フレンチブルドッグのしつけと飼い方

顔を出したフレンチブルドッグ

あなたはフレンチブルドッグのしつけの仕方が気になっていますよね?この記事ではフレンチブルドッグのしつけの仕方と飼い方をご紹介します。



フレンチブルドッグの飼いやすさの目安

フレンチブルドックの飼いやすさの目安を紹介します。

社会性・協調性がある ★★★★☆4
健康管理がしやすい ★★☆☆☆2
初心者向き ★★★☆☆3
噛み癖がつきにくい ★★★★☆4
訓練されるのが好き ★★★☆☆3
物覚えがいい ★★★☆☆3
飼いやすさの目安:23/30

フレンチブルドッグの子犬

フレンチブルドッグのしつけの2つの重要ポイント

フレンチブルドッグは「人懐こくて甘えん坊!家族を喜ばせることが大好きで遊び好き!学習能力が高く記憶力がいい!」とご紹介しましたが、初対面の人には打ち解けにくいという性質を持ち合わせています。

1.距離を少しずつ縮めたスキンシップを

そのため、いきなり馴れ馴れしく接すれば拒絶反応を起こしやすくなります。つまり嫌われて敵意が生まれてしまいます。これを避けるためにも、距離を少しずつ縮めていくやり方でスキンシップをとっていきましょう。慣れてきたらトイレの場所を覚えさせるトイレトレーニングからはじめ、散歩、いたずらをさせないなど人と暮らすためのルールを教えていきます。

2.飼い主が主導権をしっかりと握る

どの犬にも共通することでもありますが、そこで大事なのは飼い主がリーダーだと認識させることです。
かわいいからと犬の言いなりになってしまえば、犬は自分がリーダーだと錯覚して飼い主を下に見てしまい、命令を聞かなくなってしまいます。注意しましょう。
タキシードのフレンチブルドッグ

フレンチブルドッグの飼育に向いている人の2つのポイント

1.いつでもそばに入れる人

フレンチブルドッグは、その性格から外飼いよりも室内飼いが向いています。
そのため、いつもそばにいられて相手ができる器量のある人に向いた犬種です。

2.スキンシップが取れる人

またデリケートな体質ゆえに、マメにスキンシップがとれて面倒見がよい人であれば、体調の変化を見逃しませんからフレンチブルドッグの健康管理がきちんと行えます。
このようなタイプの人であれば、フレンチブルドッグと仲良く過ごせる最高の飼い主でありパートナーとなることでしょう。
French bulldog on the beach of Baltic sea

フレンチブルドッグを飼う魅力

フレンチブルドッグを家族に迎えれば、愛嬌のある顔つきや愛らしい行動は見ているだけで毎日楽しく、疲れやイライラも癒されていきます。

フレンチブルドッグという小さな子供、そしてパートナーとの生活は、これまで以上に発見があり、潤いのあるものになることでしょう。
ご自身に合った子を見つけられると良いですね。



今回のまとめ

フレンチブルドッグのしつけの2つの重要ポイント

  1. 距離を少しづつ縮めたスキンシップ
  2. 飼い主が主導権を握る

フレンチブルドッグの飼育に向いている人の2つのポイント

  1. いつでもそばに入れる人
  2. スキンシップが取れる人

フレンチブルドッグを飼う魅力

  1. 愛嬌のある顔つき
  2. 愛らしい行動

フレンチブルドッグの関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました