【犬種】ダルメシアンとは?性格の特徴と飼い方やしつけのコツ

海辺を走っているダルメシアン

アニメ映画のモデルにもなったダルメシアンは、特徴的な模様をもった犬種です。特に海外で一躍人気が高まった時期がありましたが、あなたも飼ってみたいと思いませんか?

今回は、そんなダルメシアンの性格としつけのコツについて紹介します。



ダルメシアンとは?性格の特徴と飼い方やしつけのコツ

ダルメシアンとは

1.ダルメシアンの紹介

ダルメシアンは白黒の水玉模様が特徴的な大型犬です。
ディズニーのアニメ映画のモデルとして有名になりました。

またダルメシアンはかつて、猟犬、番犬、牧羊犬、軍用犬として活躍していました。

2.ダルメシアンの平均体高・平均体重

ダルメシアンの平均体高は、オスが56〜61cmくらいで、メスはもう少し小柄で54〜59cmくらいになります。

平均体重は、オスが27〜32kgぐらい、メスで24〜29kgくらいの大型犬になります。

3.ダルメシアンの名前のルーツ

ダルメシアン」という名前は、現在の「クロアチア」の「ダルメシア」という地名に由来しますが、これはダルメシア地方のロマーニジプシーに飼われていたからだといわれています。

4.ダルメシアンの歴史

名前の由来であるダルメシア地方のジプシーに飼われていたという説がある一方で、古代エジプトの彫刻や、16世紀から18世紀に掛けてのヨーロッパの絵画に登場することから、ダルメシアンは数千年前から存在すると思われる犬種です。

ちなみに、19世紀のイギリスでは馬車の伴走犬として飼われていました。

5.日本で飼育されている数

日本で飼育されているダルメシアンの飼育数ですが、血統書を発行しているジャパンケネルクラブの2017年の犬種別犬籍登録頭数を調べてみると339頭です。

犬全体の登録数が295,910頭ですから、全ての犬種に占めるダルメシアンの割合は約0.1%で、映画のモデルにもなった犬種ですが飼い犬としてはマイナーな犬種といえるでしょう。

6.飼いやすさの目安

ダルメシアンの飼いやすさの目安を紹介します。

社会性・協調性がある ★★★☆☆3
健康管理がしやすい ★★★★☆4
初心者向き ★★★☆☆3
噛み癖がつきにくい ★★☆☆☆2
訓練されるのが好き ★★★★☆4
物覚えがいい ★★★☆☆3
飼いやすさの目安:19/30

 

ダルメシアンの2つのタイプと特徴の違い

1.ブラック・スポット・バラエティー

ブラック・スポット・バラエティーは、白い地色ブラックのスポットがある毛色のダルメシアンです。

2.レバー・スポット・バラエティー

レバー・スポット・バラエティーは、白い地色ブラウンのスポットがある毛色のダルメシアンです。

ペットショップでの購入価格

ダルメシアンのペットショップやブリーダーでの購入価格は10~20万円になっています。

  • 混合ワクチン……16,000円
  • 狂犬病予防接種… 3,500円
  • 健康診断………… 3,000円
  • 畜犬登録………… 3,000円
  • 飼育グッズ………30,000円
初期費用は155,000〜255,000円

この犬と暮らしたい!でも手持ちが、そんな時のペットローン

価格は骨格やタン模様のバランスによって変わってきます。

ダルメシアンの性格の3大特徴

1.活発で遊び好き

ダルメシアンは活発で遊び好きな性格をしています。

持久力があり、社交的な部分もあるため、積極的に遊びたがります。

とても明るい性格の一面もあるため、ペットにするととても楽しい気分にさせられます。

2.好奇心が強い

ダルメシアンは好奇心がとても強い性格を持っています。

そのため、興味の向いたことには注意が向いてしまいます。

しつけをしっかりしておかないと、興味に引かれて飼い主の言うことを聞かない場合があります。

3.従順

ダルメシアンは賢くて飼い主に従順で、比較的しつけがし易く飼いやすい性格をしています。

子犬の時からしっかりとしつけを行うことで、飼い主にとっても掛け替えのないパートナーになってくれるでしょう。

child little girl with glasses reading a books

性格の違いはあるの?オスとメスでの性格の違い

1.攻撃性

ダルメシアンのオスはメスに比べて、攻撃的な一面を持っています。

ダルメシアンは体が大きく力も強いため、小さな子供がいる環境ではしっかりとしつけを行い、子供にケガをさせないように気を付けましょう

2.人見知り

ダルメシアンのメスは、オスに比べて若干人見知りな傾向があるといわれています。

そのため、飼い主以外の他人や、他の犬の前では警戒心を見せる時があります。

そのような場合には、飼い主が一緒に居てやることで安心感を与えてやりましょう。

遠くを見つめるダルメシアン

ダルメシアンを飼うのに向いている人は?

1.しっかり運動をさせられる

ダルメシアンは非常に持久力のある犬種です。
若いダルメシアンだと10km以上の距離でも喜んで走るほどです。

そのため、しっかりと運動をさせられる人がダルメシアンを飼うのに向いていいるといえるでしょう。

毎日の散歩はかかさず、2時間程度行うようにしてください。

2.しつけをしっかりできる

ダルメシアンは従順であるものの、好奇心が強い面もあるため思わぬ反応を見せることがあります。

ですから子犬のうちから、しっかり「しつけ」を行ってください。

比較的しつけをし易い犬種ですから、根気良く教えていけば言うことを良く聞くように育ちます。

そういった意味でも、しつけをしっかりできる人が飼うのに向いていると言えます。

3.犬の飼育に慣れている

これは聴覚障害を持ったダルメシアンを飼う場合に当てはまります。

ダルメシアンは紹介したように聴覚障害を起こしやすい犬種です。
聴覚障害を発症した場合、耳が聞こえないダルメシアンを飼うとことになるかもしれません。

その場合には、ハンドサインなどの訓練が必要になるため、初めて犬を飼うような人では苦労するでしょう。

つまりハンドサインを訓練できるような犬の飼育に慣れている人が、飼うのに向いていると言えます。

雪とダルメシアン

ダルメシアンのしつけの3つのコツ

1.褒めることを基本にする

ダルメシアンをしつけする場合には、褒めることを基本として行ってください。
あまりに暴力的なしつけを行ってしまうと、反撃にあってしまうことがあります。

しつける場合は、愛情を込めて行いましょう。

ただし、主導権は飼い主が握っておくことを忘れないようにしてください。

2.散歩の注意

ダルメシアンの散歩を行う場合、リードは大人が持つ様にしてください。

ダルメシアンはとても持久力があり力の強い犬種のため、力の弱い子供がリードを持つと、ダルメシアンが引く力に負けてケガをしてしまう可能性があります。

3.無駄吠えを止めさせる

ダルメシアンは好奇心が強いため、興味を引くものを見つけると無駄吠えをしまうことがあります。

ペットとして飼育する場合には、無駄吠えを止めさせたいので、無駄吠えしないようにしつけを行います。

鼻先を手のひらで押し下げて低い声で「静かに」と言ってしつけます。

最近では無駄吠え防止の首輪など便利なグッズもあるので、そういったアイテムをうまく使うと良いでしょう。

Closeup on medical doctor woman writing in clipboard

要注意!飼育する場合に特に注意すること

1.しっかりと運動をさせる

ダルメシアンは馬車の伴走犬をしてきた歴史があるほどの持久力を持っています。

十分な運動をさせないとストレスが溜まるため、時間を掛けてしっかりと毎日の散歩を行うようにしましょう。

2.根気強く

従順で、しつけや命令もしっかりと覚えるダルメシアンは、記憶力が良い犬種です。

暴力的なしつけをされた場合には、根に持ってしまうことがあります。

そのため、あせらずに根気強く、愛情を持ったしつけを行っていく必要があります。

青空とダルメシアン

ダルメシアンが気をつけたい病気

ダルメシアンは気を付ける病気はこちらです。

1.皮膚病

食べ物アレルギーによる皮膚炎や、アトピー性皮膚炎といったアレルギー性皮膚炎を起こすことがあります。皮膚炎の根治は難しく、投薬、アレルギーに対応したドッグフード、シャンプーなどで時間をかけて治療していく必要があります。ブラッシングやトリミングをこまめに行うことで、予防や早期発見につながります。

2.難聴

犬の聴覚障害を診断するのはとても難しいことですが、話しかけても反応しない、極端に臆病になる、飼い主への依存が高くなるなどの傾向が見られます。

3.尿路結石

尿結石は、腎臓や尿管、膀胱、尿道などに石や砂ができる病気で肥満犬やシニア犬に発症することが多いといわれています。また、ダルメシアンは尿酸を分解する力が弱いため、尿路結石を発症しやすい犬種です。

症状としては、血尿がでたり、頻回にトイレに行くけれど、尿量が少ないとか、排尿時に痛がることがあります。重症になると尿が出なくなり、食欲もなくなります。ひどくなると命に関わることもあります。

原因としては、水をあまり飲まなかったりビタミン不足、抵抗力の低下などであると言われています。軽ければ薬で石を溶かして流しますが、石が大きくなっている場合は手術が必要になります。

治療費の目安

参考ですが、各病気の治療費をご紹介しておきます。

動物病院は自由診療なので、治療費は地域や病院によって前後します。近所で実際に犬を飼っている方の口コミも参考にしましょう。もしあまりにも高額な場合はセカンドオピニオンも検討してください。

初診料:500~1,500円
皮膚炎:3~5万円
尿路結石:9~16万円

ダルメシアンの平均寿命

ダルメシアンの平均寿命は10〜13年です。中には15年くらい生きる場合もあります。

参考までに中型犬の平均寿命ですが、だいたい13歳くらいです。
しかし、あくまでも平均寿命ですので、健康管理をしっかりと行って愛情深く接していけばもっと長く生きることも可能でしょう。

今回紹介した病気や普段の食事(ドッグフード)に気をつけてることで、寿命は長くなります。
このページの下のほうで、ダルメシアンにオススメのドッグフードを紹介していますので、気になる方はご確認ください。

人間とダルメシアンの年齢比較表

ダルメシアン 人間
新生児期 1ヶ月 1歳
社会化期 3ヶ月 5歳
6ヶ月 9歳
成長期 9ヶ月 13歳
1歳 15歳
成犬期 2歳 23歳
4歳 33歳
6歳 43歳
8歳 53歳
9歳 58歳
シニア期 10歳 63歳
12歳 73歳
14歳 83歳
16歳 93歳
18歳 103歳
20歳 113歳

ダルメシアンの年齢計算式

ダルメシアンは、2歳の時点で人間に換算すると23歳になり、3年目以降は1年に5歳分の歳を取ります。
計算式では下記の形になります。

年齢 = 23+(犬の年齢-2年)×5

ダルメシアンにおすすめのフード

ダルメシアンにおすすめのドッグフードは「モグワン」です。

動物性のタンパク質が50%も含まれていて、ダルメシアンのように運動が大好きな犬種にぴったりです。しかも栄養価が高いのでダルメシアンの毛艶も良くなります。

値段は少し高いですが、安いドッグフードのような合成添加物も使っていないので、安心して食べさせてあげることができます。

それに高タンパク質のわりにカロリーが低いので、肥満のコントロールがしやすいところもオススメの理由です。

しかも原材料は、人間が食べても大丈夫な高品質のものを使っていて、原材料の品質、栄養バランスともに最高クラスですよ。

(安いフードは人間の食品では禁止された添加物や材料が使われています。)

モグワンは量販店やAmazon、楽天では売っていないので公式サイトから購入してください。

『モグワン』の公式サイト  

獣医師も推薦する!モグワンドッグフードの口コミ評判まとめ犬が食べると危険な人間の食べ物

ペットにする喜び・・ダルメシアンを飼う魅力とは

1.独特の風貌

ダルメシアンをペットにする一番の魅力は、その独特の風貌です。

白黒の水玉模様とスラリとした体型は美しく、犬の中でもとても素敵なスタイルをしています。

2.しっかりと遊べる

ダルメシアンは好奇心旺盛で体力もあるため、しっかりと一緒に遊びたい飼い主にとって元気いっぱいに動き回ることができるというのが魅力になります。



今回のまとめ

ダルメシアンの紹介
白黒の水玉模様が特徴的な犬種。平均体高はオスで50センチメートルから65センチメートル、メスはもう少し小柄で45センチメートルから64センチメートル。平均体重はオスで18キログラムから32キログラムぐらい、メスで16キログラムから24キログラム。平均寿命は10年から13年。

種類の違いはあるの?ダルメシアンの2つのタイプと特徴の違い
ブラック・スポット・バラエティーは、白い地色にブラックのスポットがある毛色の種類。
レバー・スポット・バラエティーは、白い地色にブラウンのスポットがある毛色の種類。

理解しよう!ダルメシアンの性格の3大特徴
活発で遊び好きで好奇心が強い。飼い主に従順で比較的しつけがしやすい。

性格の違いは?オスとメスでの性格の違い
ダルメシアンのオスはメスに比べて、攻撃的な一面を持っている。
メスはオスに比べて若干人見知りな傾向がある。

どんな人が向いている?ダルメシアンを飼う人に向いているポイント
しっかりと運動をさせられる人、しつけをしっかりできる人、犬の飼育に慣れている人。

ここがポイント!ダルメシアンのしつけの3つのコツ
褒めることを基本にする、散歩のときは力の強い大人が行う、無駄吠えをやめさせる。

要注意!飼育する場合に特に注意すること
ストレスが溜まるのでしっかりと運動をさせる、根気強く愛情をもったしつけをする。

ペットにする喜び・・ダルメシアンを飼う魅力とは
白黒の水玉模様とスラリとした体型は美しく、犬の中でもとても素敵なスタイルをしている。しっかりと一緒に遊びたい飼い主にとって元気いっぱいに動き回ることができるというのが魅力。

関連記事

ダルメシアンに関連する記事


犬に関する記事まとめ
こちらのページでは、当サイト「ペットナビ」で紹介している犬の「しつけ」や「悩み」「病気」に関する記事をまとめています。 また、犬種別のしつけや性格の記事もありますので、気になる方はぜひご覧ください。