小さい体に、ふわふわした綿菓子のような「アフロヘア」スタイルがとても可愛くて、人気を集めているビション・フリーゼ。
今回はそんなビション・フリーゼの性格と飼い方、しつけのコツについて紹介します。



ビション・フリーゼの性格の3大特徴。飼い方としつけのコツ

1)ビションフリーゼとは

1. ビションフリーゼの紹介

ビション・フリーゼの原産地は、「フランス」または「ベルギー」です。
中世ヨーロッパの王侯貴族のコンパニオン・ドッグとして古くから愛されてきました。

血統書を発行しているジャパンケネルクラブの分類によると、グループ9(愛玩犬)に属する小型犬です。

※分類に関して詳しくは「犬の分類(グループ)とは?」をご覧ください。

2.名前の歴史

ビション・フリーゼの名前のルーツは、外見が「バルビー(英:Barbet)」という犬種にとても似ていたので、「小さなバルビー」を意味する「バービション(barbichon」と呼ばれるようになります。それが短縮されて「ビション」となりました。
ちなみに「フリーゼ」はフランス語で「巻き毛」という意味になります。

ビション・フリーゼの英語表記では「Bichon Frise」です。

3. 簡潔な歴史

ビション・フリーゼの祖先犬は、地中海沿岸に住んでいた大型のウォータードッグと、白いマルチーズ系の小型犬が交配したものと考えられています。

ルネッサンス時代にイタリアからフランスに持ち込まれ、上流階級の愛玩犬として可愛がられてきました。

ナポレオン3世の時代には「テネリフェ」という名前で呼ばれ、その時代に広く普及し、とくにフランスとベルギーで愛されるようになります。

二度の世界大戦の影響で一度消滅の危機に陥りましたが、愛好家たちによって再構築され徐々に人気が回復しました。

現在よく見られるアフロヘアのような「パウダー・パフ」スタイルが開発されたのは20世紀末のアメリカです。その後、世界中に注目されるようになりました。

4.平均体高・平均体重

一般社団法人ジャパンケネルクラブでは、ビション・フリーゼの成犬の理想体高は、オスが25~30cm、メスが23~29cmです。

オス

  • 平均体高:25〜30cm
  • 平均体重:4〜6kg

メス

  • 平均体高:23〜29cm
  • 平均体重:3〜5kg

ビションフリーゼと人の比較

150cmの女性との比較

5.日本で飼育されている数

日本で飼育されているビション・フリーゼの飼育数ですが、ジャパンケネルクラブの2017年の犬種別犬籍登録頭数を調べてみると2,349頭です。

犬全体の登録数が295,910頭ですから、全ての犬種に占めるビション・フリーゼの割合は約0.7%です。犬種別のランキングでは23位とフランスやベルギーで大人気の犬種ですが日本では少し人気が落ちるようです。
ジャパンケネルクラブ:2017年犬種別犬籍登録頭数

6.飼い安さの目安

ビションフリーゼの飼いやすさの目安を紹介します。

社会性・協調性がある
健康管理がしやすい
初心者向き
噛み癖がつきにくい
訓練されるのが好き
物覚えがいい
飼い安さの目安:23/30

2)ビションフリーゼの毛質と毛色のタイプ

1.ビションフリーゼの毛質

ビション・フリーゼの被毛は2重構造の「ダブルコート」もなっています。上毛は名前の由来どおりゆるい螺旋状の巻き毛で、下毛は絹のように柔らかく、密生しています。そのため、細かくブラッシングすることで、モコモコのぬいぐるみのような見た目になります。

2.ビションフリーゼの毛色

ビション・フリーゼの毛色は「ピュア・ホワイト」が主流です。
生後12ヶ月までは、ベージュ(シャンパン)フォーンなどの別の色が入っていることもあります。ただ成長につれて色がピュア・ホワイトに変化することが多いようです。

3)トイプードルとの違い

白いトイプードルビション・フリーゼと白い「トイプードル」は、似ているので比較されることがあります。
どちらも「アフロカット」や「テディベアカット」が似合い、見た目が良く似ていますが、ビション・フリーゼのほうが体が大きめでガッチリしており胴長短足です。トイプードルは華奢な体つきでスラッとしています。

被毛もシングルコートのトイプードルに比べて、ビション・フリーゼがダブルコートのため毛が密集しているという違いがあります。

毛色はビション・フリーゼは白単色ですが、トイプードルは白も含めて7色とカラフルな犬です。

最後に性格についてです。どちらも活発な性格ですが、ビション・フリーゼのほうがトイプードルに比べれるとやや大人しい性格です。

改めてトイプードルとの違いを書き出すと次の3つでしょう。

  1. ガッチリして胴長短足なのがビション・フリーゼ
  2. 毛が白くてモコモコしているのがビション・フリーゼ
  3. トイプードルより少し大人しいのがビション・フリーゼ

4)ビションフリーゼの購入価格(初期費用)

ビション・フリーゼのペットショップでの購入価格の相場は、20〜30万円です。価格差の要因として、血統や見た目、オスかメスの性別などによります。 この他に初期費用としては、次のようなものがかかります。

  • 混合ワクチン……16,000円
  • 狂犬病予防接種… 3,500円
  • 健康診断………… 3,000円
  • 畜犬登録………… 3,000円
  • 飼育グッズ………30,000円
初期費用は255,000〜355,000円

この犬と暮らしたい!でも手持ちが、そんな時のペットローン

5)ビションフリーゼの性格の3大特徴

1. 社交的

ビション・フリーゼは遊び好きで社交的な犬種です。初めて会う人や動物に対しても好奇心旺盛でフレンドリーです。相性によりますが、多頭飼いにも比較的向いています。

2. 愛情深い

ビション・フリーゼは愛情深く人に寄り添うことが好きなので、家族と多くの時間を過ごすことを好みます。なるべく一緒に過ごして愛情に応えてあげてください。

3. 活発

ビション・フリーゼは、明るくて活発な性格をしています。元気に飛び跳ねるようにして走ったり遊んだりします。

6)ビションフリーゼのオスとメスでの性格の違い

1.オス

ビション・フリーゼのオスは、メスに比べて愛情深く家族に寄り添う傾向があります。

2.メス

ビション・フリーゼのメスは、オスに比べて独立心が高い傾向がありますが、支配的ではなく、オスと同じように優しく愛情深い性格をしています。

8)ビション・フリーゼを飼う場合の3つの心構え

1.抜け毛

ビション・フリーゼは基本的に抜け毛が少ない犬種です。ただし、少ないといってもダブルコートで被毛が多いため、かなりの量の抜けががあります。
毎日のブラッシングと定期的なトリミングは欠かさないようにしましょう。

2.お金がかかる

ビション・フリーゼは毛量が多いので、どうしてもトリミングやシャンプーの回数が増えてしまいます。当然金銭的な負担は増えますので、その点は覚悟してください。

シャンプー:1回3,000円〜
トリミング:1回5,000円〜
※地域や犬種によってことなります。

3.お手入れ

トリミングやシャンプーの他にも、耳掃除や眼の周りの掃除、肛門線絞りなど、毛が多いため他のお手入れも重要です。
病気の予防につながりますので、お手入れもかかさずやってあげましょう。

9)飼い方に関する3つの注意点

1. グルーミング

ビション・フリーゼの白くて綺麗な被毛は、なかなかお手入れが大変です。定期的なシャンプーとトリミングが必要で、それなりにお金もかかります。
また、被毛が絡まりやすく毛玉になりやすいので毎日のブラッシングも欠かせません。

ビションフリーゼ特有の可愛いカットを綺麗にキープするためにもブラッシングとコーミングを欠かさないようにしましょう。

2.散歩

ビション・フリーゼは、それほど多くの運動量を必要とはしませんが、気分転換や社会性を養うためにも、散歩は毎日しっかりしてあげると良いでしょう。運動量の目安はゆっくり歩くくらいの散歩を10分、朝夕2回ほどが目安です。
ただし、暑さには弱いので夏場の散歩の時間帯には気をつけてください。

また運動不足だと落ち着きがなくなって興奮状態になることがあり「ビションブリッツ」または「ビションスイッチ」と呼ばれています。

散歩の目安:徒歩10分/朝夕2回

3.子供との相性

ビション・フリーゼは社交的な性格のため子供との相性も良いことで知られていますが、小さな子供が突然大声を出したり無理やりだっこするような行為はストレスになってしまいます。小学校低学年以下のお子様との同居には、少し注意が必要となるでしょう。

10)ビションフリーゼのしつけの3つのコツ

1. トイレ

ビション・フリーゼのトイレのしつけには、個体差があるようです。直ぐに覚える子もいれば、なかなか苦労しているという飼い主さんも多いようです。
厳しすぎるしつけは向いていないため、正しく出来たら大げさに褒めてください。その子に合った方法を探りながら根気良く行うことが大切です。

犬のトイレトレーニング成功のポイントは?

2. 早い時期からの社会化

ビション・フリーゼは、基本的には誰とでもうまくやっていけますが、臆病にならず自信をつけさせるために早いうちの社会化が重要になります。
外に散歩に出かけて、知らない人や物音に慣れさせるようにしてください。犬の幼稚園を利用するのも良いでしょう。
犬の「社会化」とは?必要な理由とトレーニング方法まとめ

3. 無駄吠え

普段はおとなしいビション・フリーゼですが、興奮状態になって時々吠えることがあります。問題行動を止めさせるには、適切なタイミングで注意してください。
また、普段から飼い主をリーダーとして認識し、信頼されるような関係を築いておくことが大切です。

また、最近は吠え癖防止のグッズなども発売されています。
そういったグッズを使ってみるのも効果的なしつけの方法です。

無駄吠えを一発でストップ【ワンブル】

11)ビションフリーゼを飼うのに向いている人

1. 犬を飼ったことがない方

ビション・フリーゼは、飼い主のいうことを素直に良く聞き、しつけもしやすい犬種です。あまり経験のないビギナーさんや小型犬で飼いやすい犬が欲しい人にぴったりです。

2.家にいることの多いシニア

ビション・フリーゼは、ちょうど扱いやすい大きさです。他の小型犬に比べると、あまりせわしない印象ではなくシニアでも飼いやすいといえます。留守番には向いていない犬種ですので、家で過ごすことの多い人におすすめです。

ただし、犬は15年くらい生きるものです。シニアの方は、今は元気でもその点を計算にいれて飼うかどうか決めていただきたいです。

3. マンション飼いしたい人

ビション・フリーゼは、それほど神経質な犬ではなくあまり吠えることもありません。マンション飼いでも比較的おとなしいのでオススメできます。ただし、愛情深く寂しがり屋の犬なのでマンションぐらしでも一人暮らしの方や共働きで留守がちな方には向きません。

12)ビションフリーゼが気をつけたい病気

ビション・フリーゼの飼育の際に、気をつけるべき病気をご紹介します。

1.膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)

膝蓋骨脱臼はビション・フリーゼに限らず小型犬に多い病気で、膝ひざや肘ひじの関節が緩くてはずれやすくなります。
関節に無理な負荷をかけないよう、しっかり運動をさせて関節周りに筋肉をつけることが必要です。

2.外耳炎(がいじえん)

外耳炎はビション・フリーゼなどの毛が多い犬種が気をつけたい病気です。
菌の繁殖などにより、音の通り道である外耳道に炎症が起こり、汚れ・臭いが強い・首をしきりに振る・耳をしきりに掻くなどの症状が見られます。
定期的な耳の状態チェックやシャンプー後などぬれたままにせず、乾燥させるなどの対策をしましょう。

3.尿結石(にょうけっせき)

尿結石は、腎臓や尿管、膀胱、尿道などに石や砂ができる病気で肥満犬やシニア犬に発症することが多いといわれています。

症状としては、血尿がでたり、頻回にトイレに行くけれど、尿量が少ないとか、排尿時に痛がることがあります。重症になると尿が出なくなり、食欲もなくなります。ひどくなると命に関わることもあります。

原因としては、水をあまり飲まなかったりビタミン不足、抵抗力の低下などであると言われています。軽ければ薬で石を溶かして流しますが、石が大きくなっている場合は手術が必要になります。

4.レッグペルテス病

レッグ・ペルテス病は後ろ足の血管の働きに異常が起こり、足を引きずったり、痛がったりします。1歳以下の小型犬によくみられる病気です。早期であれば内科治療を行いますが、進行すると外科的治療となります。外科治療では麻酔のリスクや手術・入院と非常に費用がかかります。
原因が不明で効果的な予防がありません。普段から歩き方を観察し早期発見につとめましょう。

上記のような症状が見られた場合は、すぐに動物病院での診察を受けてください。
早期発見・早期治療を心がけましょう。

治療費の目安

参考ですが、各病気の治療費をご紹介しておきます。
動物病院は自由診療なので、治療費は病院によって前後します。近所で実際に犬を飼っている方の口コミを参考にしましょう。

膝蓋骨脱臼:10~35万円(片足)
外耳炎:平均12,000円/初診
尿結石:9万円〜16万
レッグペルテス病:15万円〜35万円

13)ビションフリーゼにオススメのペット保険

ビション・フリーゼは小さいのに活発で元気なのですが、骨が細いのでケガをしがちな犬種です。そのため、ペット保険に入るのは必須といえます。

ただし、ビション・フリーゼのペット保険選びには『安さ』以外に注意点が一つあります。ビション・フリーゼがかかりやすい病気に「膝蓋骨脱臼」がありますが、多くのペット保険では膝蓋骨脱臼は保険の対象外なんです。

膝蓋骨脱臼になりやすいのに保険の対象外では保険に入る意味がありません。そこでオススメなのが『PS保険』です。

ペットサポートのPS保険

『PS保険』では膝蓋骨脱臼がしっかり保険対象!しかも他の保険のように診断書や血統書、体毛といったものがなくても、インターネットで簡単に申し込めるのもポイントです。

月々の保険料も安いので、『PS保険』が気になった方は公式サイトでぜひ資料をご請求ください。

PS保険の公式サイト  

14)ビション・フリーゼの平均寿命

ビション・フリーゼの平均寿命は12~15年くらいで、個体差はありますが小型犬では比較的長い犬種といえるでしょう。

参考までに小型犬の平均寿命ですが、だいたい14歳くらいです。

今回紹介した病気や普段の食事(ドッグフード)に気をつけてることで、寿命は長くなります。
このページの下のほうで、ビション・フリーゼにオススメのドッグフードを紹介していますので、気になる方はご確認ください。

15)人間とビションフリーゼの年齢比較表

ビション・フリーゼ 人間
新生児期 50日 1歳
社会化期 3ヶ月 4歳
6ヶ月 7歳半
成長期 9ヶ月 10歳
1歳 15歳
社会化期 2歳 24歳
4歳 32歳
6歳 40歳
8歳 48歳
9歳 52歳
シニア期 10歳 56歳
12歳 64歳
14歳 72歳
16歳 80歳
18歳 88歳
20歳 96歳

ビション・フリーゼの年齢計算式

ビション・フリーゼは、2歳の時点で人間に換算すると24歳になり、3年目以降は1年に4歳分の歳を取ります。
計算式では下記の形になります。

年齢 = 24+(犬の年齢-2年)×4

16)ビションフリーゼにおすすめのドッグフード

ビション・フリーゼにおすすめのドッグフードは「モグワン」です。

モグワンの画像動物性のタンパク質が50%も含まれていて、ビション・フリーゼのように小さいのに運動量が多い犬種にぴったりです。しかも栄養価が高いのでビション・フリーゼの毛艶も良くなります。

値段は少し高いですが、安いドッグフードのような合成添加物も使っていないので、安心して食べさせてあげることができます。

それに高タンパク質のわりにカロリーが低いので、肥満のコントロールがしやすいところもオススメ!

原材料は、人間が食べても大丈夫な高品質のものを使っていて、原材料の品質、栄養バランスともに最高クラスですよ。

(安いフードは人間の食品では禁止された添加物や材料が使われていて、病気の原因となります。)

モグワンは量販店やAmazon、楽天では売っていないので公式サイトから購入してください。

『モグワン』の公式サイト  

獣医師も推薦する!モグワンドッグフードの口コミ評判まとめ犬が食べると危険な食べ物

7)ペットにする喜び、ビションフリーゼを飼う魅力とは

1. 穏やかな性格

ビション・フリーゼは表情が豊かで可愛いだけでなく、性格も極端に強いところは無く、おっとりとしていて優しい犬種です。そういった性格の穏やかなところも魅力的です。

2.真のコンパニオン・ドッグ

ビション・フリーゼは、社交的でお行儀が良く、ジャパンケネルクラブでも「どこへでも問題なく連れて行くことができる、真のコンパニオン・ドッグ」とされています。
中世の貴婦人たちが競って求めていた愛らしさこそが一番の魅力といえるでしょう。



まとめ

1)ビション・フリーゼが気をつける病気は、レッグ・ペルテス病、ストルバイト結石、シュウ酸カルシウム結石。

2)ビション・フリーゼにオススメのペット保険は膝蓋骨脱臼に対応した保険。

3)ビション・フリーゼの平均寿命は12〜15歳。

4)ビション・フリーゼの2歳は人間でいえば24歳。そこからは1歳が人間の4歳分。

5)ビション・フリーゼにオススメのドッグフードは高タンパク質で低カロリーのもの。

ビションフリーゼの基本データ

英語表記 Papillon
愛称 ビション
原産国 フランス/ベルギー
サイズ 小型犬
体高 オス:25〜30cm
メス:23~29cm
体重 オス:4~6kg
メス:3〜5kg
毛質 ダブルコート
カラー ピュアホワイト
寿命 13〜15歳
価格 20〜30万円

参考文献

関連記事