芝生に寝そべるジャーマンシェパード

オオカミのような見た目がカッコいいジャーマン・シェパード・ドッグ。一般的には「シェパード」と呼ばれて、警察犬や麻薬探知犬などの使役犬として活躍していることで有名な犬です。
今回はそんなジャーマン・シェパード・ドッグの性格と飼い方、しつけのコツについて紹介します。



ジャーマン・シェパード・ドッグの性格の3大特徴。飼い方としつけのコツ

1)ジャーマンシェパードドッグの紹介

1. ジャーマンシェパードドッグとは

ジャーマン・シェパード・ドッグの原産地は、「ドイツ」です。日本では一般的に「シェパード」と呼ばれることが多いです。
警察犬、麻薬探知犬、災害救助犬、牧畜犬、セラピードッグなど多方面で活躍している大型犬です。

寝そべったジャーマンシェパード

2. 簡潔な歴史

ジャーマン・シェパード・ドッグは、19世紀末から20世紀初頭にかけて、軍用犬や牧羊犬として優秀な犬種を作ろうと生み出された犬種です。

牧羊犬として活躍していたオールド・ジャーマン・シェパード・ドッグを基礎として改良を加えて誕生しました。

1899年、ドイツで開催されたジャーマン・シェパード・ドッグ協会の初の総会で、フォン・ステファニッツ中尉の提案を元に最初のスタンダードが作成され、さらに改良を重ねられてきました。

3.名前のルーツ

シェパードとは、英語で「羊飼い」を意味します。
ジャーマン・シェパード・ドッグで「ドイツの牧羊犬」という意味になります。

他にもオーストラリアン・シェパードホワイト・スイス・シェパード・ドッグなど「シェパード」と名前の付く犬種がいます。
ジャーマン・シェパード・ドッグの英語表記では「German Shepherd Dog」となります。

4.ジャーマン・シェパード・ドッグの平均体高・平均体重

平均体高

  • オス:60~65cm
  • メス:55~60cm

平均体重

  • オスメス共:34kg~43kg

5.日本で飼育されている数

日本で飼育されているジャーマン・シェパード・ドッグの飼育数ですが、血統書を発行しているジャパンケネルクラブの2016年の犬種別犬籍登録頭数を調べてみると289頭です。

犬全体の登録数が300,470頭ですから、全ての犬種に占めるジャーマン・シェパード・ドッグの割合は約0.09%です。
海外では常に上位の人気を誇る犬種も、日本では住宅事情などによりマイナーな犬種となります。

6.平均寿命

ジャーマン・シェパード・ドッグの平均寿命は9~12年くらいで、大型犬ですから小型犬と比較すると寿命が短い傾向にあります。

7.ペットショップでの購入価格

ジャーマン・シェパード・ドッグのペットショップでの購入価格の相場は10~30万円ほどです。性別、年齢、毛色、血統などにより幅があります。

2)ジャーマンシェパードドッグのタイプ

ジャーマン・シェパード・ドッグの毛色は、ブラックの地に、レディッシュ・ブラウンブラウンイエロー、明るいグレーまでのマーキングが入っているもの、単色ではブラックまたはグレーなどがあります。
それとは別に目的によって以下のタイプに分けられます。

1.訓練タイプ

訓練タイプのジャーマン・シェパード・ドッグは、非常に訓練生が高く警察犬や麻薬探知犬として活躍しているタイプです。
横から見たときに肩から腰にかけての高さがほぼ同じくらいです。

2. ショータイプ

ショータイプのジャーマン・シェパード・ドッグは、ドッグショーを意識して繫殖されたタイプです。
肩よりも腰の位置が少しなだらかに下がっています。性格が穏やかで、家庭で飼うにはショータイプのほうが飼いやすいといわれています。

3)ジャーマンシェパードドッグの性格の3大特徴

1. 賢い

ジャーマン・シェパード・ドッグは非常に賢く、犬種別の賢さランキングでは第3位に付けています。
十分に訓練されていれば大抵のことを学んで行えるようになるため、警察犬や覚せい剤探知犬などとして活躍しているのも納得でしょう。

頭が良い犬ってどんな犬?賢い犬種ランキング

2. 警戒心

ジャーマン・シェパード・ドッグは使役犬として活躍していることから、忠誠心が高く勇敢で、警戒心の強い気質です。

3. 自信に満ちている

ジャーマン・シェパード・ドッグは安定した性格で、見た目も堂々としていて非常に自信に満ちています。

二匹のジャーマンシェパード

4)ジャーマンシェパードドッグのオスとメスでの性格の違い

1.オス

ジャーマン・シェパード・ドッグのオスは、メスに比べて活発で攻撃性が高いといわれています。

2.メス

ジャーマン・シェパード・ドッグのメスは、オスに比べて比較的穏やかで落ち着いた傾向があります。ただし、発情期や子育て中には攻撃的になる場合があります。

寝ているジャーマンシェパード

5)ジャーマン・シェパード・ドッグを飼う人に向いている3つのポイントとは

1. 体力がある力の強い人

ジャーマン・シェパード・ドッグはパワフルで力が強いため、それを扱うことのできる人でなければいけません。
そのため体力のない人には難しいでしょう。
また、小さな子供がいる家庭も相性によっては注意が必要です。

2.大型犬に慣れている人

ジャーマン・シェパード・ドッグはビギナー向きの犬種ではありません。
少なくとも犬をしつける正しい知識があり、大型犬を飼うことに慣れている人にオススメします。

3. 一戸建てに住んでいる

ジャーマン・シェパード・ドッグは、出来れば室内飼いが好ましいです。
大きさだけでなく警戒心が強いことからマンションでの飼育には適していません。
広いスペースのある一戸建てに向いています。
また、運搬用の車も必須となります。

6)ジャーマンシェパードドッグのしつけの3つのコツとは?

1. 一貫性

ジャーマン・シェパード・ドッグは、賢いだけに自分の考えを持っています。
的確で一貫性のある指示でなければ混乱してしまいますし、応じてくれません。

また、人を見る目があるので優柔不断な態度ではしつけが難しいでしょう。

強い意志と繰り返し続ける忍耐力が必要です。

2. メリハリ

ジャーマン・シェパード・ドッグのしつけには、メリハリが大切です。
正しいことと間違ったことをしっかり教えるためには、褒めると叱るをしっかりと使い分けましょう。

主従関係と信頼関係を上手く築いてください。

3. 社会化

ジャーマン・シェパード・ドッグは、見知らぬ人に対して強い警戒心を持っています。
社会化期と呼ばれる生後3週齢~12週齢に色々な人とふれあう中で人を見る目を養い、様々な社会性が身についていきます。
社会化が十分に行われていないと全ての人を疑うようになり、臆病で攻撃的な性格になったりするかもしれません。

遠くを見つめるジャーマンシェパード

7)ジャーマン・シェパード・ドッグの飼育の3つの注意点

1. ブラッシング

ジャーマン・シェパード・ドッグは抜け毛が多いため、ブラッシングが欠かせません。
1週間に1〜2回はブラッシングすることをオススメします。

皮膚病予防の効果もあります。

2.十分な運動

ジャーマン・シェパード・ドッグは1日朝夕1時間ずつの散歩に加え、時々ドッグランなどで走らせる運動をするのが好ましいです。
それらを怠るとストレスが溜まって問題行動に繋がりますので、重要なポイントとなります。

3.病気

ジャーマン・シェパード・ドッグは遺伝的疾患など、病気が多い犬種といわれています。
また、太りやすい体質でもあるので、日ごろから食事に気をつけ十分な運動をさせましょう。

口を開けたジャーマンシェパード

8)気をつける病気

ジャーマン・シェパード・ドッグの飼育の際に、気をつけるべき病気をご紹介します。

1.股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)

股関節形成不全 こかんせつけいせいふぜんとは、股関節が成長するにつれて、股関節が変形し、脱臼などが起こってしまう病気です。
ジャーマン・シェパード・ドッグに限らず大型犬に多い病気とされ、遺伝的な要素と環境的な要素が大きいといわれています。

2.膝関節形成不全(ひざかんせつけいせいふぜん)

膝関節形成不全 ひざかんせつけいせいふぜんも大型犬に多いとされ、先天的に股関節の形に異常が見られる病気です。
日ごろから歩き方に異常が無いか注意して観察しましょう。

3.皮膚疾患(ひふしっかん)

ジャーマン・シェパード・ドッグは、皮膚が弱いため皮膚疾患 ひふしっかんを起こしやすいといわれています。定期的なブラッシングが皮膚病予防に効果的です。

4.胃捻転(いねんてん)

胃捻転は大型犬に多い病気で、胃の内容物が発酵し、臓器が圧迫されてしまいます。食事の前後の運動は避け、早食いや水のがぶ飲みをさせないように注意しましょう。発症した場合は、緊急手術が必要になることがあります。

空とジャーマンシェパードドッグ

9)ペットにする喜び、ジャーマンシェパードドッグを飼う魅力とは

1. クールでカッコいい

ジャーマン・シェパード・ドッグは、オオカミのように野生的で少し怖そうと思われがちですが、良く訓練されたジャーマン・シェパード・ドッグは性格も安定していて、クールでカッコいいのが魅力です。

2. 優秀

ジャーマン・シェパード・ドッグは、どんな事でも我慢強く忠実に命令に従おうとします。訓練生の高さにおいては素晴らしく優秀で、一度飼うと他の犬種では満足出来なくなるといわれています。



まとめ

1)ジャーマン・シェパード・ドッグの原産地はドイツで、体高はオス60~65cm、メス55~60cm、体重は34kg~43kg。

2)ジャーマン・シェパード・ドッグの2つのタイプは、訓練タイプとショータイプ。

3)ジャーマン・シェパード・ドッグの性格の3大特徴は、賢い、警戒心、自信に満ちている。

4)ジャーマン・シェパード・ドッグのオスとメスでの性格の違いは、オスは活発で攻撃性が高い傾向、メスは比較的穏やかで落ち着いた傾向。

5)ジャーマン・シェパード・ドッグを飼う人に向いている3つのポイントは、体力がある力の強い、大型犬に慣れている、一戸建てに住んでいる人。

6)ジャーマン・シェパード・ドッグのしつけの3つの重要ポイントは、メリハリ、一貫性、社会化。

7)ジャーマン・シェパード・ドッグの飼育に関しての3つの注意点は、ブラッシング、十分な運動、病気。

8)ジャーマン・シェパード・ドッグが気をつける病気は、膝蓋骨脱臼、膝関節形成不全、皮膚疾患、胃捻転。

9)ジャーマン・シェパード・ドッグ飼う魅力とは、クールでカッコいい、優秀。

このページに関連する記事


こちらのページでは、当サイト「ペットナビ」で紹介している犬の「しつけ」や「悩み」「病気」に関する記事をまとめています。 また、犬種別のしつけや性格の記事もありますので、気にな