ポメラニアンの性格の4大特徴

ポメラニアンのトップ画像
「ポメ」の愛称で親しまれ、ふわふわで丸々とした見た目が可愛いポメラニアン。愛らしい見た目とは違って、じつは中型犬顔負けの勇敢すぎる犬だと知っていましたか?
今回は、そんなポメラニアンの性格、オスとメスでの性格の違いについてご紹介します。
ポメラニアンの性格を知って、飼うかどうか悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

※ポメラニアンについて詳しく知りたい方は、「ポメラニアンの特徴」のページをご覧ください。


ポメラニアンの性格の4大特徴

参考:人気の犬種図鑑

ポメラニアンの性格の4大特徴

1. 家族が大好き

女の子に抱きしめられたポメラニアン。毛色はオレンジポメラニアンは飼い主への忠誠心が強い犬でよく懐きます。
甘えん坊な一面もあり、あれこれおねだりしてくることも。
ただ可愛いからといってあまりワガママに答えすぎると「飼い主よりも自分の方が偉い!」と勘違いをしてしまい、いうことを聞いてくれなくなる事もあるので、しっかりとしたしつけが必要です。

2. 警戒心が強い

ポメラニアンはもともと警戒心がとても強い犬で、番犬としてはぴったりです。
反面、散歩中に自分より大きい犬にも立ち向かうほど怖いもの知らずなので、警戒心が強くなりすぎると吠え癖につながってしまうこともあり注意が必要です。

3. フレンドリーな遊び好き

飼い主と遊ぶのはもちろん、ひとりでも楽しいことを見つけようとする犬です。
いつも動き回っていて一匹でも飽きません。
またポメラニアンの祖先である「サモエド」の性質を受け継いでいるので、他の犬に対しても友好的ですぐに仲良くなれます。

4. 学習能力が高い

夕日にたたずむポメラニアン。毛色はオレンジ・セーブルポメラニアンは頭がよく、飼い主の教えたことをすぐに覚える犬です。
オテ」や「マテ」、「フセ」などの基本的なしつけはもちろん、ちょっとした芸を覚えるさせるのも難しくありません。
ただし、ポメラニアンは悪いことも覚えやすいので、しっかりしつけるように注意してください。

ポメラニアンのオスとメスでの性格の違い

犬の性格は、メスのほうが落ち着いていて、オスのほうが甘えんぼうで活動的な傾向があると一般的にいわれています。
ポメラニアンも例外ではありませんが、その中でも特徴的なものをご紹介します。

1. オスは気ままで活発タイプ

ポメラニアンのオスは、やんちゃですが、行動がはっきりしている分とてもわかりやすい性格です。
また、自立心に富んでいて自由奔放です。
メスに比べると縄張り意識がつよく、飼い主を守るときには吠えることもしばしばあります。

2. メスは温厚な番犬タイプ

ポメラニアンのメスは、オスに比べて落ち着きがあり、飼い主に忠実でより人懐っこい性格をしています。
また飼い主への愛情が深いのもメスなので、飼い主や家を守ろうとします。

[itemlink post_id=”12801″]



今回のまとめ

ポメラニアンの性格の4大特徴

  1. 家族が大好き
  2. 警戒心が強い
  3. フレンドリーな遊び好き
  4. 学習能力が高い

ポメラニアンのオスとメスでの性格の違い

  1. オスは気ままで活発
  2. メスは温厚な番犬タイプ

ポメラニアンの関連記事

タイトルとURLをコピーしました