【犬種】フラットコーテッド・レトリバーとは?性格の特徴と飼い方やしつけのコツ

芝生で伏せるフラットコーテッドレトリバー

優雅で堂々とした姿は美しく、ガン・ドッグや麻薬探知犬としても優秀なフラットコーテッド・レトリバー。
ゴールデンやラブラドールと比べるとあまり知られていないので、黒いゴールデンレトリバーだと勘違いされてしまうことも。
今回はそんなフラットコーテッド・レトリバーの性格と飼い方、しつけのコツについて紹介します。



フラットコーテッド・レトリバーとは?性格の特徴と飼い方やしつけのコツ

フラットコーテッド・レトリバーとは?

1. フラットコーテッド・レトリバーの紹介

横向きのフラットコーテッドレトリバー

フラットコーテッド・レトリバーの原産地は、イギリスです。
本来の用途はガン・ドッグ(鳥猟犬)で、猟師が打ち落とした鴨などを水中から速やかに回収します。鋭い嗅覚を活かして麻薬探知犬としても活躍しています。

2.平均体高・平均体重

フラットコーテッド・レトリバーの平均体高は、オス59~62cmメス56~59cmです。
平均体重は、オス27kg~36kgメス25kg~32kgの大型犬です。海外では中型犬と分類されることが多いようです。

3. 簡潔な歴史

フラットコーテッド・レトリバーの祖先犬は、小型のニューファンドランドまたはチェサピーク・ベイ・レトリバーという説や、ラブラドールとカーリーコーテッド・レトリバーという説があります。
当初は番犬として考えられていたのが、嗅覚がすぐれていたことから猟犬とすべく1864年の展覧会から他のレトリバーと区別されるようになったそうです。
犬種としての歴史はそれほど古くありませんが、他のレトリバーよりも展覧会には早く出陣されています。

ジャパンケネルクラブ・フラットコーテッド・レトリバー

4.名前のルーツ

フラットコーテッド・レトリバーの名前の由来は、波状毛のウェービーコーテッド・レトリバーが品種改良の過程で徐々に平滑毛に変わったためフラット・コーテッドと呼ばれるようになりました。
レトリバーは、水辺で撃ち落とされた獲物を「回収する」という意味の「レトリーブ」が由来です。
英語では「Flat Coated Retriever」と表記します。愛称はフラッティ(Flattie)です。

5.日本で飼育されている数

日本で飼育されているフラットコーテッド・レトリバーの飼育数ですが、血統書を発行しているジャパンケネルクラブの2017年の犬種別犬籍登録頭数を調べてみると379頭です。

2017年犬種別登録頭数:ジャパンケネルクラブ

犬全体の登録数が295,910頭ですから、全ての犬種に占めるフラットコーテッド・レトリバーの割合は約0.12%とマイナーな部類になります。

6.飼いやすさの目安

フラットコーテッドレトリバーの飼いやすさの目安を紹介します。

社会性・協調性がある ★★★★★5
健康管理がしやすい ★★★★★5
初心者向き ★★★★☆4
噛み癖がつきにくい ★★★☆☆3
訓練されるのが好き ★★★★★5
物覚えがいい ★★★★★5
飼いやすさの目安:27/30

種類の違いはあるの?フラットコーテッド・レトリバーの2つの毛色のタイプ

フラットコーテッド・レトリバーの毛色は単色のブラックまたはレバー(こげ茶)の2種類に限られています。日本ではブラックが多く、レバーは稀少なため値段が高くなります。

フラットコーテッド・レトリバーのペットショップでの購入価格

フラットコーテッド・レトリバーの購入価格の相場は15~30万円です。

  • 混合ワクチン……16,000円
  • 狂犬病予防接種… 3,500円
  • 健康診断………… 3,000円
  • 畜犬登録………… 3,000円
  • 飼育グッズ………30,000円
初期費用は200,500〜355,500円

この犬と暮らしたい!でも手持ちが、そんな時のペットローン

フラットコーテッド・レトリバーの性格の3大特徴

1. フレンドリー

フラットコーテッド・レトリバーは、フレンドリーで誰とでもうまくやっていける性格です。外見は力強く堂々としていますが、とても人懐っこくて社交的です。

2.明るい

フラットコーテッド・レトリバーは、明るくてお茶目な性格をしています。遊び心があって人を楽しませることが大好きです。

3. 献身的

フラットコーテッド・レトリバーは優しくて忠実、飼い主に献身的な性格です。一緒にいると、まるで家族の一員のようになれるでしょう。

オスとメスでの性格の違い

1.オス

岩の上に立つフラットコーテッドレトリバー

フラットコーテッド・レトリバーのオスは、メスに比べてよりフレンドリーで愛情表現が豊かな傾向があります。人に飛び乗って顔を舐めまわし、熱狂的に愛情を表現します。
しつけにおいては、メスよりも飽きやすくて頑固な傾向があります。

2.メス

フラットコーテッド・レトリバーのメスは、オスに比べるとやや控えめな愛情表現をします。その分、依存心が高い傾向にあり不安症になりやすい傾向があります。
オスより物覚えが早い傾向にあるので、メスのほうが一般的にしつけしやすいようです。

フラットコーテッド・レトリバーを飼う人に向いている3つのポイント

1. アクティブな人

フラットコーテッド・レトリバーは、とてもアクティブな犬種です。ジョギング、自転車、ハイキングのお供に最適です。泳ぎも得意でアウトドアではガン・ドッグの素質を十分に発揮するでしょう。逆に家でゴロゴロするのが好きな人は飼育を検討すべきです。

2.一緒に過ごせる人

フラットコーテッド・レトリバーは、いつも人と一緒に過ごすことを好みます。孤独になると分離不安を起こしやすい犬種でもあります。お年寄りや小さな子供にもフレンドリーなので、大家族の人にもオススメ出来ます。

3. 費用の負担が出来る人

フラットコーテッド・レトリバーは、体が大きいので食費や医療費などが高額になることが考えられます。室内で飼育する犬種なので、エアコン代などの光熱費もかかります。
あらがじめ費用負担の覚悟をしておく必要があります。

フラットコーテッド・レトリバーのしつけの3つのコツ

1. 早くから

フラットコーテッド・レトリバーは、早くから主従関係を覚えさせるなどのしつけをしっかりしておきましょう。
特に落ち着きがない傾向にあるので、興奮しすぎた時にテンションのコントロールが出来るようにしつけすると良いでしょう。

2. 愛情をかける

フラットコーテッド・レトリバーは学習能力が高い犬種ではありますが、時にはしつけがうまくいかないこともあります。
荒っぽい態度や言葉遣いは受け入れてくれないので、忍耐力とたっぷりの愛情を持ってポジティブな方向に導いてあげて下さい。

3. メリハリ

フラットコーテッド・レトリバーは、他のレトリバーに比べて人を見て行動する傾向があります。なめられないようにメリハリをつけたしつけを心がけて下さい。
マンネリを嫌うので、散歩、食べ物、新しいおもちゃなどをご褒美として使うことも効果的です。

フラットコーテッド・レトリバーの飼育の注意点

1. 運動

フラットコーテッドレトリバーの子犬

フラットコーテッド・レトリバーは、精神的な刺激と運動を必要とします。ドッグランなどで走らせたり退屈しないように多様性のある運動をさせると良いでしょう。
散歩は毎日朝夕1時間から2時間程度が目安です。運動量が足りないと、噛みつきなどの問題行動を起こしますので注意しましょう。

2. 誤飲

他のレトリバー種にも言えることですが、物を拾ってきて噛んだり飲み込んでしまう性質があります。危険な物を飲み込んでしまい緊急手術という事態を避けるためにも、散歩中や室内でも気を配り、誤飲しないようなしつけと環境作りをすることが大切です。

3.病気

フラットコーテッド・レトリバーは遺伝的に股関節形成不全、膝蓋骨脱臼などの骨関節の病気が多い犬種です。重度の場合は外科手術が必要になることがあります。

特に成長期には、フリスビーなどのひざや関節に強い圧力がかかりすぎる運動は良くありません。バランスの良い食事と適度な運動で筋力を保つようにしましょう。
室内の段差をなくして床に滑り止めを敷くことでも負担を減らせます。

フラットコーテッド・レトリバーの気をつける病気

フラットコーテッド・レトリバーの飼育の際に、気をつけるべき病気をご紹介します。

・股関節形成不全

股関節形成不全は大型犬に見られることが多く、股関節が成長するにつれて股関節が変形し、歩行に支障をきたしてしまう病気です。普段から歩き方を観察して、何か異変を感じたら病院で診察してもらうようにしましょう。

・膝蓋骨脱臼

膝蓋骨(しつがいこつ)とは後ろ足ののお皿のことで、遺伝または外部から大きな力が加わることにより、ヒザのお皿がずれてしまう病気です。発症した場合、外科治療が必要になります。股関節形成不全とあわせて、日ごろから気をつけて観察しましょう。

・胃捻転

胃捻転も大型犬に多い病気です。なんらかの原因で胃の内容物が発酵し、臓器が圧迫されてしまいます。
食事の前後の運動を避け、早食いや水のがぶ飲みをさせないようにしましょう。胃捻転になると、緊急手術が必要になることがあります。

・外耳炎

フラットコーテッド・レトリバーのように耳が垂れている犬種に起こりやすい病気です。菌の繁殖などにより、音の通り道である外耳道に炎症が起こってしまいます。定期的なチェックや耳のケアにより予防が出来ます。

治療費の目安

参考ですが、各病気の治療費をご紹介しておきます。
動物病院は自由診療なので、治療費は地域や病院によって前後します。近所で実際に犬を飼っている方の口コミを参考にしましょう。
もしあまりにも高額な場合はセカンドオピニオンも検討してください。

 初診料:1200円
股関節形成不全(手術の場合):15万〜70万円
膝蓋骨脱臼:10~35万円(片足)
胃捻転(手術の場合):20万〜50万円
外耳炎:平均12,000円/初診

フラットコーテッド・レトリバーの平均寿命

フラットコーテッド・レトリバーの平均寿命は8〜10年くらいです。小型犬に比べると早く年をとるので寿命は短くなります。

しかし、あくまでも平均寿命ですので、健康管理をしっかりと行って愛情深く接していけばもっと長く生きることも可能でしょう。参考までに大型犬の平均寿命ですが、だいたい12歳くらいです。

今回紹介した病気や普段の食事(ドッグフード)に気をつけることで、寿命はもっと長くなります。
このページの下のほうで、小・中・大型犬にオススメのドッグフードを紹介していますので、気になる方はご確認ください。

人間とフラットコーテッド・レトリバーの年齢比較表

フラットコーテッド・レトリバー 人間
成長期 1歳 10歳
成犬期 2歳 19歳
3歳 29歳
4歳 39歳
5歳 49歳
6歳 59歳
シニア期 7歳 69歳
8歳 79歳
9歳 89歳
10歳 99歳
11歳 109歳
12歳 119歳

フラットコーテッド・レトリバーの年齢

フラットコーテッド・レトリバーは、2歳の時点で人間に換算すると19歳になり、3年目以降は1年に10歳分の歳を取ります。

フラットコーテッド・レトリバーにおすすめのドッグフードの選び方

フラットコーテッド・レトリバーにおすすめのドッグフードは「モグワン」です。

動物性タンパク質が50%も含まれていて、フラットコーテッド・レトリバーのように運動が大好きな犬種にはぴったりです。しかも栄養価が高いのでフラットコーテッド・レトリバーの毛艶もよくなるでしょう。トリミングなどのおしゃれも毛艶が大事ですよね♪

値段は少し高いですが、安いドッグフードのような着色料や添加物などを一切使用していないので、安心してフラットコーテッド・レトリバーに食べさせてあげることができます。

原材料は、人間が食べても大丈夫な高品質、ヒューマングレードのものしか使用していないので原材料、栄養バランスともに最高クラスのドッグフードと言えます。(安いフードは人間の食品では禁止された添加物や着色料、原材料が使われているので病気の原因になってしまいます。)

※モグワンについてより詳しくは「獣医師も推薦する!モグワンドッグフードの口コミ評判まとめ」の記事で紹介しています。

犬が食べると危険な食べ物

ペットにする喜び、フラットコーテッド・レトリバーを飼う魅力

1. 永遠の子犬

フラットコーテッド・レトリバーは心の成長が遅く、ずっと子供のようであることからレトリバー界の「ピーターパン」と呼ばれています。いつまでも天真爛漫で若々しいところが魅力です。

2. ポジティブな平和主義者

フラットコーテッド・レトリバーは、陽気でポジティブな性格が可愛くて魅力的です。また、フレンドリー過ぎて番犬にはならないと言われていて、誰に対しても友好的な平和主義者です。


まとめ

フラットコーテッド・レトリバーの原産地はイギリスで、体高はオス59~62cmメス56~59cm、平均体重はオス27kg~36kgメス25kg~32kg 。

フラットコーテッド・レトリバーの毛色のタイプは、ブラックとレバーの2種類。

フラットコーテッド・レトリバーの性格の3大特徴は、フレンドリー、明るい、献身的。

フラットコーテッド・レトリバーのオスとメスでの性格の違いは、オスはフレンドリーで愛情表現豊か、飽きやすくて頑固、メスは控えめな愛情表現で依存心が高い、物覚えが早い傾向。

フラットコーテッド・レトリバーを飼う人に向いている3つのポイントは、アクティブな人、一緒に過ごせる人、費用の負担が出来る人。

フラットコーテッド・レトリバーのしつけの3つの重要ポイントは、早くから、愛情、メリハリ。

フラットコーテッド・レトリバーの飼育に関しての3つの注意点は、運動、誤飲、病気。

フラットコーテッド・レトリバーが気をつける病気は、股関節形成不全、膝蓋骨脱臼、胃捻転、外耳炎。

フラットコーテッド・レトリバーの平均寿命は8〜10年。

フラットコーテッド・レトリバーを飼う魅力とは、永遠の子犬、ポジティブな平和主義者。

関連する記事

犬に関する記事まとめ
こちらのページでは、当サイト「ペットナビ」で紹介している犬の「しつけ」や「悩み」「病気」に関する記事をまとめています。 また、犬種別のしつけや性格の記事もありますので、気になる方はぜひご覧ください。