「うちの子ライト&うちの子」の口コミ評判まとめ

1)うちの子&うちの子ライトの保険料

全犬種、猫・1歳の場合の保険料(各種割引等適用なし)

プラン名 小型犬 中型犬 大型犬
うちの子50%
プラン
月払 2,270円 2,650円 3,590円 1,390円
年払 26,460円 30,870円 41,340円 16,010円
保証限度額(年間) 72.8万円
うちの子70%
プラン
月払 2,850円 3,330円 4,590円 2,830円
年払 33,250円 38,820円 53,460円 3,3010円
保証限度額(年間) 122.4万円
割引など インターネット割引(うちの子ライトのみ):10%引き
多頭割引:2%引き(2~3頭)、3%引き(4頭以上)
無事故継続割引:5%引き
プラン名 犬Ⅰ 犬Ⅱ 犬Ⅲ
うちの子ライト90%
プラン
月払 990円 1,120円 1,430円 840円

うちの子ライト 主な犬種分類表

犬種 トータルケア 手術ケア
チワワ 小型犬 犬Ⅰ
トイプードル 小型犬 犬Ⅰ
柴犬 小型犬 犬Ⅱ
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク 小型犬 犬Ⅱ
シェットランド・シープドッグ 小型犬 犬Ⅱ
フレンチブルドッグ 中型犬 犬Ⅲ
アメリカン・コッカー・スパニエル 中型犬 犬Ⅲ
シベリアンハスキー 大型犬 犬Ⅱ
ラブラドール・レトリバー 大型犬 犬Ⅱ

・うちの子ライト&うちの子の基本情報

 

加入可能なペット  犬・猫
加入可能年齢  0歳~12歳11か月まで
更新可能年齢  終身
補償対象の病気 膝蓋骨脱臼・ガン
通院限度額 1日あたり12,000円まで
通院限度回数(日数) 年間22日まで
入院限度額 1日あたり12,000円まで
入院限度回数(日数) 年間22日まで
手術保険金・支払限度額 1回あたり100,000円まで
手術限度回数 年間2回まで
年間補償限度額 72.8万円
免責金額 無し
生涯保険料 (590,440)
例)トイプードル0~12歳まで(13歳以上は非公表)
特約 ペット賠償責任特約:1事故につき500万円まで補償
窓口清算 あり
引受保険会社 アイペット損害保険株式会社
公式サイト  http://ipet-ins.com/

「うちの子ライト」と「うちの子」は、アイペット損害保険のペット保険です。

リーズナブルな保険料で手術費用を補償する「うちの子ライト」は、犬の場合、保険料が月々990円から(猫の場合は月々780円から)加入でき、手術と手術を含む連続した入院を補償してくれます。

手術は年間2回まで、1回50万円までの手術費用の90%を補償。ネットから手続きを行うとWEB割引が適用されて保険料が10%割引きになり、継続後も割引が適用されます。

対して充実した補償が魅力の「うちの子」は、通院から入院・手術までカバーできる保険です。

通院は年間22回まで、日額1.2万円まで補償。

対応する動物病院で保険証を提示する事により窓口精算されますので、保険金を請求する必要がありません。

補償プランは50%と70%から選べます。なお、「うちの子ライト」と「うちの子」の両方にペット賠償責任特約も付けられます

・「うちの子ライト&うちの子」の口コミ

うちの子ライト&うちの子口コミをご紹介したいと覆います。

検討の参考にされてください。

「保険料を動物病院の窓口で精算できるのが手軽で良かったです(うちの子)」

手軽に始められるペット保険として入って良かったです」

「割安な負担で手術と手術時の入院にかかる費用を9割補償してくれたのは大きかったです(うちの子ライト)」

「ネットから申し込むと割引になる以外にも多頭割引もあって良かったです(うちの子ライト)」

良い口コミはこのような口コミが多かったです。

一方でこんな意見もありました。

「最初は安かったものの保険料が値上がりして高くなってしまった」

「窓口精算に対応している提携の動物病院の数が少ない(うちの子)」

・うちの子ライト&うちの子のメリット

ペット保険は保険料が高額になるケースも多いため、加入していないという方にもリーズナブルな保険料で手厚い補償の「うちの子ライト&うちの子」はおすすめできるペット保険です。

1歳のチワワの場合、うちの子ライトのWEB割引適用時の月払い保険料はわずか890円となります。

通院の補償もセットになっている「うちの子」の50%プランなら月払い保険料が2,300円となるため、頻繁に病院通いをされている場合は保険に加入する事によって医療費の節約にもなります。

ペット保険によっては終身保険ではないものもありますが、アイペット損害保険のペット保険は終身補償というのも大きなメリットでしょう。

また、補償の対象外となる事も多い誤飲や誤食についても補償されるのは嬉しい点です。

・うちの子ライト&うちの子のデメリット

「うちの子ライト」のデメリットとしては、手術や手術を含む連続した入院の補償となっているため、普段の通院では保険料が支払われない点です。

このため、通院が多いペットを飼っている方は「うちの子」や、他社のペット保険に加入した方が良い場合もあります。

対して「うちの子」のデメリットは、50%と70%の補償率となっているため、通院や入院・手術にかかる費用の全額は補償されないという点です。

特に手術費用は高額になる事が予想されますので、50%の補償では不安に感じられる方も多いでしょう

また、かかりつけの動物病院がアイペットに提携していないと窓口精算もできません。(アイペットのサイトから確認可能)

なお「うちの子ライト」はWEB割引がありますが「うちの子」にはWEB割引がないため、保険料がやや割高となっています。

・どんなペットにオススメの保険?

マンチカンの顔アップ

「うちの子ライト」は、リーズナブルな保険料でもしもの時に備えたい飼い主さんと、比較的健康でケガも少なく、普段はあまり通院しないというペットにおすすめしたいペット保険です。

病気やケガは予測ができず、急に高額な手術費用が必要となる事が多いため「うちの子ライト」で手術費用だけでも保険に入っておくというのもひとつの手でしょう。

対して「うちの子」は、保険料はやや割高でも幅広く手厚い補償がいいという飼い主さんと、持病やケガがあり、頻繁に動物病院に通う必要のあるペットにおすすめしたいペット保険です。

「うちの子ライト&うちの子」のふたつの保険に共通しておすすめなのは、ペットを多頭飼いされているご家庭です。

2、3契約なら2%オフ、4契約以上は3%オフとなり、犬と猫の組み合わせもできるため多頭飼いなら保険料がお得になります。

また、オプションで付けられる「ペット賠償責任特約」は、他人に噛みついたり、ペット同士のケンカでケガを負わせてしまった場合の他、愛犬が他人に吠えてケガをさせてしまったという場合にも補償されるので安心です。

・まとめ

「もしもの時に備えたいけど保険料は安く済ませたい」という飼い主さんのニーズをしっかりと汲み取った「うちの子ライト」は楽天リサーチで「手術補償特化型部門」の契約数が4年連続でナンバーワン、価格.comでもペット保険の中で最も契約数が多い保険として3年連続ナンバーワンになったというのも頷けます。

小型犬や猫なら月々わずか1,000円以下という割安な保険料でもしもの時の手術に備えられるのは魅力的なポイントです。

「うちの子」も、何かと費用がかさんでしまう通院を手厚く補償してくれるしっかり者の保険です。

面倒な手続きいらずで窓口精算ができる「うちの子」は、家の近くにあるかかりつけの動物病院がアイペットに提携していれば使い勝手の良い便利な保険と言えるでしょう。

飼っているペットの健康状態や補償の内容、保険料をしっかりと比較して、愛するペットに合ったペット保険を探してみてはいかがでしょうか。