林に佇むジャーマンピンシャー

ジャーマン・ピンシャーは日本では珍しい犬種ですがその歴史は古く、ミニチュア・ピンシャーとドーベルマンの基礎になったと犬種いわれています。家庭犬や番犬としても優秀で、優雅さと強さを持ち合わせています。
今回はそんなジャーマン・ピンシャーの性格と飼い方、しつけのコツについて紹介します。



ジャーマン・ピンシャーとは?性格の特徴と飼い方やしつけのコツ

1)ジャーマン・ピンシャーとは

1. ジャーマン・ピンシャーの紹介

ジャーマン・ピンシャーの原産地は「ドイツ」です。

ピンとたった耳は断耳された耳で、本来は垂れた耳をしています。また、本来は長い尾を持っていますが、短く断尾されている場合もあります。筋肉質の引き締まった体つきと小ぶりの顔が特徴です。

つややかなスムースコートの被毛も特徴の一つです。

血統書を発行しているジャパンケネルクラブの分類によると、グループ2(使役犬)に属する中型犬です。

※分類に関して詳しくは「犬の分類(グループ)とは?」をご覧ください。

2. 簡潔な歴史

ジャーマン・ピンシャーの歴史は非常に古く、1880年にはすでにドイツで犬種として登録されており、ネズミ駆除や家畜の番などを行う使役犬として広く活躍してきました。

しかし、ジャーマン・ピンシャーは第二次大戦後に一度絶滅しかけます。

そのため、1958年に東ドイツで生き残った1頭のジャーマンピンシャーと、大きいサイズのミニチュア・ピンシャー4頭により、なんとか犬種を保つことができました。現在のジャーマンピンシャーは全てその5頭の子孫に当たります。

3.ミニチュア・ピンシャー、ドーベルマンとの関係

ジャーマン・ピンシャーに似ている犬種で「ミニチュア・ピンシャー」と「ドーベルマン」がいますが、どちらもジャーマンピンシャーの子孫犬にあたります。
小さな巣穴にも入れるよう小型犬として品種改良されたのがミニチュア・ピンシャーであり、警護犬として大きめに品種改良されたのがドーベルマンです。

ミニピンのカット版
ミニチュア・ピンシャー

リードが付いたドーベルマン
ドーベルマン

4.スタンダード・シュナウザーとの関係

ジャーマン・ピンシャーは同じドイツ原産の「スタンダード・シュナウザー」と兄弟関係にあり、祖先犬は「ラフ・コーデット・ピンシャー」と呼ばれてた犬種です。
ただし、ジャーマン・ピンシャーがスムース・ヘアー(滑毛)なのに対し、スタンダードシュナウザーはややカールした長めのラフ・ヘアーをしています。

黒いスタンダード・シュナウザー
スタンダード・シュナウザー

5.名前のルーツ

ジャーマン・ピンシャーの名前のルーツですが、ジャーマンは文字どおり原産地のドイツから。「ピンシャーは英語の「pinch」やフランス語の「pincer」といった「つまむ・つねる」という意味の言葉が語源であるとされています。

単に「ピンシャー」とも呼ばれ、「スタンダードピンシャー」の別名もあります。また、英語では「German Pinscher」と表記します。

6.成犬の平均体高・平均体重

ジャパンケンネルクラブによればジャーマン・ピンシャーの成犬の平均体高は45〜50cmとされています。※体高とは犬の肩までの高さです。

  • 平均体高:45〜50cm
  • 平均体重:14〜20kg

ジャーマンピンシャーと人の比較

150cmの女性との比較

7.日本で飼育されている数

日本で飼育されているジャーマン・ピンシャーの飼育数ですが、ジャパンケネルクラブの2017年の犬種別犬籍登録頭数を調べてみるとわずか15頭です。

2017年犬種別犬籍登録頭数(ジャパンケネルクラブ) 犬全体の登録数が295,910頭ですから、全ての犬種に占めるジャーマン・ピンシャーの割合は約0.005%と大変稀少な犬種です。ちなみに、犬種別でみても100位にランクしており、その希少性がよくわります。

8.飼い安さの目安

ジャーマン・ピンシャーの飼いやすさの目安を紹介します。

社会性・協調性がある
健康管理がしやすい
初心者向き
噛み癖がつきにくい
訓練されるのが好き
物覚えがいい
飼い安さの目安:20/30

2)ジャーマン・ピンシャーの毛色のタイプ

ジャーマン・ピンシャーは短毛のスムースヘアで、短毛で密集しており、滑らかで体にピッタリと生えていて光沢があります。

毛色のタイプはジャパンケネルクラブでは大まかに2つに分けられています。

1.単色

ディアー・レッド

ディアー・レッドの毛色のタイプは、赤っぽい鹿のような色のジャーマン・ピンシャーです。

レディッシュ・ブラウン

レディッシュブラウンのジャーマンピンシャーの画像レディッシュ・ブラウンの毛色のタイプは、赤みがかった茶色のジャーマン・ピンシャーです。

ダーク・レッド・ブラウン

ダークレッドブラウンのジャーマンピンシャーの画像ダーク・レッド・ブラウンの毛色のタイプは、非常に濃いこげ茶色のジャーマン・ピンシャーです。

2.ブラック&タン

ブラック&タンのジャーマンピンシャーの画像ブラック&タンの毛色のタイプは、漆黒にレッドもしくはブラウンのマーキングがあります。目の上、喉の下、足などに入ったマーキングは、濃くはっきりとしているのが好ましいとされています。
小型のドーベルマンのようにも見えます。

3)ジャーマンピンシャーの値段

ジャーマンピンシャーの可愛い子犬ジャーマン・ピンシャーの値段ですが、日本では希少な犬種ということもあり、相場的には30~50万円と他の犬に比べて高額です。しかも、ペットショップでは見つけることは難しいためブリーダーからの購入になるでしょう。

国内で手にはいらない場合は海外から輸入ということになりますが、海外からの空輸になるとさらに時間とお金がかかることになります。

ジャーマンピンシャーの価格は血統・見た目などで変わり、親がチャンピオン犬で直子(ちょくし)になるといっきにはね上がります。また、見た目でいえば、タンと言われる模様の入り方が美しいと、より高額になる傾向があります。

ちなみにミニチュア・ピンシャーであれば10〜15万円ほどで購入可能です。

その他にかかる初期費用

  • 混合ワクチン……16,000円
  • 狂犬病予防接種… 3,500円
  • 健康診断………… 3,000円
  • 畜犬登録………… 3,000円
  • 飼育グッズ………30,000円
初期費用は355,000〜555,000円

この犬と暮らしたい!でも手持ちが、そんな時のペットローン

4)ジャーマン・ピンシャーの性格の4つの特徴

1. 陽気で活発

ジャーマン・ピンシャーは、陽気で活発な性格です。犬の中でもとてもエネルギッシュな種類であり、遊び好きで面白いことを見つけると休むことも忘れて動き回ります。家族への愛情が強く忠実なので、家庭犬としても理想的です。

2.勇敢

ジャーマン・ピンシャーは小害獣駆除を目的として作出された歴史もあり、狩猟に適した性格です。特に勇敢な性質があり、何にでも果敢に挑戦します。

また、狩猟を行ってきた性質から少々気性の荒く攻撃性が高いところもあります。見知らぬ侵入者にも吠えかかり噛みつこうとするなど、番犬としても役に立つ性格です。

3. 聡明

child little girl with glasses reading a booksジャーマン・ピンシャーは、ドーベルマンやミニチュア・ピンシャーのもとになった犬種であることからも分かるように、非常に賢く訓練性が高い犬種です。自ら考えて計画をし、飼い主の気持ちを読み取ろうとします。

そのため、しっかりとしつけを行い社会性を身につけさせれば、攻撃性を抑えることも可能です。

飼い主がボスであることを理解させ、我慢を覚えさせてください。トレーニングをしっかり行うことで、室内飼いでも良い関係を気付くことができるでしょう。

4. 忍耐強い

ジャーマン・ピンシャーは、狩猟犬の歴史から忍耐強く集中力がある犬種です。また警戒心はありますが、物怖じせず堂々としており、しつけ次第で番犬として最適です。

5)オスとメスでの性格の違い

1.オス

布団に寝転ぶジャーマンピンシャージャーマン・ピンシャーのオスは、メスに比べて甘えん坊で愛情深い傾向があります。また、オスのほうが「おっとり」していると言われています。ただし、オスは縄張り意識が強くオシッコを部屋中に引っかけてしまう場合があります。トイレのしつけをしっかりと行うようにしましょう。

2.メス

ジャーマン・ピンシャーのメスは、オスに比べて自立していますが支配的な傾向があります。また、メスのほうが「やんちゃ」だと言われています。特に生理のタイミングでは、神経質になってしまうことがあるため、接し方に注意が必要です。

6)ジャーマン・ピンシャーを飼うのに向いている人

1.活発で運動好きな人

ジャーマン・ピンシャーは運動量が多い犬種なので、体力があって運動好きな人には最適です。休みの日には一緒にドッグスポーツを楽しみたい人がとくに向いていますし、しっかりと運動を行わせるとジャーマンピンシャー自身もとても喜びます。

もし、散歩から帰ってきても部屋の中でうろうろと歩き回るような場合は、運動量が足りていない可能性がありますので、もっと運動量を増やすようにしましょう。

2.リーダーシップがとれる人

ジャーマンピンシャーの記事の挿絵ジャーマン・ピンシャーの性格上、強いリーダーシップがとれる人が飼うことに向いています。主従関係をうまくきずく必要があるので、受け身の傾向がある飼い主さんには難しいでしょう。

飼いやすい犬種になりますが、しつけをしっかりと行わないと傍若無人な性格に育ってしまいます。特に勇敢な性格が災いして、他人への攻撃性が強くなってしまうため、社会性を身につけられるしつけを、意識して行うようにしてください。

3. 小さな子供がいない人

ジャーマン・ピンシャーは子供との相性は悪くありませんが、小学校低学年以下のお子様がいる家庭では検討すべきです。子供が雑に扱うと、咬みつきや飛びつきなどの問題行動を起こす可能性があります。

7)ジャーマン・ピンシャーのしつけの4つのポイント

1主導権を握る

森で横を向いたジャーマンピンシャージャーマン・ピンシャーは物覚えが良く賢い犬種ですが、本来猟犬ですので他の動物に対して支配的な傾向があります。そのため飼い主さんは「ボス」としてしっかりと主導権を握り、しつけには必ず一貫性を持たせるようにしましょう。
特に気をつけたいのが家族によって対応がかわることです。そうなると犬が混乱してしまうので飼う前に家族でしっかりルールを決めておいてください。

2.噛み癖・吠え癖

ジャーマン・ピンシャーは害獣駆除を目的として作出された歴史もあり、噛み癖・吠え癖が出てしまう場合があります。
特に子犬の時にその傾向が強いのですが、子犬の時であれば、しつけにより直すことは容易です。噛んだり、無駄吠えをした場合には、しっかりと目を見てダメだと教えるようにしてください。

また縄張り意識が強いのでそれが原因で吠えることもあります。やはり早くから対策を行い、吠えるのを止めたら正しいタイミングで褒めるというしつけを繰り返し行っていきましょう。

3.我慢を覚えさせる

ジャーマン・ピンシャーは遊び好きな性格を持っており、色々なことに興味を引かれてワガママに遊んでしまうことがあります。甘やかさずに「ハウス」や「待て」などを覚えさせ、飼い主の命令を聞くようにさせましょう。

4. 社会化

ジャーマン・ピンシャーには、社会化の訓練が重要です。環境に慣れながら相手との関係性を学んでいくので、それが不足すると極端に警戒してしまう可能性があります。社会性を身につけることができれば問題行動が少なくなります。

飼い主と吠えるジャーマンピンシャー

8)ジャーマン・ピンシャーの飼い方で注意すべき3点

1. 運動

ジャーマン・ピンシャーはかなりの運動量を必要としますので、散歩は毎日2回、それぞれ1時間以上が好ましいです。その他にも週に1度くらいはドッグランなどで遊ばせないと、退屈して欲求不満になることがあります。知能と体力を組み合わせたドッグスポーツに適しています。

2. 他の動物に注意

ジャーマンピンシャーの記事の挿絵ジャーマン・ピンシャーは他の動物に対して支配的になる傾向があります。
もともとネズミなどの駆除をしていた犬種であるため、本能的に小さな猫や犬を追いかけて仕留めてしまう危険があります。

特にハムスターなどのげっ歯類を一緒に飼育したり、近づけることのないよう注意してください。

3.寒さに弱い

ジャーマン・ピンシャーは短毛で脂肪が少ないため寒さには極端に弱い犬です。日本の寒さはこの犬種には少し厳しいため、必ず暖かい室内で飼育してください。
冬に散歩するときには、寒さ対策として犬用の洋服を着せてあげると良いでしょう。

9)気をつけたい病気

ジャーマン・ピンシャーの飼育の際に、気をつけたい病気をご紹介します。

1.白内障

Closeup on medical doctor woman writing in clipboard白内障は、眼の水晶体が白濁して視力障害を起こしてしまう病気です。
ジャーマン・ピンシャーは、遺伝的に白内障になることがあります。目薬で治療したり進行した場合には外科手術が必要です。

あらかじめ犬目のケアサプリなどを併用しておくのもオススメです。アイケアサプリについては下記の記事で詳しくご紹介しています。

【犬の眼のケア】獣医師が認めた犬用アイケアサプリ「毎日愛眼」

2.股関節形成不全

股関節形成不全は、股関節が不安定になり歩行に支障をきたしてしまう病気です。
遺伝の場合もありますが、ほとんどが肥満が原因で発症してしまいます。つねにバランスの良い食生活を心がけましょう。

3.レッグペルテス病

大腿骨の一部で欠陥の損傷が起き、悪化すると壊死してしまう病気がレッグペルテスです。原因は不明で発症すると痛みを訴えたり、歩行が困難になったりします。症状を見つけた場合には、動物病院に連れて行きましょう。適切な手術を行うことで、通常の生活を送れるようなります。

4.フォンヴィレブランド病

フォンヴィレブランド病は、出血性の遺伝性疾患です。発症すると軽度の傷でも多量の出血が起こります。回復は難しいですが、コントロールをしたり対処することは出来ます。

治療費の目安

参考ですが、ご紹介した各病気の治療費をご紹介しておきます。

動物病院は自由診療なので、治療費は地域や病院によって前後します。近所で実際に犬を飼っている方の口コミも参考にしましょう。もしあまりにも高額な場合はセカンドオピニオンも検討してください。

初診料:
500~1,500円
レッグ・ペルテス病:
15~35万円
股関節形成不全:
15万〜70万円(手術の場合)

10)オススメのペット保険

ジャーマン・ピンシャーは個体差はありますが、目や心臓、関節と病気に気をつけたい犬種です。
そのため治療費がかさみやすいので、ペット保険に入るのは必須といえます。

ただし、ジャーマン・ピンシャーのペット保険選びには『安さ』以外に注意点が一つあります。
ジャーマン・ピンシャーがかかりやすい病気に「股関節形成不全」がありますが、多くのペット保険では股関節形成不全は保険の対象外なんです。股関節形成不全になりやすいのに保険の対象外では保険に入る意味がありません。

そこでオススメなのが『PS保険』です。

ペットサポートのPS保険

『PS保険』では膝蓋骨脱臼がしっかり保険対象!
しかも他の保険のように診断書や血統書、体毛といったものがなくても、インターネットで簡単に申し込めるのもポイントです。

月々の保険料も安いので、『PS保険』が気になった方は公式サイトでぜひ資料をご請求ください。

PS保険の公式サイト 業界最安クラスの保険料の「PS保険」口コミ評判まとめ


11)ジャーマン・ピンシャーの平均寿命

雪の中に佇むジャーマンピンシャージャーマン・ピンシャーの平均寿命は12〜14年くらいです。

しかし、あくまでも平均寿命ですので、健康管理をしっかりと行って愛情深く接していけばもっと長く生きることも可能でしょう。
参考までに中型犬の平均寿命ですが、だいたい13歳くらいです。

今回紹介した病気や普段の食事(ドッグフード)に気をつけてることで、寿命は長くなります。
このページの下のほうで、ピンシャーにオススメのドッグフードを紹介していますので、気になる方はご確認ください。

12)人間との年齢比較表

ピンシャー 人間
新生児期 1ヶ月 1歳
社会化期 3ヶ月 5歳
6ヶ月 9歳
成長期 9ヶ月 13歳
1歳 15歳
成犬期 2歳 23歳
4歳 33歳
6歳 43歳
8歳 53歳
シニア期 10歳 63歳
12歳 73歳
14歳 83歳
16歳 93歳

ピンシャーの年齢計算式

ピンシャーは、2歳の時点で人間に換算すると23歳になり、3年目以降は1年に5歳分の歳を取ります。
計算式では下記の形になります。

年齢 = 23 +(犬の年齢-2年)×5

ブラック&タンのジャーマンピンシャーの画像

13)ジャーマン・ピンシャーにおすすめドッグフード

モグワンの画像ジャーマン・ピンシャーにおすすめのドッグフードは「モグワン」です。動物性のタンパク質が50%も含まれていて、ジャーマン・ピンシャーのように活発で運動が大好きな犬種にぴったりです。しかも栄養価が高いのでマルチーズの毛艶も良くなります。

また穀物類が入っていないグレインフリーのドッグフードなのでアレルギーになりにくい点もオススメのポイントとです。

値段は少し高いですが、安いドッグフードのような合成添加物も使っていないので、安心して食べさせてあげることができます。それに高タンパク質のわりにカロリーが低いので、肥満のコントロールがしやすいところもオススメの理由です。

原材料は人間が食べても大丈夫な高品質のものを使っていて、品質、栄養バランスともに最高クラスですよ。
(安いフードは人間の食品では禁止された添加物や材料が使われていて、病気の原因となります。)

モグワンは量販店やAmazon、楽天では売っていないので公式サイトから購入してください。

『モグワン』の公式サイト

獣医師も推薦する!モグワンドッグフードの口コミ評判まとめ

14)ペットにする喜び、ジャーマン・ピンシャーを飼う魅力とは

1. 力強い美しさ

ジャーマン・ピンシャーの魅力は、力強い美しさです。筋肉質で引き締まった体は、美しく優雅でじつに堂々としています。

2. 優秀な家庭犬

ジャーマン・ピンシャーは、賢く優しい優秀な家庭犬です。
高い運動能力があり持久力と機敏性に優れています。

まとめ

林に佇むジャーマンピンシャー1)ジャーマン・ピンシャーの性格の3大特徴は、活発、賢い、忍耐力。オスとメスでの性格の違いは、オスは甘えん坊で愛情深い傾向、メスは自立していて支配的な傾向。

2)ジャーマン・ピンシャーを飼う人に向いている3つのポイントは、活発で運動好き、リーダーシップがとれる人、小さな子供がいない人。

3)ジャーマン・ピンシャーのしつけの3つの重要ポイントは、一貫性、社会化、吠える。

4)ジャーマン・ピンシャーの飼育に関しての3つの注意点は、運動、他の動物に注意、寒さに弱い。

5)ジャーマン・ピンシャーが気をつける病気は、白内障、股関節形成不全、フォンヴィレブランド病。

ジャーマン・ピンシャーの基本データ

英語表記 German Pinscher
愛称 ピンシャー
原産国 ドイツ
サイズ 中型犬
体高 45〜50cm
体重 14〜20kg
毛色 ディアー・レッド、
レディッシュ・ブラウン、
ダーク・レッド・ブラウン、
ブラック&タン
寿命 12〜14歳
価格 30〜50万円
このページの丸い写真は、クリックすると大きな画像をご覧になれます。

参考文献

ジャーマン・ピンシャーの参考イラスト

ジャーマン・ピンシャーに関連する記事

犬の飼育に関連する記事

こちらのページでは、当サイト「ペットナビ」で紹介している犬の「しつけ」や「悩み」「病気」に関する記事をまとめています。 また、犬種別のしつけや性格の記事もありますので、気にな