【キャットフード】ロイヤルカナンの特徴と口コミやメリット・デメリット

多くの動物病院で推奨されている「ロイヤルカナン」。ライフステージや身体の悩み別に豊富な種類の商品を開発、販売しています。今回はそんなロイヤルカナンの特徴や口コミ、メリット・デメリットについてご紹介します。

『ロイヤルカナン』の公式サイト

ロイヤルカナンのブランドの特徴

ロイヤルカナンは、「すべては犬と猫のために」をコンセプトに、ペットの健康を第一に考えたフードを開発・販売しているペットフードブランドです。

犬と猫の特性を重視した研究により、ロイヤルカナンは質の高い療法食や準療法食を提供しています。その信頼性の高さは、動物病院でも推奨されているフードという事実からも伺えます。

ロイヤルカナンの原材料と安全性

寝ているアビシニアン

ロイヤルカナンのキャットフードには、ライフステージや身体の悩み別に豊富な種類が用意されています。

今回は、室内飼いの成猫用フード「フィーラインヘルスニュートリション」の成分をチェックしてみました。

ロイヤルカナンの原材料

肉類(鶏、七面鳥)、小麦とうもろこし、植物性分離タンパク*、動物性脂肪、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、小麦粉、植物性繊維、ビートパルプ、酵母および酵母エキス、大豆油、フラクトオリゴ糖、魚油、サイリウム、アミノ酸類(DL-メチオニン、タウリン、L-カルニチン)、ゼオライト、ミネラル類(Ca、Cl、Na、K、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、ナイアシン、B2、パントテン酸カルシウム、B1、B6、葉酸、ビオチン、B1、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

※ロイヤルカナン公式ホームページより引用

肉類

ロイヤルカナンにもっとも多く使用されている肉類は「鶏、七面鳥」と明記があり、いわゆる「4Dミート」「家禽ミート」ではないようです。

4Dミート、家禽ミートとは、格安フードでよく使われている粗悪なクズ肉の寄せ集めです。

健康に害をもたらすことで知られていることから、「○○ミート」と記述がある製品は避けたほうが無難です。その点、ロイヤルカナンのフードは安心といえます。

穀物

ロイヤルカナンの成分表を見て気になるのは、米・小麦・とうもろこしといった穀物の多さでしょうか。

肉食動物である猫にとって穀物は本来不要な成分です。

少量ならともかく、多く摂取しすぎると消化不良アレルギーの原因になります。穀物には、腸内環境を整えるというメリットがありますが、それ以上に多くのデメリットを持つため、猫の健康のことを考えると理想的な成分とはいえません。

動物性脂肪

ロイヤルカナンのキャットフードに「動物性脂肪」について、具体的な表記がない点はマイナスです。

脂肪は大切な栄養素ですが、動物性脂肪はとても腐敗しやすいという欠点があります。そのため、粗悪な動物性脂肪を用いると、しばしば下痢を起こしたり、ときには健康に致命的なダメージを与えかねません。

動物性脂肪といっても、「何の、どのような」脂肪を使っているのか、具体的な記載が欲しいところです。

酸化防止剤

また、ロイヤルカナンのキャットフードに「BHA」という酸化防止剤を使用している点も不安要素のひとつです。

前述の動物性脂肪は酸化防止目的で使用していると思われますが、BHAは発がん性物質としても知られています。ロイヤルカナンの製品に使われているBHAは少量で、健康には影響がないとされています。ですが、BHAの安全性については意見がわかれるところです。

BHAの信頼性については購入の前にきちんと検討する必要があります。

ロイヤルカナンの商品データ

容量/価格 2kg/2,802円(amazon参照)
1kgあたり 1,401円(税抜)
カロリー 375kcal/100g
給仕量 56g(4kgの猫の場合)
一袋あたり 約37日分(4kgの猫の場合)
メイン食材 ◎ 肉類(鶏、七面鳥)
原産国 フランス
穀物 × 米、小麦、とうもろこし
酸化防止剤 × (BHA、没食子酸プロピル
着色料・保存料 ◎ 不使用
対応年齢 成猫
賞味期限 開封後:1ヵ月目安
販売元 ロイヤルカナン
オススメ購入サイト Amazon

ロイヤルカナンキャットフードを食べさせるメリット

メリット

種類が豊富で飼い猫に最適なフードを選べる
・特定の疾病用に開発されたフードで食事療法が可能
・使用している成分に4Dミートのような粗悪な原材料は見られない
・嗜好性が高く食いつきがいい

ロイヤルカナンキャットフードを食べさせるデメリット

デメリット

・穀物が多く使われており、アレルギーや消化不良の懸念がある
・種類のわからない動物性脂肪と、発がん性のあるBHA(酸化防止剤)を使用している
・高価なので経済的な負担が大きい
・食いつきが良すぎて太る心配がある
・今後、今までのフランス産から韓国産に変更になる可能性がある

補足

デメリットの「フランス産から韓国産に変更になる可能性がある」について補足します。

ロイヤルカナンによると、あらたに韓国工場を設立し、日本への流通はすべて韓国で製造されたフードになるようです

今のところ、韓国工場はまだ完成していませんが、今後の動き次第では、原材料の調達から製造・加工までを韓国が担う可能性があります。
デリケートな国交問題を差し引いても、韓国産の原材料を用いることに不安を持つ人は多く、実際にロイヤルカナンには反発の声が向けられたようです。

もし、「韓国産はちょっと心配……」という場合は、パッケージに記載されている原産国を確認してから購入するといいでしょう。もちろん、韓国産でも構わない、信頼しているという場合は、原産国については特に気にする必要はありません。

ロイヤルカナンの口コミ評判は?

遊んでるロシアンブルー

実際に飼い猫に与えてどのような印象を持ったのか、評判を見てみましょう。

・食い付きがよすぎてセーブしないと太る
・糞の匂いが抑えられて助かる
・ロイヤルカナンのフードに変えてから吐く回数が減った
・猫の体質に合わないのか、下痢をするようになった
・ちょっとクセがあるのか、うちの猫はあまり食べてくれなかった

全体的には高評価で体質改善に役立ったという声が見られます。

また、殆どの猫が喜んで食べていることからも、嗜好性の高さがよくわかります。
しかし、なかには「体質に合わないみたいで…」という声も見受けられます。

ロイヤルカナンはどんな猫にオススメ?

ロイヤルカナンは食い付きの良さに定評があることから、好き嫌いが多い猫におすすめです。

さらに、年齢や飼育環境、持病といった、さまざまなケースに応じたフードがあるので、飼い猫にもっとも相応しいフードを与えたいと考えている人にもおすすめでしょう。

好き嫌いが多いネコちゃんにオススメのキャットフードはこちら→

まとめ

細かな不安要素があるとはいえ、多くの動物病院がロイヤルカナンを推奨していることから、基本的には信頼していいフードといえます。

あとは、その「細かな不安」部分をいかに妥協するか、もしくは信頼できると考えるかは、すべて飼い主の判断に委ねられます。

飼い猫の体質や性格をよく把握して、適切なフードを選んであげましょう。

『ロイヤルカナン』の公式サイト

関連ページ

この記事を書いた人

YOKO

YOKO

ペットナビの管理人のYOKO(男)です。
動物好きで犬や猫はもちろん、ウサギやハムスター、多くの昆虫などを飼ってきた経験があります。少しでも動物を飼いたい方のためになる情報を紹介したいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします