茶色のゴールデンレトリバー

ゴールデンレトリバーはペットとして広く愛されている大型犬です。賢さや嗅覚にも優れており、麻薬探知犬や、盲導犬、介助犬として活躍していることでも有名です。

今回はそんなゴールデンレトリバーの性格としつけのコツについて紹介します。



ゴールデンレトリバーとは?性格の特徴と飼い方やしつけのコツ

1)ゴールデンレトリバーとは

まずはゴールデンレトリバーについて簡単にご紹介します。

1. ゴールデンレトリバーの紹介

ゴールデンレトリバーの原産地はイギリスです。
元々はハンターが撃ち落とした鳥を、湖から泳いで持ち帰る猟犬です。

2. 平均体高・平均体重

平均体高はオス56cm〜61cm、メス51cm〜56cmです。

平均体重はオス30〜34kg、メスは25〜32kgの大型犬です。

草原に佇むゴールデンレトリバー

3. 名前のルーツ・簡潔な歴史

ゴールデンレトリバーの名前のルーツは、水辺で撃ち落とされた獲物をとってくる「回収する」を意味する「レトリーブ」が由来です。
また「ゴールデン」は黄金色の毛からの名で、昔は「イエローレトリバー」とも呼ばれていましたが、1920年に「ゴールデンレトリバー」の名称に統一されました。

歴史についてはあまり詳しくわかっていませんが、イギリスの伯爵が購入したウェービーコーテッドレトリーバーから生まれた子犬が起源と言われています。

4. 日本で飼育されている数

日本で飼育されているゴールデンレトリバーの数ですが、一般社団法人ジャパンケネルクラブの2017年の犬種別犬籍登録頭数によると4,823頭です。

犬全体の登録数が295,910頭ですから、全ての犬種に占めるゴールデンレトリバーの割合は約1.6%と人気がある犬種といえるでしょう。
犬種別で12位、大型犬では1番人気です。ちなみに2位は「ラブラドール・レトリバー」です。

5.飼い安さの目安

ゴールデンレトリバーの飼いやすさの目安を紹介します。

社会性・協調性がある
健康管理がしやすい
初心者向き
噛み癖がつきにくい
訓練されるのが好き
物覚えがいい
飼い安さの目安:26/30

首輪をした子犬のゴールデンレトリバー

2)種類の違いはあるの?ゴールデンレトリバーの2つのタイプ

ジャパンケネルクラブではゴールデンレトリバーの毛色はゴールドまたはクリーム色が認められています。
わずかに見られる白い毛は胸元にだけ許容されています。

ゴールデンレトリバーは産地によって2つのタイプに分けられます。

1. イギリスタイプ

イギリスで生まれたゴールデンレトリバーです。
がっしりとした体型でマズルが短めです。
毛色は薄めのゴールドやクリームなどの薄い色です。

2. アメリカタイプ

イギリスからアメリカに渡った後、アメリカで繁殖されたタイプです。
スレンダーな体型で、マズルは長めです。

毛色は茶褐色のゴールドなどの濃い色をしています。
日本ではこちらのタイプが多いようです。

ゴールデンレトリバーの兄弟

3)ペットショップでの購入価格

ゴールデンレトリバーのペットショップでの購入価格の相場は、年齢、血統、性別などによってかなり幅があり、10~40万円です。

  • 混合ワクチン……16,000円
  • 狂犬病予防接種… 3,500円
  • 健康診断………… 3,000円
  • 畜犬登録………… 3,000円
  • 飼育グッズ………30,000円
  • 初期費用は155,000〜455,000円

    この犬と暮らしたい!でも手持ちが、そんな時のペットローン

    4)ゴールデンレトリバーの性格の3大特徴

    1. フレンドリー

    ゴールデンレトリバーは人懐っこく、お年寄りから子供まで仲良く接することが出来ます。
    基本的にはしつけやすい犬種です。
    人と一緒にいることが好きで、孤独になることを好みません。

    2. 賢い

    賢く聡明で、訓練にも順応しやすい犬種です。
    そのため介助犬などの作業犬に適しています。
    非常に信頼出来て頼りになります。

    3. 穏やか

    優しくて穏やかな性格で、忍耐力もあるため、きちんとしつけされたゴールデンレトリバーは、めったに怒ることはありません。

    ゴールデン・レトリバーのオスとメスの違いについて勉強中

    5)性格の違いはあるの?オスとメスでの性格の違い

    1. オス

    ゴールデンレトリバーのオスは、メスに比べて活発で遊び好きです。
    体も大きいので動きが大きく感じます。

    また甘えん坊の面もあるようです。

    2. メス

    メスのゴールデンレトリバーは、オスに比べて優しくて穏やかな傾向にあるようです。
    大型犬にあまり慣れていない人は、メスのほうが良いかもしれません。

    6)どんな人が向いている?ゴールデンレトリバーを飼う人に向いている3つのポイントとは

    1. きちんとしつけが出来る人

    ゴールデンレトリバーは賢い犬種ですが、幼い頃からきちんと正しいしつけをすることがなにより大切。
    主従関係を理解させて、繰り返ししつけを行えば自然とそれに応えてくれるでしょう。

    正しいしつけをしないと力が強いので扱いきれずに後々大変になってしまいます。

    子犬のゴールデンレトリバー

    2. 多くの時間を一緒に過ごしたい人

    ゴールデンレトリバーは人と一緒に過ごすことを好みます。
    たくさん遊んだりして一緒に過ごしたいという人に向いています。

    散歩は朝晩30分以上は必要です。
    それらを怠るとストレスが溜まったり肥満の原因になることがあります。

    また大型犬ですが室内での飼育に向いている犬種です。
    一緒に過ごす上で、アレルギー持ちの人やあまり潔癖な人も向いていません。

    3. 費用の負担が出来る人

    大型犬は他の犬種に比べて、当然食費などの飼育にかかる費用が高くなります。

    さらにゴールデンレトリバーは暑さに弱いので、夏はエアコンを常に作動させておく必要がありますし、病気になったときの医療費も高くなりがちです。

    ペット保険の会社が算出したデータによると、エサ代や病院代などで生涯で約350万もかかるようです。

    このようにある程度高額な費用を負担することが問題ない人でなければゴールデンレトリバーを買うのは難しいでしょう。

    ゴールデンレトリバーの兄弟

    7)ゴールデンレトリバーのしつけの3つのコツとは?

    1. 飛びつき

    ゴールデンレトリバーは嬉しくてテンションが上がると飛びつくことが良くあります。飛びつきを止めさせるのに大切なのは、まず落ち着かせることです。叱ってもよけいにテンションが上がってしまうようなら一定時間無視をするというのも効果的な方法です。

    2. 噛み癖

    ゴールデンレトリバーは歯の生え変わりの時期や、嬉しくて興奮してなどの理由で噛み癖がある傾向にあります。ガムを与えて対処したり、接し方の見直しをしてください。ストレスが原因ということもありますので運動不足にならないように注意してください。

    また、最近は吠え癖防止のグッズなども発売されています。
    そういったグッズを使ってみるのも効果的なしつけの方法です。

    3. 褒める

    ゴールデンレトリバーはどちらかというと褒めて伸びるタイプです。オヤツなどもうまく使って、しつけが正しくできたら褒めてください。叱ってはダメという訳ではありませんので、叱るべきときは声のトーンを低めにして「ダメ」と冷静に教えてください。

    ゴールデン・レトリバーの飼育に関しての注意事項とは?

    8)要注意!飼育する場合に特に注意する3つのこと

    1. ストレス

    ゴールデンレトリバーは運動や遊びが足りないとストレスが溜まってしまいます。
    自由に放してあげたり、フリスビーやボール投げなどの遊びを取り入れた運動がオススメです。

    ストレスが溜まると暴れたり、噛み癖、無駄吠えなどに繋がってしまいます。

    2. ブラッシング

    ゴールデンレトリバーはダブルコートという2重構造ですので、こまめなブラッシングが必要です。
    毎日ではなくても良いですが、週に数回のブラッシングと月に1、2回のシャンプーを心がけましょう。

    皮膚病の予防と気になる臭い対策にもなります。

    3. 誤飲

    ゴールデンレトリバーは、好奇心が強く、特に子犬のうちは誤飲に注意してください。

    元々の性質上、家の中のものを拾ってきて噛んだり飲み込んだりしてしまうことがありますので、物の保管場所にも工夫が必要です。

    笑顔のゴールデンレトリバー

    9) 気をつけるべき3つの病気

    ゴールデンレトリバーがかかりやすい3つの病気をご紹介します。

    1.股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)

    股関節が成長するにつれて、股関節が変形し、脱臼などが起こってしまう病気です。
    ゴールデンレトリバーに限らず大型犬に多い病気とされ、遺伝的な要素と環境的な要素が大きいと言われています。

    激しい運動をやりすぎるのも股関節に負荷をかけるのでよくありません。

    2.胃捻転(いねんてん)

    こちらの胃捻転も大型犬に多い病気です。
    なんらかの原因で胃の内容物が発酵し、臓器が圧迫されてしまいます。
    食事の前後の運動を避け、早食いや水のがぶ飲みをさせないようにしましょう。

    胃捻転は緊急手術が必要になることがあります。

    3.外耳炎

    ゴールデンレトリバーのように耳が垂れている犬種に起こりやすい病気です。
    菌の繁殖などにより、音の通り道である外耳道に炎症が起こってしまいます。

    定期的なチェックや耳のケアにより予防が出来ます。

    治療費の目安

    参考ですが、各病気の治療費をご紹介しておきます。

    動物病院は自由診療なので、治療費は地域や病院によって前後します。近所で実際に犬を飼っている方の口コミも参考にしましょう。もしあまりにも高額な場合はセカンドオピニオンも検討してください。

    初診料:500~1,500円
    股関節形成不全(手術の場合):15万〜70万円
    胃捻転(手術の場合):20万〜50万円
    外耳炎:平均12,000円/初診

    10)ゴールデンレトリバーの平均寿命

    ゴールデンレトリバーの平均寿命は10〜12年くらいで、大型犬では平均的な寿命です。

    しかし、あくまでも平均寿命ですので、健康管理をしっかりと行って愛情深く接していけばもっと長く生きることも可能でしょう。
    参考までに大型犬の平均寿命は、だいたい12歳くらいです。

    今回紹介した病気や普段の食事(ドッグフード)に気をつけてることで、寿命は長くなります。
    このページの下のほうで、ゴールデンレトリバーにオススメのドッグフードを紹介していますので、気になる方はご確認ください。

    11)人間とゴールデンレトリバーの年齢比較表

    ゴールデンレトリバー 人間
    成長期 1歳 10歳
    成犬期 2歳 19歳
    3歳 29歳
    4歳 39歳
    5歳 49歳
    6歳 59歳
    シニア期 7歳 69歳
    8歳 79歳
    9歳 89歳
    10歳 99歳
    11歳 109歳

    ゴールデンレトリバーの年齢

    ゴールデンレトリバーは、2歳の時点で人間に換算すると19歳になり、3年目以降は1年に10歳分の歳を取ります。

    12)ペットにする喜び・・ゴールデンレトリバーを飼う魅力とは

    1. 協調性

    賢く人の気持ちを察しようとし、飼い主に喜んでもらおうと努力をします。
    皆が遊んでいれば楽しく遊び、静かにしていればそれに合わせておとなしくしていることができます。

    2. 家族の一員

    フレンドリーで優しい性格のため、誰とでも相性が良く、他の動物とも仲良くできます。
    かけがえのない家族の一員になることができます。



    まとめ

    1) ゴールデンレトリバーの原産地はイギリスで、体高はオス56センチメートルから61センチメートル、メス51センチメートルから56センチメートル、体重はオス30キログラムから34キログラム、メスは25キログラムから32キログラム。

    2) ゴールデンレトリバーの2種類のタイプは、イギリスタイプとアメリカタイプ。

    3) ゴールデンレトリバーの性格の3大特徴は、フレンドリー、賢い、穏やか。

    4) ゴールデンレトリバーのオスとメスでの性格の違いは、オスは活発で甘えん坊、メスは優しくて穏やか。

    5) ゴールデンレトリバーを飼う人に向いている3つのポイントは、きちんとしつけが出来る、多くの時間を一緒に過ごしたい、費用の負担が出来る人。

    6) ゴールデンレトリバーのしつけの3つの重要ポイントは、飛びつき、噛み癖、褒める。

    7) ゴールデンレトリバーを飼育に関しての3つの注意点は、ストレス、ブラッシング、誤飲。
    8) ゴールデンレトリバーを飼う魅力とは、協調性と家族の一員。

    ゴールデンレトリバーに関連する記事


    こちらのページでは、当サイト「ペットナビ」で紹介している犬の「しつけ」や「悩み」「病気」に関する記事をまとめています。 また、犬種別のしつけや性格の記事もありますので、気にな