【犬種】アメリカン・コッカー・スパニエルとは?性格の特徴と飼い方やしつけのコツ

アメコカのカバー

アメリカン・コッカー・スパニエルは、ディズニー映画の『わんわん物語』のヒロイン「レディ」のキャラクターのモデルになったことで有名です。ふさふさした長い毛がおしゃれで、ドッグショーでも人気があります。

今回はそんなアメリカン・コッカー・スパニエルの性格や飼い方としつけのコツ、なりやすい病気やおすすめのフードについてご紹介します。



アメリカン・コッカー・スパニエルの性格の3大特徴って?しつけのコツと注意点とは?

アメリカン・コッカー・スパニエルとは

1. アメリカン・コッカー・スパニエルの紹介

アメリカンコッカースパニエルは小柄ながらもがっちりとした体格で、彫りの深い丸い頭が特徴の犬種です。

ディズニー映画『わんわん物語(原題:Lady and the Tramp)』のヒロイン「レディ(Lady)」のモデルであることからも分かるように、アメリカで絶大な人気を誇っています。

血統書を発行しているジャパンケネルクラブの分類によると、グループ8(鳥猟犬)に属する中型犬です。

※分類に関して詳しくは「犬の分類(グループ)とは?」をご覧ください。

2.原産国

アメリカン・コッカー・スパニエルの原産地は「アメリカ合衆国」です。

3.簡潔な歴史

アメコカのルーツアメリカン・コッカー・スパニエルは1620年からメイフラワー号でアメリカへやってきた移民が、「イングリッシュ・コッカー・スパニエル」をイギリスからアメリカに持ちこんだことが始まりです。名前のルーツもそれに由来しています。

ちなみに日本では「アメコカ」と略した愛称で呼ばれることがあります。

鳥獲犬として活躍していたイングリッシュ・コッカー・スパニエルが、アメリカへ持ち込まれ小型に改良された犬種になります。

英語では「American Cocker Spaniel」と表記します。

4.平均体高・平均体重

ジャパンケネルクラブでは、アメリカン・コッカー・スパニエルの平均体高は、オス 37~39cm、メス 35.5~37.5cmとされています。

オス

  • 平均体高:37〜39cm
  • 平均体重:11〜13kg

メス

  • 平均体高:35.5〜37.5cm
  • 平均体重:11〜13kg

アメコカと人との比較

150cmの女性との比較

5.日本で飼育されている数

日本で飼育されているアメリカン・コッカー・スパニエルの飼育数ですが、ジャパンケネルクラブの2017年の犬種別犬籍登録頭数を調べてみると1,806頭です。

2017年犬種別登録頭数(ジャパンケネルクラブ)犬全体の登録数が295,910頭ですから、全ての犬種に占めるアメリカン・コッカー・スパニエルの割合は約0.6%とランキングでは26位です。日本では比較的マイナーですが、世界的には人気の犬種です。

6.飼い安さの目安

アメリカン・コッカー・スパニエルの飼いやすさの目安を紹介します。

社会性・協調性がある
健康管理がしやすい
初心者向き
噛み癖がつきにくい
訓練されるのが好き
物覚えがいい
飼い安さの目安:21/30

 

アメリカン・コッカー・スパニエルの3つのタイプ

毛色とマーキング(模様)のタイプは、バラエティー豊かですが、下記のとおり主に3つに分けられています。毛質のタイプは、ストレートと少しウエービーがかったタイプがあります。

1. ブラック・バラエティー

ブラックの単色またはタン・ポイントのあるブラック。胸及び喉に入った多少のホワイトは許容されています。

2. アスコブ・バラエティー

クリーム、ブラウン、セーブルなど、ブラック以外の単色で構成される毛色をアスコブ(Any Solid Color Other than Blakの略でASCOB)といいます。胸及び喉に入った多少のホワイトは許容されています。

3.パーティ・カラー・バラエティー

ホワイトを含む2色以上のカラーで、ブラック&ホワイト、レッド&ホワイト、ブラウン&ホワイトや、3色のトライカラー、地の色と白が混在したカラーのローンなど。

ペットショップでの購入価格

バーニーズ・マウンテン・ドッグのペットショップでの購入価格の相場は10~20万円くらいです。性別、年齢、毛色、血統などにより幅があります。

  • 混合ワクチン……16,000円
  • 狂犬病予防接種… 3,500円
  • 健康診断………… 3,000円
  • 畜犬登録………… 3,000円
  • 飼育グッズ………30,000円
初期費用は155,000〜255,000円

この犬と暮らしたい!でも手持ちが、そんな時のペットローン

アメリカン・コッカー・スパニエルの性格の3大特徴

1.人懐っこい

アメリカン・コッカー・スパニエルは人が大好きで、人懐っこく人見知りも少ないので、他人ともすぐに打ち解けられる性格をしています。優しくて子供やお年寄り、他のペットとの相性も良好です。

2.陽気

アメリカン・コッカー・スパニエルは「メリー・コッカー」(明るくて楽しいコッカーという意味)と呼ばれるほど、陽気で遊び好きな性格をしています。

3.マイペース

比較的温和でのんびりとして、マイペースな面があります。
しつけや性格などによって個体差があり、あまり落ち着きがない子もいます。

 

オスとメスでの性格の違い

1.オス

アメリカン・コッカー・スパニエルのオスは、メスに比べて活発で遊び好きな傾向にあるといわれています。

2.メス

メスのアメリカン・コッカー・スパニエルは、オスに比べて穏やかですが、多少頑固な傾向があるようです。

飼うのに向いている人

1.美しくバラエティー富かな犬がほしい

アメリカン・コッカー・スパニエルは、種類が豊富で、毛色と模様の組み合わせで20種類以上あるといわれています。
また、やわらかくてなめらかな被毛が美しく、散歩中も注目を集めることでしょう。

2.マメな手入れが苦にならない

アメリカン・コッカー・スパニエルの被毛を美しく清潔に保つには、マメなお手入れをしなくてはいけません。
定期的なブラッシングとシャンプー、トリミング、耳掃除などが必要で、シャンプー後に毛を乾かすのにもなかなか大変です。
そういったお手入れが苦にならない人に向いています。

3.家族で室内飼いできる

アメリカン・コッカー・スパニエルは、中型犬ですが室内飼いに向いている犬種です。
さびしがりやで孤独を嫌い、いつも家族のメンバーに囲まれて過ごす環境が向いていますので、たくさん家族がいる家庭に向いています。

アメリカン・コッカー・スパニエルのしつけの3つのコツ

1.トイレ

アメリカン・コッカー・スパニエルを飼う上で大切なのがトイレのしつけです。
場所をはずしてしまったり、興奮や緊張でもらしてしまうという傾向もあるようです。
あきらめずに繰り返し行い、トイレのサイズが小さいようなら広くするなど工夫してみてください。

2.早い段階で行う

アメリカン・コッカー・スパニエルは、賢くしつけのしやすい犬種ではありますが、幼いころから社会化訓練と服従訓練を行うことが大切です。
飼い主がリーダーと認識させるようにしてください。

しつけは基本的には褒めて伸ばし、叱りすぎて恐怖心を与えるのは良くありません。

3. 噛み癖

アメリカン・コッカー・スパニエルは、噛み癖がでてしまうことがります。
飼い主のいうことは良く理解しますので、叱るときはその直前または瞬間に叱るようタイミングに注意し、後から叱って混乱させてしまわないようにしてください。

飼い方に関して気をつけたい注意点

1.子供のいる家庭

アメコカのしつけのこつ子供や他の動物との相性は良い犬種ですが、個体差によっては神経質になることがあります。

小さい子供や小動物がいる場合は少し注意を払ってください。
大声で騒いだり不規則な動きなどで敏感になり、突発的に問題行動を起こす可能性があります。

2.被毛の手入れ

アメリカン・コッカー・スパニエルは、ダブルコートで毛量が多くそれなりに抜け毛があるので、ほぼ毎日ブラッシングが必要です。10日間に1回程度のシャンプーと月1回の定期的なトリミングも不可欠です。フルコートで飼うとなればなおさらです。

ブラッシングをおこたるとすぐに毛玉ができてしまいますし、皮膚炎などの病気の原因ともなってしまいます。またシャンプーをおこたると脂が溜まって臭いがキツくなります。

ドッグショー用にとまではいかなくとも、清潔に臭いのないよう保ってください。

3.肥満

デブのアメコカアメリカン・コッカー・スパニエルは、食いしん坊で食べることが大好きなので肥満になりやすい犬種です。食べている姿も可愛いので、つい甘やかしてしまいます。ただ、肥満はヘルニアなど腰の病気や眼の病気の原因にもなるので気をつけたいところです。

散歩は1日2回30分程度の適度な運動をさせてカロリーを消費するようにしましょう。ボール遊びなども好きです。それでも肥満になるようでしたら、低カロリーなドッグフードに変えるなどして、食事で調整してあげてください。

アメリカン・コッカー・スパニエルにおすすめのドッグフード

モグワンの画像アメリカン・コッカー・スパニエルにおすすめのドッグフードは「モグワン」です。動物性のタンパク質が50%と高タンパク質のわりにカロリーが低いので、アメリカン・コッカー・スパニエルのような太りやすい犬種の肥満のコントロールがしやすいところがオススメ!しかも栄養価が高いのでアメリカン・コッカー・スパニエルの毛艶も良くなります。

値段は少し高いですが、安いドッグフードのような合成添加物も使っていないので、安心して食べさせてあげることができます。

それに栄養価が高いのでアメリカン・コッカー・スパニエルの毛艶も良くなります♪原材料は人間が食べても大丈夫な高品質のものを使っていて、品質、栄養バランスともに最高クラスですよ。
(安いフードは人間の食品では禁止された添加物や材料が使われていて、病気の原因となります。)

モグワンは量販店やAmazon、楽天では売っていないので公式サイトから購入してください。

『モグワン』の公式サイト  

獣医師も推薦する!モグワンドッグフードの口コミ評判まとめ

アメリカンコッカースパニエルが気をつけたい病気

アメリカン・コッカー・スパニエルの飼育の際に、気をつけるべき病気をご紹介します。

1.眼瞼内反症(がんけいないはんしょう)

眼瞼内反症は、まぶたのフチが眼球の内側に入り込みやすくなり、まつげが眼を刺激して炎症を起こしてしまう病気です。いわゆる「逆まつげ」のことです。

逆さまつ毛は、まつ毛が目にあたり目やにや涙が増えてしまい、ひどくなると「角膜炎」や「結膜炎」などになってしまいます。アメリカン・コッカー・スパニエルのような長毛種は毛が伸びると目に入ることがあります。

予防法としましては、伸びた毛が目に入らないように定期的にその部分をカットしてあげるのが効果的ですし、定期検診を受けることで早期に発見することができます

2.緑内障(りょくないしょう)

緑内障とは、眼圧が異常に高くなってしまい、網膜や視神経に障害が出てしまう病気です。視力低下や失明になってしまうケースもあります。

老犬のスパニエル種などに多くみられる病気といわれています。

3.外耳炎(がいじえん)

外耳炎は耳が垂れている犬種に起こりやすい病気で、菌の繁殖などにより、音の通り道である外耳道に炎症が起こります。その菌により、皮膚病を引き起こす場合もあります。

アメリカン・コッカー・スパニエルは皮膚病にもなりやすい犬種ですので、日ごろのケアが大切です。

4.皮膚炎(皮膚疾患)

食べ物アレルギーによる皮膚炎や、アトピー性皮膚炎といったアレルギー性皮膚炎を起こすことがあります。皮膚炎の根治は難しく、投薬、アレルギーに対応したドッグフード、シャンプーなどで時間をかけて治療していく必要があります。

ブラッシングやトリミングをこまめに行うことで、予防や早期発見につながります。

5.膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)

膝蓋骨脱臼は、遺伝または外部から大きな力が加わることにより、ヒザのお皿がずれてしまう病気です。
発症した場合、外科治療が必要になります。日ごろから歩き方を観察しましょう。

6.突発性激怒症候群(とっぱつせいげきどしょうこうぐん)

アメリカン・コッカー・スパニエルは基本的に優しくて陽気な犬種ですが、まれに「激怒症候群(レージ・シンドローム)」という先天性の疾患が出る場合があります。
その名のように、さっきまで大人しかった犬が突然狂ったように暴れ出して攻撃性を示す脳の病気です。脳から出る神経伝達物質の異常、または甲状腺の異常により生じることが分かっています。

子犬の頃から攻撃性を示した犬が、ストレスの多い生活を通して後年、激怒症候群を発症するケースが多いようです。

この症状を持って生まれた犬は、躾やトレーニングでは治せません。犬の心理とは全く関係なく、突然発作のように攻撃性が出るからです。
また、現在では治療法もありません

親犬や兄弟犬にこの病気を発症した子がいる場合は要注意です。

治療費の目安

参考ですが、各病気の治療費をご紹介しておきます。

動物病院は自由診療なので、治療費は地域や病院によって前後します。近所で実際に犬を飼っている方の口コミも参考にしましょう。もしあまりにも高額な場合はセカンドオピニオンも検討してください。

初診料:500~1,500円
眼瞼内反症:(手術の場合)3,000〜5,000円/10万円
緑内障:(診察・検査等)5,000~10,000円/回
(手術の場合)10~20万円
外耳炎:平均12,000円/初診
膝蓋骨脱臼:10~35万円(片足)
皮膚炎:平均15,000円/初診

アメリカン・コッカー・スパニエルにオススメのペット保険

アメリカン・コッカー・スパニエルは、目や耳の病気になりやすい犬種です。さらに遺伝疾患や皮膚炎、肥満によるヘルニアなど他の犬種よりも病気になりやすい犬種です。病気になりやすいということはペット保険に入るのは必須といえるでしょう。

ただし、アメリカン・コッカー・スパニエルのペット保険選びには、『安さ』以外に重視したい点があります。

アメリカン・コッカー・スパニエルがかかりやすい病気に「膝蓋骨脱臼」がありますが、多くのペット保険では膝蓋骨脱臼は保険の対象外なんです。

膝蓋骨脱臼になりやすいのに保険の対象外では保険に入る意味がありません。

そこでオススメなのが『PS保険』です。

ペットサポートのPS保険

『PS保険』では膝蓋骨脱臼がしっかり保険対象!

しかも他の保険のように診断書や血統書、体毛といったものがなくても、インターネットで簡単に申し込めるのもポイントです。

月々の保険料も安いので、『PS保険』が気になった方は公式サイトでぜひ資料をご請求ください。

PS保険の公式サイトはこちら  

業界最安クラスの保険料の「PS保険」口コミ評判まとめ

アメリカン・コッカー・スパニエルの平均寿命

アメリカン・コッカー・スパニエルの平均寿命は12~15年くらいで、中型犬では比較的長いほうです。
ちなみに、他の中型犬の平均寿命は10~14歳といわれています。

しかし、あくまでも平均寿命ですので、健康管理をしっかりと行って愛情深く接していけばもっと長く生きることも可能でしょう。
参考までに中型犬の平均寿命ですが、だいたい13歳くらいです。

今回紹介した病気や普段の食事(ドッグフード)に気をつけてることで、寿命は長くなります。
このページの上のほうで、アメリカン・コッカー・スパニエルにオススメのドッグフードを紹介していますので、気になる方はご確認ください。

人間との年齢比較表

アメコカ 人間
新生児期 1ヶ月 1歳
社会化期 3ヶ月 5歳
6ヶ月 9歳
成長期 9ヶ月 13歳
1歳 15歳
成犬期 2歳 23歳
4歳 33歳
6歳 43歳
8歳 53歳
シニア期 10歳 63歳
12歳 73歳
14歳 83歳
16歳 93歳
18歳 103歳

アメリカン・コッカー・スパニエルの年齢計算式

アメリカン・コッカー・スパニエルは、2歳の時点で人間に換算すると23歳になり、3年目以降は1年に5歳分の歳を取ります。
計算式では下記の形になります。

年齢 = 23+(犬の年齢-2年)×5

ペットにする喜び・・アメリカン・コッカー・スパニエルを飼う魅力

1. バランスが取れている

見た目の美しさ、性格も明るくて優しい、賢く従順でしつけもしやすいことから、平均的にバランスのとれた犬種といえます。

2.可愛い見た目と性格

見た目が可愛らしいのはもちろんのこと、人懐っこく甘えてきたりと愛らしい性格も魅力的です。一度アメリカン・コッカー・スパニエルを飼うと抜け出せない魅力があります。

白のアメコカ



まとめ

アメリカン・コッカー・スパニエルの性格の3大特徴は、人懐っこい、陽気、マイペース。

アメリカン・コッカー・スパニエルのオスとメスでの性格の違いは、オスはより活発で、遊び好きな傾向、メスは穏やかですが、頑固な傾向がある。

アメリカン・コッカー・スパニエルを飼う人に向いている3つのポイントは、美しくバラエティー富かな犬がほしい、マメなお手入れが苦にならない、家族で室内飼い出来る人。

アメリカン・コッカー・スパニエルのしつけの3つの重要ポイントは、トイレ、早い段階で行う、噛み癖。

アメリカン・コッカー・スパニエルの飼育に関しての3つの注意点は、子供のいる家庭、被毛の手入れ、肥満。

アメリカン・コッカー・スパニエルを飼う魅力とは、バランスが取れていること、可愛い見た目と性格。

アメリカンコッカースパニエルの基本データ

英語表記 American Cocker Spaniel
愛称 アメコカ
原産国 アメリカ合衆国
サイズ 中型犬
体高 オス 37cm~39cm
メス 35.5cm~37.5cm
体重 11kg~13kg
寿命 13〜15歳
価格 10〜20万円

参考文献

アメコカの挿絵画像

アメリカン・コッカー・スパニエルに関連する記事

犬の飼育に関連する記事

こちらのページでは、当サイト「ペットナビ」で紹介している犬の「しつけ」や「悩み」「病気」に関する記事をまとめています。 また、犬種別のしつけや性格の記事もありますので、気になる方

この記事を書いた人

YOKO

YOKO

ペットナビの管理人のYOKO(男)です。
動物好きで犬や猫はもちろん、ウサギやハムスター、多くの昆虫などを飼ってきた経験があります。少しでも動物を飼いたい方のためになる情報を紹介したいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします