【犬種】シュナウザーとは?性格の特徴と飼い方やしつけのコツ

2匹のミニチュアシュナウザー

見た目がなんとも可愛いシュナウザー。おじいちゃんのような立派な髭と眉毛が特徴的でなんとも愛くるしい犬種ですね。
今回の記事では、シュナウザーの性格の特徴やしつけのポイント、シュナウザーを飼う場合の心構えについて紹介していきます。



シュナウザーとは?性格の特徴と飼い方やしつけのコツ

シュナウザーとは

1. 原産地

日本やアメリカでは、テリアグループに含められているのですがテリアの血統はまったく入っていません。
テリアはイギリス原産が普通なのですが、シュナウザーはドイツが原産国といわれています

2. 平均体高・平均体重

シュナウザーは「ジャイアントシュナウザー」「スタンダードシュナウザー」「ミニチュアシュナウザー」 の3種類わかれていて、サイズによって違います。

ジャイアントシュナウザー:30~40㎏ 60~70㎝

スタンダードシュナウザー:15~20㎏ 45~50㎝

ミニチュアシュナウザー:4~7㎏ 30~36㎝

3.日本で飼育されている数・名前のルーツ

シュナウザーという名前は、原産地のドイツ語で「小さい髭」という意味から名付けられました。日本でも人気があり沢山の方に飼われています。

6. ペットショップでの購入価格

ミニチュアシュナウザーの購入価格は10~25万円、スタンダードシュナウザーは大体15万円以上、ジャイアントシュナウザーは日本では希少な犬種なので20~30万円となっています。
価格は見た目、性別、血統などで変わってきます。

  • 混合ワクチン……16,000円
  • 狂犬病予防接種… 3,500円
  • 健康診断………… 3,000円
  • 畜犬登録………… 3,000円
  • 飼育グッズ………30,000円
  • 初期費用は155,000〜305,000円

    この犬と暮らしたい!でも手持ちが、そんな時のペットローン

    シュナウザーの3つのタイプ

    1.ジャイアント・シュナウザー

    農場作業犬、牧羊犬とされていて警察犬といても活用されていました。体高は3タイプの中で一番大きく、毛色は黒、ペパーエンドソルト、ブラックエンドタンなどがいます。

    2.スタンダード・シュナウザー

    牧羊犬、家庭犬とされていて、毛色はペパーエンドソルト、黒がいます。

    3.ミニチュア・シュナウザー

    3種の中で一番人気のあるタイプです。体高も一番小さく、毛色は黒、ブラックエンドシルバー等がいます。一番陽気で活発な犬種です。

    灰色のミニチュアシュナウザー
    口ひげのような独特の風貌が可愛らしく、世界中で愛されているミニチュア・シュナウザー。日本でもテレビドラマに登場したり、多くの有名人が飼っていることでますます人気が高まってい

    シュナウザーの性格の3大特徴

    1.好奇心が旺盛

    遊び好きで、活発に動き回るのでたくさんスキンシップしてあげることが大事です。とても人懐っこい性格です。

    2.なつきやすい

    人懐っこい性格で人の言う事をしっかり理解するので、しつけをしっかりしておけば子供さんがいるご家庭でも良い遊び相手になってくれます。

    3.甘えん坊で、寂しがり屋

    かまってあげないとストレスを抱えてしまうので、しっかりコミュニケーションをとりましょう。

    ミニチュアシュナウザー

    シュナウザーのオスとメスでの性格の違い

    1.オス

    一般的にはオスのシュナウザーがおっとりしていて、優しい性格が多いと言われています。

    2.メス

    逆にメスのシュナウザーは気が強く、お転婆な性格が多いようです。

    共通する点は、の説明のようです。

    シュナウザーを飼う人に向いている2つのポイント

    犬を飼うにあたって、寿命まで責任を持って飼うのは当たり前ですが犬種によってもポイントがあります。

    1.時間に余裕のある方、沢山の時間一緒に過ごせる方

    甘えん坊で寂しがりやですので、沢山の時間一緒に過ごせる方がいいでしょう。遊び好きなので、お散歩も沢山行ける方が向いているでしょう。

    2.経済的な余裕

    基本的に毛があまり抜けなくて飼いやすいですが、その分こまめなトリミングが必要です。

    シュナウザーのしつけの2つの重要ポイント

    1.ストレス

    シュナウザーは警戒心が強いので、ストレスが溜まってしまうと無駄吠え等をしてしまいます。沢山遊んであげて、散歩等しっかり運動をさせて無駄吠えをさせないことが大事です。

    2.飼い主との信頼関係

    飼い主と信頼関係が出来ないと、いくらしつけをしても言うことを聞いてくれません。子犬の時からしっかりスキンシップをはかってしつけしてあげるといいパートナーになってくれます。

    child little girl with glasses reading a books

    シュナウザーが気をつけたい病気

    シュナウザーが気をつけたい代表的な病気はこちらです。

    1.尿管結石

    尿道結石は、尿道に石や砂ができる病気で肥満犬やシニア犬に発症することが多いといわれています。

    症状としては、血尿がでたり、頻回にトイレに行くけれど、尿量が少ないとか、排尿時に痛がることがあります。重症になると尿が出なくなり、食欲もなくなります。ひどくなると命に関わることもあります。

    原因としては、水をあまり飲まなかったりビタミン不足、抵抗力の低下などであると言われています。軽ければ薬で石を溶かして流しますが、石が大きくなっている場合は手術が必要になります。

    2.白内障

    白内障は水晶体が白く濁り、瞳孔(どうこう)に白点がみられる病気で、症状が進行すると失明につながることがあります。老性や先天性などが原因で起こります。また、糖尿病からの併発により発症することがあります。予防法はありませんが、早期発見により点眼薬での進行を遅らせる、外科手術により視力回復させることができます。

    3.外耳炎

    外耳炎は耳の垂れている犬種がなりやすい病気といわれています。

    菌の繁殖などにより、音の通り道である外耳道に炎症が起こり、汚れ・臭いが強い・首をしきりに振る・耳をしきりに掻くなどの症状が見られます。その菌により、皮膚病を引き起こす場合もあります。定期的な耳の状態チェックや、シャンプー後は濡れたままにせず、乾燥させるなどの対策をしましょう。

    4.皮膚病

    食べ物アレルギーによる皮膚炎や、アトピー性皮膚炎といったアレルギー性皮膚炎を起こすことがあります。皮膚炎の根治は難しく、投薬、アレルギーに対応したドッグフード、シャンプーなどで時間をかけて治療していく必要があります。ブラッシングやトリミングをこまめに行うことで、予防や早期発見につながります。毛が抜けにくい分、毛が伸び続けるのできちんとお手入れをして清潔にする事が大事です。

    5.膵炎(すいえん)

    膵臓(すいぞう)が作り出す膵液(すいえき)によって炎症を起こしてしまう病気の総称です。とくにメスがかかりやすいといわれています。

    症状としては食欲不振や下痢、嘔吐、発熱、脱水症など。急性の膵炎ではとても強い腹痛を伴います。膵炎の原因は色々ありますが、犬の場合は肥満や高脂肪の食事を続ける、殺虫剤の誤飲などが関連が高いです。

    治療費の目安

    参考ですが、各病気の治療費をご紹介しておきます。

    動物病院は自由診療なので、治療費は地域や病院によって前後します。近所で実際に犬を飼っている方の口コミも参考にしましょう。もしあまりにも高額な場合はセカンドオピニオンも検討してください。

    初診料:500~1,500円
    尿管結石:8~15万円
    白内障:外科手術(一眼)20~30万円程度、入院は5~7日間程度
    外耳炎:平均12,000円/初診
    皮膚炎:平均15,000円/初診
    膵炎:3~10万円

    ジャイアントシュナウザーの平均寿命

    ジャイアントシュナウザーの平均寿命は、「12~15歳」です。

    あくまでも平均寿命ですので、健康管理をしっかりと行って愛情深く接していけばもっと長く生きることも可能でしょう。
    参考までに大型犬の平均寿命ですが、だいたい12歳くらいです。

    今回紹介した病気や普段の食事(ドッグフード)に気をつけてることで、寿命は長くなります。
    このページの下のほうで、ジャイアントシュナウザーにオススメのドッグフードを紹介していますので、気になる方はご確認ください。

    人間とジャイアントシュナウザーの年齢比較表

    ジャイアントシュナウザー 人間
    成長期 1歳 10歳
    成犬期 2歳 19歳
    3歳 29歳
    4歳 39歳
    5歳 49歳
    6歳 59歳
    シニア期 7歳 69歳
    8歳 79歳
    9歳 89歳
    10歳 99歳
    11歳 109歳

    ジャイアントシュナウザーの年齢

    ジャイアントシュナウザーは、2歳の時点で人間に換算すると19歳になり、3年目以降は1年に10歳分の歳を取ります。

    シュナウザーを飼う魅力とは

    1.人好きで懐っこい性格

    活発、人好き家族に対して深い愛情を持って順応な性格の持ち主のシュナウザーは、人間の子供の様でとても良い飼い主のパートナーになってくれます。

    2.しつけもしやすい

    人間の気持ちを読み取る事に長けているのでとてもしつけがしやすいです。楽しく触れ合いながら、しつけができます。

    シュナウザーを飼う場合の飼い主の3つの心構え

    1.ケア

    基本的に毛が伸び続けるので、日頃からまめにブラッシング、トリミングに連れていってこまめにカットすることが大事です。

    2.散歩・運動

    遊び好き、運動が好きなので散歩に1日2回程は連れていってあげましょう。ストレス解消にもなります。

    3.部屋の温度

    シュナウザーは被毛が密集しているので、高温多湿が苦手です。夏場は特に、室内の温度調節をして、こまめにカットをしてあげましょう。



    今回のまとめ

    シュナウザーの紹介
    ドイツが原産国。ドイツ語で「小さい髭」という意味から名付けらた。「ジャイアント」「スタンダード」「ミニチュア」の3種類わかれている。

    シュナウザーの性格の3大特徴
    好奇心が旺盛で人懐っこい性格。甘えん坊でさみしがり屋。

    シュナウザーの3つのタイプ
    ジャイアント・シュナウザー、スタンダード・シュナウザー、ミニチュア・シュナウザーの3つのタイプにわかれる。

    シュナウザーのオスとメスでの性格の違い
    オスの方がおっとりしていて、優しい性格。メスは気が強く、お転婆な性格。

    シュナウザーを飼う人に向いている2つのポイント
    時間に余裕があって沢山の時間を一緒に過ごせる人、経済的余裕のある人

    シュナウザーのしつけの2つの重要ポイント
    ストレスを溜めさせないように運動をたくさんさせてあげる。信頼関係を築くために子犬の頃からスキンシップをとってきちんとしつける。

    シュナウザーを飼う2つの魅力とは
    人好きで人懐っこい性格なので人間の子供のように可愛い。人間の気持ちを読み取る事に長けているのでとてもしつけがしやすい。

    シュナウザーを飼う場合の飼い主の3つの心構え
    日頃のケアと散歩と運動、室内の温度管理を気を付ける。

    このページに関連する記事


    こちらのページでは、当サイト「ペットナビ」で紹介している犬の「しつけ」や「悩み」「病気」に関する記事をまとめています。 また、犬種別のしつけや性格の記事もありますので、気になる方