ケアーン・テリアはイギリスでは古くから人気があり、アメリカでも1939年の映画『オズの魔法使い』の主人公の飼い犬「トト」として注目されました。顔の周りの長い毛が、キツネのように見えるのが特徴です。

今回はそんなケアーン・テリアの性格としつけのコツについて紹介します。



ケアーン・テリアとは?性格の3大特徴。飼い方としつけのコツ。

1)ケアーン・テリアとはケアーンテリアのアイコン

1. ケアーン・テリアの紹介

ケアーン・テリアの原産地はイギリスの「スコットランド」。
「スコティッシュ・テリア」や「ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア」と並び、スコットランドのハイランド地方が原産の犬になります。

ケアーン・テリアは、血統書を発行しているジャパンケネルクラブの分類によるとグループ3(テリア種)の小型犬です。

テリア種のなかでもっとも古い犬種といわれ、穴や岩場から小動物を捕らえるための猟犬として活躍していました。

2. 名前のルーツ・簡潔な歴史

ケアーン・テリアの名前のルーツは、積石の間に潜む小動物を追い出すことを得意としていたため、「積石」を意味する「ケアーン」と名付けられました。

ケアーン・テリアの歴史については、最初はドッグショーでテリア種全て「スコッチ・テリア」とみなされていました。

1873年以降からテリアが徐々に区別されるようになり、さまざまな種類で呼ばれるようになります。

ケアーン・テリアは、その過程において、「ショート・ヘアード・スカイ」と呼ばれたりしていましたが、1912年頃に「ケアーン・テリア」という名前で定着しました。

英語では「Cairn Terrier」と表記します。

3.平均体高・平均体重

  • 平均体高:28~31cm
  • 平均体重:6~7.5kg

4.日本で飼育されている数

日本で飼育されているケアーン・テリアの飼育数ですが、ジャパンケネルクラブの2016年の犬種別犬籍登録頭数を調べてみると106頭です。

犬全体の登録数が300,470頭ですから、全ての犬種に占めるケアーン・テリアの割合はわずが約0.03%と、非常にめずらしい犬種ということになります。

5.平均寿命

ケアーン・テリアの平均寿命は12~15年くらいです。

小型犬の中では比較的長いほうです。

子犬のケアーンンテリア

2)種類の違いはあるの?ケアーン・テリアの5つのタイプケアーンテリアのアイコン

ケアーン・テリアの毛色は以下の5色で、5色のいずれかにトラのようにストライプが入っているブリンドルは許容されています。

ホワイトや純黒、ブラック&タンは好ましくないとされています。

耳やマズルは黒っぽいのが典型です。また、成長するにつれて毛の色が変化することがあります。

1. ほぼブラック

ジャパンケネルクラブでは、ほぼブラックがよいとされ、純黒は好ましくないとされています。

2.グレー

薄いグレーや濃いグレーの毛色などのケアーンテリアです。

3.レッド

赤みがかった茶色の毛色をしたケアーンテリアとよびます。

4. クリーム

薄いクリームがかった毛色のケアーンテリアです。

5. ウィートン

実った小麦色という意味で、黄色っぽい毛色のケアーンテリアをいいます。

砂浜のケアン・テリア

3)ケアーン・テリアの購入価格(初期費用)ケアーンテリアのアイコン

ケアーン・テリアは、ペットショップではあまり見かけない犬種のため、ブリーダーからの購入も検討してください。
購入価格の相場は、10〜20万円です。

この他に初期費用としては、次のようなものがかかります。

  • 混合ワクチン……16,000円
  • 狂犬病予防接種… 3,500円
  • 健康診断………… 3,000円
  • 畜犬登録………… 3,000円
  • 飼育グッズ………30,000円

初期費用は155,000円255,000円

この犬と暮らしたい!でも手持ちが、そんな時のペットローン



このページのまとめケアーンテリアのアイコン

英語表記 Cairn Terrier
愛称 ケアン
原産国 イギリス
サイズ 小型犬
体高 28cm~31cm
体重 6~7.5kg
毛質 ダブルコート
カラー クリーム、ウィトン、レッド、グレー、ほぼブラック。
ブリンドルパターン。
寿命 12〜15歳
価格 10〜20万円

1)ケアーン・テリアの原産地はイギリスで、体高はオスメス共に28~31cm、体重は6~7.5kg。

2)ケアーン・テリアの5種類のタイプは、ブラック、クリーム、ウィートン、レッド、グレー。

3)ケアーン・テリアの性格の3大特徴は、活発、気が強い、賢い。

関連記事

ケアーン・テリアの見出し一覧

ケアーン・テリアに関するページの見出しの一覧です。