【犬種】紀州犬とは?性格の特徴と飼い方やしつけのコツ

犬と女性

日本犬として世界にも有名な紀州犬ですが、どこの県で誕生した犬なのかなど、実際に見たことのある愛犬家の方は少ないではないのでしょうか。

今回は紀州犬の性格の特徴、オス・メスの違い、しつけのコツ、飼育の注意点などをお伝えします。



紀州犬とは?性格の特徴と飼い方やしつけのコツ

紀州犬とは

1.紀州犬の原産地

紀州犬の原産地はもちろん「日本」です。

現在の和歌山県から三重県の熊野地方にまたがる「紀伊国」に生息していた土着犬です。

もともとはこの和歌山県や三重県を中心に生息していましたが、1934年に天然記念物に指定されてからは、日本各地に広まることとなりました。

2.紀州犬の平均体高・平均体重

紀州犬の平均体高は、オスが49~55cmで、メスの体高は46~52cmになります。

体重はオスが18~25kg、メスが15~20kgが平均となっています。

3.紀州犬の名前のルーツ

紀州犬は正式には「きしゅういぬ」と読みます。海外での呼び名も単に「Kishu」や「Kishu-inu」です。

名前の由来は諸説ありますが、紀州犬は、和歌山・三重・奈良の3県にまたがる紀伊山地が由来、地名からの名前が最有力とされています。

4.紀州犬の歴史

紀州半島には「熊野犬」「日高犬」「那智犬」などの土着犬が生息しており、これら3種の犬は主にイノシシ猟に用いられてきた歴史があります。これらの犬を品種改良により固定され、「紀州犬」としての歴史がスタートしました。

日本犬の中では、「秋田犬」や「甲斐犬」に次いで天然記念物に指定されています。

5.日本で飼育されている数

日本で飼育されている紀州犬の飼育数ですが、血統書を発行しているジャパンケネルクラブの2017年の犬種別犬籍登録頭数を調べてみると、なんと2頭です。

ただし、ジャパンケネルクラブに登録せず、「日本犬保存会」や「天然記念物紀州犬保存会」などに登録されている方も多いので、いま現在、紀州犬が日本に2頭しかいないわけではありません。

とはいえ飼育数は年々減ってきており、天然記念物に登録されていますが、絶滅が心配されている犬種でもあります。

6.飼い安さの目安

紀州犬の飼いやすさの目安を紹介します。

社会性・協調性がある
健康管理がしやすい
初心者向き
噛み癖がつきにくい
訓練されるのが好き
物覚えがいい
飼い安さの目安:17/30

 

紀州犬の種類の違いはあるの?紀州犬のタイプ

1.毛並

紀州犬の被毛は柔らかく隙間なく生えているアンダーコートと、固い直毛のオーバーコートで構成されているダブルコートで、色に関しては白が1番多いですが、他に虎の様な色をしたタイプや、ごまの様な被毛をした有色の種類もいます。

2.猟犬

紀州犬は古くからシカやイノシシを狩るための猟犬として飼われてきた犬種です。

そのため筋肉質な身体や強靭な顎をもっており、他の犬のような無駄吠えはしません。

見た目では三角形の耳と目をもつところも特徴の1つです。

ペットショップでの購入価格

紀州犬は珍しい犬種ですので、ペットショップでの購入は難しくブリーダーから購入することになります。

価格は10~20万円ですが、展覧会で賞を受賞した紀州犬の子犬になると倍以上の高値で取引されることも珍しくありません。

  • 混合ワクチン……16,000円
  • 狂犬病予防接種… 3,500円
  • 健康診断………… 3,000円
  • 畜犬登録………… 3,000円
  • 飼育グッズ………30,000円
初期費用は155,000〜255,000円

この犬と暮らしたい!でも手持ちが、そんな時のペットローン

紀州犬の性格の3つの特徴

1.頭が良い

紀州犬は頭が良いので、しつけもしやすく、飼い主さんの気持ちをよく読みとる犬です。

しっかりとしつけができていれば、飼い主を困らせることはありません。

2.忠実

飼い主に忠実なので、飼い主さんの指示をよくききます。また飼い主の様子がいつもと違うと様子を覗いに来るともいわれています。

3.警戒心が強い

反対に、犬自身が心を開いていない人に対しては、非常に強い警戒心を示めします。

もし他人が飼っている紀州犬を見かけても、安易にさわらず、必ず飼い主さんの許可を貰ってから触れ合うようにしましょう。

Closeup on medical doctor woman explaining something

紀州犬のオスとメスでの性格の違い

オスとメスの性格の違いですが、性格自体はほぼ変わらないと言われています。

しいてあげれば、メスの方が警戒心が強いです。

これはメスの本能で、子育ての際に誰か知らない人に襲われないようにしている証でもあります。

紀州犬を飼う人に向いている人のポイント

1.犬のしつけになれている方

紀州犬を飼うのに向いている方は、犬を何度も飼ったことがあって犬の扱いに慣れている方です。

紀州犬は他の犬種と違って警戒心が強かったり、気難しいところがあります。

頭が良い犬種なので、犬に慣れている方ならしつけること自体は難しくないでしょう。

ただ、しっかりとしたしつけができないと、元々の猟犬の性質から事故を起こす可能性が高くなってしまいます。

そういった意味からも、しっかりとしたしつけができる方に飼って欲しい犬種です。

2.最後までしっかり面倒を見れる方

紀州犬は天然記念物に指定されているように、珍しい犬種です。

ジャパンケネルクラブのデータでみてもらうと分かるように、日本犬なのに日本で飼われている数は毎年減ってきています。

自分が飼うことで紀州犬の未来につながっているんだという自覚をもって、紀州犬という犬種を大事にしてくれるような方に飼ってほしいと願います。

紀州犬のしつけの重要ポイント

1.信頼関係を築く

紀州犬は警戒心が強いので、距離感を犬に合わせて近づけていける飼い主さんが向いています。

まずは、しつけの前に信頼関係をしっかり築くようにしてください。

一気に距離を近づけようとすると、吠えられたり噛まれたりする危険がありますので、注意してください。

2.社会性を学ばせる

紀州犬は警戒心が強いため、飼い主に心開いても他人に対しての警戒心は変わりません。

そのまま大人になると、他人にケガをさせてしまう可能性がでてきます。

番犬として育てるのでなければ、小さい頃から多くの人や犬に触れさせて、社会性や現代環境を学ばせるようにしましょう。

3.狩猟本能を抑える

紀州犬はもともと猟犬ですから、何かの匂いを嗅ぎつけるとそれを追いかけたいという狩猟本能が働きます。

それは家庭犬として育てていても、ときおり強く働きます。

ですから、いつもそういった行動を起こさないよう、子犬の時期から多くのコンタクト・トレーニングを取り入れて狩猟本能を抑えるようにしましょう。

紀州犬を上手に飼育するポイント

1.お散歩

お散歩は1日2回30分程度を目標に頑張りましょう。

2.ご飯

ご飯は人間の食べ物をあげずに、ドッグフードをあげるようにしましょう。

3.屋外

室内でも飼うことが出来ますが、動けるスペースが限られているので、出来れば外で飼うようにしましょう。

もしどうしても室内に入れたい時は、夜だけ入れるなど、時間を決めて、出来るだけ外にいられるようにしましょう。

紀州犬が気をつけたい病気

紀州犬がなりやすい病気は、「甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)」です。

甲状腺機能低下症は、甲状腺ホルモンが少くなる病気で、甲状腺は1度悪くなると元に戻ることはありません。

また、「 緑内障(りょくないしょう)」にも気をつけたいところです。

緑内障は眼のなかの圧力が上がって視神経を圧迫し、失明を引き起こす病気です。

毎日スキンシップをする中で眼の色もチェックし、何か気になる事があったら早めに動物病院に相談するようにしましょう。

犬の緑内障の3大原因!症状・対処・治療方法とは

治療費の目安

参考ですが、各病気の治療費をご紹介しておきます。

動物病院は自由診療なので、治療費は地域や病院によって前後します。近所で実際に犬を飼っている方の口コミも参考にしましょう。もしあまりにも高額な場合はセカンドオピニオンも検討してください。

初診料:500~1,500円
甲状腺機能低下症:1~2万円/初診
(投薬治療)4,000~8,000円/月
緑内障:(診察・検査等)5,000~10,000円/回
(手術の場合)10~20万円

紀州犬の平均寿命

紀州犬の平均寿命は13歳といわれており、一般的な犬の寿命とかわりません。

しかし、あくまでも平均寿命ですので、健康管理をしっかりと行って愛情深く接していけばもっと長く生きることも可能でしょう。
参考までに中型犬の平均寿命はだいたい13歳くらいです。

今回紹介した病気や普段の食事(ドッグフード)に気をつけてることで、寿命は長くなります。
このページの下のほうで、紀州犬にオススメのドッグフードを紹介していますので、気になる方はご確認ください。

人間と紀州犬の年齢比較表

紀州犬 人間
新生児期 1ヶ月 1歳
社会化期 3ヶ月 5歳
6ヶ月 9歳
成長期 9ヶ月 13歳
1歳 15歳
成犬期 2歳 23歳
4歳 33歳
6歳 43歳
8歳 53歳
9歳 58歳
シニア期 10歳 63歳
12歳 73歳
14歳 83歳
16歳 93歳
18歳 103歳
20歳 113歳

紀州犬の年齢計算式

紀州犬は、2歳の時点で人間に換算すると23歳になり、3年目以降は1年に5歳分の歳を取ります。
計算式では下記の形になります。

年齢 = 23+(犬の年齢-2年)×5

1)ペットにする喜び、紀州犬を飼う魅力とは

紀州犬の魅力はその力強く逞しい姿。

凛々しくクールな姿は犬のサムライのようです。防衛本能が旺盛な面もありますが、家族思いで忠実なので、力強い番犬や素敵な相棒になってくれるでしょう。

一緒に居ると気分が落ち着くのは、もともと私たちの遺伝子に日本犬と暮らす事が組み込まれているので、理屈ではなく遺伝子レベルで愛着がわくのかもしれません。



今回のまとめ

紀州犬の紹介
原産地は日本。オスの平均体高は、49~55cm、メスの体高は46~52cmで、体重はオスが18~25kg、メスが15~20kg。平均寿命は13歳と言われている。
天然記念物に指定されていて絶滅が心配されている。

紀州犬の特徴
登録頭数14匹のみでなかなか目にすることが少ない犬種。筋肉質な身体や、三角形の耳と目をもつところも特徴の1つ。

紀州犬の性格の特徴
頭が良くて飼い主に忠実。心を開いていない人には強い警戒心を示すことがある。

紀州犬のオスとメスでの性格の違い
性格自体はほぼ変わらないが、メスの方が警戒心が強い。

紀州犬のしつけの重要ポイント
紀州犬はもとも警戒心が強いのでしつけの前にしっかり信頼関係を築く。散歩をしっかりする。

紀州犬を飼う人に向いている人のポイント
犬に慣れている人。しつけをしっかりできる人。

紀州犬を上手に飼育するポイント
できれば室外で飼う。散歩は1日2回。ご飯は人間の食べ物はあげずにしっかりドッグフードをあげる。

このページに関連する記事


こちらのページでは、当サイト「ペットナビ」で紹介している犬の「しつけ」や「悩み」「病気」に関する記事をまとめています。 また、犬種別のしつけや性格の記事もありますので、気になる方

この記事を書いた人

YOKO

YOKO

ペットナビの管理人のYOKO(男)です。
動物好きで犬や猫はもちろん、ウサギやハムスター、多くの昆虫などを飼ってきた経験があります。少しでも動物を飼いたい方のためになる情報を紹介したいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします