【犬種】パピヨンとは?性格の特徴と飼い方やしつけのコツ

パピヨンの家族

パピヨンは小さな体に大きくて特徴的な耳、つぶらな瞳と明るくて愛想のいい性格、愛玩犬のカガミのような犬で中世のヨーロッパから愛されてきました。また小型犬の中でも頭が良く、聞き分けも良いことから現代でも大人気の犬種です。

今回は、そんなパピヨンの性格からしつけのポイントまでご紹介します。



【犬種】パピヨンとは?性格の特徴と飼い方やしつけのコツ

パピヨンとは

1パピヨンの紹介

横を向いたパピヨンパピヨンの原産地は「フランス」です。
中世ヨーロッパで「コンパニオン・ドッグ」として古くから可愛がられてきました。

血統書を発行しているジャパンケネルクラブの分類によると、グループ9(愛玩犬)に属する超小型犬です。

※分類に関して詳しくは「犬の分類(グループ)とは?」をご覧ください。

2.名前の由来

パピヨンの名前の由来ですが、「パピヨン」はフランス語で「」という意味を表します。

特徴的で美しい耳の形が「羽を広げた蝶」のようにみえることから、そう呼ばれるようになりました。またイギリスでは「バタフライ・スパニエル」の別名もあります。

ちなみに、パピヨンは英語では「Papillon」と表記します。

3.パピヨンの歴史

パピヨンはパピヨンの正面写真16世紀、中世のヨーロッパで宮廷や貴族の間で「富の象徴」としてもてはやされていた「エパ二エルナン」が起源とされています。記録によればイタリアのボローニャ地方で繁殖され高値で取引されていました。

また、フランスの「太陽王」ルイ14世もパピヨンを寵愛していたと記されています。

18世紀にフランス王妃マリー・アントワネットがパピヨンを愛したことで、宮廷の貴婦人たちの間で一大ブームとなりました。
宮廷の貴婦人たちは自分の肖像画の側にパピヨンを描かせることで、より華やかさを演出していたようです。

4.平均体高・平均体重

パピヨンの成犬はオスメスで平均体高が変わらず、20〜28cmです。※体高とは犬の肩までの高さです。

  • 平均体高:20〜28cm
  • 平均体重:4〜5kg

人とパピヨンの比較図

150cmの女性との比較

5.日本で飼育されている数

日本で飼育されているパピヨンの飼育数ですが、ジャパンケネルクラブの2017年の犬種別犬籍登録頭数を調べてみると4,470頭です。

2017年犬種別登録頭数(ジャパンケネルクラブ)
犬全体の登録数が295,910頭ですから、全ての犬種に占めるパピヨンの割合は約1.5%となります。数字的には少なく見えますが、ランキングでいえば14位なので、人気の犬ともいえるでしょう。

.飼い安さの目安

パピヨンの飼いやすさの目安を紹介します。

社会性・協調性がある
健康管理がしやすい
初心者向き
噛み癖がつきにくい
訓練されるのが好き
物覚えがいい
飼い安さの目安:16/30

パピヨンの毛質と毛色の3つのタイプ

抱っこされたパピヨンパピヨンの毛質は「シングルコート」です。アンダーコート(下毛)がないので、寒さには弱い犬種になります。
ダブルコートの犬種より抜け毛は少ないですが、トイプードルなどに比べると抜け毛は多いほうです。

次に毛色について。

パピヨンはもともと単色でしたが、現在では大きく分けると、下地が白で3種類の毛色のパターンに別れています。

1.ホワイト・ブラウン

ホワイトブラウンのパピヨンは日本で人気が高い毛色です。茶色の組み合わせのパピヨンは優しい印象を与えてくれます。

2.ホワイト・ブラック

ホワイトブラックのパピヨンは海外で人気が高い毛色です。黒色の組み合わせのパピヨンは優雅な印象を与えてくれます。

3.トライカラー

トライカラーですが、通常パピヨンは2色での構成に対して白黒茶3色の構成が特徴です。
目の上の茶色の眉毛模様が特徴的で、ここ数年で人気が急上昇しています。

パピヨンのカラー比較

白がベースであれば大抵は認められるパピヨンの毛色ですが、頭部のほとんどが白い場合はあまり良いとされていません。また鼻が黒くない場合、血統証的には欠点とみなされます。

パピヨンの購入価格(初期費用)

布団に座ったパピヨンパピヨンは、最近ではペットショップであまり見かけない犬種のため、ブリーダーからの購入も検討してください。

購入価格の相場は、15〜30万円と幅があります。価格差の要因として、血統や見た目、オスかメスの性別などによります。
またメスは繁殖できることからオスに比べて2万円くらい高くなっています。

この他に初期費用としては、次のようなものがかかります。

  • 混合ワクチン……16,000円
  • 狂犬病予防接種… 3,500円
  • 健康診断………… 3,000円
  • 畜犬登録………… 3,000円
  • 飼育グッズ………30,000円

初期費用は155,000円355,000円

この犬と暮らしたい!でも手持ちが、そんな時のペットローン

パピヨンの性格の4大特徴

1.頭がよい

イスに寝転ぶパピヨンパピヨンは300種以上の犬種の中で8番目に頭が良い犬として認定されています。特に小型犬の中ではプードルに次いで高い知能を誇っています。
コミュニケーションをしっかりとって育てていれば、物分りのいい明るく楽しい家庭犬になるでしょう。

頭が良い犬ってどんな犬?頭の良い犬種ランキングとは?

2.人懐っこい

パピヨンはもともとフランスの貴族の間で寵愛を受けていた犬種ですから、とても社交的な性格をしています。
また賢くしつけをするのが簡単なので、飼い主に対して困った行動をすることはほとんどありません。

3.神経質でナイーブ

木陰のパピヨンパピヨンは成犬になると警戒心が強くなる傾向があり、中には慣れていないことや物に対して過敏な反応をします。
これを防ぐためには、仔犬のうちから飼い主以外の人間や他の犬との触れ合い持たせる「社会化」をしっかり行ってください。

またナイーブな一面があり、いつも怒られたり、相手にされなかったりといったことが重なると精神的に病みやすい一面があります。
一日一回は遊んだり褒めたりしてあげて、パピヨンがリフレッシュできるようにしましょう。

4.活発

パピヨンは好奇心旺盛で、見た目とは裏腹に大胆で活発な一面を持っています。それほど多くの運動は必要ありませんが、毎日30分くらいのゆったりとした散歩には連れて行ってください。

オスとメスでの性格の違い

1.オスのほうが子供っぽい

子犬のパピヨンオスはメスと違い、子供を産まないこともあり大人になっても子供っぽい仕草を見せることがあります。

ただし、メスでも子供を産まない避妊手術をしたワンちゃんでもこの傾向はみられます。

2.メスのほうが気が強い

吠えかかるメスのパピヨン中世の貴族は圧倒的にメスを選んでいた傾向がありました。理由はオスに比べ、ツンとしていて気品があるからです。

実際に飼っている人からの感想でもオスはおっとりで、メスは気が強いという話をよくききます。

 

パピヨンを飼う場合の3つの心構え

1.狂犬病のワクチンを毎年打つ

パピヨンに限りませんが、狂犬病のワクチンは国で定められているため必要となります。また、狂犬病は治療法もなく死亡率が100%とかなり危険ですのでワンちゃんのことを考えるといずれにしても必要になります。

2.換毛期と抜け毛

パピヨンは基本的に被毛がシングルコートなので、一般的には抜けにくいといわれています。
しかし、中にはダブルコートのパピヨンもたまにいるので、ダブルコートだと抜け毛が多くなります。ダブルコートだと春と秋に換毛期、毛がかなり抜ける時期があります。

※北欧の寒さが厳しい国で飼われているパピヨンはほとんどダブルコートです。

3.お手入れ

カット犬種ではありませんが、足の裏や爪は毛がずっと伸びます。また、衛生的にお尻周りを綺麗にすることで肛門系の病気の対策にもなります。

飼い方に関する6つの注意点!

1.室内飼いが必須

クレートの中のパピヨンパピヨンは長い時間をかけて愛玩犬として適応してきた犬種ですので、外で飼うには適していません。室内飼いができない方には飼うことをおすすめできません。

またパピヨンはシングルコートという抜け毛の少ない毛質ですが、テリアやトイプードルに比べるとしっかり抜け毛があります。犬の毛にアレルギーがない家庭というのも条件に入るでしょう。

2.屋根つきのゲージを

パピヨンは小さいのにジャンプ力が結構あります。
生後半年でサークルの90cmの壁を飛び越えた例もあります。最初のゲージは屋根付きのものにしてください。

3.床が滑らないように対策を

また室内でも元気に遊びまわりますので、床が滑らないようにあらかじめ対策をしておきましょう。床が滑りやすいとケガをしやすいですし、膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)になりやすくなってしまいます。
治療費もばかになりませんので、必ずこの対策は行いましょう。

4.毎日の運動も重要

小型犬というと散歩が少ないイメージですが、パピヨンは活動的でやんちゃな犬種です。30分くらいの散歩は毎日必要だと覚えておいてください。

ドッグランなどに連れて行くととても喜びますし、犬の社会化にもつながるので一石二鳥です。

5.甘やかし過ぎない

パピヨンは賢い犬種です。そのため甘やかしすぎるとその賢さが悪いほうに働いてしまい、自分が一番偉いと勘違いしてやんちゃで攻撃的な吠えまくる犬になってしまいます。甘やかしすぎず節度あるしつけを行いましょう。

6.食事

パピヨンは太りやすい犬種ですので、市販されているペットフードに人参やキャベツなどの野菜を与えるなど工夫をするか、カロリーが低いタイプのフードを食べさせて、肥満にならないよう配慮していくことが重要です。ただ、肥満対策用のフードでは栄養価が足らずケガをしやすくなるので、ローカロリーで低たんぱく質のドッグフードを選ぶようにしましょう。

パピヨンのイラスト

パピヨンのしつけの3つのコツ

  1. お座り
  2. 待て
  3. 伏せ

基本的なことですが飼い主との主従関係を築くためには、この3つができないとその他の応用となるしつけができません。
まずはしっかりこれらを覚えさせてましょう。

1.愛情

パピヨンはとても賢い犬種です。愛情を持ってしつけてあげればすんなり覚えてくれるでしょう。

2.コミュニケーション

寝転んだパピヨンナイーブな性質をもつパピヨンは、愛情を持って接していてもコミュニケーションが足りなければ弱ってしまいます。遊びの中にしつけを取り入れることでコミュニケーションを取りながらしつけましょう。

3.適度に無視する

パピヨンは賢いためしつけも覚えやすいですが、悪いこともすぐに覚えます。

  • 「吠えたらエサをくれる」
  • 「吠えたら散歩に連れて行ってくれる」
  • 「吠えたら玄関にきた怪しいやつがいなくなる」

これらは吠えたらこうなると、悪いことを覚えた例です。
こうならないためにも、吠える噛むなど悪いことをしたときは無視するということを覚えておいてください。

叩いたりは絶対ダメ、犬にとっての罰は無視が基本です。

パピヨンを飼うのに向いている人

1.遊びスペースのある室内飼いができる方

抱っこされたパピヨンパピヨンの飼い方の項目とかぶりますが、まずは室内飼いできる環境がある方です。
そして、パピヨンは元気な犬種ですから、室内でもしっかり遊ぶスペースが取れるような方が向いています。

どの部屋も物や家具が多いお宅では、パピヨンがケガをしてしまうのでオススメできません。

2.小型犬とたくさん遊びたい方

パピヨンは小型犬の中では活発なほうで運動量は多いです。そのため毎日の散歩はもちろん室内でたくさん運動させる環境が整えられるかどうかが重要になります。

また、運動不足は太りやすくなるだけでなく、ストレスを溜めてしまうため普段の行動にも悪い影響が出てきます。

そういったことからも、小型犬が欲しいけどしっかり犬と遊びたい方に向いているといえるでしょう。

3.しつけをしっかり行える方

正面から吠えるパピヨンパピヨンに限らず他の犬種にでもいえることですが、しっかりとしたしつけができるかは重要です。

とくにパピヨンのように見た目が可愛らしい犬種は、可哀想だからと上手くしつけができない方がいます。しつけができていないと噛んだり吠えたり攻撃的になりやすい犬種ですから、飼い主との主従関係をはっきりさせておきましょう。

そういった意味でも、可愛さに負けずにしっかりしつけができる人が向いている犬種といえます。

 

パピヨンが気をつけたい病気

1.膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)

Closeup on thoughtful medical doctor woman in office

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)は膝のお皿が正常な位置からずれてしまう状態のことをいいます。つまり、靭帯の機能が果たせないため足が地に着きません。

原因は先天性なものだと遺伝子による骨や靭帯の構造の異常。もしくは、落下や打撲さらには肥満も原因として考えられます。

予防法としましては、足に負担をかけない環境づくりが重要になります。したがって、過度の運動やフローリング床などは滑らない工夫をしていくことが飼う上では必要となるでしょう。

2.逆さまつ毛

逆さまつ毛は、まつ毛が目にあたり目やにや涙が増えてしまい、ひどくなると「角膜炎」や「結膜炎」などになってしまいます。
原因は、パピヨンは長毛種であるため毛が伸びると目に入ることがあります。

予防法としましては、伸びた毛が目に入らないように定期的にその部分をカットしてあげるのが効果的ですし、定期検診を受けることで早期に発見することができます。

骨折

パピヨンは骨が細いため、骨折しやすい犬種といわれています。膝蓋骨脱臼同様、高いところからの落下や飛び降りに注意しましょう。ソファーに登らせない、抱っこの時の保定をきちんとするなどの対処が必要です。

脱毛症

ストレスやノミ・ダニ類、ホルモン異常など何らかの原因で脱毛症を発症することがあります。
10円程度の大きさの局所的な脱毛であったり全身に見られる脱毛など、脱毛の範囲や部位は様々で、痒みや炎症を伴います。

上記のような症状が見られた場合は、すぐに動物病院での診察を受けてください。
早期発見・早期治療を心がけましょう。

治療費の目安

参考ですが、各病気の治療費をご紹介しておきます。
動物病院は自由診療なので、治療費は地域や病院によって前後します。近所で実際に犬を飼っている方の口コミを参考にしましょう。
もしあまりにも高額な場合はセカンドオピニオンも検討してください。

逆さまつ毛:15万円前後
骨折:5万円〜
脱毛症:平均15,000円/回
膝蓋骨脱臼:10万円前後35万円(片足)

パピヨンにオススメのペット保険

パピヨンは小さいのに活発で元気なのですが、骨が細いのでケガをしがちな犬種です。そのため、ペット保険に入るのは必須といえます。

ただし、パピヨンのペット保険選びには『安さ』以外に注意点が一つあります。パピヨンがかかりやすい病気に「膝蓋骨脱臼」がありますが、多くのペット保険では膝蓋骨脱臼は保険の対象外なんです。

膝蓋骨脱臼になりやすいのに保険の対象外では保険に入る意味がありません。そこでオススメなのが『PS保険』です。

ペットサポートのPS保険

『PS保険』では膝蓋骨脱臼がしっかり保険対象!しかも他の保険のように診断書や血統書、体毛といったものがなくても、インターネットで簡単に申し込めるのもポイントです。

月々の保険料も安いので、『PS保険』が気になった方は公式サイトでぜひ資料をご請求ください。

PS保険の公式サイト  

パピヨンの平均寿命

寝転んだパピヨンパピヨンの平均寿命は12~15年くらいで、個体差はありますが小型犬では比較的長い犬種といえるでしょう。

参考までに小型犬の平均寿命ですが、だいたい14歳くらいです。

今回紹介した病気や普段の食事(ドッグフード)に気をつけてることで、寿命は長くなります。
このページの下のほうで、パピヨンにオススメのドッグフードを紹介していますので、気になる方はご確認ください。

人間との年齢比較表

パピヨン 人間
新生児期 50日 1歳
社会化期 3ヶ月 4歳
6ヶ月 7歳半
成長期 9ヶ月 10歳
1歳 15歳
成犬期 2歳 24歳
4歳 32歳
6歳 40歳
8歳 48歳
9歳 52歳
シニア期 10歳 56歳
12歳 64歳
14歳 72歳
16歳 80歳
18歳 88歳
20歳 96歳

パピヨンの年齢計算式

パピヨンは、2歳の時点で人間に換算すると24歳になり、3年目以降は1年に4歳分の歳を取ります。
計算式では下記の形になります。

年齢 = 24+(犬の年齢-2年)×4

パピヨンにおすすめのドッグフード

パピヨンにおすすめのドッグフードは「モグワン」です。

モグワンの画像動物性のタンパク質が50%も含まれていて、パピヨンのように小さいのに運動量が多い犬種にぴったりです。しかも栄養価が高いのでパピヨンの毛艶も良くなります。

値段は少し高いですが、安いドッグフードのような合成添加物も使っていないので、安心して食べさせてあげることができます。

それに高タンパク質のわりにカロリーが低いので、肥満のコントロールがしやすいところもオススメ!

原材料は、人間が食べても大丈夫な高品質のものを使っていて、原材料の品質、栄養バランスともに最高クラスですよ。

(安いフードは人間の食品では禁止された添加物や材料が使われていて、病気の原因となります。)

モグワンは量販店やAmazon、楽天では売っていないので公式サイトから購入してください。

『モグワン』の公式サイト  

獣医師も推薦する!モグワンドッグフードの口コミ評判まとめ犬が食べると危険な食べ物

パピヨンを飼う魅力とは

1.外見の優美さ

フランス語で蝶という意味の「パピヨン」はその名の由来の通り蝶のような立派な毛で飾られています。
その姿はとても繊細で優雅で気品のある印象を受けます。

2.明るく社会的で人懐っこい

パピヨンはとても人懐っこい性格でよく懐きます。その上、賢いので困った行動をほとんどすることがありません。
また他の犬に対してもとても友好的なので多頭飼いにも向いています

3.頭が良い

パピヨンは犬の中でもかなり頭が良い犬種です。物覚えもいいのでしつけやトレーニングも比較的行いやすく、犬を初めて飼う方にとてもオススメの犬種です。
パピヨンのイラスト



このページのまとめ

デッキに座ったパピヨン社交的で、人懐っこい面を持っている

成犬になるにつれ、神経質になるので仔犬のうちから対策を行う

活発的なので、適度な運動をしストレスを溜めさせない

頭がよい種類なので、しつけを早めに覚えさせることが重要

パピヨンの基本データ

英語表記 Papillon
愛称 パピー
原産国 フランス
サイズ 超小型犬
体高 20cm~28cm
体重 4~5kg
毛質 シングルコート
カラー ホワイト・ブラウン、ホワイト・ブラック、トライカラー
寿命 13〜15歳
価格 10〜30万円

参考文献

関連記事

パピヨンの関連記事一覧

パピヨンに関するページの見出しの一覧です。

この記事を書いた人

YOKO

YOKO

ペットナビの管理人のYOKO(男)です。
動物好きで犬や猫はもちろん、ウサギやハムスター、多くの昆虫などを飼ってきた経験があります。少しでも動物を飼いたい方のためになる情報を紹介したいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします