーカスなどでも活躍しています。

3. 警戒心が強い

トイプードルは、とてもフレンドリーで人懐っこい子もいますが、警戒心が強い一面を持っています。

特にしつけが良くされてないうちは、見知らぬ人に対して臆病になって吠えることがあります。

5)性格の違いはあるの?オスとメスでの性格の違い

1.オス

トイプードルのオスは、メスに比べてやんちゃで、甘えん坊な傾向にあります。

2.メス

トイプードルのメスは、オスに比べて独立心が高く穏やかですが頑固な傾向にあります。

寝そべったトイプードル

6)トイプードルを飼う人に向いている3つのポイントとは

1.リーダーシップがとれる人

トイプードルは賢いため、主従関係を築くことが大切といわれています。

トイプードルに見下されないように、威厳を持ってリーダーシップがとれる人が飼うのに向いています。

2.しっかりと世話が出来る人

トイプードルはしつけが楽で飼いやすい犬種ですが、何もしなくて良いという訳ではなく、一緒に遊んであげたり、被毛のこまめなお手入れが必要です。

しっかりと愛情を持って世話をしてあげられる人でなければいけません。

3. 経済的余裕がある人

トイプードルは、定期的なトリミングや体のケアなど、何かと出費がかかる犬種です。

経済的に余裕がある人が好ましいといえます。

トイプードル

7)トイプードルのしつけの3つのコツとは?

1.トイレ

トイプードルは、比較的トイレの覚えが早いですが、もし失敗しても怒らないようにしてください。恐怖心が植えついて、逆効果になることがあります。

寝室とトイレの場所は分けることがしつけのポイントです。

2.早くからの社会化

トイプードルは臆病な性格のため、早いうちから外に連れ出したり、見知らぬ人に慣れさせておくことが非常に大切になります。

3.無駄吠え

トイプードルは警戒心や欲求不満などから、無駄吠えすることがあります。

無駄吠えを止めさせるには、吠えたらその場で直ぐに注意するなど、適切なタイミングでしつけをしなければいけません。

また最近では、無駄吠え防止の首輪など便利なグッズもあるので、そういったアイテムをうまく使うと良いでしょう。

人気No1無駄吠え防止首輪【ワンブル】公式サイト

8)要注意!飼育する場合に特に注意する3つのこと

1.被毛のお手入れ

トイプードルの毛は抜けにくいのですが、毛が絡まって毛玉になりやすいため、毎日のブラッシングが好ましいです。少なくとも2~3日に1度は行いましょう。

トリミングは月に1度が理想です。

ブラッシングやトリミングをこまめにケアを行うことによって、見た目も美しくなり皮膚病の予防にもなります。

2.ストレス

トイプードルは感覚が敏感で、大きな物音などの外部の刺激から影響を受けやすく、強いストレスや緊張を感じる傾向にあります。

また、家族間のトラブルなどでも精神的にストレスを感じてしまうことがありますので、そういった点も気をつけてください。

3. 運動

運動が好きで活発な性格のため、小さい割には運動量が多いです。
散歩は1日30分~1時間程度が適正です。

おもちゃで遊ぶことも好きなので、一緒に遊んであげると喜ぶでしょう。

9)トイプードルが気をつける病気

トイプードルの飼育の際に、気をつけるべき病気をご紹介します。

1.皮膚炎

トイプードルは、食べ物アレルギーによる皮膚炎や、アトピー性皮膚炎といったアレルギー性皮膚炎を起こすことがあります。

皮膚炎の根治は難しく、投薬、アレルギーに対応したドッグフード、シャンプーなどで時間をかけて治療していく必要があります。

ブラッシングやトリミングをこまめに行うことで、予防や早期発見につながります。

2.膝蓋骨脱臼 しつがいこつだっきゅう

膝蓋骨(しつがいこつ)とは後ろ足ののお皿のことで、遺伝または外部から大きな力が加わることにより、ヒザのお皿がずれてしまう病気です。

発症した場合、外科治療が必要になります。

フローリングなど滑りやすい床でとくに怪我しやすいので、そういった点に対策を忘れないようにしましょう。

3.てんかん

てんかんは何らかの原因によってけいれん発作を起こす病気です。

手足・顔・全身のけいれん、意識障害、失禁、よだれなどの症状があります。

けいれんが長く続いたり繰り返される場合は、命にかかわることがありますので、症状が見られたらすぐに病院につれて行きましょう。

4.白内障 はくないしょう

白内障は水晶体が白く濁り、瞳孔 どうこうに白点がみられる病気で、症状が進行すると失明につながることがあります。

老性や先天性などが原因で起こります。

5.骨折

トイプードルは骨折しやすい犬種ですから、あまり高い場所から飛び降りないように注意してください。ソファーに登らせない、抱っこの時の保定をきちんとする、階段の上り下りなどは要注意です。

6.外耳炎

定期的な耳の状態チェック、汚れ、臭いが強い・首をしきりに振る・耳をしきりに掻く症状が見られたら、病院へ定期的な耳の掃除やトリミングサロン・病院でのチェックをしてもらうと予防や早期発見につながり、治療期間の短縮にもなります。

自宅でのシャンプーや水浴時・耳の中を長時間ぬれたままにせず、すぐ乾燥させる対応をおこないましょう。

Closeup on medical doctor woman explaining something

10)トイプードルにオススメのペット保険

トイプードルは小さいのに活発、でも骨が細いので、ちょっとしたことケガをしがちな犬種です。

そのため、ペット保険に入るのは必須といえます。

ただし、トイプードルのペット保険選びには『安さ』以外に注意点が一つあります。

トイプードルがかかりやすい病気に「膝蓋骨脱臼」がありますが、多くのペット保険では膝蓋骨脱臼は保険の対象外なんです。

膝蓋骨脱臼になりやすいのに保険の対象外では保険に入る意味がありません。

そこでオススメなのが『PS保険』です。

ペットサポートのPS保険

『PS保険』では膝蓋骨脱臼がしっかり保険対象!

しかも他の保険のように診断書や血統書、体毛といったものがなくても、インターネットで簡単に申し込めるのもポイントです。

月々の保険料も安いので、『PS保険』が気になった方は公式サイトでぜひ資料をご請求ください。

PS保険の公式サイト  


11)トイプードルにおすすめのフード

トイプードルにおすすめのドッグフードは「モグワン」です。

動物性のタンパク質が50%も含まれていて、トイプードルのように小さいのに運動が大好きな犬種にぴったりです。しかも栄養価が高いのでトイプードルの毛艶も良くなります。

値段は少し高いですが、安いドッグフードのような合成添加物も使っていないので、安心して食べさせてあげることができます。

それに高タンパク質のわりにカロリーが低いので、肥満のコントロールがしやすいところもオススメ!

モグワンの画像

しかも原材料は、人間が食べても大丈夫な高品質のものを使っていて、原材料の品質、栄養バランスともに最高クラスですよ。

(安いフードは人間の食品では禁止された添加物や材料が使われていて、病気の原因となります。)

モグワンは量販店やAmazon、楽天では売っていないので公式サイトから購入してください。

『モグワン』の公式サイト  

獣医師も推薦する!モグワンドッグフードの口コミ評判まとめ

10)ペットにする喜び、トイプードルを飼う魅力とは

1. 可愛い見た目と性格

トイプードルの魅力はなんといっても愛らしい見た目と性格です。ぬいぐるみのような可愛いさと明るくて愛情深い性格をしています。少し甘えん坊なところも飼い主さんにとってたまらない魅力です。

2. カットが楽しくなる

トイプードルは、人気の「テディベアカット」や元祖「プードルカット」、アフロヘアのような丸い頭の「アフロカット」など、トリミングで様々な表情やオシャレが楽しめます。

3.初心者でも飼いやすい

トイプードルは頭が良く、学習能力も高いので、他の犬種と比べるとしつけが簡単です。初めて犬を飼う人でも飼いやすくてベストな犬だといえるでしょう。



まとめ

1)トイプードルの原産地は中央ヨーロッパで、体高はオス、メス共に24cm~28cm(理想は25cm)、平均体重は、オス、メス共に3~4kg。

2)トイプードルの3種類の体型のタイプは、ドワーフ、ハイオン、スクエア。

3)トイプードルの毛色のタイプは、レッド、アプリコット、ホワイト、ブラック、ブラウン、シルバー、クリームなど。色によって性格に違いがあるといわれている。

4)トイプードルの性格の3大特徴は、賢い、活発、警戒心が強い。

5)トイプードルのオスとメスでの性格の違いは、オスはやんちゃで甘えん坊、メスは独立心が強く穏やか、頑固な傾向。

6)トイプードルを飼う人に向いている3つのポイントは、リーダーシップがとれる、しっかりと世話が出来る、経済的余裕がある人。

7)トイプードルのしつけの3つの重要ポイントは、トイレ、無駄吠え、早くからの社会化。

8)トイプードルの飼育に関しての3つの注意点は、被毛のお手入れ、ストレス、運動。

9)トイプードル飼う魅力とは、可愛い見た目と性格、カットが楽しくなる、初心者でも飼いやすい。

このページに関連する記事


ペットナビで紹介している犬の犬種を、超小型犬、小型犬、中型犬、大型犬別に一覧にてご紹介します。 超小型犬 小型犬 中型犬 大型犬