ヨークシャー・テリアの性格の3大特徴

ヨークシャー・テリア(ヨーキー)の性格の3大特徴
ヨークシャー・テリアはその可憐な動きから「動く宝石」と言われていますが、性格が気になりますよね? この記事ではヨークシャーテリアの性格、オスとメスでの性格の違い、飼うのに向いている人を紹介しています。

ヨークシャー・テリアの性格を知って、飼うかどうか悩んでいる方は、ぜひこの記事を読んで参考にしてください。

※ヨークシャー・テリアについて詳しく知りたい方は、「ヨークシャー・テリアの特徴」のページをご覧ください。


ヨークシャー・テリアの性格の3大特徴

1. 自己主張が強く負けん気が強い

ヨークシャー・テリアは自己主張が強く勝ち気な性格です。
しっかりとしつけができないと、とてもワガママに育ってしまいます。
また元々ネズミ捕り用につくられた犬種ですので、小さなことにも敏感に反応をします。

2. 社交的

ヨークシャー・テリアは社交的で人見知りをする性格ではありません。
初めて会う人でも遊んであげたりすると非常に喜びます。

3. 冒険好きでエネルギッシュ

ヨークシャー・テリアは小柄の割には非常に活発的で、いつも何か事件を起こすほどエネルギッシュな犬種です。
子供のいる家庭としては良い遊び相手になるでしょう。

子供とヨークシャーテリア(ヨーキー)

オスとメスでの性格の違い

1. オス

ヨークシャー・テリアのオスは、メスに比べ「甘えん坊」で人への関心が強く、好奇心も旺盛です。

2. メス

ヨークシャー・テリアのメスは、子犬の頃はオス同様に活発的なところは変わりませんが、年齢を重ねるごとに精神的に落ち着きが増し、情緒豊かで思慮深くなるのが特徴になります。

ヨークシャー・テリア(ヨーキー)

ヨークシャー・テリアを飼うのに向いている人

1. 室内で飼えること

甘えん坊で飼い主に構ってもらいたいという性格も持っているため、屋外で飼うことがオススメできません。
また、他の犬と違いアンダーコートを持っていないため、暑いのはもちろん苦手ですが、寒いのも苦手です。
そういった点を踏まえて、室内で飼える方が向いている人といえます。

2. 甘やかしすぎない人

ヨークシャー・テリアは小柄で可愛いため、ついつい甘やかしてしまう傾向がありますが、甘やかしすぎるとワガママな性格に育ってしまいます。もともと、自己主張が激しいため、小さいうちからしつけを行なっていくことが重要になります。
ですから、甘やかしすぎずメリハリを持った態度で接してあげられる方が飼い主としては理想です。

3. 毎日のブラッシングができる人

ヨークシャー・テリアは長毛種であるため、どこまでも被毛は伸びていきます。
そのため定期的にトリミングをすることと、毎日のブラッシングが必須です。
また、ロングコートのヨークシャー・テリアにしたいのであれば、「ラッピング」という専門の手入れが必要になります。
ラッピングとは、被毛を綺麗に成長させるために目や肛門が毛で隠れないようにセットペーパーで毛を包んでまとめる専門的な手入れのことをいいます。

サンタとヨークシャーテリア(ヨーキー)


今回のまとめ

ヨークシャー・テリアの性格は?

  • 見た目とは裏腹に自己主張が強いため、しつけを徹底すること。
  • また、社交的で遊び好きであるため適度に遊んであげること。
  • さらに、凄くエネルギッシュであるため、遊んであげる時はまわりに注意すること。

オスとメスでの性格の違いは?

  • オスはメスよりも甘えん坊で好奇心旺盛
  • メスは、年令を重ねるごとに思慮深くなる

ヨークシャー・テリアを飼うのに向いている人は?

 

  • 室内で変える人
  • 甘やかしすぎない人
  • 毎日のブラッシングができる人

ヨークシャー・テリアの関連記事

タイトルとURLをコピーしました