【犬種】バセット・ハウンドとは?性格の特徴と飼い方やしつけのコツ

バセットハウンド 舌を出す

困ったような独特の表情と、大きく垂れた耳が特徴的なバセット・ハウンド。優れた嗅覚で獲物を追う猟犬として活躍しましたが、現在は家庭犬として多く飼われています。
今回はそんなバセット・ハウンドの性格と飼い方、しつけのコツについて紹介します。



バセット・ハウンドとは

1. バセット・ハウンドの紹介

バセット・ハウンドの原産地は、フランスです。ウサギやシカなどの獣猟犬で、イギリスに渡り発達しました。
血統書を発行しているジャパンケネルクラブの分類によると、グループ6(嗅覚ハウンド)に属する中型犬です。
犬のグループについて詳しくはこちらの記事→【犬の分類(グループ)とは?グループごとの特徴を理解しよう♪】

2. 簡潔な歴史

バセットハウンド 森の中バセット・ハウンドの歴史は、16世紀にフランスで赤鹿狩りの猟犬として活躍していた犬が祖先犬といわれています。
1866年にはイギリスに持ち込まれて、1882年にはイギリスケネルクラブに犬種登録されます。1892年にブラッド・ハウンドと交配して現在のようにたるんだ皮膚を持つようになりました。
1885年にはAKCの公認を受けます。靴メーカー「ハッシュパピー」のマスコットに使われたことでさらに人気を得ています。

3. 名前のルーツ

バセット・ハウンドの名前は、フランス語で丈が低いことや脚が短いことを意味する「バセー(英語ではバセット)」タイプのハウンドであることに由来します。
英語では「Basset Hound」となります。

4.平均体高・平均体重

ジャパンケネルクラブによるとバセット・ハウンドの体高は、オスメス共に33cm~38cmが許されています。平均体重は、オスが23kg~29kg、メスが20kg~27kgの中型犬です。

5.日本で飼育されている数

日本で飼育されているバセット・ハウンドの飼育数ですが、血統書を発行しているジャパンケネルクラブの2017年の犬種別犬籍登録頭数を調べてみたところ、登録数は190頭です。
犬全体の登録数が295,910頭ですから、全ての犬種に占めるバセット・ハウンドの割合は約0.06%とマイナーな犬種といえます。
2017年犬種別登録頭数:ジャパンケネルクラブ

6.飼いやすさの目安

社会性・協調性がある ★★★☆☆3
健康管理がしやすい ★★★★☆4
初心者向き ★★★☆☆3
噛み癖がつきにくい ★★★☆☆3
訓練されるのが好き ★★★★☆4
物覚えがいい ★★★☆☆3
飼いやすさの目安:20/30
参考:人気の犬種図鑑

ペットショップでの購入価格

バセットハウンド 上目遣いバセット・ハウンドの購入価格の相場は、20万円~30万円です。ペットショップではあまり見かけない犬種ですので、ブリーダーからの購入になるかと思います。

  • 混合ワクチン……16,000円
  • 狂犬病予防接種… 3,500円
  • 健康診断………… 3,000円
  • 畜犬登録………… 3,000円
  • 飼育グッズ………30,000円
初期費用は252,500〜352,500円

この犬と暮らしたい!でも手持ちが、そんな時のペットローン

バセット・ハウンドの毛色

バセットハウンド 芝生の上バセット・ハウンドの毛色は、ブラックとホワイトとタンのトライ・カラーか、レモンとホワイトのバイ・カラーです。許容されているハウンド・カラーであれば何色でもよいとされています。

理解してあげよう!バセット・ハウンドの性格の3大特徴って?

1.穏やか

バセット・ハウンドは、控えめで穏やかな性格をしています。他人、子供、他の動物に対して非常に社交的で、ほとんどの場合上手くやっていけるでしょう。

2. 忍耐強い

バセット・ハウンドは、猟では忍耐強く果敢に獲物を追いかける性質を持っています。そのため自立していて頑固な性格ともいえます。

3.愛情豊か

バセット・ハウンドは、家族に愛情豊かで献身的な性格です。おっとりしていますが、陽気で愛嬌のある可愛い性格をしています。

性格の違いはあるの?バセット・ハウンドのオスとメスでの性格の違い

1.オス

バセット・ハウンドのオスは甘えん坊ですが、メスに比べると多少攻撃的な傾向にあるかもしれません。

2.メス

バセット・ハウンドのメスは、オスに比べて自立しています。穏やかで社交的な傾向にあります。

どんな人が向いている?バセット・ハウンドを飼う人に向いている3つのポイントとは

1. 忍耐力のある人

バセットハウンド 二匹のバセット・ハウンドは独立志向で、あまり人目を気にするタイプではありません。頑固な面もあるので、根気よくしつけできる忍耐力のある人に向いているでしょう。

2.時間をかけられる人

バセット・ハウンドは、お手入れにしっかりと時間をかけられる人に向いています。足が短く耳が長いので汚れやすいため散歩後のお手入れは欠かせません。抜け毛も多いので、こまめにブラッシングをしたり掃除機をかける必要があります。

3.室内飼いできる人

バセット・ハウンドは、吠えると低くて響く声をしています。外飼いや集合住宅では近所の人が気になってしまうかもしれませんので注意が必要です。
なるべく音が気にならない環境の人に向いています。

ここがポイント!バセット・ハウンドのしつけの3つのコツとは?

1.トイレ

バセット・ハウンドのトイレのしつけには個体差があり、覚えるのがやや遅い傾向にあるバセット・ハウンドもいるようです。しつけはオヤツなどのご褒美を与えながら楽しく行い、上手くできたら積極的に褒めましょう。

2. 一貫性

バセット・ハウンドのしつけは、正当な理由がなければ反応しない傾向があります。そのため飼い主が、なぜそうしなければいけないのか一貫性を持って示す必要があります。見下されると、飼い主が都合よく扱われてしまうこともあるので注意しましょう。

3. 根気

バセット・ハウンドは賢い犬種ですが、しつけに多少時間がかかる傾向があります。たっぷりの愛情と優しさを持ちながら、根気強くしつけをすることで徐々に理解できるようになります。

要注意!飼育する場合に特に注意する3つのこと

1. 運動

バセット・ハウンドは、それほど多くの運動を必要としませんが、毎日適度な運動をしてください。散歩は1日30分を2回、または1時間を1回程度で十分です。
運動不足になると退屈になり、吠えなどの問題行動を起こす可能性があります。

2. 体臭

バセット・ハウンドには、皮脂が多い上にたるんでいてよだれも多いので、特に口周りのアゴからのどにかけて、汚れがついたまま放っておくと独特の臭いになるようです。シャワーで洗い流すか、シワの間まで蒸しタオルで拭いてあげるとよいでしょう。

3.肥満

バセット・ハウンドは、太りやすい傾向があります。あまり運動しないと肥満になる可能性があり、関節や骨に負担がかかると病気のリスクも高まります。定期的な運動とバランスのよい食事を心がけてください。

バセット・ハウンドが気をつける病気

バセット・ハウンドの飼育の際に、気をつけるべき病気をご紹介します。

1. 椎間板ヘルニア

胴長短足のバセット・ハウンドは、ヘルニアの発症率が高い犬種です。
椎間板ヘルニアは手術となると合併症を引き起こすなどのリスクがあります。予防のためには、太りすぎに注意したり、段差を無くす、床に滑り止めを敷く、ジャンプなど腰に負担のかかる運動を避けるようにしましょう。

2. 外耳炎

外耳炎はバセット・ハウンドのような耳の垂れた犬種でなりやすい病気です。
菌の繁殖などにより、音の通り道である外耳道に炎症が起こり、汚れ・臭いが強い・首をしきりに振る・耳をしきりに掻くなどの症状が見られます。定期的な耳の掃除や状態チェック、シャンプー後は濡れたままにせず乾燥させるなどの対策をしましょう。

3.眼瞼外反症

眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう)は、バセット・ハウンドのようにたるんでいる皮膚の犬種になりやすい病気です。下まぶたが外側にめくれあがった状態になり細菌感染を起こします。目やにが多くなる、充血するなどの異常が見られる場合は、早めに病院へつれて行きましょう。

4. 皮膚疾患

バセット・ハウンドは、皮膚のシワが多く、汚れがたまると細菌が繁殖して皮膚トラブルを起こします。短毛ですが2重構造のダブルコートで抜け毛が多いため、定期的なブラッシングとシャンプーで皮膚を清潔に保つように心がけてください。

5. バセットハウンド血小板障害

バセットハウンド血小板障害(けっしょうばんしょうがい)は、この犬種特有の病気です。傷口や粘膜から、よく出血する、血が止まりにくいなどの症状があります。遺伝的なことが多いので、犬を飼う際に系統に発症がないか確認しておくと安心です。

治療費の目安

バセットハウンド 横を向く参考ですが、各病気の治療費をご紹介しておきます。
動物病院は自由診療なので、治療費は地域や病院によって前後します。近所で実際に犬を飼っている方の口コミを参考にしましょう。
もしあまりにも高額な場合はセカンドオピニオンも検討してください。

 初診料:1200円
椎間板ヘルニア:椎間板ヘルニア(投薬治療)5,000~数万円程度/回
(外科手術)20~50万円程度、入院は7日間程度
外耳炎:平均12,000円/初診
眼瞼内反症:3,000〜5,000円/10万円(手術の場合)
皮膚炎:平均15,000円/初診

バセット・ハウンドにオススメのペット保険

バセットハウンドは胴長短足体形で肥満になりやすい傾向があります。肥満は背骨に大きな負担をかけてしまいます。バセットハウンドは椎間板ヘルニアの発症率がとても高いです。

普段から腰に負担のかかる運動を避けたり、段差などにも注意が必要です。
そのため、バセットハウンドを飼育する際はペット保険に入るのは必須といえます。

そこでオススメなのが『PS保険』です。

ペットサポートのPS保険

『PS保険』では膝蓋骨脱臼がしっかり保険対象!

しかも他の保険のように診断書や血統書、体毛といったものがなくても、インターネットで簡単に申し込めるのもポイントです。

月々の保険料も安いので、『PS保険』が気になった方は公式サイトでぜひ資料をご請求ください。

バセット・ハウンドの平均寿命

バセット・ハウンドの平均寿命は10〜12年くらいです。遺伝的な疾患などが比較的多い犬種といわれ中型犬ではやや短い印象です。しかし、あくまでも平均寿命ですので、健康管理をしっかりと行って愛情深く接していけばもっと長く生きることも可能でしょう。参考までに中型犬の平均寿命ですが、だいたい13歳くらいです。

今回紹介した病気や普段の食事(ドッグフード)に気をつけることで、寿命はもっと長くなります。このページの下のほうで、小・中・大型犬にオススメのドッグフードを紹介していますので、気になる方はご確認ください。

人間とバセット・ハウンドの年齢比較表

バセットハウンド 人間
新生児期 1ヶ月 1歳
社会化期 3ヶ月 5歳
6ヶ月 9歳
成長期 9ヶ月 13歳
1歳 15歳
成犬期 2歳 23歳
4歳 33歳
6歳 43歳
8歳 53歳
9歳 58歳
シニア期 10歳 63歳
12歳 73歳
14歳 83歳
16歳 93歳
18歳 103歳
20歳 113歳

中型犬の年齢計算式

中型犬は、2歳の時点で人間に換算すると23歳になり、3年目以降は1年に5歳分の歳を取ります。
計算式では下記の形になります。

年齢 = 23+(犬の年齢-2年)×5

バセット・ハウンドにおすすめのドッグフード

モグワン

バセット・ハウンドにおすすめのドッグフードは「モグワン」です。

動物性タンパク質が50%も含まれていています。しかも栄養価が高いのでバセットハウンドの毛艶もよくなるでしょう。トリミングなどのおしゃれも毛艶が大事ですよね♪

値段は少し高いですが、安いドッグフードのような着色料や添加物などを一切使用していないので、安心してバセットハウンドに食べさせてあげることができます。

原材料は、人間が食べても大丈夫な高品質、ヒューマングレードのものしか使用していないので原材料、栄養バランスともに最高クラスのドッグフードと言えます。(安いフードは人間の食品では禁止された添加物や着色料、原材料が使われているので病気の原因になってしまいます。)

※モグワンについてより詳しくは「獣医師も推薦する!モグワンドッグフードの口コミ評判まとめ」の記事で紹介しています。

犬が食べると危険な食べ物

ペットにする喜び、バセット・ハウンドを飼う魅力とは

1. ユーモアと愛嬌たっぷりの表情

バセット・ハウンド独特のシワによって作り出される表情が、ユーモアと愛嬌たっぷりの見た目になっています。この困り顔が好きであれば、きっと可愛くてたまらないと思うばずです。

2. のんびり穏やかな性格

バセット・ハウンドは、基本的には自立していてのんびり穏やかな犬種です。愛情豊かで子供や他のペットにフレンドリーなので、理想的な家庭犬になります。

まとめ

1)バセット・ハウンドの原産地はフランス、平均体高はオスメス共に33cm~38cm、平均体重は、オスが23kg~29kg、メスが20kg~27kg。

2)バセット・ハウンドの毛色は、ブラックとホワイトとタンのトライ・カラーか、レモンとホワイトのバイ・カラー。

3)バセット・ハウンドの性格の3大特徴は、穏やか、忍耐強い、愛情豊か。

4)バセット・ハウンドのオスとメスでの性格の違いは、オスは甘えん坊で多少攻撃的、メスは自立していて穏やかで社交的な傾向。

5)バセット・ハウンドを飼う人に向いている3つのポイントは、忍耐力のある人、時間をかけられる人、室内飼いできる人。

6)バセット・ハウンドのしつけの3つの重要ポイントは、トイレ、一貫性、根気。

7)バセット・ハウンドの飼育に関しての3つの注意点は、運動、体臭、肥満。

8)バセット・ハウンドが気をつける病気は、椎間板ヘルニア、外耳炎、眼瞼外反症、皮膚疾患、バセットハウンド血小板障害。

9)バセット・ハウンドの平均寿命は10〜12年。

10)バセット・ハウンドを飼う魅力とは、ユーモアと愛嬌たっぷりの表情、のんびり穏やかな性格。

バセット・ハウンドの基本データ

英語表記 Basset hound
愛称 バセットハウンド
原産国 フランス
サイズ 中型犬
体高 33cm~38cm
体重 オス:23~29kg
メス:20~27kg
毛色 ブラック&ホワイト&タン トライカラー
レモン&ホワイト バイ・カラー
寿命 10〜12歳
価格 20~30万円
このページの丸い写真は、クリックすると大きな画像をご覧になれます。

参考文献

関連する記事

犬に関する記事まとめ
こちらのページでは、当サイト「ペットナビ」で紹介している犬の「しつけ」や「悩み」「病気」に関する記事をまとめています。 また、犬種別のしつけや性格の記事もありますので、気になる方はぜひご覧ください。

【無駄吠え】【ワンブル口コミ】実際に購入して愛犬のトイプードルに試してみた!体験レビュー

コメント