猫の元気を支える「プレミアムキャットフード」とは?

一昔前まで猫は10年生きると長生きといわれていました。
そのため、20年生きた猫は「猫又」という妖怪になるとされていましたが、現在では20歳まで生きる猫もそれほど珍しくありません。

高齢になっても元気な猫が多くなったのは、キャットフードが支えているといっても過言ではありません。

いつまでも一緒にいられるように、大切な愛猫にどんなフードをあげたらいいのか改めて考えてみましょう。

猫に必要な栄養は人間とは違います

家族のように可愛がっている猫が「欲しいなあ」というような顔をしていると、自分が食べている物と同じ物を与えたくなり、実際に与えている飼い主さんも多いことでしょう。

それで問題なければいいのですが、場合によっては猫の体に悪い影響が出ることもあります。

猫が人間と同じ加工や味付けがされたものを食べ続けていると、塩分などを過剰に摂りすぎて命を縮めてしまう可能性が高くなります。

最近は人間と同じような病気になる猫も増えていますが、人間の食べ物を食べていることも原因の一つかもしれません。

また、炭水化物・タンパク質やビタミン類・脂肪などの必要な栄養バランスも人間とは違っています。

猫は小麦などの穀物を消化する働きが弱く、あまりに穀物の分量が多い食事をすると下痢をしてしまったり、アレルギー反応を起こして体をかきむしってしまったりすることがあります。

猫は穀物に含まれる炭水化物からエネルギーを摂る代わりに、お肉やお魚に含まれるたんぱく質や脂肪から上手にエネルギーを摂っています。そして、たんぱく質はアミノ酸に分解されて体に吸収されますが、猫に必須のアミノ酸は11種類もあります。中でも、アルギニンとタウリンというアミノ酸は猫にとって重要な働きをしていますが、人間と違って体の中で作られないので食事から摂る必要があります。

アルギニンが不足すると尿の毒が体中にまわって短時間で死に至ってしまいます。タウリンが不足すると猫の網膜の働きが弱くなり、失明してしまうこともあります。

たんぱく質が主な栄養分であるお肉やお魚をたくさん摂ることは、猫の体の特性上とても大切なことです。

市販されているキャットフードはどれも安心?

猫を飼う人が多くなり、多くのキャットフードが販売されるようになりました。

可愛らしい猫のイラストが描かれているパッケージ、猫の年齢を表示してあるフード、容量や値段も異なっている物が多数あり迷ってしまうほどです。

大切な猫のためのフードですから、見栄えや値段ばかりでなく、小さな字で表示してある原材料に注意して選びたいものです。

「総合栄養食」と表示されている物であれば、猫に必要な栄養分が含まれているキャットフードの基準を満たしていることになります。

しかし、お得なお値段で販売されているフードの原材料をよく見てみると、着色料や保存料などの添加物が入っていたり、猫にあまり必要のない穀物が多めに入っていたりすることがあります。

穀物はお肉やお魚よりも安価なのでフードのカサ増しのために、着色料は人間に対しての見栄えをよくするために、保存料は容量を大きくして値段を安くするために混ぜられることが実は多くあります。

中には、人間の食用には認められていないような成分も含まれているので要注意です。

大切な猫に安心して与えられるフードはないのかと心配される飼い主さんのために、きちんと管理された原材料や製法で作られたキャットフードもあります。

それが、これから紹介する「プレミアムキャットフード」です。スーパーマーケットやコンビニエンスストアでは見かけないので不思議に思う飼い主さんもいるかもしれませんが、安心できる原材料で作られているという意味で「プレミアム」なフードです。

愛する猫に元気で長生きしてほしいから

プレミアムキャットフードは原材料が明確にわかっていて、猫の体に必要な栄養分がベストバランスで配合されています。

不要な添加物も含まれていません。原材料を集めるのにも製造するのにも手間がかかっているのでどうしても値段は高めになりますが、食事をプレミアムキャットフードに変えたことで繰り返し発症する尿路結石が良くなった、脱毛してしまうほどの原因不明のかゆみが治まって毛艶も良くなったなどの喜びの声が多数あります。

可愛がっている猫の具合が悪ければ病院で治療をしてもらいますが、ペット保険に加入していない場合など治療費は全額自己負担になので高額になることもあります。

治療費の負担も大変なことですが、何より治療で苦しむ猫の姿を見るのは辛いことです。

金銭的な負担が同じであれば、猫が喜んで食べるプレミアムキャットフードで病気の予防をして、できるだけ長く元気で一緒の時間を過ごしたいと思いませんか。

プレミアムキャットフードが良い物だと理解できても猫それぞれの好みもあるし、これまでのフードからの切り替えかたもわからなくて不安というような飼い主さんもいることでしょう。

そのような飼い主さんのために、気軽に相談できるコーナーやお試しフードセットを用意しているショップもあります。

まずは「プレミアムキャットフード」を販売しているショップを見つけて、ショップの猫に対する思いやフードの内容に納得できたら問い合わせすることから始めてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました