【犬種】ボーダーコリーとは?性格の特徴と飼い方やしつけのコツ

トンネルの前のボーダーコリー

賢くて運動神経抜群な犬種の代表格となっているボーダーコリー。牧羊犬や作業犬、ドッグスポーツで活躍しています。
今回はそんなボーダーコリーの性格としつけのコツについて紹介します。



ボーダーコリーとは?性格の特徴と飼い方やしつけのコツ

ボーダーコリーとは

1. ボーダーコリーの紹介

ボーダーコリーの原産地は、「イギリス」のスコットランド地方です。
牧羊犬の中で、最も作業能力が高い犬種のひとつといわれています。

可愛らしいボーダーコリー

2.ボーダーコリーの平均体高・平均体重

ボーダーコリーの平均体高は、オスが53cm、メスはわずかに低いです。
平均体重は、オスメス共に14kg~20kgくらいで「中型犬」です。

3. 簡潔な歴史

ボーダーコリーの祖先は、8世紀後半から11世紀にかけてスカンジナビア半島のバイキングが、英国に持ち込んだトナカイ用の牧畜犬だったといわれています。

その後、イギリス土着の牧羊犬や「ラフ・コリー」の祖先犬と交雑し、19世紀末頃にほぼ現在のタイプになったといわれています。

しかし、外見ではなく作業能力を重視されて改良されたので、本国イギリスのケネルクラブに認定されたのは1976年と公認されるまでに時間がかかりました。

4.ボーダーコリーの名前のルーツ

ボーダーコリーのルーツボーダーコリーの名前のルーツの「ボーダー」とは、国境という意味で、イングランドから見るとスコットランドは辺境であり「辺境の牧羊犬」に由来しているといわれています。

ボーダーコリーの英語表記では「Border Collie」となります。

5.日本で飼育されている数

日本で飼育されているボーダーコリーの飼育数ですが、血統書を発行しているジャパンケネルクラブの2016年の犬種別犬籍登録頭数を調べてみると2,578頭です。

犬全体の登録数が300,470頭ですから、全ての犬種に占めるボーダーコリーの割合は約0.85%と、常に20位前後にランクインする人気の犬種といえるでしょう。

片方黒のボーダーコリー

6.ペットショップでの購入価格

ボーダーコリーのペットショップでの購入価格の相場15~25万円ほどです。
性別、年齢、毛色、血統などにより幅があります。

  • 混合ワクチン……16,000円
  • 狂犬病予防接種… 3,500円
  • 健康診断………… 3,000円
  • 畜犬登録………… 3,000円
  • 飼育グッズ………30,000円
初期費用は205,000〜305,000円

この犬と暮らしたい!でも手持ちが、そんな時のペットローン

ボーダーコリーの赤ちゃん

ボーダーコリーのタイプ

ボーダーコリーの毛色は、ホワイト&ブラックを主流として、レッド&ホワイトブルー&ホワイトブラウン&ホワイト、レアカラーではブルー・マールレッド・マールブラック&タン&ホワイトなどのトライカラーがあります。

それとは別に、毛質によって「ラフタイプ」と「スムースタイプ」に分けられ、性格にも違いがあるといわれています。

寝そべったボーダーコリー

1. ラフタイプ

一般的にはこちらのタイプが主流で、オーストラリア、ニュージーランド系のボーダーコリーです。

日本で見かけるボーダーコリーはほとんどがラフタイプで、ふさふさの長い毛に被われています。性格はスムースタイプに比べると人懐っこく扱いやすいです。

レッド&ホワイトのボーダーコリー

2. スムースタイプ

毛の短いスムースタイプと呼ばれるボーダーコリーは、イギリス系で運動能力が高いタイプです。

性格は勝気で神経質なところもありますが、しつけには入りやすく競技には適しているとされています。

シロが多めのボーダーコリー

理解してあげよう!ボーダーコリーの性格の3大特徴って?

1. 非常に賢い

ボーダーコリーは非常に賢く、状況判断や洞察力に優れており、知能は犬種の中で最も高いといわれています。

また、粘り強くまじめで作業熱心な性格です。

2. 活動的

ボーダーコリーは明るく好奇心旺盛で、屋外などの広い場所で活発に遊ぶことを好みます。

軽快にジャンプしたりと運動神抜群なので、フリスビーやボールを使った競技を得意とします。

3. 敏感

ボーダーコリーは敏感で、不審な人や物音に対して良く反応します。

牧羊犬の仕事をしてきたことから、注意深く警戒心が強い性質があります。

ブランク&タンのボーダーコリー

ボーダーコリーのオスとメスでの性格の違い

1.オス

ボーダーコリーのオスは、メスに比べて愛情深く、活動的な傾向にあります。

2.メス

ボーダーコリーのメスは、オスに比べて独立心が高く、頑固な傾向にあります。
一般的にメスの方が飼いやすいといわれていますが、性別よりも個体差やしつけの影響のほうが大きい犬種です。

黒い子犬のボーダーコリー

ボーダーコリーを飼う人に向いている3つのポイント

1.アウトドア系の人

ボーダーコリーは好奇心旺盛で活発です。
毎日散歩に行くことはもちろん、積極的に色々な場所に連れて行きましょう。

そういった意味でもスポーツなどを一緒に楽しむことができる、アウトドア系の人に向いています。

2. 経験のある人

ボーダーコリーは賢いがゆえに、初心者には扱うのが難しい犬種です。
エネルギッシュで繊細な面を持つボーダーコリーは、それなりの経験と根気がある人に向いているといえます。

3.小さな子供やペットがいない

牧羊犬としての習性が強く残っているボーダーコリーは、動くものを追いかけたり、突然攻撃的になる可能性があります。
子供や他のペットとの同居は、あまりオススメできません。

つまり、小さな子供やペットがいない人に向いているといえそうです。

シャボン玉で遊ぶボーダーコリー

ボーダーコリーのしつけの3つのコツ

1. 社会化訓練

ボーダーコリーは十分に社会化訓練がされていないと、極端に引っ込み思案な性格になり、問題行動につながってしまいます。

子犬期から多くの人に会わせるようにするのが一番の予防策です。

2. 一歩先を行く

賢いボーダーコリーは何でも先読みするので、中途半端なしつけでは飼い主が見下されて上手くいかないことがあります。

飼い主が堂々とした態度で的確な指示を出し、常に一歩先を行くような関係を築きましょう。
最初はプロの手を借りるのもひとつの方法です。

3. メリハリ

ボーダーコリーをしつけする上で、褒めると叱るのメリハリをつけて動きや感情をコントロールすることが非常に大切になります。

信頼関係を築きながら、正しいことと間違ったことをしっかり教えてあげましょう。

切り株にたたずむボーダーコリー

ボーダーコリーを飼育時に注意する3つのポイント

1.十分な運動

活発なボーダーコリーの運動量が足りていないと、家の中で暴れたりストレスなどから不健康になってしまいます。

朝晩2回、30分から1時間の散歩の中でボール遊びなどの思い切り走れる運動を取り入れるのが理想です。

2.肥満

ボーダーコリーは運動量が多いので本来は太りにくいはずですが、最近では肥満のボーダーコリーが増えているようです。

運動をしても改善しないのであれば、食事の量や質を見直してみましょう。

3. リードをしっかり

ボーダーコリーは散歩や運動の際に、バイクや走る人、他のペットなどを追いかける傾向があります。

脱走や事故にならないように、特に十分にしつけされてないうちはリードをしっかりつけるのを忘れないでください。

ドッグランでも目を離さないようにしましょう。

はしゃいでるボーダーコリー

気をつける病気

ボーダーコリーの飼育の際に、気をつけるべき病気をご紹介します。

1.股関節形成不全

股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)は、歩行に支障をきたしてしまう病気で、ボーダーコリーは股関疾患にかかりやすい犬種といわれています。普段から歩き方を観察して、何か異変を感じたら病院で診察してもらうようにしましょう。

2.コリー眼異常

コリー眼異常(がんいじょう)は重度になると網膜がはがれ、最悪の場合失明に至る病気です。遺伝疾患のため対策方法はありませんが、もし異常を感じたら動物病院に連れて行き適切な処置を行ってもらってください。

3.水晶体脱臼

水晶体脱臼(すいしょうたいだっきゅう)は、外傷、緑内障などに伴う眼球の増大により水晶体の位置がずれてしまう病気です。最悪の場合には失明に至ってしまう可能性があるので、定期的な目の検査をしておきましょう。

4.難聴

ボーダーコリーの中には、まれに遺伝的に難聴を起こすと考えられています。通常は両耳に起こりますが、片方の耳だけに障害が起こることもあります。何か異常を感じたら病院で相談しましょう。

ボーダーコリーのアップ

ボーダーコリーにオススメのペット保険

ボーダーコリーは元気な犬なのでケガをしやすく、また年を取ってくると股関節や目の病気などになりやすい犬種です。

とくに高齢になるほど発症の度合いが高まることもあり、ペット保険に入るのは必須といえるでしょう。

ペットショップですすめられるペット保険は、月額の支払いが高いものが多く、もっと安い保険はたくさんあります。

数あるペット保険の中でも、当サイトでオススメなのが『PS保険』です。

ペットサポートのPS保険

『PS保険』では月々の保険料も安く、しかも他の保険のように診断書や血統書、体毛といったものがなく、インターネットで簡単に申し込めるのもポイントです。

『PS保険』が気になった方は公式サイトでぜひ資料をご請求ください。

PS保険の公式サイトはこちら  

業界最安クラスの保険料の「PS保険」口コミ評判まとめ

個人賠償責任保険の加入も必須!

また、しつけが行き届いていない場合は、噛み癖や飛びつきの癖があることもあり「個人賠償責任保険」の特約に入ることをオススメします。

個人賠償責任保険とは、ボーダーコリーがケガをさせてしまった場合に使える保険のこと。

個人賠償責任保険は、ペット保険で特約をつけるよりもクレジットカードの特約で入るほうが、同じくらいの値段で、補償の範囲も補償金も高いので絶対にオススメです。

ペットのトラブルに使える!個人賠償責任保険とは?

0)ボーダーコリーの平均寿命

ボーダーコリーの平均寿命は13~15年くらいと、犬の一般的な平均寿命とかわりません。
また飼育環境により17年くらい生きる場合もあります。

今回紹介した病気や普段の食事(ドッグフード)に気をつけてることで、寿命は長くなります。
このページの下のほうで、ボーダーコリーにオススメのドッグフードを紹介していますので、気になる方はご確認ください。

人間とボーダーコリーの年齢比較表

ボーダーコリー 人間
新生児期 1ヶ月 1歳
社会化期 3ヶ月 5歳
6ヶ月 9歳
成長期 9ヶ月 13歳
1歳 15歳
成犬期 2歳 23歳
4歳 33歳
6歳 43歳
8歳 53歳
9歳 58歳
シニア期 10歳 63歳
12歳 73歳
14歳 83歳
16歳 93歳
18歳 103歳
20歳 113歳

ボーダーコリーの年齢計算式

ボーダーコリーは、2歳の時点で人間に換算すると23歳になり、3年目以降は1年に5歳分の歳を取ります。
計算式では下記の形になります。

年齢 = 23+(犬の年齢-2年)×5

ボーダーコリーにおすすめのフード

ボーダーコリーにおすすめのドッグフードは「モグワン」です。

動物性のタンパク質が50%と高タンパク質のわりにカロリーが低いので、ボーダーコリーのような運動量が豊富で太りやすい犬種におすすめ!

肥満のコントロールがしやすいし、栄養価が高いので毛艶も良くなります。

また、安いドッグフードのような合成添加物も使っておらず、安心して食べさせてあげることができます。

モグワンの画像

原材料は人間が食べても大丈夫な高品質のものを使っていて、品質、栄養バランスともに最高クラスですよ。

たしかに、一般のフードに比べれば少し値段が高いですが、それも材料にこだわっていればこそ!
愛犬の健康には変えられませんからね。

(安いフードは人間の食品では禁止された添加物や材料が使われていて、病気の原因となります。)

モグワンは量販店やAmazon、楽天では売っていないので公式サイトから購入してください。

『モグワン』の公式サイト  

獣医師も推薦する!モグワンドッグフードの口コミ評判まとめ

犬が食べると危険な人間の食べ物

ペットにする喜び、ボーダーコリーを飼う魅力とは

1. アクティブに遊べる

ボーダーコリーの魅力アクティブな人にとって、ボーダーコリーは一緒に遊べる良いパートナーになるでしょう。例えばキャンプなどのアウトドアに行けば、自然いっぱいの場所でお互いのびのびと過ごせます。

2. 喜びを分かち合える

ボーダーコリーは明るく陽気な性格で、生活を共にすると楽しく感じます。ボーダーコリーは何かに挑戦して達成することに喜びを感じるタイプなので、一緒に喜びを分かち合えるでしょう。



まとめ

ボーダーコリーの原産地は日本で、体高はオスが53cm、メスはわずかに低く、体重は14kg~20kg。

ボーダーコリーの毛色は、ホワイト&ブラック、レッド&ホワイト、ブルー&ホワイト、ブラウン&ホワイト、ブルー・マール、レッド・マール、ブラック&タン&ホワイトなど。毛質はラフタイプとスムースタイプ。

ボーダーコリーの性格の3大特徴は、非常に賢い、活動的、敏感。

ボーダーコリーのオスとメスでの性格の違いは、オスは愛情深く、活動的。メスは独立心があり、頑固な傾向。

ボーダーコリーの紹介ボーダーコリーを飼う人に向いている3つのポイントは、アウトドア系の人、経験のある人、小さな子供やペットがいない人。

ボーダーコリーのしつけの3つの重要ポイントは、社会化訓練、一歩先を行く、メリハリ。

ボーダーコリーの飼育に関しての3つの注意点は、十分な運動、肥満、リードをしっかり。

ボーダーコリーが気をつけたい病気は、股関節形成不全、コリー眼異常、水晶体脱臼、難聴。

ボーダーコリー飼う魅力とは、アクティブに遊べる、喜びを分かち合える。

ボーラーコリーのまとめ

ボーダーコリーに関連する記事


https://petraku.com/inu-kanren

この記事を書いた人

YOKO

YOKO

ペットナビの管理人のYOKO(男)です。
動物好きで犬や猫はもちろん、ウサギやハムスター、多くの昆虫などを飼ってきた経験があります。少しでも動物を飼いたい方のためになる情報を紹介したいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします